川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル円、強気を維持。クロス/円、上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は直近の日足が陽線で切り返していますが、111.50-60の上値抵抗を抜けきれずに終えており、これを上抜けられない可能性にも注意する必要がありますが、下値を急角度で切り上げる流れを維持しており、押し目買い方針継続としています。買いは110.20-30で押し目買い。損切りは109.40で撤退です。これが付いた場合は一ニュートラルな状態に戻します。売りは様子見か111.20--30で再度売り向かい。損切りは111.70で撤退です。

ユーロ/ドルは2手連続陽線引けとなりましたが、いずれも上ヒゲが長く上値トライに失敗した形となっており、上値トライに失敗する可能性にも注意が必要です。一方で、1.0680-1.0700ゾーンに強い下値抵抗が出来ており、これを割り込んで来ないと下値余地も拡がり難くなっています。買いは様子見か1.0680-90で軽く押し目買い。売りは1.0850超えに値を戻してきたので、様子見に転じます。一旦底打ちした可能性が生じますが、中期トレンドが弱いので1.11台を回復して越週するまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は陽線引けとなり下値を切り上げていますが、120.00-10の上値抵抗を抜けきれずに押し戻されており、これをしっかり上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い状態です。買いは118.40-50以下の押し目待ち。損切りは117.40で撤退です。売りは様子見か119.70-80で戻り売り。損切りは120.30で撤退です。

ポンド/ドルは小反落。下げ余力の強いものではなく、また1.1650超えに値を戻しており、短期トレンドをニュートラルな状態に戻しています。中期トレンドが弱い状態ですが1.14台で一旦底打ちした可能性が生じており、売りは様子見に転じます。買いは1.1610-20で押し目買い。損切りは1.1540で一旦撤退です。

ポンド/円は小反落。下値を切り下げており下値余地が限られる展開となってきましたが、130円台で引けた場合は下値リスクが後退します。買いは1日様子見。売りは様子見か129.00-10で戻り売り。損切りはニュートラルな状態に戻す129.60で撤退です。

豪ドル/円は陽線引けとなり、3/19に付けた59.90で底打ち、反転の流れに乗せていますが、中期トレンドが強いわけではないので、上値を追いきれない可能性にも注意が必要です。65円台の買いは様子意です。売りも様子見か66.10で一旦撤退です。

FRBによる無制限の資産購入の発表や、各国中銀によるドル資金供給でドル資金のひっ迫感も薄れてきており、"有事のドル買い"の様相がやや薄れてきています。このため急落していた欧州通貨も反転し始めており、ドル安/通貨高の流れに入ったものもみられています。クロス円での円安が進んでおり、ドル円はしっかりしていますが、時間の経過とともにドル円でもドル安の流れとなる可能性があります。ドル買いは利食いを着実に。

コロナウィルスの拡散で自粛ムードが強い状態ですが、小さいお店はやりくりがとても大変です。昨日は近所の神港さんによって夕ご飯を頂いてきました。店内は誰も居ない状態。近所に住む友人を呼んで久しぶりに近況報告しながら食事をすることになりました。昨日はシーズン最後のカキフライ、ヤリイカの煮つけ、ブリ大根を頂いてきました。どれも絶品です。いつもはマグロの漬けも外せないのですが、意識するでもなく、結果的には火を入れたものばかりオーダーしていました。我々が食事を終わるころに二人連れの一組が入店。ちょっとホッとして帰ってきました。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13138339/

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

ドル円、強気の流れ。111円台の上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は下値を急角度で切り上げる流れを維持していますが、直近の足が先週末のNY市場終値(110.71)からアジア市場で上寄りして始まったものの、実体の小さい陰線引けに終わっています。この足の下ヒゲが非常に長く109円台の下値抵抗に跳ね返されて大きくもどしていますが、111.40-50、112.00-10に週足の上値抵抗があり、これらを上抜けきれない可能性にも注意が必要です。短期トレノンドは109円割れでニュートラルな状態に戻しますが、108.20以下で越週しない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは110.00-10で軽く買って109.40で一旦撤退です。売りは様子見か、111.20-30で軽く売って111.60で撤退としています。

ユーロ/ドルは上ヒゲが長く実体の小さい陽線で終えています。上値トライに大きく失敗して押し戻されており、朝方のシドニー市場では1.0636まで続落していますが、この上ヒゲ部分の抵抗を確かめる動きが出てきてもおかしくないので、突っ込み売りに注意が必要です。トレンドがまだ弱いので買いは様子見か、1.0620に浅い損切りを置くなら1.0650-60で軽く買い狙い。売りは1.0790-00で戻り売り。損切りは1.0860で一旦撤退です。短期トレンドは1.09台を回復して引ければ下値リスクが若干後退します。

ユーロ/円は十文字の寄せ線に近い形の足で終えています。上下の抵抗を抜けきれておらず、107円割れで終えるか、120.30超えで終えるまではm、飛びつき買い、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは117.50-60で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する116.90で撤退です。売りは用水です。

ポンド/ドルは続伸となりましたが、上ヒゲが長く上値トライに失敗しています。また、上値を切り上げる流れにも変化が生じておらず、下値リスクがより高いので買いは様子見です。売りは1.1850-60の戻り待ちとします。損切りは1.1910で撤退です。

ポンド/円は続伸となりましたが、上ヒゲが長く上値トライに失敗しており、下値リスクが高い状態です。一方で125.40-50、124.00-10にやや強い下値抵抗が出来ており、124円割れで終えない限り突っ込み売りにも注意が必要でしょう。買いは様子見です。売りも様子見か129.40-50の戻り待ち。損切りは130.61で一旦撤退です。

豪ドル/円は2手連続陽線引けとなりましたがいずれも上ヒゲが長く、上値トライに失敗した形で終えています。日足の形状が安定していないので、買いは様子見です。日足の下値抵抗が62.50-60にありますが、62円割れで終えた場合は再度60~61円の足元を固め直す動きへ。売りは様子見か64.30-40の戻り待ちとします。損切りは65.00で一旦撤退です。

連休は友人と京都にお花見に行く予定でしたが、急遽取りやめにして、それならと、一緒に行く予定だった友人と連休の狭間の土曜日に柴又の「日曜庵」でお蕎麦を食べることになりました。11時の開店と同時に伺いましたがコロナ騒ぎで皆さん自粛しているためか、最初は我々一組だけでした。いつもは開店早々にオーダーストップになってしまう出汁巻きたまごも注文可能とのこと。これに大豆の香りがしっかりとたお豆腐「なごり雪」、板わさをオーダーして「松の司」で昼飲みとなりました。締めはとろろせいろ。ふわっふわのとろろをツユで割って頂くお蕎麦は本当に美味しかったです。終わってみれば、お店も満席。12時半にお店を出るころには席を待っている人たちもいて、お店が賑わってほっとするやら、危機感の無い自分たちを戒めるやら..。複雑ですね。

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13009588/

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

ドル円、上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は財政拡大によるドル資金ひっ迫懸念から米長期金利が上昇、ドルが全面高となる中でドル/円も109.88まで急伸しました。下値を急角度で切り上げる流れを維持していますが、週足の上値抵抗をが109.10-20にあり、これを上抜けきれずに越週する可能性にも注意が必要です。また、これを上抜けてた場合でも112円台で越週するまでは下値リスクへ荷も注意が必要です。買いは様子見か108.00-10で軽く買って、107.40で撤退です。107円割れで終えた場合は短期トレンドの変化に要注意。売りは損切りが付いたので様子見か109.60に損切りを置き、109.10-20で再度売り向かい。

ユーロ/ドルは続落となりました。1.0900-10の日足の抵抗を下抜けきれずに終えていますが、下値リスクがやや高いので買いは様子見です。売りは1.0980-920で戻り売り。損切りは1.1060で撤退としています。

ユーロ/円はタクリ足の陰線が出て下値トライに失敗しましたが、120.50超えで終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは様子見か116.80に浅い損切りを置くなら117.30-40で軽く押し目買い。売りは様子見です。か、119.90-00で戻り売り。損切りは120.60で撤退です。

ポンド/ドル、ポンド/円は暴落となりました。トレンドが弱いので買いは様子見としています。ポンドドルは1.17台、ポンド円は127円台を回復すれば一旦底打ちした可能性が点灯します。

豪ドル/円は続落。強い下値抵抗ポイントに到達しているので突っ込み売りにも注意が必要です。買いは61.00以下の押し目待ち。損切りは60.40で撤退です。売りは様子見です。上値を切り下げる流れwに変化が認められませんが、60.00±10銭の抵抗には跳ね返されており、一旦底打ちした可能性があります。

今日は相場が動いたのでお昼もほとんど食べる暇がない状態でしたが、お客さんからモンブランケーキをお土産に頂いたので、これをおやつに頂きお腹もすっかり満足です。さて、昨日は如水会館の「ジュピター」で友人の誕生日をお祝いしました。お得なコース料理にしましたが、何と!このコロナ騒ぎのせいか、予約の8割がたキャンセルなんだとか。この広い落ち着いたお店で最初は私たちの貸し切り状態でしたが、後半近くになってもう一組来店されました。

前菜は生ハムのサラダ仕立てフルーツ添え。東京会館のコンソメスープ。こちらは定番で間違いないお味です。これだけ頂きたい!鯛のマッシュルームグラタン、ホタテ添えは、ベシャメルソースがと~ても美味しかったです。最後はフィレステーキ。デザート、コーヒー、最初にスパークリングワイのグラスサービスもあり、これでピノノワールの赤ワインをボトルで頂いても一人1万円ちょっと。かなりのお値打ちディナーでした。

https://www.kaikan.co.jp/josui/restaurant/jupiter/

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。吹き値売り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げていますが、短・中期の移動平均線を上抜けきれていないことや、週足の形状が改善していないので、上値抵抗を抜けきれない可能性にも注意が必要です。買いは106.50-60の押し目待ち。損切りは105.90で撤退。売りは損切りが付いたので1日様子見か108.50-60の吹き値があれば売り狙い。損切りは108.80で浅めに撤退です。これが付いた場合でも109.10-20に一段と強い抵抗があり、ドル急伸にも繋がり難いでしょう。また、106円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。105円割れで終えるか、104円割れで越週した場合は再び下落余地が拡がり易くなります。

ユーロ/ドルは1.1000割れで終えており、下値リスクがやや高くなっています。買いは様子見に転じましたが、1.0900-10に強い下値抵抗があり、これに跳ね返される可能性にも注意が必要です。売りは1.1100-010の戻り待ちとしています。損切りは1.1160で一旦撤退です。短期トレンドは1.12台を回復すればニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/円は2手連続して実体が小さく上下にヒゲのある陰線が出ています。上下の抵抗にぶつかっていますが、上値を切り下げているので、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見か117.30-40で軽く買って116.90で浅めに撤退です。売りは損切りが付きましたが、再度118.90-00で戻り売り。損切りは119.60で撤退です。

ポンド/円、ポンドドルはトレンドが非常に弱い状態ですが、どちらも中・長期的な下値抵抗ポイントに到達しており、売りも慎重に。1.2250超え、131円台を回復すればニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は下げ渋りの状態ですが、週足、月足ともに形状が弱く、一段の下落リスクに注意が必要です。戻り売り方針継続です。

これから外出の予定が入っており、また明日。

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」

ドル/円、クロス/円、反発余地を探る動き。上値抵抗を抜けきれない状態。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は上下にヒゲのある陰線引けとなり、上下の抵抗を抜けきれていません。101円台から下値を切り上げていますが、週初に大きく下寄りのスタートとなっているため、急反発にも繋がり難くなっています。107.50超えで終えた場合は再度108.00超えの上値抵抗の厚さを確認する動きへ。逆に105円割れで終えた場合は104円台の下値抵抗をトライする動きが強まり易くなります。104円割れで越週するか、103円割れで終えない限り、下値余地もまだ限られる展開となりそうです。但し、103円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、99円割れを見た場合は一段のドル下落に要注意。今日のドル買いは様子見か104.00-10の押し目待ち。損切りは103.40で撤退としています。売りは106.70-80で売って107.60で一旦撤退としています。

ユーロ/ドルは小反発に転じましたが上値を切り下げる流れに変化が認められないので買いは様子見か、1.1060-70で軽く押し目買い。損切りは1.0990で撤退です。売りは様子見か1.1310に損切りを置くなら1.1230-40で戻り売り。これ付いた場合は下値リスクが軽減されます。逆に、1.1000割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。

ユーロ/円は前日の大陽線の値幅内に、実体の小さい陰線が入り込んでいます。この足の下ヒゲがやや長く下値トライに失敗したことや、117.00-10の下値抵抗にも跳ね返されており、上値をトライする動きが期待できますが、120.50超えで終えるまでは下値リスクを残します。買いは様子見か116.90に損切りを置き、117.50以下で押し目買い。売りは朝方の戦略では119円超えで売った損切りが119.60で一旦ついてしまったので一旦様子見としていますが、119.90-00の吹き値があれば再度売り狙い。損切りは120.60で撤退です。

ポンド/ドルは小幅続落。強い下値抵抗ポイントには到達しているので売りは利食いをこまめに入れる方針で売りは1.2340-50の戻り待ちとしています。損切りは12410で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。買いは様子見です。

ポンド/円は陰線引けとなり、トレンドが弱い状態に変わりありま線が、長期的な下値抵抗ポイントに到達しているので売りも慎重に。売りは131.10-20で戻り売り。損切りは132.10で撤退としています。買いは様子見です。

豪ドル/円は前日足から下寄りした位置に陰線が出ており、下値リスクが高い状態です。買いは引き続き様子見です。売りは65円20-30で戻り売りとしていますが、65.80に置いた損切りは付いてしまいました。短期トレンドは68円台を回復して引けない限り変化しません。

今日はこれから外のミーティングに出かけます。日経平均株価は日銀のETF買いに支えられたようですが、NYダウは前日に3000ドル近い下げを演じており、下げエネルギーを出し切ったかどうか定かではありません。一旦戻したとしても大きなトレンド変化が生じているので買いも飛びつく必要はなさそう。金相場は5000円以下はオーバーシュートと見ていますが、短期トレンドがやや弱い状態にあるので、買いはゆっくり。4920円~30円近辺に下値抵抗があります。

が弱いので買いは

ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」
トレトレ会員無料登録はこちら
ゴールデンアワー特別編「若林栄四のパーフェクトストーム」
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
アメジスト香港2022年版卓上カレンダープレゼント
若林栄四「市場からのメッセージ 2021/12」を特別価格にてご招待
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
最大100万円をキャッシュバック!FX口座開設キャンペーン
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示