酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

岸田ショック。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

日経平均株価は今日こそ昨日のニューヨーク株式市場での3指数の上げを好感して午前は460円高で引けたが、昨日まで8日連続して30,248円から27,528円まで約2,720円ほど値を下げた。

下げの連続記録は2009年以来約12年ぶりとなる。

 

原油価格上昇、中国恒大問題、アメリカの債務上限問題など株にとってネガティブなニュースが一杯有って暫くは株価の頭は重いのであろうが、もう一つ理由が有る。

 

それは岸田新首相がキャピタル・ゲイン・増税を打ち出したことである。

 

キャピタル・ゲイン・増税とは、株式や債券などの値上がりで得た利益に対して、現在の申告分離課税である20%から所得に応じて税率を上げようと言う案で、これは政府が推し進めて来た"貯蓄から投資へ。"のスローガンにもろに水を差す。

 

海外のメデイアも"岸田ショック"と名付けて、"新任早々増税を打ち出した勇気ある総裁。"と揶揄した。

揶揄とは、"からかうこと。なぶること。"=(デジタル大辞泉)である。

 

我が国の個人金融資産は凡そ2000兆円あって、その内の約半分の1000兆円が預貯金に眠っている。

そしてその1000兆円には殆ど金利が付かない。

 

何とか投資をして少しでもキャピタル・ゲインを増やそうと考えていたら増税とは、まあお見事な采配ぶりだ。

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示