川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、上値の重い展開続く。クロス/円、戻り売り方針継続。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は4手連続陰線引けとなり上値を切り下げています。105円割れを見て下値リスクが高い状態ですが、週足の抵抗が105.10-20にあり、これを上抜けて終えた場合は反発に転ずる可能性を残します。この場合でも上値を切り下げる流れには変化が認められないことから、107円台で越週しない限り、上値余地も拡がり難く、基本戦略はドルの戻り売り方針が有効と見ています。

ドル買いは様子見か104.20-30の押し目があれば軽く試し買い。損切りは103.90で撤退です。これが付いた場合は今後のドルの反発余地が限られる可能性が高くなります。売りは105.40-50の戻りを軽く売って106.10で撤退するか105.80-90の戻り待ちとします。この場合の損切りは106.60で撤退です。

104円割れを見た場合は新たな下げトレンド入りの可能性が高くなり、今後のドルの反発余地が限られ易くなります。逆に105.20超えで終えれば上値余地を探る動きが期待できますが106円台はまだ壁。

ユーロ/ドルはタクリ足の陽線で続落を食い止めています。1.1800-10の日足の抵抗を実体ベースで守っており、上値余地を探る動きに繋げていますが、上値を切り下げる流れにあるので買いは様子見です。売りは1.1860-70で戻り売り。上値余地を1.1880-90まで見て置く必要があります。損切りは浅い場合で1.1910、深い場合はニュートラルな状態に戻す1.1960に置く必要があります。これが付いた場合でも1.20台を回復して終えない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。1.1800割れで終えた場合は日足の形状が悪化して一段の下落リスクが生じます。

ユーロ/円はタクリ足の陽線で切り返しており、124.00-10の日足の抵抗を実体ベースで守った形となりました。上値トライの動きが期待できますが、短期トレンドが変化してから日が浅いため大幅続伸にも繋がり難いと見ています。買いは様子見です。売りは124.40-50で戻り売り。損切りは125.60で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻しますが、126.50超えで終えない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。

ポンド/ドルは実体が小さく下ヒゲの長い寄せ線に近い形の陽線で終えています。下値トライに失敗して終えていますが、1.30台乗せにも失敗しており、買いは1.2890-00の押し目待ちとします。損切りは1.2840で一旦撤退です。売りは1日様子見です。1.2800割れで終えた場合は再びポンド弱気の流れに戻します。短期トレンドは"ニュートラル"な状態に戻していますが、1.3250超えで越週するまでは下値リスクを残します。

ポンド/円は実体が小さく下ヒゲの長い陰線引けとなりました。下値トライには失敗していますが、上値を切り下げる流れからは上抜けておらず、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見です。売りは136.10-20で戻り売り。損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す137.10で撤退です。これが付いた場合でも140円台で越週するまでは下値リスクを残します。

豪ドル/円は小陰線で終え。続伸に繋げられずに終えていますが、下げ余力の強いものではなく、下値を切り上げる流れも守っています。買いは76.20-30で押し目買い。損切りは75.80で撤退です。これが付いた場合は下値リスクが点灯します。売りは様子見です。

今日は蒸し暑く、おまけに強風が吹いています。秋らしいお天気はなかなかやってきませんねぇ..。

さて、今日のランチは久しぶりにケンタッキーでテイクアウト。ホットチリチーズサンドのセットにしてみました。期間限定の月見バーガーにしようか暫し迷いましたが、暑い日なのではやり辛い方を選びました。バーガー、フライドポテトのミニサイズ、好きな飲み物を選んで¥760です。飲み物はレモンスカッシュにしました。ホットチリチーズサンドはチリソースが結構辛いです!唐辛子系の辛さは得意な方ですが、予想以上に「ホット」でした。チキンはカラッ、カリッとしていて美味しかったです。次は期間限定の月見バーガーにしてみたいと思います。

https://dtimes.jp/wp-content/uploads/2020/07/main-131.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値の重い展開。クロス/円、一段の下落リスクに注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。直近の日足が105.00割れを見て、短期トレンドが"ニュートラルから若干ドル弱気"に変化していますが、週足の抵抗も105.10-20にあり、105円割れで越週するか104.00割れを見ない限り、現レベルでの売りも慎重に。買いは様子見か103.90に損切りを置くなら引き付けて軽く試し買い程度に。売りは105.40-50の戻りを売って106.10に損切りを置くか105.80-90の戻り待ちとします。損切りは106.60で撤退です。短期トレンドは107円台を回復して終えない限り、下値リスクにより警戒が必要です。

ユーロ/ドルは小幅続落となりました。1.1800-10の日足の抵抗を守っていますが、1.1800割れで終えた場合は日足の形状が悪化して一段のユーロ下落に繋がり易くなります。買いは様子見です。売りは1.1850-60で戻り売り。損切りは1.1920で撤退です。1.1950-60の抵抗をクリアすればニュートラルな状態に戻しますが、1.20台を回復して引けない限り、下値リスクを残します。

ユーロ/円は続落。直近の日足が124.00-10の抵抗をかろうじて守って引けていますが、割り込んで終えた場合は一段の下落へ。買いは様子見です。売りは124.40-50の戻り待ちとします。損切りは125.60で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、126.50超えで終えない限り、下値リスクを残します。

ポンド/ドルは3手連続陽線引けとなり1.2800-10の足元が固まった状態です。1.30台乗せには一旦失敗していますが、強い下値抵抗に跳ね返されており、一旦底打ちした可能性があります。突っ込み売りに注意が必要です。買いは1.2910-20で軽く買って1.2840で一旦撤退としています。売りは1日様子見です。1.2800割れを再び見た場合は下値リスクが高くなります。

ポンド/円は小陽線で終え、単体では上昇余力の強いものではありませんが、寄せ線が連続しており、一方向へ抜け出す可能性に注意が必要です。買いは様子見か現在のレベル(135.70-80)を軽く買って、135.40で浅めに撤退です。浅い利食いも着実に。売りは127.30-40まで引きつけて。損切りは浅い場合で127.70、深い場合は128.10で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化します。

豪ドル/円は陰線h引けとなりましたが、下げ余力の強いものではなく短期トレンドの変化も認められません。但し、76円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。75.40以下で越週した場合は一段の下落リスクが生じます。買いは76.10-20で軽く買って75.80で浅めに撤退。売りは様子見です。

今日は締め切りの原稿があったのでお昼は外に出ずお弁当を持参。定番の鮭の焼いたもの、卵焼き、そしてミニトマトときゅうりの浅漬けでおしまい。コロナ下でもあり、冷凍庫には保存用の肉や魚の類、葉物野菜、キノコ類は常備品なのですが、朝が早いのでお弁当作りまではなかなか手が回りません。もう少し涼しくなると保存も効くので、お弁当にも手を掛けられそう。早く涼しくなって欲しいです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

FOMCを控えて様子見。ドル円、クロス円上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から外出の予定です。今朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考になさって頂けたらと思います。

ドル/円は小幅続落となりました。単体では下げエネルギーの強いものではありませんが、7/31に付けた104.19を基点とする短期的なサポートラインを下抜けた位置で終えており、下値リスクがやや高い状態です。一方で3/9に付けた101.19とこの104.19を結ぶサポートラインの下値抵抗が105.00-10に控えていることや、週足の抵抗が105.10-20にあり、105円割れで越週するか日足が104.50割れで終えるか、値動きの中で104.00割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意する必要があります。

上値も106.30-40に日足の抵抗が、週足の抵抗が106.40-50にあり、これらをしっかり上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い状態です。また、これを上抜けた場合でも週足の抵抗が107.10-20に、日足の抵抗が107.50-60にあり、簡単には上抜けないでしょう。

今日はFOMCがあり、日中は様子見となりそうです。金利発表は東京時間17日3:00am、記者会見:同3:30amです。

今日のドル買いは様子見か104.80-90の押し目があれば買い狙い。損切りは104.40で浅めに撤退するか、深い場合は新たな下落リスクが点灯する103.90に置く必要があります。損切りが付かない場合でも104.50割れで終えた場合は、ドル買いは撤退して様子見に転じます。売りは105.90-00の戻りを軽く売って、106.60で撤退するか、106.80-90の吹き値待ちとします。この場合の損切りは107.40で撤退です。

ユーロ/ドルは小陰線で終え、1.1900超えトライに失敗して終えています。下げ余力の強いものではありませんが、日足の下値抵抗が1.1800-10にあり、これを割り込んで終えた場合は下値リスクが点灯します。買いは様子見か1.1740でに損切りを置くなら1.1780-90で軽く押し目買い。損切りが付かない場合でも1.1800以下で終えた場合はユーロ買いは撤退して様子を見た方がいいでしょう。ユーロ売りは1.1890-00で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を1.1950近辺まで見て置く必要があります。損切りは浅い場合で1.1980、深い場合は1.2020で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラルから若干強気"の流れに戻します。

ユーロ/円は小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではありませんが、上値を切り下げる流れに入っており、また下値を切り上げて来た流れからも下抜けた位置にあり、126.50超えで終えない限り、下値リスクが軽減されません。買いは様子見です。売りは125.40-50で戻り売り。損切りは126.30か、深い場合は"ニュートラル"な状態に戻す126.60に置く必要があります。

ポンド/ドルは小幅続伸となりました。1.2800-10の下値抵抗を守って上値余地を探る動きに繋げていますが、上昇余力に欠けるのものであることや、トレンドがまだ弱いので買いは様子見とします。売りは1.2950-60の戻り待ちとします。損切りは1.3020で撤退です。1.30台を回復して終えた場合は一旦底打ちした可能性が高くなります。

ポンド/円は3手連続して寄せ線で終えており、上下の抵抗を攻めきれずに寄り付き水準に戻しています。一方向へ動き出す可能性が高いので注意が必要です。トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは137.30-40で戻り売り。損切りは浅い場合で137.70、深い場合は一旦底打ちした可能性が高くなる138.20で撤退です。135円割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じますが132.00-10に週足ベースで見た強い下値抵抗が控えています。また、138円台を回復した場合は一旦底打ちした可能性が生じます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値の重い展開。クロス/円、上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陰線となり上値を切り下げていますが、下値抵抗をかろうじて守っており、反発に転ずる可能性を残しています。買いは1日様子見か105.10-20の押し目待ちとしています。損切りは104.40で撤退です。損切りが付かない場合でも105円割れで終えた場合は下値リスクが高くなるので、買いは一旦撤退して様子見です。売りは106.20-30の戻りを売って106.60で一旦撤退するか、106.80-90の吹き値待ち。この場合の損切りは107.30で撤退です。

105円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、104.50割れで終えるか104.00割れを見た場合は一段のドル下落に繋がり易くなります。逆に106.50-60の抵抗をクリアした場合は上値余地がさらに拡がり易くなりますが、107.00超えから厚くなる上値抵抗を抜けきれない可能性も高いと見ています。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりましたが、個々の足が強いわけではないので急伸にも繋がり難いと見られます。1.20台に値を戻して終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。一方で現状は1.1790-00に日足の下値抵抗があり、これを割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは様子見か、1.1790-00で軽く買って1.1740で撤退です。売りは1.1940-50の戻り待ち。損切りは1.2020で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/円は小陰線で終えていますが、下げ余力の強いものではありません。一方で、上値を切り下げる流れに入っており、126.50超えに実体を戻さない限り、下絵リスクがより高い状態です。買いは様子見か123.80に浅い損切りを置くなら124.10-20の押し目を待って軽く試し買い程度に。売りは125.80-90で戻り売り。損切りは126.60で撤退です。

ポンド/ドルは小陽線で終え、下値抵抗を守って終えていますが、トレンドが弱く1.30台を回復して引けるまでは下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見です。売りは1.2940-50の戻り待ちとしています。損切りは1.3020で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。

ポンド/円は2手連続して寄せ線に近い形の足となりました。下げ渋りの状態で小反発に転ずる可能性を残していますが、トレンドの変化が認められないので、戻り売り方針継続とします。買いは様子見です。売りは137.20-30の戻り待ち。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す138.20で撤退です。

豪ドル/円は小陰線で終えています。下げ余力の強いものではありませんが、小幅続落の可能性があるので、買いは1日様子見か76.40-50の押し目があれば買い狙い。損切りは75.80で撤退です。売りは様子見です。76円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。77.60-70にやや強い上値抵抗があります。

今日のお昼は久しぶりに「あんきっとの気持ち」のチキンカレーをテイクアウトしました。今日のカレーはそれほどスパイシーではありませんでしたが、いつもより大きな切り身の鶏肉がゴロッと入っていて食べ応えがありました。サフランライスも多めだったのでまだお腹がいっぱいです。¥500はコスパ良すぎ。

https://ankitto-no-kimochi.owst.jp/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上下の抵抗を抜けきれない状態続く。クロス/円、上値余地が限られる可能性

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から収録の予定が入っているので、これから出かけます。今朝のコメントの一部をご参考までに掲載しておきますので参考にして頂ければと思います。

ドル/円は値幅の小さい足が連続しており、方向感のない展開となっていますが、上値を切り下げる一方で下値も切り上げており、今日についても狭いレンジ内での動きに留まると見られます。

今日のドル買いは105.80-90で軽く買って105.40で撤退です。ドル売りは106.30-40で軽く売って106.70で一旦撤退です。106.50-60の抵抗を上抜ければ上値余地がもう一段拡がる可能性が、逆に105.50割れを見た場合は105.00近辺までもう一段下値余地が拡がり易くなります。

ユーロ/ドルは前日の上ヒゲ部分に小陽線が出ていますが、上昇余力の強いものでは上値余地も大きく広がり難い状態です。一方で1.1780-90に日足の抵抗があり、1.1750割れで終えない限り、下値余地も拡がり難いでしょう。買いは様子見か1.1690に損切りを置くなら1.1760-70で軽く押し目買い。損切りが付かない場合でも1.1750以下で終えた場合は、下値リスクが高くなるので買いは撤退して様子見に転じます。売りは1.1870-80で戻り売り。損切りは1.1930で撤退です。1.20台で終えない限り下値リスクは軽減されません。

ユーロ/円は小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げていますが、上昇余力の強いものではないので126.50超えで終えない限り、下値リスクがより高い状態です。現状は125.00-10、124.50-60にやや強い下値抵抗がありますが、割り込んで終えるか124円割れを見た場合は一段の下落へ。買いは様子見です。売りは126.00-10で戻り売り。損切りは126.60で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、週足の抵抗が126.50-60にありこれを上抜けて越週しない限り、下値リスクを残します。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形の陰線引けとなりました。上値を急角度で切り下げており、下値リスクがより高い状態ですが、強い下値抵抗ゾーンに入っているので、売りも慎重に。買いは底打ち確認まで様子見です。売りは1.2930-40の戻り待ちとします。損切りは1.3010で撤退です。1.30台を回復して引けた場合は短期トレンドが変化します。下値抵抗は1.2730-40、1.2670-80、1.2600-10にあります。

ポンド/円は小幅続落となりました。136円台を維持できずに終えており、一段の下落リスクに注意が必要です。135.20-30に週足の抵抗がありますが、135円割れで越週した場合は130~132円をトライする動きが強まり易くなります。136~138円ゾーンには本来強い下値抵抗があったポイントであるため、押し戻される可能性にも注意が必要です。買いは様子見です。売りは136.90-00で戻り売り。損切りは137.60で浅めに一旦撤退するか、深い場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す138.10に置く必要があります。

豪ドル/円は小反発。上昇余力の強いものではありませんが、日足、週足ともに形状が安定しており、押し目買い方針継続とします。短期トレンドは76円割れで終えない限り変化しません。買いは77.10-20で押し目買い。下値余地を76.80近辺まで見ておく必要があります。損切りは76.50で一旦撤退です。売りは様子見です。


  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
Vegi&Fishお食事券
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示