川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、上値余地を探る動き。クロス/円、強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続伸となりました。単体では上昇エネルギーの強いものではありませんが、106.50-60の軽い抵抗に跳ね返されており、目先の下値余地が限られる可能性が高いと見られます。買いは106.60-70で軽く買って106.20で一旦浅めに撤退するか、106.10-20の押し目待ちとしています。この場合の損切りは105.40で撤退です。売りは様子見か108.00-10の吹き値があれば売り向かい。損切りは108.70で撤退です。短期トレンドは105円割れを見ない限り"ニュートラル"な状態に戻しませんが、106円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。逆に107.00超えで越週した場合は来週以降も上値余地を探る動きが継続します。この場合でも108.10~108.60の抵抗が厚く急伸にも繋がり難いと見ています。可能性がやや低いものの104.50割れで終えた場合は短期トレンドをドル弱気に戻して一段の下落リスクが生じます。

ユーロ/ドルは実体が小さく上ヒゲのやや長い陽線引けとなりました。短期トレンドの変化は認められませんが、1.1860-70の抵抗にぶつかって押し戻されており、日足の形状もやや不安定となっています。買いは1.1720-30まで引きつけて。損切りは1.1680で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見か1.1920に損切りを置くなら1.1840-50超えで軽く売り向かい。1.1880超えで終えれば来週以降も上値トライの動きが継続しますが、1.1700割れで終えた場合は下値リスクが点灯、1.1600割れで終えた場合は短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。

ユーロ/円は小陽線で終えています。単体では上昇エネルギーの強いものではありませんが、125.00-10に強い下値抵抗が控えており、これを割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。短期トレンドが強いので125.60-70で押し目買い。損切りは124.80で一旦撤退です。売りは様子見か、128.20に損切りを置くなら127.80-90の吹き値があれば売り向かい。短期トレンドは124.50割れで"ニュートラル"な状態に戻します。124円割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。126円台を維持して終えた場合は来週以降も上値トライの動きが継続しますが、128円台は壁となる可能性も高いと見ています。

ポンド/ドルは上ヒゲがやや長く実体の小さい陽線引けとなり、上値トライに失敗した形で終えています。短期トレンドは強い状態を維持していますが、買いは1.3000-10の押し目待ちとしています。損切りは短期トレンドが変化する1.2940で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は小幅続伸。個々の足は強い上昇エネルギーを持ったものではありませんが、短期トレンドが強い状態にあるので押し目買い方針継続としています。買いは139.10-20で押し目買い。損切りは138.40で一旦撤退です。短期トレンドは138円割れでニュートラルな状態に戻します。売りは損切りが付いたので様子見です。

豪ドル/円は小反落。下げ余力の強いものではなく、下値抵抗も守っており、76.20-30での押し目買い方針で。損切りは75.70で撤退です。75円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。7円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して下落余地がさらに拡がり易くなります。逆に76.80超えで終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。

今日はアメリカの7月の小売売上高が発表されます。予想値は前月比+2.1%です。今週は米PPIやCPIが予想比で高い水準を示したため、長期金利が急騰しています。10年債利回りも週初の0.54%台であった金利が昨日には0.72%台まで急伸、短時間でこれだけ上げるのは6月以来のことです。これを受けでドル/円も円安がやや急となっており、今日の小売売上高の結果次第では金利がさらに上昇する可能性がありこれに連れてドル円ももう一段上値余地が拡がってもおかしくありません。しかし、長期的な金利低下傾向は変わらないと見られ、大幅なドル高にも繋がり難いと見ています。

今日はまだ、お盆休みのお店も多くランチのチョイスがやや少ないのですが、お勧めアレンジを聞いてそれに乗ってみました。まず、「ピーナッツ食堂」でエビチャーハン¥650をテイクアウト、そして「あんきっとの気持ち」でキーマカレーのルーだけをテイクアウト¥300します。エビチャーハンの半分にカレーを掛けて頂くのと、残りはチャーハンのそのままの美味しさを味わうという、一度で二度おいしいパターンです。これはこれで正解だったのですが、さすがにチャーハンの量が多かったので、エビチャーハンが少し残りました。チャー半の残りは家に持ち帰って、小さ目のオムライスにしようと思います。これで三度美味しいになるかな??

では皆様、暑いですがコロナと熱中症に気を付けてよい週末をお過ごしください。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13137879/

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13222086/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円、上値余地を探る動きが継続中。クロス/円、強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は4手連続陽線引けとなり、下値を切り上げる流れに入っていますが、個々の足が強いものではないので急伸にも繋がり難いと見られます。買いは106.50で買って106.20で浅めに撤退するか、106.10-20の押し目待ち。この場合の損切りは105.70で撤退です。ドル売りは様子見か107.20-30で戻り売り。損切りは107.60で撤退です。106円台を割り込んで終えた場合は日足の形状が悪化します。105.00割れで終えた場合は下値リスクが点灯、104.50割れで終えた場合はドル弱気に変化します。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、下値抵抗を守っており、短期トレンドの変化は認められません。一方で、日足の形状がやや悪化しており、1.1880超えで終えない限り上値い余地も拡がり難いでしょう。買いは1.1730-40で押し目買い。損切りは1.1680で撤退です。売りは様子見か1.1920に損切りを置くなら1.1860-70の戻りを売り狙い。

ユーロ/円は寄り付き安値の陽線引けとなり、日足は非常に強い状態を維持しています。週足の抵抗が126.00-10にあり、これを上抜けて越週すれば上値余地がさらに拡がり易くなります。買いは125.40-50で押し目買い。損切りは124.80で撤退です。売りは様子見です。124円割れで短期トレンドに変化が生じます。

ポンド/ドルは小幅続落となりましたが、下値抵抗を守っています。一方で徐々に陰線の数が増えつつあるので下値リスクにもそろそろ注意か。買いは1.2990-00で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する1.2940で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は小幅続伸となりましたが、強い上昇エネルギーも感じられないので、買いはゆっくり。買いは138.50-60の押し目待ちとしています。損切りは137.80で撤退です。売りは様子見科140.20に損を置き139.40-50超えで軽く売り向かい。短期トレンドは137.50割れで変化します。

豪ドル/円は小幅続伸となりました。個々の足が強いものではありませんが、75.80-90の下値抵抗に跳ね返されており、一段の上昇の可能性に繋げています。買いは76.40-50で押し目買い。損切りは75.90で一旦撤退です。売りは様子見です。75円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、74円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。

毎日暑いですね。お盆休みでお店も閉まっているところが多いので、今日は手作り弁当にしました。卵焼きとストックして置いたきんぴらごぼう、ピーマンと牛肉の細切り炒めを詰めてきました。これに玉ねぎときゅうりのサラダも少々。しっかり食べて暑い夏を乗り切りましょう!今日のお夕飯は暑いけど、残った牛肉で肉じゃがを作る予定です。じゃがいも最近お高いですね。お陰様で富山の兄がジャガイモを送ってくれたのがまだ残っていて助かっています。ジャガイモのポテサラは定番ですが、薄切りにして、ハムや玉ねぎを一緒に炒め、卵にこれを投入して、多めのオリーブオイルでスパニッシュ風オムレツにしても、簡単で美味しいです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円は短期トレンドに変化。クロス/円、強気。上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は3手連続陽線引けとなり、直近の陽線が6/5に付けた109.85を基点として上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けた位置で終えています。日足の形状が改善しており、上値余地がもう一段色がる可能性が生じていますが、個々の足が強いものではないのでドル急伸にも繋がり難いと見られます。一方で、105.90-00、105.50-60に強い抵抗が出来ており、これらを全て下抜けて終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは106.00-10の押し目待ちとします。損切りは105.30で撤退です。売りは損切りが付いたので様子見か107.20-30の吹き値があれば売り狙い。損切りは107.60で一旦撤退です。105.30以下で終えた場合は下値リスクが点灯、104.50割れで終えた場合は再び"ドル弱気"の流れに戻します。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形で終えていますが、上ヒゲがやや長く、上値トライに失敗しており、下値リスクがやや高いものです。また、2手前の小陰線が7/10に付けた1.1255を基点として急角度で下値を切り上げて来た短期的なサポートラインを下抜けており、下値リスクにも注意が必要です。買いは様子見か1.1700-10で押し目買い。損切りは1.1680で浅めに撤退です。売りは1.1830-40の戻り待ちとします。損切りは1.1880で撤退です。1.1700割れを見たらニュートラルな状態に戻します。1.1530以下で終えた場合は短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。

ユーロ/円は寄り付き安値の陽線引けとなり、短期トレンドは強い状態を持していますが、125.50超えで終えるまでは上値余地も広がいr難い状態です。買いは124.40-50の押し目待ちとしています。損切りは123.80で一旦撤退です。売りは様子見か125.70に浅い損切りを置き125.40-50で軽く売り向かい。短期トレンドは123.50割れで変化します。

ポンド/ドルは小反落。下げ余力の強いものではなく、トレンドの変化も認められないので押し目買い方針継続としています。買いは1.3000-10まで引きつけて。損切りは下値リスクが点灯する1.2940で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は小幅続伸となりましたが、上昇エネルギーの強いものではないので、買いは138.50-60で押し目買い。損切りは137.80で一旦撤退です。短期トレンドは137.50割れで変化します。売りは様子見か、139.70に損切りを置くなら139.30-40で再度売り向かい。

豪ドル/円は小陽線で終えており、短期トレンドは強い状態です。買いは75.80-90で押し目買い。損切りは75.50で撤退としています。売りは様子見か76.70で撤退するなら76.30-40で軽く戻り売り。

今日も暑い東京です。世の中はお盆休みということで、今日は朝早いうちにセブンイレブンでタコとブロッコリーのバジルサラダ(枝豆とポテトも入っています)バジルソースで和えたものですが、これが結構はまってしまい最近見かけるとお弁当の一品としてよく買っています。今日は味しみ鶏大根という煮物があったのでこれをゲット。ゆで卵の半分とドジョウインゲンが彩で添えてあります。最近のお惣菜は結構味がいいですね。きちんとお出汁が効いていて鶏肉も柔らかくてとても美味しかったです。これはお勧めです。そして梅干しの入ったおにぎりでおしまい。今日はコンビニ物で済ませました。

https://mognavi.jp/food/2225310

https://mognavi.jp/product/134689

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、戻り売り方針変わらず。クロス/円、強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線が2手続き、上値余地を探る動きが続いていますが、上値を切り下げる流れからは上抜けておらず、トレンドの変化が確認できません。ドルの戻り売り方針継続としています。106.50超えで終えれば日足の形状が若干改善して"ニュートラル"な状態に戻します。さらに107.30超えで終えれば"やや強気"の状態に戻しますが、この場合でも108.20-30に日足の抵抗が、108.30-40に週足の抵抗があり、108.50超えで終えない限り、下値リスクを残します。逆に104.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯、104円割れで終えた場合は新たな下げエネルギーを得て102円方向への一段のドル下落に繋がり易くなります。ドル買いは1日様子見です。ドル売りは106.10-20で戻り売り。上値余地を106.30近辺まで見て置く必要があります。損切りは"ニュートラル"な状態に戻す106.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続落となりました。下げ余力の強いものではありませんが、710に付けた1.1255を基点として下値を急角度で切り上げて来た流れからは若干下抜けており、日足の形状が悪化し始めています。買いは1.1720-30で押し目買い。損切りは1.1680で浅めに撤退です。っこれが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見か1.1830-40で軽く戻り売り。上値余地を1.1860近辺まで見て置く必要があります。損切りは1.1880で一旦撤退です。短期トレンドは.1.1700割れでニュートラルな状態に変化、1.1600割れで終えた場合は、短期トレンドが変化して一段のユーロ下落に繋がり易くなります。

ユーロ/円は小幅続落となりましたが、下値を切り上げる流れを維持しています。買いは124.10-20の押し目待ち。損切りは123.40で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。123円割れを見た場合は短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。売りは様子見です。やや強い上値抵抗が125.20-30に、強い下値値抵は123.50-60、123.00-10にあります。

ポンド/ドルは小反発。強い上昇エネルギーも感じられませんが、下値抵抗を守っており、1.3020-30での押し目買いで。損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す、1.1740で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は小陽線で続落を食い止めています。日足の形状が崩れていないので押し目買い方針継続とします。買いは138.00-10まで引きつけて。 損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す137.40で撤退です。これが付いた場合でも134円割れで終えない限り調整的な下げの範囲内となります。売りは様子見か、139.00-10の戻り待ち。損切りは139.60で浅めに一旦撤退です。

豪ドル/円は小幅続落となりました。下げ余力の強いものではないので押し目買い方針継続としますが、強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは75.40-50の押し目待ちとします。損切りは74.90で一旦撤退です。75円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して、下値リスクがやや高くなります。74円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。

今日は東京は38度超え。お昼に外に出るのもはばかれるので、今日はお弁当を持参です。ナスと豚肉のピリ辛みそ炒め、きんぴらごぼう、春菊の胡麻和え(すりごまたっぷりで少し甘めにしてみましたが意外と正解です。)キュウリの一夜漬けなど。夏はちょっとピリ辛がいいですね。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、戻り売り。クロス/円、強気の流れは変わらず。雇用統計待ちで様子見。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続して値幅の小さい寄せ線が出ており、上値を切り下げています。強い上昇エネルギーも感じられませんが、105.00~104.50ゾーンの下値抵抗に止められる可能性にも注意が必要です。106.50超えに値を戻せば"ニュートラル"な状態に戻しますが107円超えで終えない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。107円超えで越週した場合は短期トレンドが変化して上値余地が1円程度拡がり易くなります。この場合でも108円台に強い上値抵抗がありドル急伸にも繋がり難いと見ます。逆に104円割れで終えた場合は新たな下げトレンド形成の動きから一段のドル下落に繋がり易くなります。

ドル買いは104.50-60以下の押し目待ちとしています。損切りは103.80で一旦撤退です。ドル売りは105.80-90で戻り売り。損切りは106.60で撤退です。

今日は米雇用統計の発表待ちで東京市場は様子見気分が強い状態。市場の予想値は失業率10.5%、非農業部門就業者数は+150万人となっています。

ユーロ/ドルは寄せ線で終えており、寄り付き水準に戻しています。1.0900-10の抵抗を上抜けきれていませんが下値を切り上げる流れを維持しているので、押し目買い方針継続としています。買いは1.1800-10の押し目待ち。損切りは1.1770で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは1.1700割れでニュートラルな状態に戻します。1.1850-60の抵抗を上抜けて越週するか1.1950-60の抵抗をクリアした場合は来週以降も上値追いの流れが継続します。

ユーロ/円は寄せ線で終え寄り付き水準に戻しています。125.30-40の上値抵抗を上抜けきれていませんが、124円台の下値抵抗も守っており、トレンドは強い状態を維持しています。強い上値抵抗ポイントにあるので、買いは1日様子見か124.30-40の押し目待ちとしています。損切りは浅い場合で123.70、深い場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す123.40に置く必要があります。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小幅続伸。短期トレンドは強い状態にありますが、個々の足が強いものではないことや、1.32超えに中期的な上値抵抗が控えており、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは1.3090-00の押し目待ち。損切りは1.3040で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは1.2950割れで変化します。

ポンド/円は小陽線で終えています。上昇余力の強いものではないので買いは1日様子を見るか137.90-00まで引きつけて軽く押し目買い。損切りは浅い場合で137.40、深い場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻す136.90に置く必要があります。売りは様子見です。

豪ドル/円は陽線引けとなり、短期トレンドは強い状態です。新たな買いは75.80-90の押し目待ちとしています。損切りは75.40で一旦撤退です。75円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯、74円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して一段の下落リスクが生じます。

さて今日はマネースクエアー主催のWebセミナーの収録に行ってきます。公開は20時以降となっていますが、どなたでもご視聴頂けます。今回はパワーポイントの資料にアニメーションを加えて工夫してみました。大分チャートもわかり易くなったかと思うので、是非ご覧いただけたらと思います。

ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円のチャートをもとに方向性やトレード戦略についてお話します。また、メキシコペソやカナダ円の戦略についてもお話しする予定です。

https://www.m2j.co.jp/seminar

では、皆様暑い毎日が続きますがどうぞよい週末をお過ごしください。熱中症にも気を付けて!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示