酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

シンガポール、ビザ厳格化。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

先日、面白い記事を見た。
シンガポールが自国民の雇用を確保するために外国人のビザ取得要件を厳しくしていると言うのだ。
ビザが取れなければシンガポールで働けないので、自ずからシンガポール人の雇用機会が増えるのは当然だ。
専門職向けビザに必要な年齢、学歴、月給水準を細かく定めており、まるで社会主義の国の様だ。
面白い事に所謂名門大学出の人の月給制限は他の大学よりもハードルが低い。
具体的に大学名が列挙されている。

第一区分は東大、京大、東京工大だけでビザ取得に必要な30歳の人の月給は約44万7千円以上。
第二区分は早稲田、慶應、上智、中央、立命館、北大、東北大、一橋、名古屋、大阪大学で上と同じ条件の人の月給は50万円以上。
第三区分には10の大学が挙げられており、此方は必要な月給は55万4千円以上。
そして此れらの大学を出ていなければ、そもそもビザが取得出来ない。
言い換えればシンガポールでは働けない。
笑ってしまうが、此れがシンガポール。

どうでも良い事だが、旧帝大の九州大学が入っていないのが不思議で仕方ない。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示