川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。クロス/円、続落に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続落となりました。109.50-60の日足の抵抗を下抜けて終えており、日足の形状が悪化していますが、109.00-10に日足、週足の下値抵抗が控えており、終値ベースではこれを守る可能性があります。売りも慎重に。 短期トレンドは111.10-20の抵抗をクリアして終えない限り変化せず、基本戦略はドルの戻り売り方針継続です。

買いは浅い損切りが付いたので1日様子見か108.70-80の押し目を待って軽く買い狙い。損切りは108.30で撤退です。売りは109.60-70の戻りを軽く売って110.00で一旦撤退するか、110.20-30の戻りをゆっくり待つ方針で。この場合の損切りは110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小陰線で終えています。下げ余力の強いものではありませんが、トレンドが弱いので買いは1.1710-20まで引きつけて。損切りは1.1680で浅めに撤退です。売りは1.1790-00で戻り売り。損切りは1.1830で撤退です。1.1700割れで終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。短期トレンドは1.1950超えで終えない限り変化しません。

ユーロ/円は陰線引けとなり、この足が129円台を維持できずに終えています。一段の下落リスクが生じており、買いは様子見に転じます。売りは129.00-10で戻り売り。損切りは129.70で撤退です。130.20-30の抵抗を上抜けて終えれば下値リスクが若干後退します。下値抵抗は128.00±10銭にあります。

ポンド/ドルは小陰線で終えています。下値抵抗も守っていますが、上値も切り下げており反発余地も限られる展開が予想されます。買いは1.3780-90で押し目買い。損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す1.3740で撤退です。売りは様子見か1.3860-70で戻り売り。損切りは1.3920で撤退です。1.3700割れで終えた場合は"弱気"に変化します。

ポンド/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。また、直近の陰線が7/20に付けた148.47を基点として下値を切り上げて来た短期的なサポートラインを下抜けて終えており、短期トレンドが変化し始めています。一段の下落リスクが点灯しており、買いは様子見に転じます。売りは151.70-80で戻り売り。損切りは浅い場合で152.30,深い場合は152.60で撤退です。短期トレンドは153.50超えに実体を戻さない限り、変化しません。下値抵抗は149.80-90,148.40-50にあります。

豪ドル/円は続落。直近の陰線が7/20に付けた79.85を直近安値とする短期的なサポートラインを下抜けた位置で終えており、新たな下落リスクが点灯しています。終値ベースでは80.00-10にある、日足、週足の横サポートを守っていますが、80円割れで推移しており、78円方向への一段の下落リスクに注意が必要でしょう。買いは浅い損切りが付いたので様子見です。売りは80.00-10の戻り待ち。80.40で一旦撤退です。前日の中国の経済指標が弱かったことや、RBAの8月の理事会議事録で「最近の感染拡大で回復が中断された」とし、テーパリングを遅らせる可能性も示唆したことから、豪ドルは急落しています。

今日のランチはシチロカの玄米ご飯のお弁当です。今日は鮭も油が乗ったもの、鳥そぼろも出汁がやや多めでご飯に浸みて美味しかったです。だし巻き卵、レンコンのキンピラ、マカロニサラダが脇に添えてありました。¥500ですが、手が込んだ手作り弁当です。

手作りにこだわった おにぎり屋シチロカ (shichiroca.net)

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル/円、上値の重い展開。下値抵抗にも注意。クロス/円続落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

日経平均株価の大幅下落や先週末の米経済指標の悪化を嫌気してリスク回避的な動きが強まっており、ドル売り/円買い、クロス円の続落に繋がっています。

ドル/円は高値圏から陰線が出ており、単体では下値リスクがやや高いものですが、109.50-60の日足の抵抗をかろうじて守って終えており、これを下抜け切れずに反発に転ずる可能性を残しています。
また、これを下抜けた場合でも109.00-10に日足、週足の抵抗が控えており、一気に下抜けるにも無理がありそうです。一方で、110.10-20超えにやや強い上値抵抗が出来ていることや、先週の上値トライで月足の抵抗である110.50~111.00をクリア出来なかったことから、8/11に付けた110.80が戻り高値であった可能性が生じています。

中期トレンドがまだ強いのでドル急落にも繋がり難いと見ますが、短期トレンドの変化が認められないので今週も基本戦略はドルの戻り売り方針継続です。

109円割れで終えた場合は一段のドル下落へ。逆に111.20超えで終えた場合は短期トレンドが変化します。

今日のドル買いは1日様子見か109.00-10の押し目があれば買い狙い。損切りは108.70で浅めに手っチアです。ドル売りは110.20-30の戻り待ちとしています。損切りは110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げていますが、トレンドがまだ弱く、上値余地が限られる可能性が高いと見られます。一方で1.1700-10の重要ポイントも守っており、これを割り込んで終えるか1.1650割れを見ない限り、売りも慎重に。トレンドが弱いので買いは1日様子見です。売りは1.1800-10で戻り売り。損切りは1.1840で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.1950-60の抵抗をクリアしない限り変化しません。

ユーロ/円は小幅続落。129.00-10の日足の下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れから抜けきれておらず、下値リスクがより高い状態に変わりありません。買いは様子見か129.00-10で軽く買い。損切りは128.50で撤退です。売りは129.60-70で戻り売り。損切りは130.30で撤退です。130.20-30の抵抗を実体ベースで上抜けた場合は日足の形状が改善して上値余地が若干拡がり易くなります。逆に129円台を維持できずに終えるか128.50割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。

ポンド/ドルは前日の陰線を切り返す陽線引けとなり、1.3800±10ポイントの下値抵抗を守って終えています。短期トレンドに変化が認められないものの、上値も切り下げており、1.3950-60の抵抗を実体ベースで上抜けて来ないと上値余地も拡がり難いでしょう。買いは1.3810-20の押し目待ちとします。損切りは1.3770で一旦撤退です。売りは様子見か1.3910-20の戻りを待って軽く売り向かい。損切りは1.3960で撤退です。短期トレンドは1.3750れで"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/円は小幅続落となりました。トレンドの変化は認められませんが、日足の形状が悪化し始めており、買いは引きつける必要があります。買いは151.50-60で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する150.90で撤退です。売りは様子見か153.70に損切りを置くなら152.90-00の戻りを待って売り狙い。154.00超えで終えれば一段の上昇へ。150円割れで終えた場合は"ポンド弱気"に変化します。

豪ドル/円は小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではありませんが、短期トレンドが弱いので、買いは80.30以下で軽く押し目買い。損切りは79.90で撤退です。売りは1日様子見です。短期トレンドは82円台を回復して終えない限り変化しません。また80円台を維持できずに終えた場合は新たな下落トレンド入りの可能性が生じます。

今日も雨。お盆休みで今日までお店のお店も多く人形町界隈はとても静かです。

さて、若林栄四の最新刊「バイデノミクスの深層」ー(日本実業出版社)が、8/21に発売されます。本書では、バイデン大統領の政策と今後のアメリカ経済・相場の行方について分かりやすく解説しています。

黄金の相場予測2022 バイデノミクスの深層 | 若林 栄四 |本 | 通販 | Amazon

 

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル/円、上値余地が限られる可能性。クロス/円、上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

日本はお盆休みのところが多いですが、海外も夏季休暇シーズンに入っており、市場参加者が少なく、動きの鈍い展開となっています。マーケットが薄いだけに仕掛けが入ったりすると大きく動く可能性が高くなるので注意が必要です。

ドル/円は直近の日足が値幅の極端に小さい足で終えています。方向感のない動きですが110.60-70超えにある強い上値抵抗にぶつかった流れにあることや、トレンドの変化が認められないので、ドルの戻り売り方針継続とします。

ドル買いは様子見か109.80-90の押し目待ちとします。損切りは109.30で撤退です。ドル売りは110.60-70で戻り売り。損切りは111.10で撤退です。

ユーロ/ドルは小陰線で終え、続伸に繋げられずに終えています。トレンドが弱いので基本戦略をユーロの戻り売り方針継続としますが、強い下値抵抗ポイントにあるので突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か1.1700-10で押し目買い。損切りは1.1670で浅めに撤退です。売りは1.1770-80で戻り売り。損切りは1.1820で撤退としています。1.1950超え煮値を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。

ユーロ/円は小陰線で終えています。下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れに変化なく、トレンドも弱い状態にあるので買いは様子見か128.70-80まで引きつけて。損切りは128.40で浅めに撤退です。売りは129.60-70で戻り売り。損切りは130.30で撤退です。130.30超えで終えた場合は日足の形状が改善して下値リスクが若干後退します。短期トレンドは131.00超えで"ニュートラル"な状態に戻しますが、この場合でも週足の形状がまだ弱く、ユーロ急伸にも繋がり難いでしょう。また、129円割れで終えた場合や128.50割れを見た場合は新たな下落リスクが点灯します。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げています。短期トレンドの変化は認められませんが、日足の形状がやや悪化しているので買いは1日様子見か1.3780-90で押し目買い。損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す1.3740で撤退です。売りは様子見か1.3910-20の戻り待ちとします。損切りは1.3960で撤退です。1.3700割れで終えた場合は弱気に変化します。

ポンド/円は陰線引けとなり、この足が7/2に付けた148.47を直近安値として下値を切り上げて来た流れから若干下抜けた位置で終えています。短期トレンドの変化は認められませんが、日足の形状が悪化し始めているので、買いは1日様子見です。売りも様子見か152.90-00の戻りを軽く売って153.60で撤退です。短期トレンドは151.00割れで"ニュートラル"な状態に戻します。150円割れで終えた場合は"弱気"に変化します。

豪ドル/円は陰線引けとなりました。81.40-50の上値抵抗にぶつかっており、下値リスクがより高い状態に変わりありません。買いは様子見か80.80-90の押し目を軽く拾って80.60で浅めに撤退です。売りは81.30-40の戻り待ちとします。損切りは81.80で撤退です。80.30-40の抵抗を下抜けて終えた場合は下値リスクが点灯、80円割れで終えた場合は新たな下げトレンド入りの可能性が生じます。短期トレンドは82円台を回復して終えない限り変化しません。

お盆休みが多い中で、今日はお休み明けの「かつ好」さんでかつ重のお弁当をテイクアウトしました。お値段はお手頃なのに高級弁当を食べているような気分になります。美味しくてお手頃でご飯も炊きたて。文句のつけようがない美味しさでした。¥1080です。

かつ好(かつよし) 日本橋人形町 (katuyoshi.com)

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル/円、クロス/円、上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陰線で終え、上昇一服となりました。下げエネルギーの強いものではありませんが、強い上値抵抗にぶつかっていることや、トレンドがまだ弱いので、今日についても110.60-70の上値抵抗を上抜けきれない可能性も高いと見ています。短期トレンドは111.10-20の抵抗をクリアすれば"ニュートラル"な状態に戻しますが、週足が111.60-70の抵抗を上抜けて越週するまでは下値リスクを残します。逆に109.50以下で終えた場合は下値リスクが点灯、109.00割れで終えた場合は108.50-60以下の中期的な下値抵抗をトライする動きが強まり易くなります。

ドル買いは109.80-90の押し目待ちとします。損切りは109.30で撤退です。ドル売りは110.60-70で再度戻り売り。損切りは111.10で撤退です。

ユーロ/ドルは小陽線で終え、反発余地を探る動きに繋げています。短期トレンドは弱いままですが、1.1700-10の抵抗には一旦跳ね返されており、これを支えとして上値余地を探る動きが強まると見られます。トレンドがまだ弱いので買いも慎重に。買いは1.1720-30で軽く試し買い程度に。損切りは1.1690で浅めに撤退です。売りは1.1770-80で戻り売り。損切りは1.1820で撤退です。短期トレンドは1.1950超えに値を戻して引けない限り変化しません。

ユーロ/円は小幅続伸となりましたが、上昇エネルギーに欠けるものです。トレンドが弱いので買いは様子見か129.10-20まで引きつけて。損切りは128.70で撤退です。売りは129.70-80で戻り売り。損切りは130.30で撤退です。130.20-30の抵抗を上抜けて終えた場合は日足の形状が改善して上値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは131.00超えに値を戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、この場合でも131.80-90超えから厚くなる上値抵抗を抜けきれない可能性も高いと見られます。

ポンド/ドルは陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げていますが、1.3910-20に強い抵抗が控えており、1.40台で終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは1.3810-20の押し目待ちとします。損切りは浅い場合で1.3780,深い場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す1.3740に置く必要があります。売りは様子見か1.3910-20まで引きつけて軽く売り向かい。損切りは1.3960で撤退です。

ポンド/円は小幅続伸となりました。下値を切り上げる流れを維持していますが、上昇エネルギーの強いものではないことや5月に付けた156.08を基点として上値を切り下げる流れからも上抜けきれておらず、上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。高値圏にあるので買いは1日様子見です。売りも様子見か153.30-40で軽く売り向かい。損切りは浅い場合で153.80,深い場合は154.10で撤退です。154円台で終えた場合は、強気の流れに戻して一段の上昇に繋がり易くなります。逆に151円割れを見た場合は短期トレンドが変化します。

豪ドル/円は小幅続伸となりました。下値を切り上げていますが、上昇エネルギーの強いものではなく、82円台を回復して終えない限り、短期トレンドは変化しません。また、この場合でも週足の形状がまだ弱く、豪ドル急伸にも繋がり難いでしょう。買いは80.30-40の押し目を待つか80.80-90の押し目があれば軽く買い狙い。損切りは80.60で浅めに撤退です。前者の場合の損切りは79.90で撤退です。売りは81.40-50で売り向かい。損切りは81.70で浅めに撤退するか、深い場合は82.10で撤退です。

お盆休みでお休みのお店も多く、今日は「はとや」でいつもの鮭&たらこMIXのお弁当を買いに行ってきました。今日は日差しがなく歩きやすかったですが、いつ雨に降られるかもわからないので外出時は日傘兼用の傘は手放せません。はとやさんも明日からお盆休みだそうです。今日は休み前のせいか、いつものたらこが明太子に変わっていました。たまにはこれもいいですね。お店のお休みもコロナ感染拡大の影響か、お盆か、はたまた撤退か段々と分からなくなってきました。お店には何とか頑張って頂きたいです..。

手作り弁当ハトヤ日本橋浜町本店 (hotcom-web.com)

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル円、クロス円じり高。上値抵抗にもそろそろ警戒。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線で引けており、下値を切り上げる流れに変わりありません。日足の形状は安定していますが、個々の足が強いものではないので110.60-70超えにある強い抵抗を一気に上抜けるにも無理がありそうです。111.10-20の抵抗をクリアした場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻して上値余地が若干拡がり易くなりますが、この場合でも週足の抵抗が111.60-70にあり、これを上抜けて越週するまでは、週足の形状が安定せず、下値リスクを残します。一方下値も109.80-90以下にやや強い抵抗が出来ており、109.50割れで終えない限り下値余地もまだ広がり難い状態です。

ドル買いは109.80-90の押し目待ちとしています。損切りは109.30で撤退です。売りは110.60-70で戻り売り。損切りは111.10で一旦撤退です。

今日は米消費者物価指数の発表を控えており、長期金利もやや高い水準にあることから結果が注目されています。東京時間午後9:30,予想値:前月比+0.5%、前年同月比で5.3%となっています。

ユーロ/ドルは小幅続落となりました。トレンドが弱い状態ですが、1.1700-10に強い抵抗があり、このレベルの売りも慎重に。買いは様子見か1.1700-10の押し目を軽く拾って1.1670で浅めに撤退です。売りは1.1780-90で戻り売り。損切りは1.1830で撤退です。1.1700割れで終えるか1.1650割れを見た場合は新たな下落リスクが点灯します。短期トレンドは1.1950超えで終えない限り、変化しません。

ユーロ/円は小反発。上昇余力の強いものではなく、またトレンドも弱いままですが、130.30超えで終えた場合は日足の形状が改善して上値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは131.00超えに値を戻せば"ニュートラル"な状態に戻します。買いは様子見か129.10-20の押し目を軽く拾って128.80で浅めに撤退です。売りは129.80-90で戻り売り。損切りは130.30で撤退です。

ポンド/ドルは値幅の小さい陰線引けとなりました。上値を切り上げていますが、短期トレンドの変化が認められず、調整的な下げの範囲内に留まっています。買いは1.3780-90で押し目買い。損切りは1.3740で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見か1.3910-20まで引きつけて。損切りは1.3960で撤退です。

ポンド/円は陽線で切り返して上値トライの流れを変えていません。但し、上値も切り下げており、154.00超えで終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは152.50-60で押し目買い。損切りは151.80で撤退です。売りは様子見か157.70-80で戻り売り。損切りは154.20で撤退です。154.00超えで終えれば一段の上昇へ。逆に152円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。151.00割れで終えた場合は短期トレンドの変化に要注意。

豪ドル/円は陽線で切り返しており、上値余地を探る動きに繋げています。80円台半ばから前半に強い下値抵抗が出来ていますが、短期トレンドの変化が認められず、下値リスクにより警戒が必要です。買いは80.80-90の押し目を軽く拾って80.60で浅めに撤退するか、80.30-40の押し目待ちとします。この場合の損切りは79.90で撤退です。損切りが付かない場合でも80.20以下で終えた場合は下値リスクが高くなるので、買いは一旦撤退して様子見に転じます。売りは81.30-40で戻り売り。損切りは81.70で一旦撤退です。82円台を回復して引けるまでは下値リスクにより警戒が必要です。

今日は暑くて食べたいものも浮かばず、セブンのミックスサンドと季節商品の「ゴーヤとツナのサラダ」で済ませました。いつもの「たことブロッコリーバジルサラダ」が売り切れていたので、これにしましたが、予想以上に美味しかったです。ゴーヤの苦みも残しつつ、おかかや玉ねぎと、和風だしでゴーヤを和えて上にツナを乗せた感じです。サラダというよりゴーヤのお浸し風、ツナ添えって感じですね。炒りゴマも入っているようです。ツナとゴーヤの相性も良くて美味しいです。ゴーヤを丸ごと1本調理するのはちょっと、と思ってもこの位の量なら食べ易いし、夏の栄養補給にもいい感じですね。

https://www.sej.co.jp/products/a/item/104823/

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
トレトレ会員無料登録はこちら
第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
若林栄四「市場からのメッセージ 2021/12」を特別価格にてご招待
台湾の今』を知る情報誌「な~るほど・ザ・台湾」2021年10月号 プレゼントキャンペーン
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示