川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、上下の抵抗に挟まれた状態。クロス/円、上値トライの動き。上値抵抗を抜けきれない可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小反落。上ヒゲがやや長く上値トライに失敗した形ですが、下げエネルギーの強いものではないので、大幅続落にも繋がり難いと見られます。但し、109.00以下で終えた場合は下落余地がさらに拡がり易くなります。日足が110.70超えで終えた場合は下値リスクがやや後退、111.10-20の抵抗をクリアした場合は、短期トレンドが変化して上値余地がもう一段拡がり易くなります。

トレンドの変化が認められないので、買いは様子見か109.30-40の押し目待ちとしています。損切りは108.90で撤退です。売りは110.00-10で戻り売り。損切りは浅い場合で110.30,深い場合は110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは2手連続陽線引けとなり上値余地を探る動きに繋げています。トレンドの変化が認められませんが、1.18台に実体を戻した場合は下値リスクが若干後退します。この場合でも1.1910-20の抵抗を上抜けて終えない限り、短期トレンドは変化しません。買いは様子見です。或いは1.1680-90の押し目を軽く拾って1.1640で撤退です。売りは1.1760-70で戻り売り。損切りは1.1820で撤退です。上値抵抗は1.1760-70,1.1790-00にあります。

ユーロ/円は小幅続伸となりました。トレンドが弱い状態に変わりありませんが、128.00-10にやや強い下値抵抗が出来ており、これを割り込んで来ないと下値余地も拡がり難いでしょう。買いは様子見か128.00-10の押し目待ちとします。損切りは127.70で浅めに撤退です。売りは129.00-10で戻り売り。損切りは129.70で撤退です。日足が129.30超えで終えた場合は日足の形状が改善して上値余地が若干拡がり易くなりますが、この場合でも130.30超えで越週しない限り、短期トレンドは変化しません。

ポンド/ドルは陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げています。トレンドは弱いままですが、1.3600-10の下値抵抗に跳ね返されており、1.3570~1.3610ゾーンの抵抗を下抜けて終えない限り突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か1.3630-40の押し目待ちとします。損切りは1.3590で一旦撤退です。売りは上値余地が若干拡がる可能性があるので、1日様子見か1.3750-60で戻り売り。損切りは1.3810で撤退です。短期トレンドは1.3850超えで終えない限り変化しません。

ポンド/円は寄付き安値の陽線引けとなり、実体を150円台に戻しています。強い下値抵抗には一旦跳ね返された格好となりましたが、短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは151.00-10で戻り売り。損切りは151.60で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻しますが、153.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。逆に148円割れで終えるか、値動きの中で147.50割れを見た場合は144~145円方向への新たな下落リスクが生じます。

豪ドル/円は寄付き安値の陽線引けとなりました。78.00-10の強い抵抗を守り切った感があり、反落した場合でも78.50以下の突っ込み売りにも注意が必要です。トレンドが弱い状態に変わりないので買いは様子見か78.10-20の押し目待ちとします。損切りは77.80で撤退です。売りは79.40台を売って、79.60で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは80円台に実体を戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、80.70超えで引けない限り、下値リスクを残します。

朝、通勤途中で緑の丸い実が落ちていて、何かな?と思ったら銀杏でした。他には見当たらないので風で落ちたようですが、秋も近いってことですね。そういえば蝉の声も小さくなってきたような..。

さて、今日は外のミーティングに参加のためお昼はお弁当をテイクアウト。定番のはとやの鮭とタラコのMIX弁当です。¥550です。鮭とタラコの分量がちょうどよくて、やっぱり飽きない味です。

手作り弁当ハトヤ日本橋浜町本店 (hotcom-web.com)

出掛けた先のアークヒルズではみんなが窓にへばりついています。???と思ったらブルーインパルスだったんですね。私は残念ながら見損なってしまいました。オフィスに帰ると人形町でも真上を通過したとか。どこどこ??って言っているうちにやはり見損なったそうです。今日は曇天でしたけど、綺麗に見えたのでしょうか。残念!!

パラ開幕直前 ブルーインパルスが都内飛行 (msn.com)

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。戻りは再び売り場。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が値幅の小さい寄せ線で終え、上下の抵抗にも届かずに終えています。下値を切り上げており、再度110円台の抵抗をトライする可能性に繋げていますが、短期トレンドの変化が認められないので、今週も基本戦略は"ドルの戻り売り方針"継続とします。但し、109.30~109.50ゾーンに日足、週足の抵抗が控えており、これを切り崩せない可能性にも注意が必要です。110.70超えで越週するか、111.10-20の抵抗をクリアした場合は短期トレンドが変化してもう一段上値余地が拡がり易くなります。

109.50超えのドル買いは様子見とし、109.30-40の押し目待ちとしています。損切りは108.90で撤退です。売りは110.10-20で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を110.40-50まで見て置く必要があります。損切りは110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。上昇力に欠けるものであることやトレンドが弱いことから大幅続伸にも繋がり難いと見ています。買いは様子見です。或いは1.1650-60の押し目待ち。損切りは1.1630で浅めに撤退です。売りは1.1710-20を売って1.1730で浅めに一旦撤退するか、1.3760-70の戻り待ちとします。この場合の損切りは1.1820で撤退です。上値抵抗は1.1710-20,1.1760-70,1.1800-10に、下値抵抗は1.1650-60,1.1570-80にあります。短期トレンドは1.1910-20の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。

ユーロ/円は小陽線で続落を食い止めていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められず、トレンドは弱いままです。買いは様子見です。売りは128.80台を売って、129.30で一旦撤退です。129.30超えで終えれば日足の形状が改善して上値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは130.20-30の抵抗を実体ベースで上抜けて終えない限り、変化しません。

ポンド/ドルは値幅の小さい陰線引けとなりました。下げエネルギーの強いものではありませんが、トレンドが弱く下値余地がさらに拡がる可能性により警戒が必要です。買いは様子見です。売りも1日様子見か1.3660-70で戻り売り。損切りは1.3710で一旦撤退です。

ポンド/円は小陰線で終えています。下げエネルギーの強いものではなく、また148円台に強い下値抵抗がありますが、日足、週足ともに形状が弱く、一段の下落リスクにより警戒が必要です。買いは様子見か、148.30-40の押し目待ちとします。損切りは147.90で浅めに撤退です。小反発の可能性があるので、売りは1日様子見か150.10-20で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を150.50~70まで見て置く必要があります。損切りは150.80で一旦撤退です。短期トレンドは151.50超えに値を戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、153.50超えで終えない限り、下値リスクを残します。

豪ドル/円は実体の小さい陰線引けとなりました。78.00±10銭の下値抵抗には跳ね返されましたが、トレンドが弱く上値余地が限られる可能性が高いと見られます。買いは様子見か78.00-10で軽く試し買い程度に。損切りは77.80で浅めに撤退です。売りは78.80-90で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を79.20近辺まで見て置く必要があります。損切りは79.30で一旦撤退です。短期トレンドは80円台を回復して終えない限り、変化しません。

若林栄四の新刊が上梓されました。バイデン政権が誕生した意味を独自の歴史的な大局観から分析しており、なかなか興味深い内容になっています。相場に興味のない方も是非ご覧頂けたらと思います。

黄金の相場予測2022 バイデノミクスの深層 | 若林 栄四 |本 | 通販 | Amazon

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル/円、上下の抵抗を抜けきれず。戻り売り方針継続。クロス/円、続落に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は実体が小さく上下にヒゲのある陰線引けとなりました。110.20-30の抵抗にぶつかって押し戻されており、下値リスクがより高い状態ですが、現状は下値も切り上げており、109.20以下で終えない限り、下値余地もまだ拡がり難い形です。短期トレンドは、110.80超えで越週するか、111.10-20の抵抗をクリアしない限り変化しません。

短期トレンドが弱いので、基本戦略はドルの戻り売り方針継続としています。

ドル買いは様子見か108.70-80の押し目待ちとします。この場合の損切りは108.40で撤退です。売りは110.00-10で戻り売り。損切りは110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは続落。下げエネルギーの強いものではありませんが、1.3650割れを見た場合は一段の下落リスクが生じます。トレンドが弱いので買いは様子見か1.3660-70の押し目を軽く試し買い程度に。損切りは1.3640で浅めに撤退です。売りは1.3710-20で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を1.3760-70まで見て置く必要があります。損切りは1.3780で撤退です。短期トレンドは1.3910-20の抵抗を上抜けて終えない限り変化しません。

ユーロ/円は陰線引けとなり、上値を切り下げる流れに変わりありません。下値リスクがより高いので買いは様子見です。売りは128.60-70で戻り売り。損切りは129.10で一旦撤退です。短期トレンドは130.30超えで終えない限り変化しません。上値抵抗は128.60-70,128.90-00,129.30-40に、下値抵抗は128.00±10銭、127.10-20にあります。

ポンド/ドルは安値圏で引ける陰線引けとなり、下値リスクが高い状態です。買いは様子見です。或いは1.3570-80の押し目を軽く試し買い程度に。損切りは1.3550で浅めに撤退です。売りは1.3660-70で戻り売り。損切りは1.3730で撤退です。短期トレンドは1.3850超えで終えない限り変化しません。また、1.3570~1.3610ゾーンに強い下値抵抗がありますが、下抜けて終えた場合は1.34方向への新たな下落リスクが生じます。

ポンド/円は続落。強い下値抵抗ポイントに到達し始めていますが、対ドルでのトレンドが弱いことや、日足、週足ともに形状が悪化しており、一段の下落リスクに注意が必要です。買いは様子見です。売りは1日様子見か150.30-40の戻り待ちとします。損切りは151.30に置く必要があります。値動きの中で147.50割れを見た場合は144~145円方向への新たな下落リスクが生じます。短期トレンドは152円超えで終えない限り変化しません。また、この場合でも153.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。

豪ドル/円は続落。強い下げエネルギーが働いており、値ごろ感からの買いは控えた方がいいでしょう。売りは78.80-90の戻り待ちとしています。吹き値があった場合の上値余地を79.20近辺まで見て置く必要があります。損切りは79.30で一旦撤退です。短期トレンドは80.70-80の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。対ドルのトレンドも弱いので、豪ドル/円も急反発には繋がり難く、基本戦略は"豪ドルの戻り売り方針"継続です。

今日のランチは久しぶりに水天宮そばのてんぷら「すずき」へ行ってきました。前回と同じ穴子も付いた¥1200のセットにしました。11:30の開店時間に間に合うように到着。開店と同時に入りました。11:45には満席になりました。注文はテーブルに置いてあるタブレットで。メニューを選んで「買い物かご」をタップして完了。完璧!ッと思ったら、「確定」のタップを忘れてしまい、店員さんがやってくれました(汗)カウンターの上にある高菜と明太子の和えたもの。鶏そぼろはサービスで置いてありますが、前回は小盛りにしたごはんが終わってしまい、試食し損ないました。今回はご飯を普通盛りにして、少しずつ乗せて味見をしてみました。明太+高菜和えはピリ辛でご飯が進むこと間違いなしです。おかずが少なければ間違いなくこれでご飯一膳は食べれる美味しさですね。天ぷらは揚げたてが一つずつ出されます。それと、小鉢に入った半熟卵の天ぷらもあり、卵かけご飯風にして頂きます。これも美味しいです。まずは茄子からスタート、次は海老、鶏、ブロッコリー、紋甲イカ、そして、ハゼ(めごちに味が似ていますね)、穴子と続きます。お味噌汁(あさり)、冷たい麦茶も付いています。システムがスムーズで滞在時間も短くて済みますから黙食、というより次々と出てくる天ぷらを頂くのにおしゃべりする余裕もないですね。食べ終わって外に出たら11:50、必死で食べる感じですが、味わって食べるだけの余裕はあります。お一人さまも気軽に入れるお店です。今日はうちのH氏とお隣の社長さんと3人で行ってきました。

二代目 天ぷらすずき 人形町店 - 水天宮前/天ぷら | 食べログ (tabelog.com)

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

FOMC議事録(7/27-28開催分)公表を受けてドル全面高。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続伸となりましたが、上昇余力の強いものではないので110円超えの抵抗に再びぶつかる可能性も高いと見ています。短期トレンドは111.10-20の抵抗をクリアして終えない限り、変化しません。一方で下値も109.00-10に日足、週足の抵抗があり、これを割り込んで終えない限り下値余地も拡がり難い状態です。

買いは109.20-30の押し目待ち。108.80で一旦撤退です。売りは110.20-30で戻り売り。損切りは110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは十文字の寄せ線で終え終値ベースでは1.1700-10の下値抵抗を守って終えていますが、トレンドが弱い状態にあるので、今日の買いは1日様子見です。売りは1.1760-70で戻り売り。損切りは1.1820で撤退です。短期トレンドは1.1910-20の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。1.1650割れを見た場合は新たな下落リスクが点灯します。

ユーロ/円は小反発。上値を切り下げる流れに変化が認められず、戻り売り方針継続です。買いは様子見です。売りは128.80-90で再度戻り売り。損切りは129.40で一旦撤退です。130.30超えで終えるか130.50-60の抵抗をクリアしない限り短期トレンドは変化しません。

ポンド/ドルは小陽線で続落を食い止めていますが、上値を切り下げる流れに変わりなく、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。或いは1.3610-20の押し目があれば軽く買い狙い。損切りは1.3570で撤退です。売りは1.3780-90で再度戻り売り。損切りは1.3820で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.3950-60の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。上値抵抗は1.3780-90,1.3810-20に、下値抵抗は1.3700-10,1.3610-20にあります。1.36台を維持できずに終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。

ポンド/円は小陽線で続落を食い止めています。トレンドは弱いままですが、寄り付き安値の陽線は翌日に下げ渋る傾向にあることから、今日の売りは1日様子見か151.60-70まで引きつけて戻り売り、損切りは152.20で一旦撤退です。買いは様子見です。短期トレンドは152.50超えに値を戻せば"ニュートラル"な状態に変化しますが、153.50超えで終えない限り、下値リスクを残します。中期的な下値抵抗が148円台にあり、148円割れで終えるか147.50割れを見ない限り突っ込み売りにも注意が必要です。147.50割れを見た場合は新たな下落リスクが生じて144~145円まで下値余地が拡がり易くなります。

豪ドル/円は小幅続落となりました。直近の陰線が下げ渋りの形となったことから、小反発に転ずる可能性がありますが、79.60-70の軽い上値抵抗にもぶつかっており、トレンドは弱いままです。基本戦略は"豪ドルの戻り売り方針"変わらず。今日の売りは1日様子見か、79.90-00まで引きつけて。損切りは80.40で撤退です。買いは様子見です。短期トレンドは81.50超えで終えない限り変化しません。

今日のランチは久しぶりに「ピーナッツ食堂」の海老チャーハン、別名鉄道チャーハンをテイクアウトしました。¥650です。これにインスタントの卵スープにしました。ぷりぷりの芝海老、卵、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなど具材も結構沢山入っています。くし形のレモンとスライスしたキュウリが添えられていて、パクチーとミニトマトが飾りで乗っています。見た目も綺麗でとても美味しいのです。タイ料理独特の辛みがありませんが、昔から駅弁として食べられてきた歴史があるだけに、安定した美味しさです。ボリュームがありますがしっかり完食しました。辛いのが苦手な方にもお勧めです。

バンコク ピーナッツ食堂 - 人形町/タイ料理/ネット予約可 | 食べログ (tabelog.com)

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ドル円、クロス円、上値の重い展開続く。FOMC議事録公表待ちで小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小反発。上昇余力の強いものではなく、トレンドも弱いままですが、109.00-10の日足、週足の抵抗も守っており、109円を割り込んで終えない限り、このレベルの売りも慎重に。短期トレンドは111.10-20の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。基本戦略はドルの戻り売り方針継続です。今日はFOMC議事録(7/28-29開催分、東京時間、19日3:00am)が公表されるため、これを前に東京市場では様子見となっています。

ドル買いは109.20-30の押し目を軽く拾って108.80で一旦撤退するか、108.70-80の押し目待ちとします。この場合の損切りは108.30で撤退です。売りは109.70-80の戻りを軽く売って110.00で浅めに一旦撤退するか、110.20-30の戻り待ちとします。この場合の損切りは110.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、下値リスクが高い状態に変わりありません。1.1700-10の抵抗を守って終えていますがトレンドが弱いので買いは様子見か1.1700-10で軽く買って1.1680で浅めに撤退としています。売りは1.1760-70で戻り売り、損切りは1.1820で撤退です。短期トレンドは1.1950-60の抵抗をクリアしない限り変化しません。

ユーロ/円は小幅続落となりました。下げエネルギーの強いものではありませんが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは128.80-90で戻り売り。損切りは129.40で一旦撤退です。短期トレンドは130.30超えで終えるか130.50-60の抵抗をクリアしない限り、変化しません。上値抵抗は128.80-90,129.30-40,129.60-70ににあります。

ポンド/ドルは高値圏から陰線が出ており、この足が短期トレンドに変化を生じさせています。買いは様子見に転じます。売りは1.3780-90で戻り売り。損切りは1.3830で一旦撤退です。短期トレンドは1.3910-20の抵抗を上抜けて終えない限り、下値リスクがより高い状態です。強い下値抵抗が1.3700-10,1.3650-60にありますが、1.3650割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。

ポンド/円は4手連続陰線引けとなり、上値を急角度で切り下げています。また、直近の陰線が短期トレンドに変化を生じさせており、150円割れトライの動きが強まると見られます。一方で、中期トレンドがまだ強い状態を保っており、148円を割り込んで終えるか、147.50割れを見ない限り、調整下げの範囲内となります。150円割れからの売りも慎重に。買いは様子見です。売りは151.00-10で戻り売り、損切りは151.70で撤退です。短期トレンドは152.50超えに値を戻して引けない限り、変化しません。

豪ドル/円は続落。直近の陰線が80円台を割り込んで終えており、新たな下落トレンド入りの可能性が高くなっています。買いは浅い損切りが付いたので様子見です。売りは79.90-00の戻り待ちとします。損切りは80.40で一旦撤退です。短期トレンドは82円台を回復して終えない限り、変化しません。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
トレトレ会員無料登録はこちら
第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
若林栄四「市場からのメッセージ 2021/12」を特別価格にてご招待
台湾の今』を知る情報誌「な~るほど・ザ・台湾」2021年10月号 プレゼントキャンペーン
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示