酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

首を洗って待ってなさい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

新型コロナの影響で収入が減った企業への"持続化給付金制度"を悪用して、約370人分の計3億7千万円を騙し取った悪党二人が警視庁に逮捕された。

 この二人は受給資格が無い370人の代行申請して一人分100万円ずつを受け取り、何と30%=30万円の手数料をせしめていたと言う。

 370人は"儲け話が有りますよ。"と口車に乗せられて"たった?"70万円で詐欺の片棒を担いだことになるが、まあ割は合わないだろう。

 以前にも書いたが、この未曽有の危機に対して行政は割合軽い審査で助成金を払ったが、必ずフォロー・アップを行って事後調査をして正当な請求であったかどうかを調べる筈だ。

そして不正を見付けると警察に通報する。

 今回2人を逮捕したのは警視庁組織犯罪対策特別捜査隊と言うおどろおどろしい名の組織であるが、今警察庁は組織犯罪に対して物凄く厳しく対処している。

 特別捜査隊と言うからには今回の"持続化給付金制度"を悪用した詐欺を徹底的に捜査する為に作ったのであろうか?

 我が国の警察の捜査能力は世界一とも言われている。

 何十万円かをせしめて"しめしめ"と思っていた人は、首を洗って待っていればよい。

彼らは"必ず来る!"

 

法律の事はよく知らないが、とっ捕まる前に自ら申し出れば情状酌量されるのではなかろうか?

反省している人は早くお金を返し、警察に出頭して"御免なさい。"をしちゃえばいいと思う。

 

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示