川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。上値抵抗を抜けきれない可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陽線引けとなり、この足が3/24に付けた111.71を直近高値をして上値を切り下げてい来た流れから頭一つ上抜けて終えています。日足の形状がやや改善しており106円台の足元がしっかりとした感がありますが、トレンドの変化が確認できないことや、108.00-10に日足の抵抗が控えており、これを上抜けて終えない限り下値リスクがより高い状態です。また、108円台で終えた場合でも週足の抵抗が108.60-70に位置しており、109円台を回復して越週しない限り上値余地も拡がり難いでしょう。買いは様子見か106.60-70の押し目待ち、損切りは106.00で撤退としています。損切りが付かない場合でも106.50以下で終えた場合は、直近の陽線が"ダマシ"となった可能性が生ずるので、ドル買いは撤退して様子を見た方がいいでしょう。売りは107.70-80で売り向かい。損切りは108.20で撤退です。

ユーロ/ドルは小反落。下値リスクがより高い状態に変わりありませんが、1.0780-90以下に下値抵抗が散在しており、突っ込み売りにも注意が必要でしょう。売りは1.0860-70の戻り待ち。損切りは1.0910で一旦撤退です。買いは様子見としています。短期トレンドは1.10台を回復して終えない限り変化しません。

ユーロ/円は3手連続陽線引けとなり下値を切り上げていますが、日足の上値抵抗が116.70-80、117.00-10にあり、これらをしっかり上抜けて終えない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。またこの場合でも中期トレンドが弱いことから、ユーロ急伸にも繋がり難いでしょう。買いは様子見か115.00-10の押し目待ち。損切りは114.40で撤退です。売りは116.70-80で戻り売り。損切りは117.20で一旦撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げる流れに変化が認められません。買いは様子見です。売りは1.2420-30で戻り売り。損切りは1.2480で一旦撤退としています。短期トレンドは1.25台を回復して終えればニュートラルな状態に戻します。

ポンド/円は寄せ線に近い形の足で終えており、下値トライにも失敗していますが、133円台に実体を戻しきれておらず、日足の形状が改善していません。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、135.50超えで終えるまでは下値リスクへの警戒も必要です。買いは132.00-10で押し目買い。損切りは131.50で一旦撤退です。売りは1日様子見です。

豪ドル/円は小陽線で終えています。短期トレンドは強い状態を維持していますが、70円台にしっかり乗せてくるまではレンジ内の動きに留まる可能性も高い形です。短期トレンドは68円割れで終えない限り、変化しません。買いは様子見か69.00-10の押し目待ちとしています。損切りは68.60で撤退です。売りは様子見か69.80-90で戻り売り。損切りは70.30で撤退です。

今日のランチは橡の木の海鮮丼をテイクアウトしました。¥1000です。赤身のマグロ、中トロ、鯛の大き目の切り身が2切ずつ、つぶ貝、卵焼き、しょうが添えてあります。マグロがやはり美味しいですね。店先にテーブルを出してお昼はテイクアウトで頑張っています。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13034797/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。上値抵抗を抜けられない可能性に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後からマネースクウェアさんのWebセミナーの収録で出かけることになっています。今朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考になさってください。

ドル/円は2手連続小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げています。米4月の雇用統計は14.7%、就業者数も2050万人減と戦後最悪の数値となったものの予想より悪化しなかったとの判断が優勢となっています。

日足の上値抵抗が106.90-00にあり、これを上抜けて終えれば若干上値余地が拡がる可能性が生じますが、短期トレンドは108.00-10の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。また、この場合でも108.60-70に週足の上値抵抗が控えており、ドル急伸にも繋がり難いでしょう。一方下値も、106.00-10以下に強い抵抗が控えており、104円割れで越週しない限り、ドル急落にもまだ繋がり難い状態です。

今日のドル買いは1日様子見か106.10-20の押し目待ち。損切りは105.70で一旦撤退です。ドル売りは106.90-00で戻り売り。損切りは浅い場合で107.30、深い場合は107.60で一旦撤退です。

日足の上値抵抗は106.90-00、107.40-50、108.00-10に、下値抵抗は106.10-20、105.40-50にあります。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形の足で終えていますが、1.0870-80の上値抵抗にぶつかって押し戻されており、下値リスクがより高い状態です。一方で、1.0770-80以下にやや強い下値抵抗が控えており、このレベルでの売りも慎重に。買いは様子見です。売りは1.0890-00で戻り売り。損切りは1.0930で浅めに撤退です。1.10台を回復して引ければニュートラルな状態に戻して下値リスクが軽減されますが、1.12台で越週するまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は2手連続小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げていますが、個々の足が強いものではなく、また、トレンドも弱い状態にあることから、戻り売り方針継続とします。買いは様子見です。売りは115.90-00で戻り売り。上値余地を116.30-40まで見て置く必要があります。損切りは116.60で一旦撤退です。117円台に実体を戻した場合はニュートラルな状態に変化しますが118.50超えで越週するまでは下値リスクを残します。

今週は週末の米小売売上高やNY連銀製造業景気指数まで、注目材料に欠けるため週初は様子見の展開となりそうです。

今日もお弁当を持参。のり弁とブロッコリー、ミニトマトのサラダです。おかずは定番の鮭の塩焼きといり卵、焼いたお肉を少々。副菜に昨日の夕食の余った春菊の胡麻和え。春菊の胡麻和えは手抜きでも結構美味しくできますよ。春菊(一把)は2分湯がいて冷水にとって絞ります。タレは醤油大1弱、砂糖大1、すりごま大2をよく混ぜて絞った春菊と和えるだけです。本当はゴマをフライパンで炒ってすり鉢でするのがいいんでしょうが、手抜きでも十分イケます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、米雇用統計発表待ちで小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円が小陽線で続落を食い止めていますが、上昇エネルギーの強いものではないので戻り売り方針継続としています。一方で105.00±20銭に日足、週足ベースで見た強い下値抵抗が控えており、簡単には下抜けそうもありません。短期トレンドは107.50超えで終えれば日足の形状が改善しますが、108円台を回復して引けない限り、トレンドは変化しません。また、可能性がまだ低いと見ますが104円割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。ドル買いは様子見は105.00-10の押し目があれば買い狙い。損切りは104.40で撤退です。ドル売りは106.50-60で戻り売り。損切りは107.30で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは陽線で切り返しましたが、下値リスクがより高い状態にあるので買いは様子見です。売りは1.0870-80の戻り待ち。損切りは1.0930で撤退です。短期トレンドは1.10台を回復して引けない限り変化しません。強い下値抵抗は1.0740-50、1.0700-10にあります。

ユーロ/円は陽線で切り返しましたが、上昇余力の強いものではなく、下値リスクがより高い状態に変わりありません。買いは様子見です。売りは115.40-50で戻り売り。上値余地を115.90近辺まで見て置く必要があります。損切りは116.10で撤退です。短期トレンドは116.50超えに値を戻せばニュートラルな状態に変化しますが、118.50超えで越週するまでは下値リスクを残します。

ポンド/ドルは陽線で切り返しましたが、短期トレンドが変化して日が浅く、戻り売り方針で。買いは様子見です。売りは1.2410-20で戻り売り。損切りは1.2470で一旦撤退としていますが、短期トレンドは1.25台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は陽線で切り返しましたが上値を切り下げる流れからは抜け出しておらず、戻り売り方針継続です。買いは様子見。売りは131.60-70で戻り売り。損切りは132.60で一旦撤退です。短期トレンドは133円台に値を戻せばニュートラルな状態に変化します。但し、135.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。

豪ドル/円は実体のしっかりとした陽線引けとなり上値トライの流れに乗せていますが、下値を切り上げて来た流れからは横に外れ始めており、上値を追いきれない可能性に注意が必要です。買いは1日様子見68.20-30の押し目待ち。67.80で撤退です。売りは69.40-50で戻り売り。損切りは70.10で一旦撤退です。

米雇用統計待ちマーケットは様子見です。市場予想は失業率16%、新規雇用は▼2100~2200万人となっています。これだけ悪いと予想比が良くても悪くても動きが取れないかもしれませんね。さて人形町の料理屋さんは営業自粛を受けて、テイクアウトを受け付けるお店が多くなってきました。お寿司の「蛎殻町すぎた」さんもその一つ。営業自粛期間中は生バラちらし、伝統的なバラちらし、太巻き寿司の3種類を提供するとか。普段は予約の取れれない高級店ですが、運が良ければ予約できるかもしれませんね。予約時間に取りに行くことが条件。バラちらしは生が¥10000、伝統的なバラちらし(煮あなごやシイタケのような火の通ったもの)¥6000だそうです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13018162/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、戻り売り方針継続。105円台の抵抗にも注意。クロス/円、戻り売り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陰線が出て続落しています。個々の足が下げエネルギーの強いものではありませんが、週足の形状が悪化しており、戻り売り方針継続としています。一方で105.70-80、105.10-20に日足の低以降が、105.00近辺に週足の下値抵抗が控えており、何度か失敗する可能性も高いポイントです。このレベルでの売りも慎重に。短期トレンドは108円台を回復して引けない限り変化しません。また、104円割れで越週した場合は新たな下落リスクが生じます。買いは様子見です。売りは106.20-30で売って106.50で一旦撤退するか、106.60-70の戻りを待って売り狙い。この場合の損切りは107.20で一旦撤退としています。

ユーロ/ドルは3手連続陰線引けとなり、直近の陰線が1.0800-10の抵抗を守りきれずに終えており、短期トレンドに変化が生じています。一方で1.0740-50、1.0700-10に強い下値抵抗が控えており、このレベルでの売りも慎重に。買いは様子見です。売りは1.0820-30で売って1.0860で撤退するか1.0870-80の戻り待ちとしています。この場合の損切りは1.0930で撤退です。短期トレンドは1.10台を回復して引けない限り変化しません。

ユーロ/円は続落。直近の陰線が115.50-60の抵抗を実体ベースで下抜けており、新たな下落リスクが点灯中です。買いは様子見です。売りは115.20-30で戻り売り。損切りは116.10で撤退です。強い上値抵抗は116.90-00にあります。短期トレンドは11650超えに値を戻せばニュートラルな状態に変化します。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、この足が1.2400-10の抵抗を守り切れずに終えており、短期トレンドに変化が生じています。買いは様子見です。売りは1.2390-00で戻り売り。損切りは1.2460で撤退です。

ポンド/円は陰線引けとなり、この足が132.00-10の抵抗を割り込んで終えており新たな下落リスクが点灯中です。買いは様子見です。売りは132.00-10で戻り売り。損切りは133.10で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は陰線引けとなり68.00-10の日足の抵抗をかろうじて守って終えていますが、下値を切り上げて来た流れに変化が生じており、下値リスクが点灯しています。買いは様子見です。売りは68.40-50で売って68.90で一旦撤退です。

大型連休は自粛生活でStay Homeでしたが、この間もTake outのサービスを強化するお店も結構沢山ありました。私も普段あまり食べない焼肉を家でやってみようかと思い、連休中に「にくがとう」の赤身の焼肉セットをtake outしました。一人で一度には食べきれませんが赤身のランプ肉や、いちぼがセットで500gで通常価格¥6500のところ¥4500(税別)で、何度かに分けて頂きましたが、お肉の質が間違いないので、家で焼いても美味しく頂けました。時間もかからず野菜を一緒にたっぷり頂いてなかなかヘルシー、体力もばっちりです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13168436/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値余地を探る動き。戻り売り。クロス/円、トレンド変化の可能性

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日はWebセミナーの収録でこれから出かけます。朝のコメントの一部を張り付けて置きますので参考になさってください。

ドル/円は6手振りに陽線引けとなり、この足が上値を切り下げて来た流れから若干上抜けて来ましたが、トレンドが強いわけではないので上値追いにも限りがあると見られます。戻り売り方針変わらず。

一方で、106.90-00に日足の下値抵抗が出来ており、これを割り込んで終えない限り、一両日の下値余地も拡がり難くなりそうです。

 ドル買いは様子見か106.50-60の押し目を待って軽く押し目買い。損切りは106.20で浅めに撤退です。ドル売りは107.80-90で戻り売り。損切りは108.60で撤退です。

 日足の上値抵抗は107.50-60、107.80-90、108.30-50に、下値抵抗は106.90-00、106.50-60、105.70-80にあります。

 ユーロ/ドルは寄り付き安値の陽線引けとなり、この足が短期トレンドに変化を生じさせています。週足がまだ安定していないので急伸にも繋がり難いと見ますが、一旦底打ちした可能性が生じているので、押し目を待って買い狙いで。買いは1.0870-80の押し目待ちとします。損切りは1.0840で浅めに撤退です。売りは損切りが付いたので様子見か1.0980-90で軽く売り向かい。損切りは1.1020で浅めに撤退です。1.0800割れで終えた場合は再び下値リスクが点灯します。

 ユーロ/円は大陽線の出現となり、この足が3/25に付けた121.15を基点とするレジスタンスラインをしっかりと上抜けて終えています。一旦底打ちした可能性が高くなっていますが、週足が上値を切り下げる流れから上抜けておらず、買いも引き付けて。買いは116.50-60の押し目待ちとします。損切りは115.90で撤退です。売りは損切り付いたので様子見か118.50-60の吹き値があれば売り狙い。損切りは119.10で撤退です。

ではよい週末をお過ごしください。大型連休ですが「Stay Home」ですね。頑張りましょう!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
【新製品】Sinocare社製コロナウイルス検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
若林栄四著書「マネー消失 金本位制で再生するしかない金融秩序の崩壊」プレゼント企画
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示