酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

パンパース。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

現在日経新聞の"私の履歴書"を執筆されているファナック会長の稲葉さんのお話は大変興味深い。

勿論専門的な事は全く分からない。

先日ニューヨークでの数年間のご家族を伴ってのご滞在からのご帰国のお話を伺って、全く同じことをした事を思い出して大笑いした。

それは1978年のこと。

1歳になったばかりの娘を連れてニューヨークに半年滞在したのだが、最初は当時日本では皆が使っていた布のオシメを持参した。

友人の家に呼ばれてカミさんがオシメを取り替えていたら、友人の奥さんが目を丸くしてそれを眺めている。

話を短くすると、その頃彼の地ではプロクターギャンブルが製造するパンパースと言う使い捨てのオシメが主流で、殆どの家庭が使っていたらしい。

ニューヨーク滞在中の後半はそのパンパースに大変お世話になり、帰りに持てるだけ持って帰国したのだが、何とその頃から日本でもパンパースが売られており、嬉しい様なガッカリ()した様な記憶が有ったのだが、ファナックの稲葉さんも全く同じ事をおやりになったと聞いて嬉しかったのだ。

ただそのパンパース、横浜の何処でも売っている訳でもなく、色々走り回った記憶が有る。

値段も結構高かった。

その娘も今や中1と小42人の子供の母。

こっちが歳を取る筈だわい。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示