酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

一転してドル全面安。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

 

                    

依然としてコロナ・ウィルスが全世界で猛威を振るう中、株価、債券価格、そして金価格が落ち着くにつれて猛烈なドル需要は減退し、先週は一転してドルが売られる(その他通貨が買われる。)展開と成った。

 

終値ベースで320日(金)と327日の値を比べると、ドル・円相場は110.84から107.95迄下落し(ドル安&円高)、ユーロ・ドルは1.0695から1.1141迄上昇(ドル安&ユーロ高)し、ポンド・ドルも1.1600から1.2480へと上昇した。(ドル安&ポンド高)

 

FRB.が新型コロナ・ウイルスへの対応として無制限のQE(量的緩和)を行い、米国債や住宅ローン担保証券(MBS.)を必要なだけ買い取ることを全会一致で決定したり、5中銀との週1回のドル資金供給オペを11回実施することを決定したほか、パウエル議長が"まだまだ行動する余地がある。"との見解を表明して市場にドル流動性に関して安心感が広がり、前週までの"闇雲になんでも売り払ってドルを確保する。"必要性が無くなったこともドルの売り戻しに拍車をかけたことであろう。

 

ドル・円相場はこの3週間で安値101.19、戻り高値111.71、そして昨日は107円台のLow.まで反落、本日は再び108円台回復と目まぐるしく動いているが、未だその動きは落ち着きそうにない。

 

米労働省が26日に発表した21日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比3001000件増の3283000件と、過去最多となった。新型コロナ・ウイルスの感染拡大を抑えるための厳しい対策によって経済活動が急停止し、レイオフが急増した為だが、恐らくアメリカの失業者数はこれから益々増えていくことは間違いあるまい。

今週末発表の3月の米国雇用統計が注目されるが、調査対象がアメリカで新型コロナ・ウイルスが爆発的に蔓延する前の312日週の数字が元になっている為、数字そのものはびっくりするようなものではなかろうが4月の雇用統計は相当酷いものになるであろう。

勿論ドル安要因である。

 

アメリカの景気減速も気になるが、我が国も酷いことになりそうだ。

 

日本経済は、201910-12月期GDP.(実質国内総生産)の前期比年率-7.1%に続き、20201-3月期GDPは新型コロナ・ウイルス、4-6月期GDPは東京オリンピック延期によるマイナス成長の連続が予想されており、リセッション(景気後退)に陥る可能性が高まっている。

こちらは円安要因である。

 

ところで今回のコロナ・ショックでトランプ大統領再選に注意信号が灯りだしたかも知れない。

米国の大統領選挙での再選に向けた選挙期間中にリセッション(景気後退)に陥った例は過去2回あるが、どちらも現職が敗北している。

1度目は1980年で、イラン革命による原油価格の高騰で米国はリセッションに陥り、カーター大統領は再選されなかった。

2度目は1992年で、ジョージ・W・ブッシュ大統領(父)は湾岸戦争による景気減速で再選を妨げられた。

 

今回のコロナ・ショックで米国がリセッションに陥る可能性が大だと思われるが、America first !を標榜していたトランプ大統領が再選されないと株価は下がり、ドルも下がるであろう。

最新の調査によると現職のトランプ大統領とバイデン前副大統領の支持率はそれぞれ47%、49%と拮抗する。

両者の差は統計上の誤差内と言え、どちらが勝っても不思議ではない状態だ。

 

大統領選の行方も目が離せなくなったが、どうもドルを買う気がしない。

 

暫くはドル安と円安の綱引きになるのであろうか?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示