酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

電気スタンドか?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

経済産業省が2030年代半ばに国内の新車販売を全てハイブリッド車や電気自動車などの電動車に切り替える目標を設けることにしたいらしい。

 

ガソリンだけで動く今の自動車は無くなるのか?

じゃあガソリンスタンドは無くなって電気スタンドか?

わはは。

 

海外では既に同じ様な動きが進んでいたが、55年間もガソリン自動車に乗ってきたモーター・ファンには寂しい話だ。

温暖化ガスの排出を実質ゼロにする政府目標の達成に向け自動車による二酸化炭素排出量の削減を図るのが目的だが、電気モーターを主エンジンにする車なんて面白おかしくもないな。

 

車は内燃機関(所謂ガソリン・エンジン)を使ってターボ・チャージャーやスーパー・チャージャーなどを使って出力を上げたりするのが面白いのであって、エンジンのオンとオフだけの電気モーターなんて詰まらない。

 

電気自動車は加速は良いのだがヒューンとモーターの音がするだけでガソリン・エンジンの猛々しい音は聞こえない。

車ってのは音も魅力ですからね。

 

皆さん、レースを見にサーキットに行ったことが有るかどうか知らないが、わざわざサーキットに出掛ける醍醐味は耳をつんざくエンジン音とタイヤが焦げるあの匂いを楽しむことですからね。

 

フォーミュラE.とやらの電気自動車のレースが有るが、面白くも何ともない。

ガソリン・エンジン車のレースではストレートでバォーンと大爆音を立てて目の前を通り過ぎてカーブに差し掛かると再びバォーン、バォーンと数度エンジンの回転数を上げてシフトダウンしていく。

堪らない!

電気自動車のレースではストレートでヒューン、シフトダウンの必要が無いからカーブでは無音。

 

ああ、詰まらないんだ..

 

 

まあこれが時代の流れか。

老兵は早く去ろう。

 

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示