酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

相変わらずディフェンシブで行きましょう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル・円相場の動きがすっかり落ち着いてしまい、先週のレンジは安値106.93、高値108.51158銭の値幅に留まった。

東京外為市場の出来高も1日凡そ40億ドルくらいに留まって3月の半分以下に減少している。

 

コロナ・ウィルスの影響でディーラー諸君の多くが在宅勤務を余儀なくされていることも一因であろうが、実は世の中は依然として激しく動いている。

 

その中でもアメリカの景気減速の実態は驚くべきである。

先週発表された指標を見てみると、

4NY連銀製造業景気指数 -78.2 過去最悪。

3月小売売上 -8.7% 過去最大の落ち込み。

3月鉱工業生産 -5.4% 戦後最悪。

新規失業保険申請者数 524万5千人 4週連続で約2,200万人の新規失業者が生まれた。

4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 -56.6 40年ぶりの低水準。

3月住宅着工件数 -22.3% 36年ぶりの下落率。

と目を覆う様な結果となり、地区連銀経済報告で"経済活動は突然かつ急激に収縮した。"とのコメントが載せられた。

 

アメリカ経済が急速にスローダウンする中昨日のニューヨーク市場で驚くべき現象が起きた。

何と原油先物市場でWTI.5月渡しが55.90ドル暴落してマイナス37.63ドルで引けた。

これは原油の売り手が1バレル当たり37.63ドルを買い手に支払うと言う奇妙な現象である。

この理由は簡単で、原油在庫の膨らみにより直近の5月渡しの原油の引き取り手が無くなり"37.63ドル支払うから原油を引き取って下さい。"と売り手が買い手に頼む現象が起きたのである。

安い時に買っておけばいいではないか?

そうは問屋が卸さない。

原油を引き取るに当たって備蓄用のタンクが必要になるからである。

それが足りないのだ。

 

原油価格暴落によりアメリカのシェール・オイル産業は壊滅的な打撃を受けて倒産が相次いでいる。

此れを受けて昨日のニューヨーク株式市場でダウ30種平均株価は592ドル下げて23,650ドルで引けた。

 

今朝の東京株式市場はニューヨーク市場の流れを受けて午前11時現在で約250円安の19,420円辺りで取引されているが、ドル・円はしぶとい。

同じく11時現在で107.70近辺で堅調に推移している。

 

感覚的には106円くらいまでドルが下げても良さそうなのだが..

 

最近はトレードするに当たって昔の経験則が通用しないことが多々ある。

 

 

先週も述べたが当面はディフェンシブなスタンスで臨みましょう。

 

 

今日の花はバーベナ。

バーベナ.jpg

 

家の中で最も落ち着く場所の一輪はラナンキュラス。

ラナンキュラス。.jpg

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示