川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、クロス/円、下げ渋り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は小陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、強い上昇エネルギーも感じられないので106.00超えの抵抗を上抜けるには力不足と見ています。105.00の下値抵抗も守っており、104.40以下で終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは105.20台を軽く買って104.80で一旦撤退するか、104.50-60の押し目待ちとします。この場合の損切りは新たな下落リスクが点灯する103.80で撤退です。売りは105.90-00の戻り待ち。損切りは106.20で一旦撤退するか、深い場合は106.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げています。1.1700に戻して引けており、反発に転ずる可能性を残していますが、上値を切り下げており、日足の形状が悪化し始めているので1.1810-20の抵抗を上抜けて終えるか1.1850-60の抵抗をクリアしない限り、下値リスクにより警戒が必要です。買いは1日様子見か1.1620-30の押し目を軽く拾って1.1580で撤退です。売りは1.1770-80の戻り待ち。損切りは1.1830で一旦撤退するか、深い場合は短期トレンドが変化する1.1860に置く必要があります。1.1600割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。

ユーロ/円は寄せ線で終えています。123.00-10の下値抵抗を守って引けていますが、上値を切り下げており125.00終えで終えるまでは下値リスクを残した状態です。122.40以下で終えた場合は短期トレンドが"ユーロ弱気"に変化します。買いは123.00-10で押し目買い。損切りは122.40で撤退です。売りは124.40-50のの戻り待ちとします。損切りは125.20で撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、1.30台を維持できずに終えています。下値を切り上げる流れを守っていますが、1.3050-60の重要ポイントを上抜けて終えることが出来ずに反落しており、下値リスクにも注意が必要です。買いは1.2890-00以下で押し目買い。損切りは1.2840で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。1.2700割れで終えるか1.2650割れを見た場合は弱気に変化して一段の下落に繋がり易くなります。売りは様子見か、1.3000-10で戻り売り。損切りは1.3060で撤退です。

ポンド/円は陰線引けとなりました。上値が重い感がありますが、短期トレンドの変化が認められないので突っ込み売りにも注意が必要です。また、短・中期の移動平均線が収束しており、一方向へ抜け出す可能性に注意が必要です。138円台で終えれば一段の上昇へ、逆に134円割れで終えた場合は弱気に変化して一段の下落に繋がり易くなります。買いは135.50-60の押し目を軽く拾って134.80で撤退です。これが付いた場合は下値リスクが点灯します。売りは様子見です。


豪ドル/円は続落。74円割れトライには失敗していますが、75円台を維持できずに終えており、日足の形状が悪化しています。買いは損切りが付いたので1日様子見か74.20-30で押し目買い。損切りは73.80で撤退です。売りは75.00-10で戻り売り。損切りは75.30で撤退です。74円割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。短期トレンドは76.50超えで終えない限り、大きく変化しません。

金相場も6400円台の下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れから上抜けておらず、6520~6550円の上値抵抗をしっかり上抜けて来ないと下値リスクが軽減されません。6600円台を回復して引けるまでは下値リスクへの警戒も必要です。対ドルでは1930ドル台回復でニュートラルから若干強気。1960ドル台で終えれば強気に変化して対ドル、対円でも一段の上昇に繋がり易くなります。逆に1880ドル割れで終えた場合は下値リスクに注意。1850ドル割れを見た場合は弱気に変化して1800ドル台の足元を固め直動きが強まり易くなります。この場合は金円も6350円割れを見て6000~6200円の足元を固め直す動きへ。

水星逆行の期間に入って来たので金融市場も上下に振らされる可能性に注意する必要がありそうですね。

では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小反落。上下の抵抗を抜けきれない状態ですが、強い下値抵抗ポイントに到達しているので、突っ込み売りに注意が必要です。買いは105.00-10で軽く買って104.40で撤退です。売りは105.70-80で売って106.20で一旦撤退するか、106.00-10の戻り待ちとしています。この場合の損切りは106.80で撤退です。104円割れで終えた場合は一段のドル下落へ。逆に107円台で終えれば108円トライの可能性が生じます。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え、上下の抵抗を攻めきれておらず、1.1810-20の抵抗をしっかり上抜けて終えるか1.1850-60の抵抗をクリアしないと上値も拡がり難い状態です。下値を切り上げていますが1.1700割れで終えた場合は、1.16台の足元を固め直す動きへ。買いは1.1730-40で買って1.1680で撤退、売りは1.1810-20の戻りを待って売り狙い。損切りは1.1860で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化します。

ユーロ/円は小幅続落。上値の重い感がありますが、122.40-50の抵抗を下抜けて終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。125円台に乗せて終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。買いは123.30-40で押し目買い。損切りは浅い場合で122.90、深い場合は122.40で撤退としています。売りは124.40-50の戻りを軽く売って125.10で撤退です。上値抵抗は124.40-50、124.70-80にあります。

ポンド/ドルは陽線で切り返しており、下値抵抗にも跳ね返されていますが、1.3050-60の抵抗を上抜けきれずに押し戻されており、これを上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い状態です。買いは1.2920-30の押し目待ち、損切りは浅い場合で1.2870、深い場合は"ニュートラル"な状態に戻す1.2840で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円はタクリ足の陽線で引けており、下値トライに失敗した形で終えています。138円台には乗せきれずに推移しており、下値リスクを残していますが、下値抵抗を守っており、押し目買い方針継続としています。買いは136.00-10の押し目待ち。損切りは135.40で撤退です。売りは様子見です。或いは138.10に損切りを置くなら137.60-70超えで軽く売り向かい。134円割れで終えた場合が弱きに転換します。

豪ドル/円は小幅続落となりました。個々の足は下げエネルギーの強いものではありませんが75円割れで終えた場合は日足の形状が悪化します。74.50割れで下値リスクが点灯、74円割れで終えた場合は弱気に変化します。朝の戦略では75.00近辺を買って74.70で浅めに撤退としましたが、これが付いているのでここからの買いは様子見です。

今日は霧雨模様の1日でしたが、少し遅めのランチになったので、橡の木さんの店内で五色丼を頂きました。お味噌汁、サラダが付いて¥1100です。店内は空いていてカウンター席に座ってご主人とお話ししながら出来上がりを待っていましたが、ほどなく一人、二人とまたお客さんが入店。私のように混む時間帯を避ける人も多いようです。マスクを置いて置けるようにペーパーで作ったマスク置きも用意してくれています。テイクアウトも出来たてを持ち帰るのですが、やはり店内で食べるのはまた格別ですね。器もプラ容器でなく瀬戸物の丼なので美味しく感じられます。今日は肉厚の中トロ、ブリ、生しらず、サンマ、卵焼きでした。ランチを頂いたついでに地元応援のつもりでおせちも予約して帰ってきました。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13034797/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

遅くなりました!

ドル/円は上下の抵抗を抜け切れておらず、上値が重い感があるものの、下値抵抗も守っているので売りは引き付けて。但し、104.40割れで越週するか104円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して一段のドル下落に繋がり易くなります。

ドル買いは1日様子見か104.90-00の押し目があれば買い狙い。損切りは104.40で撤退です。売りは105.70-80の戻りを軽く売って106.20に損切りを置くか、106.20-30の戻り待ちとしています。この場合の損切りは106.80で撤退です。107円台に乗せて越州しない限り、上値余地も広がりにくいでしょう。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、1.18台を守り切れずに終えています。1.18台の抵抗を抜けきれておらず、下値リスクを残した状態です。1.1700割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。小幅続落の可能性があるので買いは1日様子見としています。売りも様子見か1.1790-00で戻り売り。損切りは1.1860で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化して一段の上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/円は小幅続落となりました。124.00-10の抵抗を守り切れずに終えており、日足の形状が若干悪化しています。小幅続落の可能性が高いので買いは123.50-60まで引きつけて。損切りは122.90で撤退です。これが付いた場合は下値リスクが点灯、122.50割れで終えた場合は"ユーロ弱気"の流れに戻します。売りは様子見か124.70-80の戻り待ちとしています。損切りは125.10で撤退です。125円台で終えた場合は強気の流れに戻して126円超えトライの動きが強まり易くなります。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、単体では下げ余力を残したものですが、短期トレンドの変化が認められないので売りは様子見としています。買いは損切りが付いたので1日様子見か1.2890-00まで引きつけて。損切りは1.2840で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻しますす。1.2700割れで終えるか1.2650割れを見た場合はポンド弱気に変化します。

ポンド/円は高値圏から陰線が出ており、やや下値リスクが高いものですが、下値を切り上げる流れには変化が認められません。売りは様子見です。買いは損切りが付いたので1日様子見か135.50-60まで引き付けて。損切りは134.80で撤退です。135円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、134円割れで終えた場合は"弱気"に変化します。

豪ドル/円は小幅続落となりました。76.50超えトライに失敗した流れにありますが、現状は下値抵抗も守った状態です。買いは75.20-30で押し目買い。損切りは74.80で撤退としています。売りは様子見です。75円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。逆に76.50超えで終えた場合は一段の上昇に繋がり易くなります。

アメリカP6Gの治験の中止や追加経済対策の合意が遅れる中でリスクオフに若干傾いた動きですが、大きなリスク要因ではないので円高が急となる可能性もまだ低いとみられます。

ではまた明日。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、下値余地が限られる可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続落となり、日足の形状が若干悪化していますが、下げ余力の強いものではないので下値余地もまだ拡がり難いと見られます。一方で106.00超えに強い上値抵抗が散在していることや、週足が強い上昇エネルギーを持ったものではないので、ドル急伸にも繋がり難い状態です。104.80以下で終えた場合は104円台の足元を固め直す動きへ。現状下での可能性がまだ低いものの104円割れを見た場合は新たな下落トレンド入りの可能性が高くなります。買いは105.30以下で買って104.80で一旦撤退としています。売りは1日様子見か106.20-30の戻りがあれば売り狙い。損切りは106.80で撤退です。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え、寄り付き水準に戻しています。下値を切り上げる流れを維持しており、また、9/1に付けた1.2011を直近高値とするレジスタンスラインも上抜けた位置をキープしており、短期トレンドが変化し始めていますが、現状は、強い上値抵抗を抜けきれておらず、1.1850-60の抵抗をクリアするまでは"ダマシ"となる可能性にも注意が必要です。買いは1.1760-70で押し目買い。損切りは1.1720で浅めに撤退です。売りは様子見か1.1870に損切りを置くなら1.1830-40で軽く試し売り程度に。これが付いた場合は短期トレンドの変化を確認して1.1960-70にある一段と強い抵抗をトライする動きへ。

ユーロ/円は小反落。下値を切り上げる流れを維持していますが125円台乗せにも失敗しており、若干下押す可能性があります。買いは124.10-20で押し目買い。損切りは123.50で撤退です。125円台で終えれば126円超えトライへ。逆に124円割れで終えた場合は、下値リスクがやや高くなります。123円割れで終えた場合は"ユーロ弱気"に変化します。

ポンド/ドルは小幅続伸。単体では上昇余力の強いものではありませんが、1.3050超えで終えており、日足の形状が安定しています。押し目買い方針で。買いは1.3020-30で押し目買い。損切りは1.2960で撤退です。売りは様子見です。やや強い上値抵抗は1.3130-40にあります。

ポンド/円は寄せ線で終えています。138円台乗せに失敗して押し戻されていますが、下値を切り上げる流れを維持しており、137.10-20での押し目買い方針で。損切りは136.50で一旦撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは135.50割れで終えない限り、変化しません。

豪ドル/円は陰線引けとなり、前日の上げ幅を失っていますが、下値を切り上げる流れを維持しており、押し目買い方針継続としています。若干下押す可能性があるので買いは75.40-50の押し目待ち。損切りは74.90で撤退としています。売りは様子見か76.20-30で売って76.60で再度撤退です。75円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

今日は久しぶりにお寿司でも、と思って外に出たのですが「ケンタ」の前に並んでいる人がいなかったので思わず足を向けてしまいました。前々から食べようと思っていた季節商品の月見バーガーは無くなっていて、結局食べそこないました。残念!また来年かな。いつものチキンフィレサンドのセットとコールスローサラダの(小)を追加して¥820でした。飲み物はペプシ。氷が入っている飲み物もそろそろ終わりでしょうかね。ケンタッキーのバーガーはマヨも多くないので食べやすく、チキンとのバランスも丁度いい感じで気に入っています。思ったより辛くて、でもスキッとした辛さで気に入っている薫るゆず七味チキンにもちょっと惹かれました。でも結果的にはお腹いっぱいで食べきれないので、頼まなくて大正解でした。食欲の秋...。

https://www.kfc.co.jp/campaign/lunch/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小じっかり。NY休場で様子見。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から収録のため留守にしますので、朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考にして頂けたらと思います。NY市場が休場となるため様子見となる可能性が高く、上下ともに限られる展開が予想されます。

ドル/円は直近の日足が陰線で終え、前の2手の小陽線の上昇分を打ち消していますが、下げ余力の強いものではないことや、下値を切り下げる流れを守っており、再度106円超えトライの動きが期待できます。今日については値動きも乏しいので売り買いともに基本は様子見ですが、買いは105.30-40で軽く買って104.80で撤退。売りは106.20-30までの戻り待ちです。損切りは106.60で浅めに一旦撤退です。

中期トレンドがまだ弱い状態に変わりなく、また、週足も続伸に繋げたものの、上昇エネルギーの強いものではないので、106円台に散在する上値抵抗を大きく上抜けない可能性も高いと見ています。また、105.00割れで終えた場合は日足の形状が悪化して104円台の足元を固め直す動きが強まり易くなります。さらに可能性がまだ低いと見ますが104円割れを見た場合は102円方向への一段のドル下落に繋がり易くなります。

ユーロ/ドルは陽線引けとなり、この足が9/1に付けた1.2201を直近高値として上値を切り下げて来た短期的なレジスタンスラインから頭一つ上抜けた位置で終えています。1.1810-20に強い抵抗があり、これを上抜けきれずに終えていますが、トレンドが変化する可能性が生じているので、売りは様子見に転じます。買いは"ダマシ"の可能性を考慮して1日様子を見るか1.1770-80の押し目を軽く拾って1.1730で撤退です。1.18台をキープして終えるか、1.1850-60の抵抗をクリアした場合は、調整下げが一巡して上値トライの流れに戻します。この場合でも1.1960-70に強い抵抗があり、これを上抜けて来ないと上値余地も拡がり難いでしょう。

ユーロ/円は小陽線で終えており、単体では上昇余力の強いものではありませんが、9/1に付けた127.08を基点とする短期的なレジスタンスラインから若干上抜けた位置で終えており、一段の上昇の可能性が生じています。また、週足の形状も改善していることから126円超えにある強い抵抗をトライする可能性が高いと見ます。但し、123.50割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯します。さらに123円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。ユーロ買いは124.60-70で軽く買って124.30で浅めに撤退するか、124.20以下の押し目待ちとします。この場合の損切りは123.40で撤退です。売りは様子見です。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示