川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル円、クロス円、堅調。FOMC前で上値も攻めきれず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は引き続き下値を切り上げる流れを維持していますが、111.80超えの抵抗をトライしきれていません。日足の上値抵抗が111.80-90にありますが、112.00超えで終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。逆に111.00割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯、110.00割れを見た場合は一段の下落に繋がり易くなります。値動きの収縮が見られるので一方向へ動き出す可能性が高くなっています。売り買いともに慎重に。111.00割れ、112.00超えで終えた方向へ動き易い状態です。

ユーロドルは小幅続伸となり、下値を切り上げていますが、1/10に付けた1.1570を起点として上値を切り下げて来た流れからは上抜けておらず、下値リスクがより高い状態に変わりありません。1.1400超えで終えるまでは下値リスクに警戒が必要です。1.12台前半に週足の下値抵抗があり、これを割り込んで越週しない限り、下値余地も拡がり難いと見ています。買いは様子見です。売りは1.1360-70で戻り売り。損切りは1.1410で撤退です。

ユーロ/円は小陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持しています。中期トレンドが弱いので急伸にも繋がっていませんが、上値トライの可能性が高いので押し目買い方針継続としています。買いは126.00-10で軽く買って125.70で浅めに撤退するか。1日様子見です。短期トレンドは124.50割れで変化します。売りは様子見か127.60に浅い損切りを置くなら127.20-30で軽く売り向かい。

ポンドドルは小反落。短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続としていますが1.3300超えの抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは1.3200-10の押し目待ちとします。損切りは短期トレンドをニュートラルに戻す1.3140で撤退です。売りは様子見です。或いは1.3410に損切りを置くなら1.3360-70で軽く戻り売り。

ポンド/円は148円超えの抵抗を攻めきれずに反落していますが、下値抵抗も守っており、再度上値トライの動きが強まると見られます。一方で148円台に強い上値抵抗が控えているので買いは無理せず147.00-10以下の押し目待ちとします。損切りは146.40で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、144円割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。売りは様子見です。上値抵抗は147.60-70、149.40-50にあります。

豪ドル/円は小反落。79円超えの抵抗を攻めきれずに押し戻されており、買いは1日様子見です。売りのも様子見か、79.20-30で軽く売って79.60で一旦撤退です。78円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

明日は春分の日、お墓詣りに行く方も多いと思いますが関東は大荒れの予報です。私もお墓詣りに行こうと思いつつ迷っています。天候が荒れた場合は美術館にでも行こうかな。

さて、休日明けの金曜日はストックボイス、「東京マーケットワイド」に出演します。FOMC後の為替相場の動きについてお話しできればと思っています。10:15~10:25amの間です。お時間があればご覧頂けたらと思います。

https://s.mxtv.jp/market_wide/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動きが継続中。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続小陰線で終えており、上値の重い感がありますが、日足の下値抵抗が111.20-30にあり、これを守って終えています。今日はこの下値抵抗が111.30台に位置していますが、111.00割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。短期トレンドは110.00割れで変化します。今日のドル買いは111.20-30を軽く買って110.40で撤退としていますが、損切りが付かない場合でも111.00割れでNY市場が終わった場合は、ドル買いは一旦撤退して様子見です。売りは1日様子見か111.80-90で戻り売り。損切りは112.30で撤退です。112.00超えで終えた場合はドルの上値余地がもう一段拡がり易くなります。

ユーロ/ドルは小幅続伸となり、下値を切り上げていますが、上値を切り下げる流れからは上抜け切れておらず、短期トレンドの変化が認められません。買いは様子見です。売りは1.1350-60で戻り売り。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す1.1410で撤退です。これが付いた場合は下値リスクがやや後退しますが、1.1460超えで越週するまでは下値リスクにも警戒が必要です。

ユーロ/円は値幅の小さい陽線引けとなりましたが、126.50超えの抵抗を上抜け切れずに押し戻されています。下値を切り上げる流れを維持しているので押し目買い方針としますが、中期トレンドが弱いので急伸にも繋がり難いと見られ、買いは無理せず125.50-60以下の押し目待ちとします。損切りは浅い場合で124.80、深い場合は下値リスクが点灯する124.40で撤退です。124円割れで終えた場合は弱気転換します。売りは様子見です。127.20-30、127.70-80に強い上値抵抗があります。

ポンド/ドルは小反落しており、1.3300超えの抵抗を上抜け切れずに終えていますが、1.3200近辺の下値抵抗にも跳ね返されており、下値トライに失敗した形です。再度上値をトライする可能性に繋げているので、1.3210-20での押し目買い方針で。損切りは1.3140で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

ポンド/円は小陰線で終えています。4手前の大陽線が短期トレンドを強気に変化させているので押し目買い方針継続とします。但し、148円台の強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは147.00-10の押し目を再度買い狙い。損切りは146.40で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

豪ドル/円は強気の流れを維持していますが、79円台の上値抵抗をこなし切れずに押し戻されていることや、強い上昇エネルギーも感じられないので買いは1日様子見か78.50-60を軽く買って77.90で撤退です。売りは79.30-40で戻り売り。損切りは79.70で撤退です。78円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。

さて先週の金曜日は久しぶりに甘酒横丁にあるピッツェリア、「ピッツァダバッポ」で歓送会でした。人数が8名だったので飲み物付¥5000のコースを予約、デザートは別料金でアイスクリームを頂きました。ハムや魚介の前菜の盛り合わせ、サラダ、パスタが二種類、ピザが二種類です。前菜、サラダは綺麗で美味しかったです。パスタもボンゴレビアンコとペンネアラビアータのどちらも少しある伝手ですがとても美味しかったです。ピザはシラスとトマトとルッコラの乗ったピザでしたが、皆の評価が上々、もう一つは半熟卵が乗ったピザで食べたことのないものでしたが、なかなか美味しかったす。飲み物はモルツ、カクテル、ウィスキー、白ワイン、赤ワイン、スパークリングなど。次回はアラカルトで行って見ようと思います。お店のスタッフの方達もとても感じが良かったです。以前はそれほどでもないと思っていたんですが、随分感じが変わりました。気持ちのいい対応でした。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13025362/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値トライの動きが継続中。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が111.00-10の下値抵抗に跳ね返されて陽線引けしており、上値余地を探る動きが継続中です。112.00超えで終えればもう一段上値余地が拡がる可能性が生じますが、逆に110.90以下で終えた場合は下値リスクがやや高くなります。110.70以下で終えた場合は週足の形状も悪化して一段の下落リスクが生じます。短期トレンドは110.00割れで変化します。短期トレンドが強いので押し目買い方針継続としますが、買いは111.20-30の押し目待ちとします。損切りは110.40に置きます。売りは週足の終値を確認するまで1日様子を見るか111.70-80を軽く売って112.20で撤退としています。

ユーロ/ドルは小反落。下げ余力の強いものではなく、下値を切り上げていますが、短期トレンドは1.1400-10の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。買いは様子見とします。売りは1.1320-30で軽く売って1.1360で撤退としています。1.1260-70、1.1180-90やや強い下値抵抗が出来ています。

ユーロ/円は小幅続伸となりました。上昇余地を探る動きが継続中です。直近の陽線が126.50-60の抵抗を一旦クリアしており、短期トレンドをニュートラルな状態に戻しています。上昇余力の強いものではありませんが、124.50割れで終えない限り、下値余地も拡がり難いでしょう。買いは125.70-80の押し目待ち。損切りは124.90で一旦撤退です。売りは様子見に転じます。127.00-10に強い上値抵抗があります。

ポンド/ドルは小反落しましたが、短期トレンドは強気の流れを維持しています。買いは1.3210-20で押し目買い。損切りはニュートラルな状態に戻す1.3140で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は値幅の小さい足で上昇一服。強い上値抵抗ゾーンにありますが、前日の大陽線が短期トレンドを変化させており、強い状態にあるので、押し目買い方針で。買いは147.00-10の押し目待ちとします。損切りは146.40で撤退です。

豪ドル/円は下値を切り上げる流れを維持していますが、強い上昇エネルギーも感じられないので買いが無理せず78.60-70の押し目待ちとします。損切りは78.30か深い場合は77.90で撤退です。売りは様子見か79.20-30で軽く売って79.70で一旦撤退です。80円台にしっかり乗せて越週するまでは下値リスクにも注意が必要です。78円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。77.50割れで短期トレンドは変化します。

昨日は特別講演会inTokyoということで馬渕治好さんの講演に続き、若林が登壇しました。大きな見通しには変化がありませんが、日柄の研究がさらに進んで、重要日柄についての話が満載でした。この講演会の内容を収録したDVD(二枚セット)を販売しております。トレトレ会員の方は割引もありますので、ご興味があれば会員ページをご覧ください。

花粉が相当飛んでいるらしいです。鈍感な私はまだ花粉症を発症していませんが、おでこがかゆくなったり、喉の奥がかさつく感じがしています。そろそろかなぁ..。そろそろお花見の季節。どうぞ良い週末をお過ごしください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円、下値抵抗を守った状態。一方向へ動く可能性にも注意

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陰線で終えていますが、下げ余力の強いものではないことや、日足の下値抵抗が111.00-10にあり、これを守って反発に転ずる可能性に繋げています。但し、今日のNY市場終値が110.90以下であった場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯します。短期トレンドは110.00割れで変化します。値動きが収縮し始めており、一方向へ動き出す可能性にも注意が必要でしょう。112.00超えで終えた場合は一段のドル上昇に繋がり易くなります。今日の買いは111.10台を買って110.60で撤退としています。売りは1日様子見か111.60-70で軽く売って112.20で撤退です。

ユーロ/ドルは4手連続陽線引けとなり下値を切り上げていますが、1.1400-10の抵抗を上抜けて終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見が基本ですが、1.1200に損切りを置くなら1.1250-60で軽く試し買い。売りは若干上値余地が拡がる可能性があるので1日様子を見るか引き付けて。1.1410で撤退です。

ユーロ/円は小幅続伸。直近の陽線が上値を切り下げる流れから若干上抜けて終えており、上値トライの動きが強まると見られますが、週足の形状が安定していないので買いは様子見としています。売りは126.30-40で売って126.60で浅めに撤退です。強い下値抵抗は124.90-00にあります。

ポンド/ドル、ポンド/円は「合意無き離脱」が議会で否決されたことから大幅反発を見ています。予想通りでサプライズはありませんでしたが、短期トレンドが強気転換しているので押し目買い方針としています。短期トレンドは1.3150割れ、146.50割れでニュートラルな状態に戻します。

豪ドル円は短期トレンドが強さを維持しているものの、強い上昇エネルギーも感じられないので買いはゆっくり。78円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

今日はワカバヤシFX主催の講演会があります。午後からですが、相場もだいぶ煮詰まってきているので面白いお話となりそうです。講演会の内容を収録したDVDの販売も予定していますので、ご興味があればワカバヤシエフエックスアソシエイツのホームページをご覧ください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。上値余地が限られる可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続伸となり、下値を切り上げる流れを維持していますが、強い上昇エネルギーも感じられないことから111.50-70ゾーンの抵抗を上抜け切れない可能性に注意が必要でしょう。また、日足が110.80以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。逆に112.00超えで終えれば、下値抵抗に跳ね返された形となり、上値追いの流れが継続します。短期トレンドは110.00割れで変化します。ドル買いは110.90-00で押し目買い。損切りは110.40で一旦撤退です。売りは111.60-70で戻り売り。損切りは112.20で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは3手連続陽線引けとなりましたが、ここの足が強いものではなく、1.1300-10の上値抵抗にもぶつかっています。買いは様子見です。売りは1.1290-00で戻り売り。損切りは1.1360で撤退としています。短期トレンドは1.14台で越週するか1.1450-60の抵抗をクリアしない限り、変化しません。

ユーロ/円は前日足から上寄りした位置に陽線が出ており、上値余地を探る動きに繋げています。124円台の下値抵抗を守っており、これを下抜けて来ないと下値余地も拡がり難い状態ですが、下値リスクがより高いので買いは様子見としています。売りは125.80-90で戻り売り。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す126.60で撤退です。

ポンド/ドルは前日足から大きく上寄りのスタートとなりましたが、寄り付き高値の陰線引けとなり、下値リスクがより高い形です。一方で1.3000近辺の下値抵抗も守っており、1.2800割れで終えない限り、売りも慎重に。買いは様子見です。売りは1.3150-60で戻り売り。損切りは1.3210で撤退です。

ポンド/円はカブセの陰線引けとなり、単体では下値リスクが高いものですが、144円台の下値抵抗を守っており、これを下抜けて終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見です。売りは146.10-20で戻り売り。損切りは146.60で浅めに一旦撤退するか、深い場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻す147.10に置く必要があります。

豪ドル/円は小幅続伸となりましたが、上昇余力に欠けるものです。80円超えで越週するまでは下値リスクにも警戒が必要です。買いは様子見か78.00-10で軽く買って77.60で撤退。売りは様子見か79.10-20で戻り売り。損切りは79.50で撤退です。

Brexitの現状とポンド/円の中・長期見通しを外為どっとコム社に寄稿しています。参考になれば幸いです。

https://www.gaitame.com/markets/pickup/details.html?id=99260

さて、今日のランチは「かつ好」さんでヒレカツ150gのセットをご馳走になりました。ひれ150g、¥2100(消費税別)と人形町界隈ではお高めのお店ですが、何しろもたれず、お肉に風味があり、サクッと揚がっていて美味しいことこの上無しなのです。ご飯セット(ご飯、お味噌汁、香の物)にすると¥2600+消費税。今日は出版社の方にご馳走になりましたが、300gでもイケると豪語しておられました。幸せなランチタイムでした。ご馳走様でした。

http://katuyoshi.com/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示