川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル円、底打ちした可能性。クロス円、上値余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は3時頃から外部での勉強会参加のため外出します。今朝のコメントの一部を添付しておきますので、参考になさって頂けたらと思います。

ドル/円は直近の日足が実体が小さく上下にヒゲのある足で終え、前日の大陰線の値幅内に入り込んだ形となりました。安値圏に出た「孕み足」は底打ちの兆しとなることが多く、前日に付けた138.47で一旦底打ちした可能性が点灯中です。今日の押しは一旦買い狙いで。但し、138.50-60の抵抗を下抜けて終えた場合は、135円方向への新たな下落リスクに注意が必要となります。

ドル買いは139.60-70で押し目買いとしましたが、東京市場寄付き前に発表された日本のGDPが事前予想を下回る4期ぶりのマイナス成長となったことから、上寄りのスタートとなっています。寄り付き後も押し目のないままじり高となっており、海外市場でもドルが底堅く推移する可能性が高いと見られます。売りは様子見か141.70-80で軽く売って142.20で浅めに撤退としています。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え、寄り付き水準に戻して引けています。1.0360-70にやや強い上値抵抗がありますが、これを上抜けて終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。買いは1.0280-90の押し目を軽く買って1.0250で浅めに撤退するか、1.0180-90の押し目待ちとします。この場合の損切りは"ニュートラル"な状態に戻す1.0140で撤退です。売りは様子見か1.0440に損切りを置くなら1.0400-10まで引き付けて軽く売り向かい。1.0150-60の抵抗を下抜けて終えた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。

ユーロ/円は実体が小さく上下にヒゲのある陽線引けとなりました。145円超えトライには失敗しましたが、再度これを試す動きが強まると見られます。143円を割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは144.00-10で押し目買い。損切りは143.40で撤退です。売りは様子見です。143円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。147円台で終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。

ポンド/ドルは小反落。短期トレンドは強い状態を維持していますが、1.1700を割り込んで終えた場合は、日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。買いは1.1700-10の押し目待ちとします。損切りは1.1640で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見です。

ポンド/円は寄せ線に近い形の足で終えています。上値を切り下げる流れから上抜けていませんが、値動きの中で165.50-60の抵抗をクリアしており、短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻しています。買いは163.80-90で押し目買い。損切りは163.40で撤退です。これが付いた場合は再び下値リスクがやや高くなります。売りは1日様子見です。

豪ドル/円は陽線で切り返して続落を食い止めていますが、上ヒゲがやや長く、上値トライにも失敗しており、下値リスクを残した状態です。買いは93.10-20の押し目待ちとします。損切りは92.80で浅めに撤退です。売りは94.70-80の戻り待ち。損切りは95.20で撤退です。95.20超えで終えれば下値リスクが後退、逆に、92円台を維持出来ずに終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。

今日は久しぶりの雨。少し肌寒い1日です。ランチは暖かいお弁とにしようと、「東京はるまき」に向かいました。11:20頃に到着。整理番号は1番でした。前回どうようにMサイズ、雑穀米をチョイス、春巻きのタレはピリ辛にしました。¥880です。春巻き3個、鶏の唐揚げ3個、生春巻き1個とお新香です。揚げたて、炊き立てで温まります。唐揚げが脂っこくないのがいいですね。注文してから揚げてくれるので、待ち時間が5分位あります。待つのが苦手な方は予約してから行った方がいいかもしれません。それから、レジ袋が有料なので、エコバッグを持って行ってください。しっかりした紙製のお弁当箱なので、袋は汚れませんよ。Mサイズでも結構ボリュームがあるので、女子はSサイズでも大丈夫かも。

お弁当 | 東京はるまき (tokyo-harumaki.com)

 

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル全面安。ドル/円、クロス/円、上値の重い展開続く。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続大陰線で終え、直近の陰線が140.60-70にあった日足の下値抵抗を下抜けて終えており、一段の下落リスクが点灯中です。先週末がNY市場休場であったため薄商いであたため、オーバーシュートしている可能性があり、この下抜けが"ダマシ"となる可能性があります。短期トレンドは140.50-60の抵抗をクリアして終えれば、ニュートラルな状態に戻しますが、142台に乗せて越週するまでは下値リスクを残します。
一方下値は、強い下値抵抗が134~135円台にあり、大幅な続落を見た場合でもこのレベルは簡単には下抜けないでしょう。

ドル買いは1日様子見としています。売りは140.00-10で戻り売り。損切りはニュートラルな状態に戻す140.60で撤退です。

ユーロ/ドルは2手連続陽線引けとなり、短期トレンドは強い状態にあります。また2月に付けた1.1495を基点とする中期的な弱気のトレンドにも変化が生じており、上値トライの動きが継続すると見られます。急伸の過程で1.01台の足元の弱さを残していますが、トレンドが強いのでここまで押すのは目先天井を確認してからとなりそうです。買いは1.0290-00で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは1.0250で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。1.0150-60の抵抗も下抜けて終えた場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻して1.0100~1.0000の足元を固め直す動きが強まり易くなります。

ユーロ/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが、結果的には陰線で終え、続落しています。下ヒゲがやや長く下値トライにも失敗していることや、日足の下値抵抗が143.10-20にあり、これを割り込んで終えない限り、売りも慎重に。日足の形状が弱く下値リスクがより高いので、買いは様子見です。売りは144.40-50で戻り売り。損切りは145.10で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。この場合でも147円台で終えるまでは下値リスクを残します。

ポンド/ドルは続伸。短期トレンドは強い状態にありますが、直近の陽線が上昇エネルギーの強いものではないので、大幅続伸に繋がり難いと見られます。買いは1.1700-10の押し目待ちとします。損切りは1.1640で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻して、1.15台の足元を固め直す動きへ。

ポンド/円は続落。下値トライにも失敗しており、小反発の可能性があります。短期トレンドが弱い状態ですが、160円を割り込んで終えない限り、中期トレンドは変化しません。短期トレンドが弱いので買いは1日様子見です。売りは165.00-10で軽く戻り売り。損切りは165.60で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。

豪ドル/円は実体が小さく上下にヒゲのある陰線引けとなりました。上下の攻めに失敗していますが、上値を切り下げる流れにあり、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見か92.00-10まで引きつけて。損切りは91.70で浅めに撤退です。売りは1日様子見か93.90-00の戻り待ちとします。損切りは94.30で浅めに撤退です。95.10-20の抵抗を実体ベースで上抜けて終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。

 

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル全面安。ドル円、クロス/円、弱気。強い下値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から外出の予定が入っています。ご参考までに朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考になさって頂けたらと思います。

ドル/円は値幅が5円を超える大陰線の出現となりました。大きな下げエネルギーを吐き出した状態で、短期トレンドは"ドル弱気"の流れにありますが、一方で、今年3月に付けた114.65を基点として下値を切り上げて来た中期的なサポートラインを下抜けておらず、中期トレンドは"ドル強気"の流れを守った状態です。

この中期的な日足の下値抵抗は140.60-70に、週足は140.00-10に位置しており、これらを割り込んで終えない限り、調整下げの範囲内となり、押しは一旦買い場となる可能性も高い状態です。

短期トレンドは142.50-60の抵抗をクリアすれば、昨日の安値140.21で一旦底打ちした可能性が高くなり、調整下げに留まった形となります。この場合は上値余地を探る動きが強まり易くなりますが、この場合でも145.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。

ドル買いは様子見か140.70-80で押し目買い。損切りは140.00で撤退です。売りは142.00-10で戻り売り。損切りは"ニュートラル"な状態に戻す142.60で撤退です。

ユーロ/ドルは高値圏で引ける大陽線の出現となり、日足、週足ともに形状が改善して一段の上昇の可能性に繋げています。買いは1.0140-50で押し目買い。損切りは1.0100で一旦撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは1.0000を割り込んで終えない限り変化しません。

ユーロ/円は高値圏から大陰線の出現となりました。日足の形状が悪化しており下値リスクが高い状態ですが、週足ベースで見た強い下値抵抗が143.10-20にありこれを守った状態にあるので、このレベルでの売りも慎重に。但し、143円割れで越週した場合は140円方向への新たな下落リスクが点灯します。下値リスクがより高いので、買いは様子見か143.20-30まで引きつけて。損切りは142.80で浅めに撤退です。売りは145.00-10の戻り待ちとします。これは東京市場で付いています。損切りは"ニュートラル"な状態に戻す145.60で撤退です。

ポンド/ドルは高値引けの大陽線が出ています。週足の形状も改善しており、このまま1.1650超えを維持して越週出来れば、来週以降も一段の上昇に繋がり易くなります。買いは1.1610-20で押し目買い。損切りは1.1570で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。1.1500割れを見た場合は再び下値リスクが点灯します。

ポンド/円は続落。下値リスクがより高い状態ですが、164円台の下値抵抗を守っています。164.00-10に週足の抵抗がありますが、164.00を割り込んで終えた場合は162円方向への一段の下落リスクが生じます。下値リスクがより高いので、買いは様子見か164.00-10まで引きつけて。損切りは163.70で浅めに一旦撤退です。売りは165.80-90で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは166.60で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。

豪ドル/円は続落。93.00-10の日足の抵抗を実体ベースで守っていますが、日足の形状が悪化しており、反発余地が限られる展開が予想されます。買いは様子見か、93.00-10まで引きつけて。損切りは92.70で浅めに撤退です。売りは1日様子見です。92円割れで終えた場合は90円方向への新たな下落リスクが生じます。

では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値余地が限られる可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が、東京市場(9:00am)で下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに陽線で切り返しています。下値トライに失敗したものの、上値を切り下げる流れから上抜けておらず、下値リスクがより高い状態に変わりありません。

日足の上値抵抗が146.90-00にありますが、147円台を回復して終えれば下値リスクがやや後退、147.50-60の抵抗をクリアした場合は、145円台で調整下げが終了した可能性が高くなり、148~149円ゾーンの上値抵抗の強さを確認する動きへ。この場合でも149円台で越週するまでは強気の流れに戻せず、上値余地も拡がり難いでしょう。逆に145.20-30の抵抗を下抜けて終えた場合は、下落余地がさらに拡がり易くなります。144.00割れで終えた場合は142.50~143.00ゾーンまで下値余地が拡がり易くなります。

ドル買いは様子見か145.20-30まで引きつけて。損切りは144.90で浅めに撤退です。ドル売りは損切りが付きましたが、146.60-70で再度売り狙い。損切りは147.10で浅めに撤退です。

ユーロ/ドルは反落。1.01台乗せに失敗していますが、下値を切り上げる流れには変化なく、上値トライの可能性を残しています。0.9980-90の下値抵抗を守っていますが、これを下抜けた場合は下値余地がもう一段拡がり易くなります。買いは1日様子見か0.9920-30の押し目があれば買い狙い。損切りは0.9880で浅めに撤退です。売りは様子見です。0.9850以下で終えた場合は"ニュートラル"に変化、0.9780以下で終えた場合は"ユーロ弱気"に変化します。

ユーロ/円は東京市場(9:00am)で前日足から大きく下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに実体の小さい陽線で終えています。上値トライの可能性を残していますが、147.00-10の上値抵抗にもぶつかっており、買いも慎重に。買いは146.00-10で押し目買い。損切りは145.70で浅めに撤退です。売りは様子見です。145.00以下で終えた場合は下値リスクが点灯、144.50以下で終えた場合は下落余地がさらに拡がり易くなります。逆に147.60-70の抵抗を上抜けて終えた場合は"ユーロ強気"の流れに戻して一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは実体の大きい陰線引けとなり、この足が短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻しています。下値リスクがやや高い状態ですが、1.1300以下に強い下値抵抗が控えており、1.1000を割り込んで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは損切りが付いたので様子見か1.1300-10の押し目を軽く拾って1.1270で浅めに撤退です。売りは1.1450-60の戻り待ちとします。損切りは1.1500で撤退です。

ポンド/円は続落。直近の陰線が167円割れを見て短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻しています。165.00以下で終えた場合は"弱気"に変化して一段の下落リスクが点灯します。買いは1日様子見です。売りは167.00-10で戻り売り。損切りは167.50で一旦撤退です。168.50超えで終えれば"強気"の流れに戻します。

豪ドル/円は続落。下値抵抗を守っていますが、日足の形状がやや悪化しています。94.00-10,93.50-60,93.10-20に強い下値抵抗がありますが、全て下抜けて終えた場合は新たな下落リスクが生じます。買いはもう1日様子見か93.20-30まで引きつけて。損切りは92.90で浅めに撤退です。売りは様子見です。

今日は東京時間22時30分に、注目の米10月消費者物価指数(CPI)の発表があります。市場予想は前月比:0.6%(9月0.4%)、前年比8.0%(9月8.2%) 同コア0.4%(9月0.6%) 前年比6.5%(9月6.6%)となっており、インフレ鎮静化の兆しがみられるのか注目されています。

今日のランチは久しぶりにお寿司が食べたくなり、橡の木さんで上握りを頂いてきました。シャリを小さくしてもらいましたがそれでも結構普通の大きさです。中トロ2貫、海老、穴子、白身はいさきでした。その他にイカ、いくら、そして卵焼き2個。中トロは脂が甘くとても美味しかったです。穴子もふかふか。イクラも高くなっているのでお正月は食べられるかしら?とちょっぴり寂しい予感。お椀と具沢山のおからの小鉢が付いて¥2200でした。美味しかったです。

https://sushi-tochinoki2016.gorp.jp/

 

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、下落リスクが点灯中。クロス/円、強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は続落。直近の日足が短期トレンドに変化を生じさせており、一段の下落リスクに注意が必要です。短期トレンドは147.50-60の抵抗をクリアして終えない限り、変化しません。144.00-10に強い抵抗がありますが、これを割り込んだ場合は142円台まで下落余地が拡がり易くなります。この場合でも調整下げに留まるなら140円台を大きく割り込まない可能性も高いと見ています。

ドル買いは様子見に転じます。
ドル売りは145.90-00で戻り売り、損切りは146.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりました。単体では上昇エネルギーの強いものではありませんが、トレンドが変化して日が浅いことから、下値余地が限られ易く、押し目買い方針で。買いは1.0010-20の押し目待ちとします。損切りは0.9960で撤退です。売りは様子見か1.1120に浅い損切りを置くなら1.1080-90で軽く売り向かいこれは東京市場で付いています。浅い利食いも着実に。0.9850以下で終えた場合は下値リスクが点灯、0.9750以下で終えた場合は"ユーロ弱気"に変化します。

ユーロ/円は実体が小さく下ヒゲの長い陰線引けとなりました。下値トライに失敗した反動で147.00超えの抵抗をトライする可能性に繋げています。147.00超えの抵抗を上抜けていませんが、147.00-10,147.60-70の抵抗を全てクリアして147.70超えで終えれば、下値リスクが後退して一段の上昇に繋がり易くなります。買いは146.00-10の押し目待ちとしています。損切りは145.70で浅めに撤退です。売りは様子見です。145.00以下で終えた場合は下値リスクが点灯、144.50以下で終えた場合は下落余地がさらに拡がり易くなります。

ポンド/ドルは小幅続伸。短期トレンドは強い状態を維持しています。1.1550-60に日足の抵抗がありますが、終値ベースで上抜けて来れば下値リスクが後退、1.1650-60の抵抗をクリアすれば一段の上昇に繋がり易くなります。強い上値抵抗ポイントにあるので、買いは1.1470-80の押し目待ちとします。損切りは1.1420で撤退です。売りは様子見か1.1660に損切りを置くなら1.1620-30まで引きつけて軽く売り向かい。1.1340-50の抵抗を下抜けて終えた場合は短期トレンドが変化します。

ポンド/円は小反落。トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続とします。買いは167.30-40まで引きつけて。損切りは166.90で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。166円台を維持出来ずに終えた場合は"弱気"に変化して下落余地がさらに拡がり易くなります。

豪ドル/円は小反落。下げエネルギーの強いものではありませんが、95.10-20の上値抵抗にぶつかっており、この反動で下値余地がやや深くなる可能性があります。買いは1日様子見とします。売りも様子見か、95.30に浅い損切りを置くなら95.00-10で軽く試し売り。93.00以下で終えた場合は"弱気"に変化します。

今日のランチは最近堀留町に出来た春巻き専門店、「東京はるまき」のお弁当です。Mサイズの¥880のにしてみました。受付で、ご飯の量、雑穀米か白米か、春巻きのつけダレを3種類から選びます。料金を支払うと番号札が渡され、出来上がったお弁当と引き換えます。少し待ちますが、温かいご飯、揚げたての春巻きや鶏の唐揚げ、柴漬けが入っていて、とても美味しく頂けます。おかずは、日替わりの春巻き1/2カットが3コ、生春巻き1コ、鶏のから揚げ3コ。生春巻きもお野菜たっぷりでとても美味しかったです。春巻きは皮がサクサク、唐揚げもカラッと揚がっていて脂っこさを感じませんでした。質の高いお弁当でした。帰り道に通ったおが和は今日も大行列でした。

東京はるまき | 日本初の春巻専門店 (tokyo-harumaki.com)

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
若林栄四特別セミナー
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示