川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、小動き。クロス円、小反落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は昨日の予想通りFOMCで0.25%の利上げを実施しました。また注目された来年以降の利上げペースについても年3回程度に留まるとの従来からの見通しに変わりありませんでした。マーケットは消費者物価指数が予想比で弱いものとなったこと、米金利が低下したことを受けて112円台後半で推移しています。短期トレンドの変化が認められないものの、113.10-20、113.50-60に強い抵抗が出来ており、これをしっかり上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い形となっています。買いは112.50以下で買って112円割れか、深い場合は下値リスクが点灯する111.50割れで撤退としています。また、日足の終値ベースで112.50割れとなった場合も買いは一旦撤退した方がいいでしょう。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは1.18台に乗せる陽線引けとなり、日足の形状がやや改善していますが、上値を切り下げる流れに変化が認められず、この上値抵抗が1.1860-70にあることから、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは様子見です。1.1660-70、1.1600-10に強い下値抵抗があります。売りは1.1860-70で戻り売り。損切りは浅い場合で1.1930、深い場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻す1.1960で撤退です。

ユーロ/円は小陰線で終えていますが、下げ余力の強いものではないことや、132.80-90の下値抵抗にも跳ね返されており、突っ込み売りに注意が必要です。132~134円台での揉み合いから抜け出していないので売り買いともに引き付けて。買いは131.90、売りは134.60で撤退です。

ポンド/ドルは陽線引けとなり、下値を切り上げる流れに戻していますが、上値を切り下げる流れからは上抜け切れておらず、下値リスクを残した状態です。買いは様子見です。売りは1.34台で売って1.3510で一旦撤退するか、短期トレンドが変化する1.3560で撤退です。上値余地を1.3450近辺まで見て置く必要があります。下値抵抗は1.3360-70にあります。

ポンド/円は4手連続陰線引けとなり上値を切り下げていますが、下げ余力の強いものではないことや5手前の大陽線が150円台の足元を支えた形となっていることから、150円割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か150円台を買って149.90で撤退です。売りは1日様子見か152.20-30の戻り待ち。損切りは153.10で撤退です。

豪ドル/円は今朝発表された雇用統計で、新規雇用が市場予想を大きく超える+6.1万人となったことを受けて上昇しています。84円台で底打ちの可能性が高くなりましたが、中期トレンドが弱いので買いはもう1日様子見か85.50-70の押し目待ちとしています。損切りは84.90で撤退です。売りは様子見か86.60で浅めに撤退です。87円超えで終えた場合は短期が強気転換しますが、89円超えはまだ壁。

今日はランチミーティング前に、おが和の焼鳥重で腹ごしらえ。11:20amに出ましたが既に行列が!ほどなく店内へ通されてギリギリで1階のカウンター席に3人で座れました。その後も次々に来店するお客さんいらっしゃいましたが時間がかかるということで断念される方も多かったようです。丁寧に焼いた焼き鳥重をしっかり食べて、今もお腹が全く空かない状態。今日はこれからマネースクウェア主催のセミナーに出かけます。終了が8:30pmとなるので何か軽く食べるかどうか迷い中...。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13063782/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小反落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

遅くなりました!ドル/円はアラバマ州の上院補欠選挙で、予想外の民主党候補が勝利したことを受けて小反落しましたが、FOMCで来年の利上げ回数の見通しがどの程度かを見極めるため、様子見となり113円台前半でこう着となっています。

日足は下値を切り上げる流れを維持していますが、直近の2手が寄せ線となって値動きの収縮が認められることから一方向へ動き出す可能性にも注意が必要です。短期トレンドは111.50割れでニュートラルな状態に、111.00割れで終えた場合は弱気に変化します。

ドル買いは113.00-10で軽く買って112.30で撤退としていますが、112.50割れで終えた場合は、日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。ドル売りは様子見です。上値抵抗は113.80-90、114.10-20に、下値抵抗は113.00-10、112.60-70にあります。

ユーロ/ドルは小陰線で終え、上値を切り下げています。下げ余力の強いものではありませんが、1.1800超えトライに失敗しているこや、下値を切り上げる流れから下抜けた位置で推移しており、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは1.1770-80で軽く戻り売り。1.1820で撤退としています。短期トレンドは1.1950-60の抵抗をクリアしない限り、変化しません。

ユーロ/円は小陰線で終えていますが、133.00-10の下値抵抗も守っており、下値余地が限られる展開となりそう。132~134円ゾーンでの揉み合いにあるので売り買いともに引き付けて。買いは131.90で撤退、売りは134.60で撤退としています。

ポンド/ドルは続落。小陰線に留まっていますが、下値を切り上げて来た流れから日足の実体が若干下抜けており、一段の下落リスクに注意が必要です。買いは様子見。売りは1.3360-70で軽く売って1.3420で一旦撤退です。短期トレンドは1.3550-60の抵抗をクリアしない限り、変化しません。

ポンド/円は小幅続落。下げ余力の強いものではないことや、4手前の大陽線が150円台の足元を支えており、150円割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か150円割れで撤退。売りは152.20-30で戻り売り。損切りは153.10で撤退です。

豪ドル/円は下値を切り上げていますが、86円超えトライにも失敗しており、下値リスクが軽減されていません。買いは様子見か85円割れに損切りを置くなら85.40-50以下で軽く試し買い。売りは1日様子見か86.30で一旦撤退です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小動き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が寄せ線で終え、上下ともに限られる動きとなっています。113.80超えから一段と厚くなる抵抗をトライする可能性に繋げていますが、強い上昇エネルギーも感じられないので、買いは112.90-00の押し目待ちとしています。損切りを浅くするなら112.30、深い場合は111.90で撤退です。今日の終値が112.50以下なら日足の形状が悪化するので、ドル買いは一旦撤退してみてもいいでしょう。短期トレンドは111.50割れでニュートラルな状態に戻しますが、111.00割れで終えない限り、大きく変化しません。売りは様子見か114.10-20の吹き値があれば売り向かい、損切りは114.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは値幅の小さい足で終えていますが、上ヒゲがやや長く、上値トライにも失敗しています。買いは様子見です。売りは1.1780-90で軽く売り向かい。1.1870で撤退です。短期トレンドは1.1950-60の抵抗をクリアしない限り、変化しません。1.1730-40、1.1660-70に下値抵抗があります。

ユーロ/円は寄せ線で終えています。下値を切り上げていますが、132~134円台でのもみ合いを抜け切れていません。売り買いともに引き付ける方針で。買いは様子見か131.90に損切りを置き132.80-90以下で押し目買い。売りは134.10-20で戻り売り。損切りは134.60で一旦撤退です。

ポンド/ドルは小幅続落。下値リスクがより高いものの、1.3330-40の下値抵抗を守って引けているので売りは1.3410-20の戻り待ちとしています。損切りは1.3470で一旦撤退です。短期トレンドは1.3550-60の抵抗をクリアしない限り変化しません。買いは様子見です。強い下値抵抗が1.3250-60にあります。

ポンド/円は小幅続落。下げ余力の強いものではないことや、3手前の大陽線が150円台の足元を支えており、これを割り込まない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは1日様子見か、引き付けて、149.90で撤退です。売りも様子見か152.20-30で軽く戻り売り。損切りは152.80で一旦撤退です。

今日は早めの出勤、朝のレポートを終えて、半日人間ドックへ。会社に戻ったら12:30pmに。ということで、お昼はコンビニのいなりずし2個、パンをかじって終了。セミナーの資料作りもあって休憩なしで動き回っています。では~

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小じっかり。上値抵抗を抜け切れず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陽線で終え、上値トライのスタートとなりましたが、113.80超えから一段と厚くなる上値抵抗を前に膠着となっています。短期トレンドはニュートラルから若干ドル強気の流れにありますが、強い上昇エネルギーも感じられないので、ドル急伸にも繋がり難いと見ています。日足の実体を115.50-60超えに乗せて来るまでは上値余地も拡がり難い状態です。ドル買いは113.10-20で軽く買って、損切りを浅くするか112.80以下の押し目待ち。この場合の損切りは111.90で一旦撤退です。売りは様子見か114.10-20で売り向かい。損切りは114.70で撤退です。112.30以下で終えた場合もドル買いは一旦撤退した方がいいでしょう。

ユーロ/ドルは、寄せ線に近い形の足で終えており、寄り付きレベルに値を戻していますが、上値を切り下げる流れにあるので、1.1790超えから厚くなる上値抵抗にぶつかる可能性に注意が必要です。買いは様子見です。売りは1.1790-00で売って1.1870で撤退としています。

ユーロ/円は小幅続伸。日足は下値を切り上げていますが、132~134円台を中心とする揉み合いから抜け出していないので、売り買いともに引き続き引き付けて。買いは133.10-20の押し目待ち。損切りは131.90で撤退。売りは様子見か134.10-20で売って134.60で撤退です。

ポンド/ドルは反落。1.3510-20の上値抵抗にぶつかっており、これをすぐに回復するには無理がありそうです。1.3450-60での戻り売り方針で。損切は1.3530で撤退。買いは様子見です。1.3330-40にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は小反落。前日の大陽線が150円台の足元を固めた感がありますが、直近の陰線が上値トライにぶつかっており、押しがもう一段入る可能性があります。買いは1日様子見か151.50-60で押し目買い。損切りは150.90で撤退。売りは様子見です。152.70-80にやや強い上値抵抗があります。

昨日は朝、友人の車に乗せてもらって那珂湊まで行ってきました。8時に出発。10時前には那珂湊に到着しました。魚市場で正月用のかずのこや松前漬に使う切昆布と切イカ、雑魚などを購入して、森田水産で回転寿司に一番乗り。ブリ、マグロの3種盛り、さんま、ヒカリ3種など新鮮で美味しかったです。〆はアナゴの1本盛り。お腹も満足して、帰りは友部SAで「奥久慈卵リッチプディングスイーツ」リングケーキで卵の味をしっかり感じるケーキです。¥1080お値段の割に質の良い、お勧めのケーキです。守谷のSAでは新鮮野菜を購入して、コーヒーブレイク。それでも高速も順調で2時には戻ってきました。早く帰れたのでセミナーの資料作りに時間が取れました。食事、買い物、仕事とかなり充実の1日でした~。

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/sa-pa-gourmet/up.html/attachment/07_5

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。ドル高、円独歩安。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

外出していて遅くなりました!この間にも円の独歩安の動きとなっています。

ドル/円は直近の日足が113.00-10の抵抗を上抜けて終えたため、次の上値抵抗ポイントである113.50~113.80ゾーンの抵抗をトライする動きとなっています。また、112.00-10に強い下値抵抗が出来ていることから、反落しても下値余地が限られる展開となりそうです。日足の下値抵抗は112.70-80に、上値抵抗は113.50-60、114.10-20にあります。112円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。基本戦略はドルの押し目買い方針継続です。

ユーロ/ドルは小幅続落。日足の形状が悪化しているころや、1.1750-60の抵抗を下抜けており、ニュートラルな状態に戻しています。買いは様子見に転じます。1.1700割れを見た場合は1.1630-40近辺までもう一段下値余地が拡がり易くなります。売りは1.1860-70の戻り待ち。1.1920で撤退です。

ユーロ/円は小反発。上昇余力の強いものではありませんが、133.50-60超えに実体を戻した場合は下値リスクが軽減されますが、132~134円ゾーンでのもみ合いを抜け切れていないので、売り買いともに引き付ける方針で。134.50超えの越週か131.50割れで越週した方向へ動き易くなっています。ユーロが対ドルでやや弱気に変化しているので、吹き値売りが功を奏しそう。

ポンド/ドルは実体のしっかりとした陽線で切り返しています。1.3320-30の下値抵抗にも跳ね返されていますが、1.3510-20に強い上値抵抗があり、これを上抜け切れていないので、下値リスクを残しています。買いは様子見です。売りも様子見か、1.3510-20で軽く売って1.3560で撤退です。1.3420-30、1.3330-40にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は152円台に実体を置く陽線引けとなり、短期トレンドを強気に戻しています。151円台の足元の弱さを残していますが、一段の上昇の可能性が点灯しているので、152.50-60での押し目買い方針で。損k理いは151.90で浅めに一旦撤退です。

豪ドル/円は値幅の小さい足となりましたが、前日の陰線が下げエネルギーの強いものであることや、対米ドルで弱気の流れにあることから上値余地が限られる可能性が高い状態です。84円台の中期的な下値抵抗を守っていますが、買いは様子を見るか84.20に浅い損切りを置くなら84.50~84.80ゾーンで軽く試し買い程度に。売りは85.40-50で戻り売り。損切りは86.20で一旦撤退です。

今日のランチはカップラーメン。棘上筋腱断裂の治療で針治療に行くため時短の昼食。最近はカップラーメンも非常に良く出来ていて、その中でも最近のお気に入りは日清のトムヤムクンヌードルです。結構辛いです。でも、この酸っ辛い刺激がたまりません。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示