酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

株価の騰勢。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

株価上昇の勢いが止まらない。

 

昨日のニューヨーク株式市場ではダウ30種平均株価が大台の3万ドルを超え、連日の新型コロナ・ウィルスの新感染者数の増加など全く気にしないかの如くの株価上昇だ。

 

ウイルスに対するワクチン開発のニュースがその牽引役となっている感じがするが、次期大統領になることが殆ど確定しているバイデン民主党候補が次期財務長官に前FRB.議長のイェレン女史を起用することが確実と報じたニュースも株価上昇に拍車を掛けたかも知れない。

 

イェレン女史は積極的な金融緩和論者として知られており、株式市場は更に株を買い上げる材料として取った模様だ。

 

解せないのは日経平均株価までもニューヨーク株式市場の上げの流れを受けて、一時541円高の26,706円を付けたことだ。

終値は26,296円で131円高で終わったが、再びコロナ禍の拡大が懸念され始めた今、ちょいとはしゃぎ過ぎだな。

 

あ、これはニューヨーク株式市場にも言えるか..

 

米財務省が果敢な財政支出を行い、FRB.が金融緩和を続ければお金は株式市場に流れますわな。

只それを東京株式市場までもが追い掛けて行くのが何だか解せない..

 

余り浮かれない方が良いと思うのだが、株価が下落して消費者心理を冷やすよりは良いか?

 

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示