酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

大晦日。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

 

2019年も今日で終わり。

 

この年になると年末もお正月も大した感慨は無い。

昨日は近所に住む小5の孫息子が新着のSar Wars.を見たいと言うことで娘夫婦がみなとみらいまで連れて行ってやり、じーじはStar Wars.が怖いと言う小2の孫娘を家に引き取って一緒にスカパーのDisney Channel.を観てやった。

静かな年の瀬だ。

 

と思ったらニューヨーク市場で昨日の東京株式市場の流れを継いで株価が下がり、リスクオフとなってドル・円相場は108.87まで売られた。

 

普段は年末は何もしないのだが、川口さんのペンタゴン・チャートも

"【現在の相場状況】(基本のポジションとロスカットを含めた転換価格を提示)

下落トレンドの上昇局面である。

下落局面への転換価格(売りシグナル及びロスカット)は、終値で10910銭を割り込むことである。"

109.10を下切ったら売れと言うサインだと言うことでちょっと売ってみた。

 

ご記憶も有ろうが今年の正月3日は108.80から104.43までドルが急落した、所謂フラッシュ・クラッシュが起きたが、あれもApple.の企業業績悪化に対する懸念からの株価下落が引き金となったが、今年はドル・円のポジションの偏りも大きくなく、まあ同じ様な事は起こるまい。

でも、ちょっとだけ"嫌な感じ"はしますよね。

 

この期に及んでわざわざポジションを取る事も有るまいが、宝くじを買うよりは利益チャンスの確率は高いかも知れない。

 

おっ、書いている間に108.80を割って既に30銭下がっている。

 

もし宝くじを買ってみよう(ドルを売ってみよう。)と思うなら、必ずストップを置いて下さい。

 

 

皆様、良い年をお迎え下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示