酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

たまげた。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

土曜日深夜の地震にはたまげた。

 

横浜は震度3程度で大したことはなかったが、ドスンと言う縦揺れではなくゆらゆらと1分半も横揺れが続いたので、不気味であった。

 

幸いにも今回の地震での人的な被害は無かったらしいが、東北新幹線が不通になったり常磐自動車道が土砂崩れで一部が通行止めとなり、大変だったらしい。

 

我々が住んでいる所では何の被害も無かったが、歩いて15分くらいの所に住んでいる娘一家は午前2時過ぎくらいまで停電で大変だったらしい。

同じ横浜市中区内でもこんな事有るんだ。

 

今回の地震は約10年前に起きた東日本大震災を起こした時の地震の余震らしい。

10年と言うと我々人類には"10年ひと昔"と言うくらい長く感じるが、地球の歴史から考えると瞬きの様な物。

"これからこの様な余震が何時起きても不思議ではない。"と言われると実に恐ろしい。

 

もう一つ恐ろしいのは富士山の噴火である。

富士山は未だに活火山だという事をご存じかな?

学校では富士山は休火山と習ったが、現在は"火山の活動の寿命は長く、数百年程度の休止期間はほんのつかの間の眠りでしかないことから、噴火記録のある火山や今後噴火する可能性が有る火山をすべて活火山と分類する考え方が1950年代から国際的に広まり、1960年代からは気象庁も噴火の記録のある火山をすべて活火山と呼ぶことにした。"=(気象庁)なのである。

長いスパンで見ると富士山は約5000年前から続く活動期にあり、現在は最後の噴火から約300年が経過しており、"いつ噴火してもおかしくない状況"にあるらしい。

 

これも恐ろしい。

 

何時襲ってくるか分からない地震。

いつ噴火するかも知れない富士山。

 

 

余り長生きを望まない筆者でも孫や子供たちのことが心配でならない。

でも、どうしようもない。

 

 

さあ、ワインでも飲もう!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示