川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル/円、小動き。上値艇庫を抜けきれず。クロス/円、小じっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陽線引けとなり、小幅続伸しました。上値余地を探る動きに繋げていますが、日足の上値抵抗を抜けきれておらず、上値トライに失敗する可能性に注意が必要です。

日足が115.10超えで終えれば"ドル強気"の流れに戻して一段の上昇へ。逆に113.40-50に日足の下値抵抗がありますが、これを割り込んで終えた場合や113.00割れを見た場合は下値リスクが点灯します。

ドル買いは113.40-50の押し目待ちとします。損切りは112.90で撤退です。売りは114.10-20で戻り売り。損切りは114.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小陽線で終えています。上値トライの可能性に繋げていますが、トレンドが弱いので買いは様子見か1.1230-40まで引きつけて。損切りは1.1180で撤退です。売りは1.1320-30で戻り売り。損切りは1.1370で撤退です。短期トレンドは1.14台に乗せて終えるまでは変化しません。

ユーロ/円は続伸。127.50-60の下値抵抗に跳ね返された流れにありますが、日足、週足ともに形状が改善しておらず、130.50超えで越週するまでは下値リスクを残しています。買いは128.00-10まで引きつけて。損切りは下値リスクが点灯する127.40で撤退です。売りは若干上値余地が拡がる可能性が生じているので1日様子見か129.10-20で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を129.40近辺まで見て置く必要があります。損切りは129.60で撤退です。127.50割れで終えた場合は"ユーロ弱気"の流れに戻して一段の下落に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは小反発。1.3190-00の下値抵抗には跳ね返されましたが、トレンドは弱いままです。買いは様子見か1.3220-30で軽く試し買い。損切りは1.3180で撤退です。売りは1.3290-00で戻り売り。上値余地を1.3320-30まで見て置く必要があります。損切りは1.3350で撤退です。短期トレンドは1.34台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は高値圏で引ける陽線引けとなりました。上値余地を探る動きが期待できますが、トレンドが弱い状態に変わりなく、152.50超えで終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見か150.00-10まで引きつけて。損切りは149.40で撤退です。売りは151.30-40で売り向かい。これは東京市場で付いています。損切りは浅い場合で151.70,深い場合は"ニュートラル"な状態に戻す152.10で撤退です。短期トレンドは152円台を回復すれば"ニュートラル"な状態に戻しますが、152.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。

豪ドル/円は陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、82.50超えで終えるまでは下値リスクを残した状態です。買いは様子見です。売りは損切りが付いたので1日様子見か82.10-20の戻りがあれば売り向かい。損切りは82.50で撤退です。

今日はカキフライが食べたくなり、「そよいち」に向かいましたが、お店に入るとやはり、定番のビーフカツレツをオーダーしていました。最近、牛肉を食べていなかったのでお肉でしっかり体力をつけたい感じです。11:30頃に入店しましたが、3-4席空いていたお席も5分後には満席に。相変わらず人気の高いお店です。キャベツ大盛、ご飯少な目のオーダーにしました。スタッフの方がキャベツの普通盛りのビフカツを私の前に置いたところ、すかさず、「キャベツ大盛だからそちらじゃないわよ!」とチェックが入りました。どんなに忙しくても一度聞いたオーダーとお客さんの顔を忘れない女将さんです。黙食で、といっても一人だから当たり前。久しぶりのビフカツ、美味しかったです。豚汁、ライスが付いて¥1900です。

http://sotokichi.web.fc2.com/

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、狭いレンジ内で小動き。クロス/円、反発。上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は値幅の小さい陽線引けとなり、上値トライの可能性に繋げています。日足の下値抵抗を守っていますが、上昇余力に欠けるものであることから今日の上値追いにも限りがあると見られます。
短期トレンドが弱いので基本戦略は"ドルの戻り売り"方針継続です。
短期トレンドは115.10超えで終えるか、114.60超えで越週しない限り、下値リスクがより高い状態です。また、113円台を維持できずに終えた場合は下値リスクが点灯、112.50割れで越週するか、112円割れで終えた場合はさらに1円程度下値余地が拡がり易くなります。

ドル買いは様子見か、113.30-40で軽く買って112.90で撤退です。ドル売りは113.90-00の戻りを売って114.50に損切りを置くか114.10-20の戻りを待って売り狙い。この場合の損切りは114.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。上昇エネルギーの強いものではなく、トレンドも弱いので買いは様子見か1.1230-40の押し目を軽く買って1.1180で撤退です。売りは1.1320-30で戻り売り。損切りは1.1370で撤退です。短期トレンドは1.14台を回復して終えない限り変化しません。

ユーロ/円は東京市場(9:00am)で前日足から下寄りのスタートとなりましたが、127.50-60の下値抵抗に跳ね返されて実体を128円台に戻す陽線引けとなりました。下値抵抗を守りましたが、前日の陰線が上値を抑え込んでおり、129円台に実体を戻して終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは127.80-90で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する127.40で撤退です。売りは128.50-60で戻り売り。損切りは129.10で撤退です。127.50割れで終えた場合は"ユーロ弱気"の流れに戻して一段の下落に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではなく、1.3200-10の日足の下値抵抗も守っていますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.3230-40の戻りを軽く売って1.3270で一旦撤退するか、1.3290-00の戻り待ちとします。この場合の損切りは1.3350で撤退です。短期トレンドは1.34台に戻して引けない限り変化しません。

ポンド/円は東京市場で前日足から大きく下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに小陰線で終えています。短期トレンドが弱いので戻り売り方針継続としますが、149円割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か149.10-20まで引きつけて。損切りは148.80で浅めに撤退です。売りは151.30-40の戻り待ちとします。損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す152.10に置く必要があります。

豪ドル/円は実体が小さく下ヒゲの長い"タクリ足"の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えています。反発余地を探る動きが期待できますが、日足、週足の形状が改善しておらず、82.50超えで終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは80.10-20まで引きつけて。損切りは新たな下落リスクが点灯する79.80で浅めに撤退です。売りは81.00-10で戻り売り。損切りは81.40で一旦撤退です。

トルコリラ円は急騰しています。エルドアン大統領がリラの下落で被った為替差損を補填する旨表明したことが底打ち、急反発に繋がっています。取り合えず底打ちは確認しましたが、高インフレ下での利下げを強行する姿勢に変わりないので落ち着くにはまだ時間がかかりそうです。

 

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル円、上値の重い展開。クロス/円、下値リスクが点灯中。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が十文字の寄せ線となり、寄り付き水準に戻して引けています。下ヒゲがやや長く下値トライに失敗した形となったことから、下値余地が限られる展開が予想されます。中期トレンドが強い状態を保っているので急落し難いものの、短期トレンドがまだ弱いので買いは様子見か引き付ける必要があります。

値動きが収縮し始めており、一方向へ抜け出す可能性にもそろそろ注意が必要です。113円を維持できずに終えた場合は下値リスクがやや高くなります。逆に114.20超えで終えた場合は、週足の抵抗である114.50-60トライへ。115.10超えで終えた場合は"ドル強気"の流れに戻します。

ドル買いは113.20-30で軽く押し目買い。損切りは112.90で撤退です。売りは114.10-20の戻り待ちとしています。損切りは114.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、前の2手の陽線の値幅を切り崩しています。1.1220-30の下値抵抗を守っていますが、トレンドが弱く、日足の形状も悪化しているので買いは1日様子見です。売りは1.1300-10の戻り待ちとします。損切りは1.1340で撤退です。短期トレンドは1.1350超えで終えれば下値リスクがやや後退、1.14台を回復して引ければ"やや強気"に変化します。

ユーロ/円は実体のやや大きい陰線引けとなり、単体では下値リスクの高いものです。128.00-10の抵抗を下抜けて終えており、下値リスクが高い状態です。127.50-60の抵抗を下抜けた場合は弱気の流れに戻して下落余地がさらに拡がり易くなります。下値リスクが高いので買いは1日様子見か127.50-60で軽く試し買い。損切りは127.30で浅めに撤退です。売りは128.40-50の戻り待ちとします。損切りは129.10で撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなりました。先週の上値トライでも1.34台乗せに失敗しており短期トレンドは弱いままです。買いは様子見か1.3190-00で軽く試し買い程度に。損切りは1.3170で浅めに撤退です。売りは1.3290-00で戻り売り。損切りは1.3340で撤退です。短期トレンドは1.34台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は陰線引けとなりこの足が150.50割れを見て下値リスクが点灯中です。149.90-00以下にやや強い下値抵抗がありますが、再び149円割れを見た場合は下落余地がさらに拡がり易くなります。買いは様子見です。売りは151.30-40の戻り待ちとしています。損切りは152.10で撤退です。短期トレンドは152.50超えに実体を戻さない限り変化しません。

豪ドル/円は安値圏で引ける陰線が出ており、単体では下値リスクが高いものですが、下値を切り上げる流れを守っており、反発に転ずる可能性を残しています。日足の形状が悪化しているので買いは様子見か80.10-20で軽く買って下値リスクが点灯する79.70で撤退です。売りは1日様子見です。80円割れで終えた場合は再び弱気の流れに戻します。

 

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、小動き。クロス/円、強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陰線となり、前日の上げ幅を失っています。下げエネルギーの強いものではなく、下値抵抗も守っていますが、113円割れで終えた場合は、日足の形状が悪化して一段のドル下落に繋がり易くなります。逆に114.50-60に週足の抵抗がありますが、114.60超えで越週した場合は、来週以降115円トライへ。115.00-10の日足の抵抗を上抜けた場合は"強気"の流れに戻して一段のドル上昇に繋がり易くなります。

ドル買いは週足の形状を確認するまで1日様子見か113.50-60で軽く試し買い。これは東京市場で付いています。損切りは浅い場合で113.20,深い場合は112.90で撤退です。売りは114.10-20の戻り待ち。損切りは114.40で浅めに撤退するか、深い場合は114.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりました。10/28に付けた1.1692を直近高値として上値を切り下げて来た短期的なレジスタンスラインから若干上抜けた位置で終えていますが、上昇余力の強いものではなく、トレンドの変化も認められないので買いも慎重に。買いは1.1270-80まで引きつけて。損切りは1.1210で撤退です。売りは1.1350-60で再度戻り売り。損切りは1.1420で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻しますが、1.1550-60の抵抗を上抜けて越週するまでは下値リスクを残します。また、1.1200割れで終えた場合は再び下値リスクが高くなります。

ユーロ/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが、結果的には上ヒゲが長く実体の小さい陰線引けとなり、寄り付き水準に戻しています。上値トライに失敗した影響が強いものの、値動きの中で129.50超えを見ており再度これを試す可能性を残しています。買いは128.50-60で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは127.80で撤退です。売りは損切りが付いたので1日様子見です。130.50超えで終えれば週足も安定して強気の流れに戻します。逆に、128円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、127.50割れを見た場合は"ユーロ弱気"に変化して下落余地がさらに拡がり易くなります。

ポンド/ドルは3手連続陽線引けとなり下値を切り上げています。予想外の利上げで続伸しましたが、トレンドの変化は確認できません。一方で日足の形状が改善していることや、下値抵抗にも跳ね返されており、突っ込み売りにも注意が必要です。トレンドの変化が確認できないので、買いは1.3250-60まで引き付けて。損切りは1.3190で撤退です。売りは1.3350-60で再度戻り売り。損切りは1.3410で撤退です。1.34台を回復して引ければ"ニュートラル"な状態に戻します。逆に1.3200割れで終えた場合は一段の下落リスクに要注意。

ポンド/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが152.50超えトライに失敗して押し戻されています。一方で、下値を切り上げる流れを維持しており、再度上値をトライする可能性を残した状態です。買いは150.70-80の押し目待ちとします。損切りは浅い場合で150.30,深い場合は149.90で撤退です。売りは損切りが付いたので1日様子見か152.10-20で再度戻り売り。損切りは152.70で撤退です。150.50割れで"ニュートラル"に変化、150円割れで終えた場合は"ポンド弱気"に戻します。逆に152.50超えで終えれば下値リスクが若干後退しますが、154円台に乗せて越週するまでは下値リスクを残します。

豪ドル/円は上ヒゲが長く実体の小さい陰線引けとなり、上値トライに失敗して引けています。下値リスクの高いものですが、2手前の陽線が上値を切り下げる流れから上抜けた位置で終えており、再度上値トライの可能性に繋げています。週足の形状がまだ安定していないので買いも慎重に。買いは81.30-40で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは80.80で撤退です。売りは82.10-20の戻り待ちとします。損切りは82.50で撤退です。82.50超えで終えれば下値リスクがやや後退、逆に、80円割れで終えた場合は"弱気"に変化します。

今日は仕事が立て込んでいるので、セブンのミックスサンドイッチと、インスタントのキノコのポタージュスープで軽く済ませました。W氏の滞在中は連日の外食で夜も会食の機会が多くあり、高級食材や有名店で美味しいお料理を堪能しましたが、連日の高級料理に普段食べなれないせいか内臓がビックリしたようで、食傷気味になりました。W氏帰国後の今週は、家にべったりです。お味噌汁と炊き立てご飯で卵かけご飯にしたり、田舎の梅干しと焼きのりでお茶漬けにしたりあっさりしたものを好んで食べています。サラダや普段食べないリンゴがとても美味しく感じられるので体が欲しているのでしょう。体調も徐々に回復中。毎日飲んでいたアルコール類ですが、特に飲みくもならないので飲みたくなったら飲むことにします。健康にはいいですね。でも反動が怖い!

では皆さま良い週末をお過ごしください。

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

FOMCは無難に通過、リスクオンでドル円、クロス円上昇。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

昨日のFOMCでは①インフレは一時的の文言削除、②テーパリングを3月に終了。③メンバーの金利予測は2022年、2023年に3回の利上げを見込んでいることが示されました。パウエルFRB議長の記者会見も無難に通過、マーケットは再びリスクオンとなり、円の売り戻しの動きが強まっています。

ドル/円は小陽線で終え、小幅続伸となりました。114円台に実体を戻しており、上値余地がもう一段拡がり易くなっています。114.50-60に週足の抵抗が、115.00-10に日足の抵抗がありますが、114.60超えの越週か、115.10超えで終えた場合は短期トレンドを"ドル強気"の流れに戻して、一段の上昇に繋がり易くなります。逆に、日足の抵抗が113.70-80にありますが、113.50以下でで終えた場合は"ダマシ"に終わった可能性が生じます。また、113円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して、下値余地がさらに拡がり易くなります。

ドル買いは113.80-90で押し目買い。損切りは113.40で撤退です。ドル売りは114.50-60まで引き付けて。損切りは115.10で撤退です。

ユーロ/ドルは陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げています。下値抵抗には跳ね返されましたが、トレンドがまだ弱いので買いも慎重に。買いは1.1250-60で軽く押し目買い。損切りは1.1190で撤退です。売りは1.1310-20で軽く売って、1.1360で撤退するか、1.1350-60の戻り待ちとします。この場合の損切りは1.1410で撤退です。短期トレンドは1.14台を回復して引けない限り変化しません。

ユーロ/円は寄付き安値の陽線引けとなり、下値抵抗も守って終えていますが、トレンドの変化がまだ確認できないので買いも慎重に。買いは128.20-30の押し目待ちとします。損切りは127.80で撤退です。売りは128.90-00で戻り売り。損切りは129.60で撤退です。短期トレンドは129.50超えに値を戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、130.50超えで越週するまでは下値リスクを残します。また、127.50割れで終えた場合は、再び下値リスクが高くなります。

ポンド/ドルはタクリ足の陽線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えています。1.3200近辺の足元を固めつつあるように見えますが、トレンドの変化が認められないので買いも慎重に。今日は英金融政策の発表があります。インフレ懸念の高まりに利上げの可能性があり、売りは1日様子見か1.3350-60超えの吹き値があれば売り向かい。損切りは1.3420で撤退です。買いは様子見か1.3210-20で押し目買い。損切りは1.3170で浅めに撤退です。短期トレンドは1.34台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は続伸。下値を切り上げる流れを維持しており、上値トライの動きが期待できます。152.50超えに実体を戻せば一段の上昇に繋がり易くなりますが、154円超えで終えない限り、下値リスクを残します。買いは150.60-70で押し目買い。損切りは149.90で撤退です。売りは様子見か152.00-10まで引きつけて。損切りは152.60で撤退です。149円割れで終えた場合は"ポンド弱気"に変化します。

豪ドル/円は高値圏で引ける陽線引けとなり、この足が、11/1に付けた86.06を戻り高値として上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けた位置で終えています。下値リスクが軽減されており、押し目買いが進めやすくなってきました。82円台に実体を戻すか、0.72台で終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。逆に80円を割り込んだ場合は再び下値リスクが高くなります。買いは81.30-40の押し目待ちとします。損切りは80.80で撤退です。売りは様子見です。

W氏の滞在期間は会食の機会が多くありましたが、中でも西麻布にある「壽修」は、2度目の来訪でしたしたが、相変わらず美味しかったです。疲れ気味で食欲のない時でもすーっと入ります。素材の良さやお出汁がしっかりしていて薄味なのに美味。今年もミシュランの二つ星を獲得しているようです。こじんまりとした居心地の良いお店です。

寿修 - 乃木坂/割烹・小料理 | 食べログ (tabelog.com)

 

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示