川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、クロス/円、上値抵抗を抜けきれない可能性に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線で切り返しましたが、上昇エネルギーの強いものではないので大幅続伸にも繋がり難いと見ています。106円台で終えれば短期トレンドが変化して上値余地が若干拡がり易くなりますが、この場合でも107円台に強い抵抗が控えており、ドル急伸にも繋がり難いでしょう。逆に104円割れを見た場合は新たな下落トレンド入りの可能性が高くなります。ドル買いは105.30-40の押し目を軽く拾て103.80で撤退するか、104.10-20の押し目待ちとしています。損切りは103.80で浅めに撤退です。売りは105.70-80で売って106.30で撤退としています。

ユーロ/ドルは続伸。高値圏で引けており、上値トライの可能性に繋がていますが、トレンドの変化が認められないので、買いは様子見か1.1630-40の押し目待ちとしています。損切りは1.1580で撤退です。売りは小幅続伸の可能性があるので1日様子見か1.1870に損切りを置くなら1.1790-00の戻りがあれんば売り向かい。短期トレンドは1.1850-60の抵抗を上抜けて終えればニュートラルな状態に変化、1.1960-70の抵抗を上抜けて終えた場合は強気の流れに戻します。

ユーロ/円は揉み合いを上抜けた位置に高値圏で引ける陽線が出ており、上値トライの動きが強まる展開となっていますが、124.20-30の抵抗を上抜けられずに小反落しており、短期トレンドの変化は認められません。124.50-60の抵抗を上抜けて終えればニュートラルな状態に変化、125.50超えで終えれば下値リスクが後退して一段の上昇に繋がり易くなります。買いは様子見か122.40に損切りを置くなら123.00-10で軽く試し買い程度に。売りは124.20-30で戻り売り。損切りは124.60で浅めに撤退としています。

ポンド/ドルは前日足から上寄りのスタートとなりましたが、1.2900-10の抵抗を上抜けられずに押し戻されています。上値トライに失敗した反動で下値余地がもう一段拡がる可能性が高いので、買いは1日様子見か1.2780-90で軽く押し目買い。損切りは1.2740で一旦撤退です。1.2700割れで終えた場合は再び下値リスクが高くなります。売りは様子見です。短期トレンドは"ニュートラル"な状態ですが、1.30台を回復して越週するまでは下値リスクにも注意が必要です。

ポンド/円は5手連続陽線引けとなり、下値を切り上げていますが、直近の陽線が上昇余力の強いものではないので買いは無理せず134.80-90の押し目待ちとしています。損切りは133.90で撤退です。これが付いた場合は下値リスクが点灯します。短期トレンドは"ニュートラル"から"若干ポンド強気"に変化していますが、136.50超えで越週するか、138円台で終えるまでは下値リスクへの警戒も必要でしょう。

豪ドル/円は陽線で終え、74.00-10の下値抵抗を支えとして反発余地を探る動きに繋げていますが、トレンドの変化が確認できないので買いは1日様子見としています。売りも様子見か75.90-00で戻り売り。損切りは76.40で一旦撤退です。76.50超えで終えれば再び強気の流れに戻します。

今日のお昼は久しぶりに「桂華」の中華弁当にしてみました。ご主人が11時過ぎから作り始めて11:30には店頭に並べています。今日はチャーハン、ナスの炒め物、麻婆豆腐、そしてシュウマイ1個。これにザーサイが付いて¥500です。2種類のおかずが楽しめて、しかも作り立て、しかも安い。コスパ抜群です。油ものなので控え気味に、でも時々食べたくなります。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13049298/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、戻り売り方針変わらず。クロス/円、小反発の可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が値幅の小さい陰線となり、上昇一服となりました。下げ余力の強いものではないので、反発に転ずる可能性がありますが、上値を切り下げる流れにも変化が認められないので戻り売り方針継続としています。106.20-30の抵抗をクリアするか106円台で終えれば短期トレンドをニュートラルな状態に戻して、ドルの上値余地が50銭から1円程度拡がり易くなります。この場合でも週足の抵抗が107.00-10に控えており、ドル急伸にも繋がり難いと見ています。逆に104円割れを見た場合は新たな下落トレンド入りの可能性が生じます。

ドル買いは104.10-20の押し目待ちとしています。損切りは103.90で浅めに撤退。ドル売りは105.50-60超えで売って106.30で撤退としています。

日足の上値抵抗は105.60-70、105.90-00、106.20-30に、下値抵抗は105.00±10銭、104.50-60、104.00-10にあります。

ユーロ/ドルは陽線で続落を食い止めていますが、トレンドの変化が認められないので戻り売り方針継続としています。但し、1.1610-20にやや強い抵抗が出来ており短時間ではこれを下抜けて来ないと下値余地も拡がり難い状態です。買いは様子見か1.1620-30で軽く押し目買い。損切りは1.1580で撤退です。売りは1日様子見か1.1720-30の戻りがあれば売り向かい。損切りは1.1760で浅めに撤退です。短期トレンドは1.1850-60の抵抗をクリアすればニュートラルな状態に戻しますが、1.1960-70の抵抗を上抜けて終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。

ユーロ/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陽線引けとなり、122.50-60の下値抵抗を守って引けています。短期トレンドは弱いままですが、下値トライに失敗した反動で上値余地がもう一段拡がる可能性が生じているので、売りは1日様子見か123.70-80超えまで引きつけて。損切りは124.60で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、125.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。買いは様子見か122.30に浅い損切りを置くなら122.60-70の押し目を待って軽く買い狙い。

ポンド/ドルは上ヒゲが長い陽線引けとなり、単体では上値トライに失敗した形で下値リスクへの警戒が必要なものですが、この足が9/1に付けた1.2482を直近高値として上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けた位置で終えており、短期トレンドが変化し始めています。1.2700割れを見ない限り、押しは一旦買い場と見ます。1.30台を回復して越週するまでは下値リスクを残しますが、ポンド売りは様子見に転じます。買いは1.2780-90の押し目待ちとします。損切りは1.2740で一旦撤退です。

ポンド/円は4手連続陽線引けとなり、直近の陽線が9/1に付けた142.72を基点として上値を切り下げて来た流れから若干上抜けた位置で終えています。136円台乗せにも失敗して押し戻されており、"ダマシ"となる可能性がありますが、134円割れで終えない限り、押しは一旦買い場と見ます。136円台に乗せて越週するか日足が138円台を回復するまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは134.80-90の押し目待ちとします。損切りは133.80で撤退です。これが付いた場合は立ち上げの可能性を打ち消します。売りは様子見に転じます。

豪ドル/円は陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げています。74.00-10の抵抗を守り切った感がありますが、トレンドの変化を確認するまでは買いも慎重に。買いは74.20-30の押し目待ちとします。損切りは下値リスクが点灯する73.80で撤退です。売りは1日様子見とします。強い上値抵抗は75.30-40にあります。短期トレンドは76円台を回復して引けない限り変化しません。

今日のランチは橡の木さんの五色丼にしました。中トロ、シラス、鯛、卵、つぶ貝?が乗って¥900です。昨日の夜に肉豆腐を作ってお肉をがっつり食べたので今日のランチはサッパリものにしようと決めていましたが、作り立てでテイクアウトした五色丼はやはり美味しかったです。最近はコロナに負けない体力づくりを目指して??ご飯の量を普通盛りにして頂いているのですが、やはり結構なボリュームでした。う~ん。まだお腹がいっぱいです。

少し早いですが、橡の木さんでは、おせちの予約も始めたそうです。二段重で¥24,000(税込み)からすみを1本付けたものが¥28,000(税込み)で限定100個です。今年は地元の応援で橡の木さんにしようかな。

https://sushi-tochinoki2016.gorp.jp/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小反落。上下の抵抗を抜けきれず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は5手連続小陽線で終え、下値をゆっくりと切り上げる流れを維持していますが、短期トレンドが弱いままであることや、個々の足が強いものではないので上値余地にも限りがあると見ています。ドル買いは様子見か104.10-20の押し目待ち。損切りは103.90で浅めに撤退です。ドル売りは105.50-60で売って106.30で撤退としています。106円台を回復して引ければ、短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻して上値余地が若干拡がり易くなりまますが、この場合でも106.70-80に日足の上値抵抗が、107.00-10に週足の抵抗があり、ドル急伸にも繋がり難いと見ています。また、104.00割れを見た場合は新たな下落トレンド入りの可能性が高くなり、一段のドル下落リスクが生じます。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げる流れに変化が認められません。買いは様子見です。売りは1.1670-80で戻り売り。損切りは1.1720で一旦撤退です。短期トレンドは1.1850-60の抵抗をクリアすれば"ニュートラル"な状態に戻しますが、1.1960-70の抵抗を上抜けて終えない限り上値余地も拡がり難いでしょう。

ユーロ/円は小陰線で終えています。下げ余力の強いものではなく、終値ベースでは122.50-60の抵抗を守って終えているのでこのレベルの売りは様子見としています。売りは123.00-10の戻りを軽く売って123.40で浅めに一旦撤退するか、123.70-80の戻り待ちとしています。損切りは124.40で撤退です。短期トレンドは125円台を回復しない限り変化しません。また126.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。買いは様子見です。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形の足で終えています。1.2800超えの抵抗にぶつかっていますが、1.2700-10の抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。短期トレンドの変化が認められないので買いは様子見です。或いは1.2660に浅い損切りを置くなら1.2700-10で軽く試し買い程度に。売りは1.2850-60の戻り待ちとします。損切りは1.2920で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻しますが、1.30台を回復して越週するまでは下値リスクを残します。

ポンド/円は実体が小さい陽線で終え上値余地を探る動きに繋げています。下値をゆっくりと切り上げていますが、上値を切り下げる流れからは抜け出しておらず、短期トレンドは弱いままです。買いは1日様子見です。売りは135.10-20で戻り売り。損切りは135.60で浅めに一旦撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻して反発余地を探る動きが強まり易くなりますが、137円台を回復して引けるまでは下値リスクを残します。134.00-10にやや強い下値抵抗が出来ており、突っ込み売りにも注意が必要です。またこれを下抜けた場合でも132円台から中期的な下値抵抗が厚いポイントに入るので売りは利食いを小まめに入れる方針で。

豪ドル/円は寄せ線に近い形の陰線引けとなっています。上値を切り下げる流れにありますが、74.00-10にある強い下値抵抗を守っており、反発に転ずる可能性を残しています。短期トレンドが弱い状態に変わりないので買いは様子見か74.10-20で軽く試し買い程度に。損切りは73.70で撤退です。売りは1日様子見か74.80-90の戻り待ちとします。損切りは75.20で撤退です。短期トレンドは76円台を回復して終えない限り、変化しません。

朝は通勤途中のコンビニでサンドイッチや軽めのパンを買って、朝いちばんの仕事が一息ついたところでコーヒーとともに頂くのがほぼ日課となっています。今日はミックスサンドを手にしてから、ふと一段下の棚をみると、そこにいつもは無いエビカツサンドを見つけました。ハムカツサンドや、エビカツサンドはなかなか美味しいのですが、季節商品なのか夏の間は常時置いていません。結構ボリュームがあるので暑い季節にはあっても目に入らないのかもしれません。この季節になると食欲も増して見かけるとよく買い求めます。今日も迷いましたが、コロナ下ですから、一度手に取ったミックスサンドを棚に戻すのもまずいと思い、思いとどまりました。朝食にはさほどこだわりはないのですが、暑くて食べるのも億劫だった暑い季節が過ぎてみると、食欲も増して、食べ物を選ぶのにもついつい目移りしてしまいます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値余地を探る動き。戻り売り方針変わらず。クロス/円、下げ渋り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は4手連続陽線引けとなり、下値を切り上げていますが、個々の足が強いものではないことや、トレンドに変化が認められないのでドルの戻り売り方針継続としています。106.20超えで終えれば日足の形状が改善して上値余地が若干拡がり易くなりますが、この場合でも中期トレンドが弱いことや、日足の上値抵抗が106.70-80に、週足の抵抗も107.00-10に控えており、急伸にも繋がり難いと見ています。逆に104円割れを見た場合は一段のドル下落に注意が必要となります。

買いは様子見か103.90に浅い損切りを置くなら104.10-20の押し目を待って軽く試し買い。売りは105.40-50で戻り売り。損切りは106.30で撤退としています。

ユーロ/ドルは小反発。上昇余力の強いものではありませんが、中期トレンドが強い状態を維持しているので急落にも繋がっていません。短期トレンドは弱いままなので戻り売り方針継続としています。買いは様子見です。売りも1日様子見か1.1740-50の戻り待ち。損切りは浅い場合で1.1810、深い場合はニュートラルな状態に戻す1.1860に置く必要があります。これが付いた場合でも1.1960-70の抵抗を上抜けて終えるまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は小陽線で終えています。単体では上昇余力の強いものではなく、短期トレンドの変化も認められませんが、122.50-60の抵抗に4日続けて跳ね返されており、上値余地が若干拡がる可能性があります。買いは様子見としますが、売りも1日様子見か123.70-80の戻り待ちとします。損切りは124.40で一旦撤退です。短期トレンドは125円台を回復しない限り変化しません。また、この場合でも126.50超えで終えない限り上値余地も広がり難いでしょう。強い上値抵抗は123.70-80、124.20-30に、下値抵抗は122.00±10銭、121.00-10にあります。

ポンド/ドルは小陽線で終え、続落を食い止めていますが、トレンドの変化が認められないので買いは様子見とします。売りは1日様子見か1.2850-60の戻りがあれば売り狙い。損切りは1.2910で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、1.30台を回復して越週するまでは下値リスクを残します。

ポンド/円は小幅続伸。短期トレンドが弱い状態に変わりありませんが、下げ渋りの兆候が見られるので売りは1日様子見か135.00-10まで引きつけて。損切りは135.60で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。買いは様子見か強い下値抵抗ポイントである132.00-10の押し目があれば軽く買い狙い。損切りは131.40で撤退です。

豪ドル/円は小幅続落となり、これで9手連続陰線引けとなりました。短期トレンドは弱い状態ですが、74.00-10に週足の抵抗があり、これを守って引けています。上値余地を探る動きに転ずる可能性があり、今日の売りは1日様子見とします。トレンドが弱いので買いも様子見か74.00-10で軽く押し目買い。損切りは73.60で撤退です。短期トレンドは76円台を回復して引けない限り変化しません。

連休があったせいかあっという間に週末ですね。この間、検査件数が少なかったのか東京の感染者も極端に多くなりませんでした。来週発表される数字がどうなるかになるところですが、発表される全国の感染者数が多くならなければ、連休中の大勢の人の移動も大禍なかったことになるのですが...。

季節も良くなってきました。皆さま良い週末をお過ごしください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、戻り売り方針継続。クロス/円、上値余地が限られる展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は3手連続陽線引けとなり、下値を切り上げていますが、上値抵抗を抜けきれておらず、戻り売りの流れは変わりません。106円台を回復して引ければ、短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻して上値余地が若干拡がり易くなりますが、この場合でも中期トレンドが弱いことや、個々の足が強いものではないのでドル急伸にも繋がり難いでしょう。逆に104.00割れを見た場合は一段の下落リスクが生じます。

買いは様子見か104.10-20の押し目待ちとします。損切りは103.90で浅めに撤退です。ドル売りは105.30-40で売って、106.30で撤退としています。吹き値があった場合の上値余地を105.70-80まで見て置く必要があります。

ユーロ/ドルは小幅続落となりました。個々の足は下げ余力の強いものではありませんが、短期トレンドが変化しており、一段の下落リスクに注意が必要です。中期トレンドが強い状態を保っているので上下動を繰り返しながら下値余地を探る動きとなりそうです。買いは様子見です。売りは1.1680-90で戻り売り。損切りは1.1760で一旦撤退としています。短期トレンドは1.1850-60の抵抗をクリアすればニュートラルな状態に戻しますが、1.1950超えで越週しない限り、下値リスクを残します。

ユーロ/円は値幅の小さい陰線引けとなり下げ渋りの形となっています。122.50-60の下値抵抗を攻めきれていませんが、短期トレンドが弱いのでもう一段下値余地が拡がる可能性も高いと見ています。買いは様子見です。売りは123.10-20で戻り売りとしていますが、朝方にこれは達成しています。損切りは124.10で一旦撤退としています。短期トレンドは125円台を回復すれば"ニュートラル"な状態に戻しますが、126.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。中期トレンドが強いので押しは深い場合でも120円台を大きく割り込まない可能性も高いと見ています。

ポンド/ドルは小幅続落となりました。下げ余力の強いものではありませんが、短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.2760-70で戻り売り。損切りは1.2820で一旦撤退です。短期トレンドは1.29台を回復すれば"ニュートラル"な状態にへんかしますが、1.30台で越週するまでは下値リスクを残します。

ポンド/円は実体が小さい陽線で続落を食い止めています。トレンドが弱い状態ですが、強い下値抵抗ポイントに到達しているので突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か131.40に損切りを置くなら132.00-10で買い狙い。売りは1日様子見か134.80-90の戻り待ちとします。損切りは135.60で撤退です。これが付いた場合は一旦底打ちした可能性が生じます。

豪ドル/円は続落。75円台を維持できずに終えており、一段の下落リスクが生じています。74円割れで越週した場合は72円方向への新たな下げトレンド入りの可能性が生じます。買いは様子見です。売りは74.80-90の戻り待ちとしています。損切りは75.40で撤退です。

今日はお昼締め切りのFXレポートの提出と、午後から投資顧問業協会の会議があるため、お弁当を持参しました。朝、5時に起床。先週末にデパ地下で買った甘塩の紅鮭を焼き、同時に卵焼きを焼いて、ミニトマトを飾っておしまい。サラダ替わりに水なすの漬物を入れて来たのですが、予想通り色が変わってしまいました。味は美味しかったのですが、見た目が残念なことに...。明日は週末ですね。美味しいランチを探して明日は外に出て見ます。台風も大したことにならなくてよかったです!!

NYダウ、金相場も大幅下落していますが、両者ともにまだ底打ちの気配は見えません。本来なら株式相場が下げトレンドに入れば、金は株式市場からの移動で押し目買いが有効ですが、NYダウが調整下げの範囲内との見方が多いので(個人的には9/3に付けた29199ドルが戻り天井であった可能性が高いと見ていますが)トレンドの変化がしっかり認識されるまでは、株売り、金売り、ドル買い、円買いの流れが続きそうです。来週初までは金も値ごろ感から買わない方がいいでしょう。6000台は大きく割り込まない可能性も高いと見ていますが果たして..。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
吉田恒氏著書「そうだったのか!FX大相場の真実」プレゼント企画
1000円がもらえるアメジスト香港オリジナル2021年版卓上カレンダープレゼント!
「タンク将軍の愛人米」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示