酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

現金・預金が1000兆円!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

日銀が本日発表した資金循環統計によると、9月末で我が国の個人が保有する金融資産は凡そ2000兆円で、その約半分の1000兆円が現金と預金である。

 次に多いのが保険・年金・定型保障(住宅ローンなどの債権)の約540兆円で、残りの約460兆円を株式や投資信託が占める。

 我が国の個人は金利が付かない現金と、金利が殆どゼロの預金に自分の財産の半分をぶち込んでいる事になる。

 因みにアメリカの個人のポートフォリオを見ると、株式や投資信託に凡そ50%、保険・年金・定型保障に30%、そして20%を現金と預金で保有している。

彼らは金利が付かない現金と、金利が殆どゼロの預金は20%しか保有せずに、財産の半分ほどを果敢にリスク商品である株式や投資信託に投資しているのである。

 この差は何なんだろうか?

 日本では昔から"お金のことを話すのははしたない。"と言う風潮が有り、投資には余り関心を示さない。

だから勢い、自分の資産管理にも億劫でみすみすお金を死蔵している。

 実に勿体ない。

 勿論投資にはリスクは付き物だ。

 

No risk, no return.

リスクを取らなければ、見返りは無い。

 Managed risk, and better return.

リスクをマネージして、よりよい見返りを望もう。

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示