酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

うーん、何だかなあ?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

原油価格の高騰と円安のダブル・パンチでガソリン価格が上がっている。

 驚いたことに政府がガソリンなどの価格が一定の水準を超えた場合に元売り事業者に価格抑制を促す為に補助金を出す対策を考えていると言う。

 今考えられている案はレギュラー・ガソリンが1リットルあたり170円を超えた場合に5円を上限として支給するらしい。

 現在レギュラー・ガソリンの全国平均店頭価格は1リットルあたり169円前後で支給基準ぎりぎりだが、何か釈然としない。

 ガソリン価格が政府の補助により上昇が阻まれるのは良い事なのだろうが、ちょっと待て。

 2011年にドル・円相場が史上最安値である75円台を付けた時にガソリン価格は驚く程下がったか?

調べてみたら2011年のレギュラー・ガソリンの全国平均店頭価格は1リットルあたり147.35であった。

 何でい、円高の折はそのメリットを価格に反映せず、円安になれば直ぐに価格転嫁してお上の援助を受けるんかい?

 

どうやらガソリン・ステーションの経営が難しくて原油価格上昇や円安などのコスト・アップを受けて直ぐに値段を上げる傾向にあるらしい。

そう言えば昔近所に4軒有ったガソリン・ステーションは2つに減り、しかもその2つともセルフ・サービスになって自分で給油しなくてはならない。

当然誰も窓も吹いてくれない。

 

 ドル・円相場は今日4年8ヶ月振りの円安となる114.96を付けた。

 どうやら今日にでも115円をトライするかも知れない。

となると矢張り170円を超えるかな?

 政府・日銀はデフレ、デフレと騒いで物価上昇を望んでいるが、値上がりした物は多いぞ。

 

困ったもんですなあ。

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示