川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル/円、戻り売り方針変わらず。クロス/円、上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線で続落を食い止めていますが、上昇余力の強いものではないことや、短期トレンドの変化が確認できないので、ドルの戻り売り方針継続としています。ドル売りは107.40-50で戻り売り。損切りは108.20で撤退としています。買いは様子見か105.40に損切りを置くなら106.00-10で軽く押し目買い。短期トレンドは108.00-10の抵抗を上抜けて終えない限り変化しません。

ユーロ/ドルは小幅続落となりましたが、下げ余力の強いものではなく1.0780-90の下値抵抗にも跳ね返されています。一方で、短期トレンドが弱い状態に変わりなく、上値を切り下げる流れからも上抜けていないので、基本戦略はユーロの戻り売り方針継続です。買いは様子見です。売りは1.0870-80で戻り売り。損切りは1.0930で撤退です。短期トレンドは1.10台を回復して引けない限り変化しません。

ユーロ/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陽線で続落を食い止めています。115.40-50の日足の抵抗を守って引けていますが、上値も切り下げているので、戻りは再び売り場と見ます。買いは様子見か114.40に損切りを置くなら115.00-10で軽く試し買い。売りは116.30-40で戻り売り。損切りは117.20で撤退です。117円台を回復して引けた場合は日足の形状が改善して上値余地がもう一段拡がり易くなります。下値抵抗は115.00-10、114.50-60にあります。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形の足で終え、下値トライに失敗して寄り付き水準に戻していますが、上値を切り下げる流れに変化が認められません。戻りを待って売り狙いで。売りは1.2310-20の戻り待ちとします。損切りは1.2370で一旦撤退です。買いは様子見です。短期トレンドは1.24台を回復して引ければニュートラルな状態に戻しますが1.28台で終えない限り下値リスクを残します。

ポンド/円はタクリ足の陽線引けとなり、下値トライに失敗しましたが、トレンドの変化が確認できないので131.60-70の戻りを待って売り向かい。損切りは132.20で一旦撤退です。短期トレンドは133円台を回復して終えない限り変化しませんが130.00-10にやや強い下値抵抗が控えており、突っ込み売りにも注意が必要でしょう。

豪ドル/円は小陽線で切り返しましたが、上昇エネルギーの強いものではないので70円台の抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは1日様子見とします。売りも様子見か69.80-90の付き値があれば売り向かい。損切りは70.30で撤退です。

今日のランチは田酔の銀シャリ弁当をテイクアウトしました。何種類かあるのですが、たまたま季節限定地鰺のフライ¥1400があったので、思い切ってこれにしてみました。5分ほど待ちましたが予約をしておけば、作っておいてくれるそうです。銀シャリ(こひかり)と海苔の佃煮、梅干しの入った折が1つ。地鰺のフライが2切、ソースとタルタルが別に添えてあります。レモンの櫛切りも添えて、これで2つ目の折、そして、定番の出汁巻き卵5切も!これに大根おろしが添えてあり、ひじきの煮つけ、香の物少々、もう一品しょっとしたおかずがついていました。折が3つも重なって一セット。かなりボリュームがあり、お夕飯でも十分です。ちなみに夕方も持ち帰れるそうです。間違いない味でした。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13097361/

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル円、下値抵抗で下げ渋り。戻り売り方針で。クロス円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から外出の予定です。朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考になさってください。コロナウィルスの感染拡大もようやく少し落ち着いた様子ですが、海外はまだまだ。日本ももう少しの我慢ですね。少し先が見えてきたような気がしますけど油断は禁物か。

ドル/円は小幅続落となりました。下げ余力の強いものではなく、下値抵抗も守って終えていますが、短期トレンドの変化が認められないので、ドルの戻り売り方針で。短期トレンドは108円台に実体を戻さない限り変化しません。

ドル買いは様子見か106.10-20で軽く試し買い。損切りは105.80で浅めに一旦撤退です。ドル売りは107.10-20で戻り売り。損切りは浅い場合で107.70、深い場合は短期トレンドが変化する108.20に置く必要があります。

日足の上値抵抗は107.10-20、107.50-60、107.80-90に、下値抵抗は106.50-60、106.00-10、105.40-50にあります。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり上値を切り下げる流れに変化が認められませんが、下値抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。直近の陰線が上値トライに失敗しているので、今日も上値の重い展開となりそうです。買いは様子見とします。売りは1.0870-80で戻り売り。損切りは1.0930で撤退です。短期トレンドは1.10台を回復して引けない限り変化しませんが、1.0790-00、1.0740-50に強い下値抵抗が控えており、1.0700割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要でしょう。

ユーロ/円は陰線引けとなり、上値を切り下げていますが、115.50-60、115.00-10にやや強い下値抵抗があり、これらに跳ね返される可能性にも注意が必要です。買いは115.00-10で押し目買い。損切りは下値リスクが再び高くなる114.40に置く必要があります。売りは1日様子見か116.30-40で戻り売り。損切りは117.20で撤退です。117円台で終えれば日足の形状が改善してもう一段上値余地が拡がり易くなりますが、この場合でも中期トレンドが弱いので急伸にも繋がり難いでしょう。

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値余地が限られる展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陰線で終えており107.70-80の抵抗を上抜けきれずに押し戻されています。下げ余力の強いものではありませんが、トレンドの変化が認められないので基本戦略は108.00-10の抵抗を実体ベースで上抜けて来ない限り、ドルの戻り売り方針継続です。買いは様子見か106.50-60の押し目待ち。損切りは105.80で撤退としています。損切りが付かない場合でも106.50以下で終えた場合は、下値リスクが点灯するので買いは一旦撤退して様子を見た方がいいでしょう。ドル売りは107.40-50で戻り売り。損切りは108.20で撤退です。

ユーロ/ドルは小陽線で切り返しましたが上値抵抗にぶつかって押し戻されており、上昇余力の強いものでもありません。一方で1.0780-90の下値抵抗にも跳ね返されており、このレベルでの売りも慎重に。短期トレンドがが弱いので買いは様子見としています。売りは1.0880-90で戻り売り。損切りは1.0930で撤退です。短期トレンドは1.10台を回復して引けない限り変化しません。下値抵抗は1.0820-30に軽い抵抗が1.0790-00にやや強い抵抗が出来ています。

ユーロ/円は実体が小さく上ヒゲのやや長い陰線引けとなりました。上値トライに失敗していますが、下値を急角度で切り上げる流れを維持しており、115.50以下の突っ込み売りにも注意が必要でしょう。買いは様子見か114.40に損切りを置くなら115.00-10で押し目買い。売りは116.70-80で戻り売り。損切りは117.20で撤退です。117円台を回復して引けた場合は日足の形状が改善しますが、この場合でも118.00-10、118.50-60に強い抵抗が控えており、急伸にも繋がり難いと見ています。

ポンド/ドルは続落。日足の形状が悪化しており下値リスクが高い状態です。1.2250-60の抵抗を守っていますが、1.2200割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。買いは様子見か1.2170に浅い損切りを置くなら1.2200-10の押し目を待って軽く買い狙い。売りは1.2330-40の戻り待ちとします。損切りは1.2380で撤退です。短期トレンドは1.25台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は陰線引けとなり、日足の形状が悪化しています。133円台に実体を戻しておらず、一段の下落リスクに注意が必要です。買いは様子見科131.00-10の押し目を軽く拾って130.70で浅めに撤退です。売りは様子見か132.80-90の吹き値があれば売り向かい。損切りは133.20で浅めに撤退です。

豪ドル/円は小反落。単体では下げ余力の強いものではなく、短期トレンドの変化も認められませんが、70円台乗せに失敗した流れにあるので、買いは1に様子見か68.80-90まで引きつけて。損切りは68.40で撤退です。68円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。上値抵抗を抜けきれない可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陽線引けとなり、この足が3/24に付けた111.71を直近高値をして上値を切り下げてい来た流れから頭一つ上抜けて終えています。日足の形状がやや改善しており106円台の足元がしっかりとした感がありますが、トレンドの変化が確認できないことや、108.00-10に日足の抵抗が控えており、これを上抜けて終えない限り下値リスクがより高い状態です。また、108円台で終えた場合でも週足の抵抗が108.60-70に位置しており、109円台を回復して越週しない限り上値余地も拡がり難いでしょう。買いは様子見か106.60-70の押し目待ち、損切りは106.00で撤退としています。損切りが付かない場合でも106.50以下で終えた場合は、直近の陽線が"ダマシ"となった可能性が生ずるので、ドル買いは撤退して様子を見た方がいいでしょう。売りは107.70-80で売り向かい。損切りは108.20で撤退です。

ユーロ/ドルは小反落。下値リスクがより高い状態に変わりありませんが、1.0780-90以下に下値抵抗が散在しており、突っ込み売りにも注意が必要でしょう。売りは1.0860-70の戻り待ち。損切りは1.0910で一旦撤退です。買いは様子見としています。短期トレンドは1.10台を回復して終えない限り変化しません。

ユーロ/円は3手連続陽線引けとなり下値を切り上げていますが、日足の上値抵抗が116.70-80、117.00-10にあり、これらをしっかり上抜けて終えない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。またこの場合でも中期トレンドが弱いことから、ユーロ急伸にも繋がり難いでしょう。買いは様子見か115.00-10の押し目待ち。損切りは114.40で撤退です。売りは116.70-80で戻り売り。損切りは117.20で一旦撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げる流れに変化が認められません。買いは様子見です。売りは1.2420-30で戻り売り。損切りは1.2480で一旦撤退としています。短期トレンドは1.25台を回復して終えればニュートラルな状態に戻します。

ポンド/円は寄せ線に近い形の足で終えており、下値トライにも失敗していますが、133円台に実体を戻しきれておらず、日足の形状が改善していません。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、135.50超えで終えるまでは下値リスクへの警戒も必要です。買いは132.00-10で押し目買い。損切りは131.50で一旦撤退です。売りは1日様子見です。

豪ドル/円は小陽線で終えています。短期トレンドは強い状態を維持していますが、70円台にしっかり乗せてくるまではレンジ内の動きに留まる可能性も高い形です。短期トレンドは68円割れで終えない限り、変化しません。買いは様子見か69.00-10の押し目待ちとしています。損切りは68.60で撤退です。売りは様子見か69.80-90で戻り売り。損切りは70.30で撤退です。

今日のランチは橡の木の海鮮丼をテイクアウトしました。¥1000です。赤身のマグロ、中トロ、鯛の大き目の切り身が2切ずつ、つぶ貝、卵焼き、しょうが添えてあります。マグロがやはり美味しいですね。店先にテーブルを出してお昼はテイクアウトで頑張っています。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13034797/

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。上値抵抗を抜けられない可能性に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後からマネースクウェアさんのWebセミナーの収録で出かけることになっています。今朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考になさってください。

ドル/円は2手連続小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げています。米4月の雇用統計は14.7%、就業者数も2050万人減と戦後最悪の数値となったものの予想より悪化しなかったとの判断が優勢となっています。

日足の上値抵抗が106.90-00にあり、これを上抜けて終えれば若干上値余地が拡がる可能性が生じますが、短期トレンドは108.00-10の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。また、この場合でも108.60-70に週足の上値抵抗が控えており、ドル急伸にも繋がり難いでしょう。一方下値も、106.00-10以下に強い抵抗が控えており、104円割れで越週しない限り、ドル急落にもまだ繋がり難い状態です。

今日のドル買いは1日様子見か106.10-20の押し目待ち。損切りは105.70で一旦撤退です。ドル売りは106.90-00で戻り売り。損切りは浅い場合で107.30、深い場合は107.60で一旦撤退です。

日足の上値抵抗は106.90-00、107.40-50、108.00-10に、下値抵抗は106.10-20、105.40-50にあります。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形の足で終えていますが、1.0870-80の上値抵抗にぶつかって押し戻されており、下値リスクがより高い状態です。一方で、1.0770-80以下にやや強い下値抵抗が控えており、このレベルでの売りも慎重に。買いは様子見です。売りは1.0890-00で戻り売り。損切りは1.0930で浅めに撤退です。1.10台を回復して引ければニュートラルな状態に戻して下値リスクが軽減されますが、1.12台で越週するまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は2手連続小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げていますが、個々の足が強いものではなく、また、トレンドも弱い状態にあることから、戻り売り方針継続とします。買いは様子見です。売りは115.90-00で戻り売り。上値余地を116.30-40まで見て置く必要があります。損切りは116.60で一旦撤退です。117円台に実体を戻した場合はニュートラルな状態に変化しますが118.50超えで越週するまでは下値リスクを残します。

今週は週末の米小売売上高やNY連銀製造業景気指数まで、注目材料に欠けるため週初は様子見の展開となりそうです。

今日もお弁当を持参。のり弁とブロッコリー、ミニトマトのサラダです。おかずは定番の鮭の塩焼きといり卵、焼いたお肉を少々。副菜に昨日の夕食の余った春菊の胡麻和え。春菊の胡麻和えは手抜きでも結構美味しくできますよ。春菊(一把)は2分湯がいて冷水にとって絞ります。タレは醤油大1弱、砂糖大1、すりごま大2をよく混ぜて絞った春菊と和えるだけです。本当はゴマをフライパンで炒ってすり鉢でするのがいいんでしょうが、手抜きでも十分イケます。

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
若林栄四特別セミナー
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示