酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

新型コロナ・ウィルス続き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

先週発症者は数人と言われていた新型コロナ・ウィルスの患者数が今日現在世界中で1318人、その内中国本土での数が1287人だと言う。

確認された死者数は41名らしい。

三日前に此処に書いた"新型コロナ・ウィルス"の欄で"素人の勘繰りだが中国が感染者は300人と言うのなら、本当はその何倍も居るのではなかろうか?"と指摘したが、どうやら正にそうだったらしい。

中国では今日から春節(旧正月)が始まり、約5億人の中国人が海外に出掛け、"最も人気の高い日本"にも数百万人の中国人が訪れるそうな。

大丈夫なんですかね?

この新型コロナ・ウィルスは潜伏期間が長くて直ぐに症状が現れず、知らぬ間に日本に入国していたなんて言うケースが出て来るのではなかろうか?

現に我が国で見つかった最初の患者は1月19日に来日し、国立感染症研究所が新型コロナ・ウイルスに感染していると発表したのは1月24日であった。

この5日間この患者は何処で何をやっていたのだろう?

どうやらこの新型コロナ・ウイルスは空気感染はせず、多くが接触感染らしい。

患者が触った物に触らなければ良いのか?

お互い、普段にも増して手洗いを励行致しましょう。

それとなるべく人込みは避けた方が良いのだろうな。

 

おまけ。

先週北京に出張で出掛けて帰国したばかりの友人の話によると、厳しい言論統制が敷かれていてテレビや新聞などのメデイアで、新型コロナ・ウイルスに関してのニュースは皆無だったらしい。

当然一般の中国人が新型コロナ・ウイルスの怖さなんて知る由も無い。
そして彼らが続々と日本にやって来る。

恐ろしい!

 



ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

大学芋の謂れ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は何時もお世話になっている香港からの客人をおもてなしするために、B級グルメの筆頭であるトンカツを食べる為に神田の勝慢に行ったのだが生憎ビルの建て替え中とかでお休み。

129E2D81-2DAA-4813-8331-265D4D22DF3A.jpeg?20211207

急遽、神田明神下の神田川に電話したらギリギリセーフで予約OK.
予約が出来る最後の客だった。

F6FE4ACC-6C65-41F3-87C1-BC65F5BF42B0.jpeg?20211207

此処の鰻は美味い!

神田川に来ると必ず立ち寄る所が有る。
近所に在る、大学芋を売る"おいもやさん。"だ。
筆者は芋は好物ではないが此処の大学芋はまるでケーキの様に美味い。

00431A1E-3FBA-47EE-9FC4-4965AC528956.jpeg?20211207

客人が言った、"どうして大学芋と呼ぶか知っていますか?"

知らんわい。

客人の説明によると昭和初期に帝国大学の学生が学費を捻出する為に此れを作って売ったのが名前の由来らしい。

(その頃東京の帝国大学と言えば東大しか無かった。だから頭の良い東大生が考えた代物た。)

よー分からんが、実に美味しくて安い食べ物だ。

鰻、大学芋とB級グルメを堪能した楽しいランチであった。


おまけ。
神田川の近くの駐車場に車を置いたのだが何と2時間駐車して五千円!
間違いだろうと思って見たら確かに12分500円とある。
2時間なら確かに五千円だ。

B407C3B7-C913-4E47-8E0E-CD58EECD6FA8.jpeg?20211207

下手したら鰻より高い駐車料金だ。
酔いが冷めた....

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

されどスニーカー?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

テレビのニュース番組を見ていて驚いた。

 

100数十名の若者たちが、有名なシューズ・メーカーが販売しているあるスニーカーを手に入れたくて販売店に何時間も前から並び、3万円近くするそのスニーカーを平気で買っていた。

 

しかも買いたい人が多くて手に入れるのに抽選があるらしい。

滑稽なのは抽選の条件としてそのメーカーが指定するスニーカーを履いていなければならない。

何時間も列を作って待っている若者の全員がカラフルな(筆者には異様なけばけばしい色としか見えないのだが。)スニーカーを履いているのが滑稽だった。

 

スニーカーに数万円????

普段は数千円の普通のスニーカーを履いている筆者には不思議で仕方ない。

 

 

たかがスニーカー、されどスニーカーと言うところか?

 

あ、同じニュースで報道していたのだがその3万円のスニーカーがすかさずネット・オークションで約6万円で売りに出されていた。

 

何だ、そう言うことか?

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

新型コロナウィルス。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

新型コロナウィルスが世界中で蔓延し始めている。

先週は"発症者は数人。"と言っていたが現在は300人が発症し、死者は6人だと言う。
患者も中国を筆頭に香港、韓国、台湾、タイ、フィリピン、日本でも発見されていたがついにアメリカでも発見されて昨日のニューヨーク株式市場の下げを誘った。

日本で発見された患者は日本到着3日後になって"熱が有る。"と病院に行って新型コロナウィルスに感染していると判断されたらしいが、その3日間彼は何処に行って何をしていたのだろうか?

素人の勘繰りだが中国が感染者は300人と言うのなら、本当はその何倍も居るのではなかろうか?

思い起こせば2003年1月にSARS.が大流行して8000人が発症して774人が死亡した時は、実際は2002年11月にSARS.が発生したにも拘わらず中国当局がそれを隠ぺいし、2003年1月の春節で中国人が中国国内、海外へと大移動してSARS.の蔓延を助長した。

新型コロナウィルスの患者の殆どが何らかの形で最近中国湖北省武漢へ行ったことが有るらしいとのことだが、どうなっているんですかね?

武漢市長が、"用が無ければ武漢に来ないで欲しい。武漢市民も用が無ければ武漢から出ないで欲しい。"と言っているそうだが、武漢市民はへっちゃらな顔をしている。

今年の春節で"最も行きたい国。"は日本で、約700万人の中国人旅行者がこの季節に日本を訪れると言う。

入国管理の皆さん、どうぞしっかりと見張って水際で食い止めて下さいませ。
(1月6日にはすり抜けた人が居ましたからね..)

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

ドル・円の適正相場は幾らか?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中東情勢の混沌によりリスク・オフ、リスク・オンと目まぐるしく変わる状況のもと、107.66の安値を付けた後一挙に110円を超えたドル・円相場であるが、その後の動きが鈍い。

市場のセンチメントがドル高&円安に傾きつつある中、ドル・円はどういう訳か109.80~110.30のレンジ内に留まって大きな動意が見られない。
109.70~109.80に在った大きなレジスタンスを破り、テクニカル的にももっと上値を追っても良いと思われるのだがそうは行かないのだ。

先週日経新聞が政府債務や対外純資産、内外金利差、交易条件、貿易財と非貿易財の価格比など、マクロ経済指標を使って回帰分析の手法で推計して「日経均衡為替レート」なるものを発表したが、それは1ドル=107円であった。
興味深いのはこの「日経均衡為替レート」が直近の日銀の大企業製造業想定為替レートの106.90と殆ど変わらないことである。

為替相場と言うものは市場での買い圧力が大きければ相場は上がり、売り圧力が大きければ下がるという単純なメカニズムで動いており、理論値とか均衡レートに収斂するとは限らないがドルの買い手が110円以上では積極的にドルを買う事を控えればチャートが指示する通りにドルが上がることは無い事は理解出来る。

110円を超えてから本邦機関投資家が(今のところ)積極的なドル買いを控えているのは、自らが考える適正相場からやや離れて来たからなのか?

ドル・円相場を語る時によく日米金利差も尺度に使われるが、政策金利に近い2年物米国債券の利回りの動きとドル・円相場の推移を見ると興味深い。

金利が上がるとドル・円相場も上がり、逆に金利が下がるとドル・円相場も下がる傾向が顕著であるが、昨年10月辺りから2年物債券利回りが1.6%で低位安定しているのも拘わらずドル・円相場は上昇しており、両者の乖離が目立つ。

FRB.の金融政策が暫く現状維持であれば米国金利が急激に上昇することは考えられない。

であれば日米金利差の拡大は期待出来ず、ドル・円相場が此処から大きくドル高&円安方向に振れることは無いのではなかろうか?

とは言え、少なくともテクニカル的にはドル・円は上昇モメンタム(勢い)が有るのも事実。

トレンドに逆らわず現状では様子を見ながら、所謂適正相場(107円?)に向けて下落し始めたところを追い掛けてドルを売っても遅くはあるまい。

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示