川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル/円、クロス/円、反発。上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が実体が小さく下ヒゲのやや長い陽線引けとなりました。135.00-10の下値抵抗に跳ね返されており、下値トライに失敗した反動で、上値トライの動きが期待できますが、136.60-70の抵抗を実体ベースで上抜けて来るまでは上値余地も拡がり難いので買いも慎重に臨む必要があります。
136.60-70の抵抗を上抜けて終えるか、137.10-20の抵抗をクリアした場合は、"ドル強気"の流れに戻して一段のドル上昇へ。逆に135円を割り込んで終えた場合は、下値余地が若干拡がり易くなります。可能性がまだ低いと見ますが134円を割り込んで終えた場合は1~2円程度下値余地が拡がり易くなります。

ドル買いは135.10-20まで引きつけて。損切りは134.40で撤退です。売りは136.10-20で戻り売り。損切りは136.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続落。単体では下げエネルギーの強いものではありませんが、トレンドが弱い状態にあるので買いは様子見です。売りは1.0210-20で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは1.0270で撤退です。1.0430超えで越週しない限り、下値リスクが軽減されません。

ユーロ/円は続落して終えています。直近の陰線の下ヒゲが長く、下値トライに失敗した形で終えていることや、2日間で5円以上の下げを見ており、ややオーバーシュート気味の感があります。今日については反発余地を探る動きが期待できますが、一方で、直近の陰線が今年3/7に付けた124.40を基点として下値を切り上げて来たサポートラインを下抜けた位置で終えており、新たな下落リスクが点灯中です。ダマシかどうか見極めるまで、買いは1日様子見としています。売りは138.90-00で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは139.70で撤退です。139.50超えで終えれば、直近の陰線の下抜けが"ダマシ"であった可能性が生じます。

ポンド/ドルは小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではありませんが、トレンドが非常に弱い状態にあり、下値余地がさらに拡がる可能性により警戒が必要です。買いは様子見です。売りは1.1940-50で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは1.2010で一旦撤退です。短期トレンドは1.21台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は前日足から下寄りのスタートとなりましたが、下値トライに大きく失敗して寄り付き水準まで戻して引けています。160円台の下値抵抗を守り切った感があり、反発に転ずる可能性が点灯中ですが、上値を切り下げる流れに変わりないので、買いも慎重に臨む必要があります。トレンドの変化が認められないので買いは1日様子か160.00-10までの押しがあれば軽く買い狙い。損切りは159.40で撤退です。売りは162.20-30で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは162.60で浅めに撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻して、反発余地がもう一段拡がり易くなりますが、この場合でも167円台で終えるまでは下値リスクがを残します。

豪ドル/円は小陰線で終えています。トレンドの弱さに変わりないものの91.60-70の抵抗を守っており、調整下げの範囲内にあります。突っ込み売りにも注意が必要でしょう。買いは91.70-80の押し目待ちとします。損切りは91.30で撤退です。売りは92.90-00の戻り待ち。損切りは93.60で撤退です。94円台に実体を戻して終えるまでは、下値リスクにも注意が必要です。

今日はお弁当を持参。といっても昨日作った具沢山のスープの残り(ジャガイモ、玉ねぎ、茄子、トマト沢山、キャベツ、そして欠かせないのが成城石井のウィンナーソーセージ=これが一番食材と合います!)をサーモスのミニボトルに入れて来ました。これにレトルトのハンバーグを温めて、目玉焼きの代わりにゆで卵を添えて来ました。このハンバーグ、浅草のヨシカミのレトルトものを取り寄せたものですが、結構イケます。一緒に頼んだビーフシチューも、量は少し少な目ですがデミグラスソースがあっさりしていて、食べやすく、ご飯にも合います。バターやクリームが沢山入った濃厚なデミグラスソースをイメージしている方には合わないかもしれません。昔はお店の前に並んで食べたハヤシライスやビーフシチューもお手頃なお値段で頂けます。下町の洋食屋さんの感じですね。

ヨシカミ 通販 オンラインショップ (yoshikami.base.shop)

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル全面高。ドル/円、上値の重い展開。クロス/円、続落に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は前日足から上寄りした位置に寄せ線で終えています。この足が136.30-40の上値抵抗にぶつかって押し戻されており、この反動で下値トライの動きが先行すると見られますが、135.00-10,134.50-60にやや強い下値抵抗があり、これらを下抜け切れない可能性も高いと見られます。但し、134円割れで終えた場合は日足、週足の形状が悪化して、下値余地がさらに1-2円拡がり易くなります。逆に136.60-70の抵抗を上抜けて終えた場合は、"ドル強気"の流れに戻して137円超えトライの動きが強まり易くなります。

ドル買いは135.00-10で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは134.40で撤退です。売りは136.00-10で戻り売り。損切りは136.60で撤退です。

ユーロ/ドルは値幅の大きい陰線引けとなり、この足が1.0300割れを見て新たな下げトレンド入りした格好となりました。買いは様子見です。売りは1.0290-00で戻り売り。損切りは1.0370で撤退です。短期トレンドは1.0430超えで越週しない限り変化しません。

ユーロ/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが、上値抵抗にぶつかって大陰線の出現となりました。日足の抵抗を守って終えていますが、今日の日足の下値抵抗が139.30-40に上がっており、これを割り込んで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。買いは様子見です。売りは139.30-40で戻り売り。(これは東京市場で付いています)吹き値があった場合の上値余地を139.80近辺まで見て置く必要があります。損切りは140.10で撤退です。短期トレンドは141円台を回復して引けない限り、変化しません。

ポンド/ドルは大陰線の出現となり、この足が実体ベースで1.2000を割り込んで新たな下落リスクが点灯中です。買いは様子見です。売りは1.1980-90で戻り売り。損切りは1.2050で撤退です。短期トレンドは1.21台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが、上値トライに失敗して大陰線の出現となりました。162.00-10の日足の抵抗を終値ベースで守って終えていますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは162.50-60で戻り売り。損切りは163.30で一旦撤退です。短期トレンドは164円台を回復して引ければ"ニュートラル"な状態に戻します。

豪ドル/円は上下にヒゲのある陰線引けとなりました。84円超えトライに失敗した影響がより強いことから、続落の可能性により警戒が必要です。91.60-70に日足の下値抵抗がありますが、割り込んで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。買いは様子見か91.60以下で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは91.10で撤退です。損切りが付かない場合でも91.60以下で終えた場合は買いは一旦撤退して様子を見た方がいいでしょう。売りは92.90-00の戻り待ちとします。損切りは93.50で撤退です。

ドル全面高ですが、この間にクロス円も大きく値を下げています。クロス円の調整がドル円の戻りを鈍くする可能性があるので、注意が必要です。

 

 

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値トライの動きが継続。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が前日足から下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに陽線で切り返しています。上値トライの動きが先行すると見られますが、136.60-70の抵抗を実体ベースで上抜けて終えるまでは日足の形状が改善せず、上値余地も拡がり難い状態です。一方で、135.00-10に日足の抵抗があり、これを割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。但し、134円割れで終えた場合は、新たな下落リスクが点灯します。

ドル買いは135.00-10の押し目待ちとしています。損切りは134.40で撤退です。ドル売りは136.00-10で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは136.60で撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。1.0400-10の下値抵抗を守っていますが、トレンドが弱く下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見です。売りは1.0450-60で戻り売り。損切りは1.0510で撤退です。1.0300割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。短期トレンドは1.0620-30の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。

ユーロ/円は前日足から下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに小陽線で終えています。140円台の下値抵抗を守っており、上値余地を探る動きが先行すると見られますが、上値を切り下げる流れに変化が認められず、142.50超えで終えるまでは下値リスクが軽減されません。また144円台に実体を戻すまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは様子見です。売りは131.70-80で売り狙い。これは東京市場で付いています。損切りは132.40で一旦撤退です。139円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。

ポンド/ドルは小陽線で切り返しましたが、トレンドは弱いままです。一方で、1.2000-10の下値抵抗を実体ベースで守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。トレンドが弱いので買いは様子見か1.2000-10の押し目待ち。損切りは1.1970で浅めに撤退です。売りは1.2150-60で戻り売り。損切りは1.2210で撤退です。1.22台を回復して終えれば底打ち、反転の流れに入りますが、1.24台で終えるまでは下値リスクを残します。

ポンド/円は前日足から下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに陽線で切り返しています。上値を切り下げる流れに変化が認められませんが、一方で下値も、162.00-10に強い下値抵抗が出来ており、これを割り込んで終えない限り、下値余地が拡がり難い状態です。買いは様子見です。売りも1日様子見です。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、167円台を回復して終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。163円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

豪ドル/円は陽線で切り返して上値トライの動きに繋げています。下値リスクがより高い状態ですが、92.00-10に強い下値抵抗が出来ており、これを割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは92.00-10の押し目待ちとします。損切りは91.70で撤退です。売りは損切りが付いたので様子見です。93円台を回復して底堅さが見えていますが、94円台を回復して終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。

少し涼しくなると食欲も増して来ますね。大井町の由良。コロナ禍ですっかり足が遠のいてしまいましたが、今も予約が取り難いお店の一つです。お任せのコースですが、お造りから創作料理の数々が素晴らしく美味しいです。何種類も出るので最初はまだまだと思っていても終わる頃にはお腹が一杯になります。お料理に合う日本酒も色々ありますよ。秋になったら行きたいお店の一つです。

魚菜 由良 - 大井町/割烹・小料理/ネット予約可 | 食べログ (tabelog.com)

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル円、クロス円、反発余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続陰線引けとなり直近の陰線が5/24に付けた126.36を基点として下値を切り上げて来た短期的なサポートラインを若干下抜けた位置で終えています。調整下げの動きに入る可能性が生じており、今日の買いは1日様子見か134.20-30まで引きつけて。損切りは133.80で浅めに撤退です。ドル売りは135.80-90で戻り売り。損切りは136.20で浅めに撤退です。

日足が136.60-70の抵抗を上抜けて終えた場合は、強気の流れに戻して一段のドル上昇へ。逆に134円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して132~133円台の下値抵抗をどこまで切り崩せるかトライする動きが強まり易くなります。この場合でも短期トレンドは131円を割り込んで終えない限り、"ドル弱気"に変化しません。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げています。1.0400-10の日足の抵抗を実体ベースで守って終えていますが、トレンドが弱いので反発余地が限られる可能性が高いと見られます。買いは様子見か1.0370-80まで引きつけて。損切りは1.0340で撤退です。売りは1.0450-60で戻り売り。損切りは1.0510で撤退です。1.0620-30の抵抗を上抜けて終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。また、1.0300割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。

ユーロ/円は値幅の大きい陰線引けとなりました。大きな下げエネルギーを吐き出した状態にあり、また、下値トライにも失敗していることから、反発余地を探る動きが先行すると見られますが、調整下げが一巡したと認められないので買いは様子見か140.30以下の押し目待ちとします。損切りは139.70で一旦撤退です。売りは141.70-80で戻り売り。損切りは142.10で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルはタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えています。強い下値抵抗に跳ね返されましたが、トレンドの変化が認められないので、買いは様子見か1.2020-30の押し目待ちとします。損切りは1.1980で撤退です。売りは1.2140-50で戻り売り。損切りは1.2210で撤退です。短期トレンドは1.22台を回復して終えない限り変化しません。

ポンド/円は値幅の大きい陰線引けとなりましたが、下ヒゲが長く、下値トライに失敗して押し戻された形となっています。金曜日に付けた、161.58で一旦底打ちした可能性がありますが、上値を切り下げる流れにも変化が認められないことから、買いも慎重に。短期トレンドは164円台を回復して引ければ"ニュートラル"な状態に戻しますが、167円台まで戻して引けるまでは下値リスクを残します。買いは様子見か161.90-00まで引きつけて。損切りは161.50で撤退です。売りは163.90-00で戻り売り。損切りは164.30で浅めに一旦撤退です。161.80以下で終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。

豪ドル/円は大陰線で終え、この足が5/12に付けた87.31を基点として下値を急角度で切り上げて来た短期的なサポートラインを下抜けており、短期トレンドに変化が生じています。一方で、今年1月に付けた80.37を基点とする中期的なサポートラインが90円台に位置しており、これを割り込んで終えない限り、調整下げの範囲内となります。突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見です。売りも1日様子見か92.40-50で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは92.80で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは94円台を回復して終えない限り、変化しません。

今日は久しぶりにお弁当を持参。梅干しを乗せたご飯が食べたくなって、おかずを作ることに。お弁当の定番?のウィンナーを焼いて、厚焼きの卵焼きを入れてみました。そして作り置きのきんぴらごぼうとピリ辛のこんにゃく炒め煮も添えて。暑いときは梅干しが食欲増進になります。少し暑さがましになったら却って疲れが出て来た感じがしてかったるい感じがしますね。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、調整下げの動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陰線引けとなり、上昇一服となりましたが、下値を切り上げる流れに変化が認められません。一方で135円割れを見て短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻しており、足元では下値余地を探る動きが強まっています。134円割れで越週した場合は、132~133円台の足元を固め直す動きが強まり易くなります。逆に136円台を回復して終えれば下値リスクが後退しますが、136.60-70の抵抗を上抜けて終えるまでは上値余地も拡がり難くなっています。

買いは損切りが付いたので様子見です。売りも135.80-90の戻り待ちとします。損切りは136.30で浅めに撤退です。

ユーロ/ドルはタクリ足の陽線引けとなり、下値トライに失敗した形で引けています。強い下値艇抵抗には跳ね返されており、上値余地を探る動きに繋げていますが、トレンドが弱い状態に変わりなく、買いも慎重に。今日の買いは1日様子見か1.0430-40で軽く押し目買い。これは先ほど付いています。損切りは1.0380で撤退です。売りは1.0520-30で戻り売り。損切りは1.0560で撤退です。1.0350を割り込んで終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。短期トレンドは1.0620-30の抵抗を上抜けて終えない限り変化しません。

ユーロ/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えていますが、今日の値動きの中では141円割れを見ており、短期トレンドに変化が生じています。買いは様子見に転じます。売りは142.10-20の戻り待ちとします。損切りは142.70で撤退です。143円台に値を戻せば下値リスクが軽減されますが144円台に実体を乗せて終えない限り上値余地も拡がり難い状態です。

ポンド/ドルは小反発。上昇エネルギーの強いものではなく、短期トレンドも弱い状態です。一方で、長期的な下値抵抗ポイントを守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見です。売りは1.2170-80で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは1.2230で一旦撤退です。短期トレンドは1.23台を回復すれば"ニュートラル"な状態に戻しますが、1.24台で終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。

ポンド/円は小幅続落となりました。今日は朝方から下値トライの動きが先行しており164円を回復できずに終えた場合は来週も下値トライの動きが継続します。買いは様子見です。売りは164.90-00の戻り待ち。損切りは165.60で撤退です。

豪ドル/円は小陰線で終えています。今日の値動きの中で93円割れを見て、値動きの収縮から下放れた格好となりました。このため一両日は反発余地が限られ易く一段の下落リスクに注意が必要です。買いは様子見です。売りは92.70-80の戻り待ちとします。損切りは93.10で一旦撤退です。短期トレンドは94.20-30の抵抗を上抜けて終えない限り、下値リスクがより高い状態です。但し、90円割れで終えない限り突っ込み売りにも注意が必要でしょう。

NY市場が月曜日休場のため、ポジション調整の動きが急となっていますが、円安のトレンド自体は崩れておらず、ドル円、クロス円も突っ込み売りに注意が必要でしょう。

では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
神明の花火大会ツアー現地レポート
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示