酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

WTA.とIOC.。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

WTA.(女子テニス協会)が香港を含む中国での全大会を取りやめると発表した。

理由は、中国の著名なテニス選手が元副首相から不適切な関係を強要された問題を巡って中国当局により脅迫や検閲にさらされている点について"重大な疑念がある。"としている。

WTA.のサイモン最高経営責任者は"この選手が自由に発言できることが証明され、選手の訴えを公正で透明性のある方法で調査する必要がある。この非常に深刻な問題に中国指導部は信頼出来る方法で対処していない。"と批判した。

 これに先立ち、IOC.(国際オリンピック委員会)のバッハ会長がこの選手とビデオ通話を通じて話し、"安全だと説明された。"発表していた。

 この違いは何なんだろう?

 真相は分からないが、WTA.は自由主義下に住む我々の素朴な疑問を代表してこの決定を下し、IOC.が、と言うよりはぼったくり男爵の異名を持つバッハ会長がもしかして中国に忖度して余計な事をやってしまったのかも知れないな?

 香港での民主化運動に対する中国の対応を見ると、何だか空恐ろしい。

 奇しくも英国の情報機関(MI6.)の長官が"中国の情報機関は我々の開放的な社会の特質に付け込み、ソーシャル・メディアの場を利用して自らの作戦遂行を試みている。"と懸念を表明した。

 我々が開放的過ぎるのか?

 我々の世界では何でも自由闊達に話せるだけなのではないのかなあ?

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示