酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

摩訶不思議な事。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク


昨日は久し振りの好天に恵まれ、親しい友人とのゴルフに興じた一日であったが、面白いハプニングが有った。
受け付けを済ませて宅急便でクラブと共に送った靴を出す為にクラブ置き場に行くとウッドが一本プランプランになってぶら下がっている。
見るとヘッドの根本から10センチくらい下のところでシャフトが折れている。
(うっかりして写真を撮る事を忘れた。)
今迄何回かシャフトが折れたクラブを見たことが有るが、大体根本の所で折れるのが普通で、こんな所が折れたのを見たのは初めてだ。
直ぐに係の人が来て"昨日クラブが着いた時にバッグを開けると既に折れていました。宅急便屋さんには直ぐに連絡しましたが、申し訳有りません。"
別にゴルフ場に謝られる事はない。
そのクラブは大体160ヤードを狙う時に使う9番ウッドで、そう頻繁に使うクラブでもないし、4番アイアンで代用出来る。
昨日のプレーには何の支障も無かった。
プレーを終えてクラブに帰って来ると宅急便屋さんから電話があり、"現物を見せてくれ。"と言うので"宅急便でクラブが戻って来たら連絡します。"と答えたのだが、何と今日の朝にはもうクラブが着いた。
凄いですよね!
連絡したら先程家を訪ねてくれて事情を説明して折れたクラブを渡した。
シャフトを交換するか買い直してくれるのかは知らないが、まあどちらにしても"Not a big deal."=(大したことではない。)
クラブのシャフトが折れるのは下手くそ(?)が思いっきり地面を叩いて根本の所から折れるのだが、どうしてこんな事になったのか本当に摩訶不思議である。
あれ、折ろうったって折れないものだと思うけどなあ...

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示