川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル/円、クロス円、上値余地を探る動き。戻りは売り場。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、トレンドが弱く上値抵抗にぶつかる可能性により警戒が必要です。一方で、中期トレンドがまだ強く、113.40~113.60の日足、週足の下値抵抗を守っており、このレベルでの突っ込み売りにも注意が必要でしょう。

短期トレンドは"ドル弱気"の流れにありますが、115.00超えで終えた場合は下値リスクがやや後退、115.70超えで越週した場合は"ドル強気"の流れに戻します。逆に113円割れで終えた場合は新たな下落リスクが点灯、112円割れで越週した場合は中期トレンドも変化する可能性が生じます。

ドル買いは様子見か113.60-70で軽く試し買い。これは東京市場で付いています。損切りは113.30で浅めに撤退です。売りは114.40-50の戻り待ちとします。損切りは115.10で撤退です。

ユーロ/ドルは小陰線で終えていますが、下値抵抗を守っており、反発の可能性を残しています。短期トレンドの変化が認められないので、押し目買い方針継続とします。買いは1.1300-10で押し目買い。損切りは1.1240で撤退です。売りは様子見か、1.1410-20まで引きつけて。損切りは1.1440で浅めに撤退です。短期トレンドは1.1250割れで"ニュートラル"な状態に戻します。1.1200割れで終えた場合は"ユーロ弱気"に変化します。

ユーロ/円は十文字の寄せ線に近い形の足で終えています。前日に続いて下ヒゲがやや長く下値トライに失敗した形となったこと、128.40~128.60の日足、週足の抵抗に2日連続跳ね返されたことから、上値トライの動きが先行すると見られます。但し、トレンドがまだ弱いことから、戻り売り方針継続とします。買いは様子見か128.60-70まで引きつけて。これは東京市場で付いています。損切りは128.30で浅めに撤退です。売りは1日様子見か129.90-00で戻り売り。損切りは130.60で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻しますが、131.50超えで終えない限り、"ユーロ強気"に変化しません。

ポンド/ドルは続落。昨年6月に付けた1.4248を基点として上値を切り下げて来た流れの中に再び入り込んでおり、短期トレンドが変化しています。1.3400以下の下値抵抗をトライする動きが強まると見られ、買いは様子見に転じます。売りは1.3530-40で戻り売り、損切りは1.3590で撤退です。短期トレンドは1.3650超えで終えない限り変化しません。

ポンド/円は実体が小さく下ヒゲの長い陰線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えています。この反動で上値余地を探る動きが期待できますが、トレンドが弱い状態に変わりなく、また対ドルでのトレンドにも変化が生じており、戻り売り方針継続です。買いは様子見か152.00-10まで引きつけて。損切りは151.70で浅めに撤退です。売りは154.10-20まで引きつけて戻り売り。上値余地を154.40-50まで見て置く必要があります。損切りは154.70で一旦撤退です。短期トレンドは155円台を回復すれば"ニュートラル"な状態に戻しますが、156円台に実体を戻して終えるまでは下値リスクを残します。

豪ドル/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形となりました。80円台を守ったものの、トレンドが弱く83円台を回復して終えない限り、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見か、80.90-00の押し目待ちとします。損切りは80.70で浅めに撤退です。売りは1日様子見か81.70-80で軽く売り向かい。これは東京市場で付いています。上値余地を81.90-00まで見て置く必要があります。損切りは82.20で撤退です。

今日も期日が迫っている原稿や動画の作成があったので、お昼はハトヤさんのお弁当を買ってきてもらいました。いつもの鮭たらこMIX¥550です。ご飯も暖かく定番で外さない味です。

トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、小反発。戻り売り。クロス/円、反発力に欠ける展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は3手連続小陰線となり、小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではないので、113.50-60の日足の抵抗を守り切って小反発の可能性を残していますが、短期トレンドが弱い状態にあるので、大幅な反発にも繋がり難く、基本戦略はドルの戻り売り方針継続としています。

113円を割り込んで終えた場合は112円台の中期的な下値抵抗を確認する動きへ。逆に115円台に乗せて終えれば下値リスクがやや後退、115.70超えで越週すれば"ドル強気"の流れに戻します。

ドル買いは様子見か、113.10-20まで引きつけて。損切りは112.80で浅めに撤退です。売りは114.10-20で軽く売って114.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。前日の陰線を切り返しており、下値を切り上げる流れも維持していますが、単体では強いものではないので、大幅続伸にも繋がり難いと見られます。買いは1.13台で買って、1.3280で浅めに撤退です。売りは様子見か1.1410-20まで引きつけて。損切りは1.1440で撤退です。1.1250を割り込んで終えた場合は、短期トレンドが変化します。

ユーロ/円は、十文字の寄せ線に近い形の足で終えています。128.50-60の抵抗には跳ね返されて寄り付き水準まで戻していますが、上値を切り下げる流れにあり、下値リスクがより高い状態です。一方で128.50~127.50ゾーンに強い下値抵抗が散在しており、全てを割り込んで終えるか、値動きの中で127円割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。短期トレンドは131円台を回復して終えない限り、変化しません。短期トレンドが弱いので買いは様子見か、127.50-60の押し目があれば軽く試し買い。損切りは126.90で撤退です。売りは129.40-50の戻り待ちとします。損切りは浅い場合で130.10,深い場合は130.30で撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、日足の形状が悪化しています。1.3500を割り込んで終えた場合は短期トレンドが変化して、1.3400以下の足元を固め直す動きが強まり易くなります。買いは1日様子見か1.3500-10まで引き付けて。損切りは1.3470で浅めに撤退です。売りは1.3590-00で戻り売り。損切りは1.3640で一旦撤退です。

ポンド/円は前日足から下寄りのスタートとなり、そのまま安値圏で引ける陰線引けとなりました。上値を急角度で切り下げており、短期トレンドも弱い状態です。153.60~154.00ゾーンにやや強い下値抵抗が控えていますが、下抜けた場合は一段と強い抵抗のある152円台をトライする動きが強まり易くなります。トレンドが弱いので買いは様子見か153.80-90で軽く試し買い程度に。損切りは153.50で浅めに撤退です。売りは155.10-20の戻り待ち。損切りは155.70で撤退です。短期トレンドは156円台に値をを戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、157.50超えで終えるまでは"強気"に変化しません。

豪ドル/円は実体の大きい陰線引けとなり、この足が82.00を割り込んで終えており、短期トレンドに変化が生じています。買いは様子見です。売りは81.90-00の戻りを軽く売って82.20で浅めに撤退するか、82.40-50の戻り待ちとします。この場合の損切りは下値リスクがやや後退する、83.10に置く必要があります。

 

トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、弱気の流れ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続落となり、上値を切り下げています。終値ベースでは114.00-10の日足の抵抗を守って終えましたが、このまま割り込んで終えた場合や113.50-60の抵抗を下抜けた場合は一段の下落に繋がり易くなります。
さらに、113円割れで越週した場合は来週以降一段のドル下落へ。

短期トレンドが弱いのでドルの戻り売り方針継続です。
ドル買いは様子見か113.20-30まで引きつけて。損切りは112.80で撤退です。売りは114.50-60の戻り待ちとしています。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり。1.1360-70の軽い上値抵抗にぶつかっています。ラガルドECB総裁がインフレは落ち着くとの見通しを示唆し、ユーロ売りに繋がりました。短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続です。買いは1.1300-10で押し目買い。これは日中に付いています。損切りは1.1240で撤退です。売りは様子見です。1.1250を割り込んで終えた場合は短期トレンドが"ニュートラルからやや弱気"に変化します。

ユーロ/円は続落。上値を切り下げており、下値リスクが高い状態ですが、128.80以下に強い抵抗が控えていることや、ユーロが対ドルで"やや強気"の流れを維持しており、上下動を繰り返す可能性も高いと見ます。突っ込み売りにも注意が必要でしょう。買いは様子見です。売りは129.70-80の戻り待ちとしています。損切りは130.20で撤退です。127.50を割り込んで越週するか、値動きの中で127.00割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。短期トレンドは131円台に値を戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、131.50超えで終えない限り、"強気"に変化しません。

ポンド/ドルは上ヒゲがやや長く実体の小さい陰線引けとなりました。上値トライに失敗しており、単体では下値リスクがやや高いものですが、下値抵抗を守っており、短期トレンドの変化が認められません。若干下押す可能性があるので、買いは1日様子見か1.3550-60まで引きつけて。損切りは1.3490で撤退です。売りは様子見か1.3670-80まで引きつけて。損切りは1.3720で撤退です。1.3500を割り込んで終えた場合は短期トレンドが変化します。

ポンド/円は3手連陰線引けとなりました。上値を切り下げており日足の形状も悪化していますが、単体では下げエネルギーの強いものではないことや、ポンドが対ドルで"やや強気"の流れにあるので、急落にも繋がり難く、小反発を繰り返しながら下値余地を探る動きとなりそうです。買いは様子見か154.00-10の押し目があれば買い狙い。損切りは153.60で浅めに撤退です。売りは155.90-00の戻り待ちとします。損切りは156.70で撤退です。短期トレンドは156.50超えで終えればニュートラルな状態に戻しますが、157.50超えで終えない限り"強気"に変化しません。

豪ドル/円は寄せ線に近い形の足で終えています。この足の上ヒゲが長く"トウバ"と言われるもので、下値リスクが高いとされるものです。買いは様子見です。売りは82.70-80の戻り待ちとします。損切りは83.20で撤退です。82円台を割り込んだまま越週した場合は来週以降一段の下落へ。

今日のランチは今年初めてのケンタのチキンフィレサンドボックスです。かなり色々詰まってました。チキンフィレサンド、ポテト(S)、骨なしチキン、ミニアップルパイ、そして飲み物はペプシ。これにコールスローサラダ(S)も付けて¥1130です。時間を掛けて完食。凄いボリュームです。でも美味しかったです!まだまだお腹がいっぱいです。でも胃もたれはないですね。次回は期間限定のハラペーニョ味のグリーンホットチキンやエビぷりぷりフライを試してみようかな?

メニュー|商品情報|ケンタッキーフライドチキン (kfc.co.jp)

では皆さま良い週末をお過ごしください。

トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、小反発。戻り売り。クロス/円、反発余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陰線で終え上値を切り下げています。下げエネルギーの強いものではありませんが、短期トレンドが弱いのでドルの戻り売り方針で。

ドル買いは様子見か113.50-60まで引きつけて。損切りは113.30で浅めに撤退です。ドル売りは114.60-70で戻り売り。損切りは115.10で撤退です。

日足が115.00超えで終えれば下値リスクが軽減されますが、115.50-60の抵抗をクリアするか、115.70超えで越週するまでは短期トレンドは変化しません。また、114円割れで終えた場合は下値余地がさらに拡がり易くなります。113円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。

ユーロ/ドルは小陽線で続落を食い止めていますが、上昇エネルギーの強いものではないので今日の上値追いにも限りがありそうです。買いは1.1310-20で押し目買い。損切りは浅い場合は.11370、深い場合は下値リスクが生ずる1.1240で撤退です。売りは様子見か1.1410-20まで引きつけて。損切りは1.1440で浅めに撤退です1.1250を割り込んで終えた場合は短期トレンドが"ニュートラルからユーロやや弱気"に変化します。

ユーロ/円は小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではなく129.50-60の下値抵抗を実体ベースで守って終えていますが、日足の形状が悪化しており、下値リスクが高くなっています。買いは損切りが付いたので様子見に転じます。小反発の可能性を残しているので、売りも1日様子見か130.40-50の戻りがあれば売り向かい。損切りは131.10で撤退です。短期トレンドは131.50超えで終えない限り、"強気"に変化しません。

ポンド/ドルは実体が小さい陽線で続落を食い止めていますが、値幅も小さく、また、上値も切り下げているので反落の可能性にも注意が必要です。短期トレンドは強気の流れを維持していますが、1.38台で終えるまでは下値リスクにも警戒が必要です。買いは1.3580-90で押し目買い。損切りは1.3550で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。1.3500を割り込んで終えた場合は短期トレンドが変化します。

ポンド/円は小幅続落となりました。下げ余力の強いものではありませんが、156.20-30の軽い上値抵抗にぶつかっており、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは156.50-60の戻り待ちとします。損切りは157.20で撤退です。短期トレンドは157.50超えに実体を戻さない限り変化しません。

豪ドル/円は実体が小さく上下にヒゲのある陽線で続落を食い止めています。82.00-10の強い下値抵抗に跳ね返されており、上値トライの動きが強まると見られますが、上値も切り下げており、下値リスクにも注意が必要です。買いは様子見か82.20台まで引きつけて。損切りは81.80で撤退です。売りは1日様子見か83.10-20の戻りがあれば売り向かい。損切りは83.40で撤退です。82円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。

今日のランチはシチロカの発芽玄米弁当を買ってきて貰いました。今日のおかずはさつまいものサラダ、茄子の揚げびたし、レンコンのキンピラでした。ほんの少しずつですが、おかずに変化があって美味しいので満足します。発芽玄米ご飯に乗っている鮭のほぐし身や鶏そぼろも美味しいです。体に優しく丁寧に作ったお弁当です。¥500はお値打ち。レトルトのお味噌汁と一緒に頂きました。よく噛んで食べるせいか満腹感が半端ないです。

シチロカ - 人形町/和食(その他) | 食べログ (tabelog.com)

トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、上値余地が限られる展開。クロス/円、下値リスクに注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

昨日の海外市場ではFRBの利上げ予測で長期金利が1.87%台へ上昇、株価が大幅下落となる中、リスク回避の動きが強まり、ドル/円、クロス/円が下落しています。今日はこれから外出しますので、朝のコメントの一部を掲載しておきます。参考にして頂けたらと思います。

ドル/円は寄せ線に近い形の足で終えていますが、上ヒゲがやや長く、上値トライに失敗した影響がより強い形です。下値リスクがより高いので買いは1日様子見です。売りは114.80-90で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を115.20近辺まで見て置く必要があります。損切りは115.50で撤退です。

114円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。さらに113円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。逆に、日足が115.30-40の抵抗を上抜けて終えた場合は下値リスクがやや後退、115.70超えで越週するか、日足が116.10-20の抵抗を上抜けて終えれば"ドル強気"の流れに戻します。

ユーロ/ドルは安値圏で引ける陰線が出ており、下値リスクの高いものです。上値を切り下げる流れに再び入り込んでおり、暫くは戻りの鈍い展開が予想されますが、下値を切り上げる流れには変化が認められないので、押し目買い方針継続とします。買いは浅い損切りが付いたので1日様子見か、1.1290-00で再度押し目買い。損切りは1.1240で撤退です。売りは様子見か、1.1400-10まで引きつけて。損切りは1.1440で撤退です。1.1250を割り込んで終えた場合は短期トレンドが"ニュートラルからユーロやや弱気"に変化します。

ユーロ/円は安値圏で引ける陰線引けとなり、下値リスクがやや高いものです。また131.10-20の上値抵抗にもぶつかっており、続落の可能性に注意が必要です。買いは様子見か129.70以下で軽く買って129.40で浅めに撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは1日様子見か130.10-20の戻りを軽く売り狙い。損切りは130.60で撤退です。

ポンド/ドルは3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。短期トレンドの変化は認められませんが1.3600を維持できずに終えており、日足の形状が若干悪化し始めています。損切りは付いていませんが、買いは1日様子見か1.3500-10まで引き付けて。損切りは1.3470で撤退です。売りは様子見です。1.3500割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。

ポンド/円は陰線引けとなり上値を切り下げています。下げエネルギーの強いものではありませんが、156.90-00の上値抵抗にぶつかった反動で下値余地がもう一段拡がる可能性が高いと見ています。対ドルで強気の流れを維持しているので、ポンド/円も急落地合いにもなり難いものの、1.3500を割り込んで終えた場合はポンド/ドルのトレンドが変化するので、この場合はポンド/円も下落余地がさらに拡がり易くなります。買いは様子見です。売りは156.40-50で戻り売り。損切りは157.10で一旦撤退です。155.00±10銭に強い抵抗がありますが、下抜けて終えた場合はもう一段下値余地が拡がり易くなります。短期トレンドは"ニュートラルから若干弱気"の流れにあり、157.50超えに実体を戻さない限り、"強気"に変化しません。

豪ドル/円は陰線で終えています。下げエネルギーの強いものではありませんが、83円台乗せに失敗しており、下値リスクがやや高い状態です。82.00割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。買いは1日様子見か82.00-10まで引き付けて。損切りは81.80で浅めに撤退です。売りは1日様子見か、82.60-70で戻り売り。損切りは83.00で撤退です。

今日も寒いですね。風邪をひかないように皆さま気を付けて。

トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
第15回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
川口一晃のペンタゴンチャンネル
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示