川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル円小緩む。クロス円は小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陽線引けとなり、続落を食い止めていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められず、112.90-00に上値抵抗が出来ています。113円超えの抵抗をクリアしきれない可能性に注意が必要です。一方で111円台に強い下値抵抗が控えており、111.80以下の売りも慎重に。買いは様子見です。売りは112.90-00の戻り売り。損切りは114.10で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻します。

 ユーロ/ドルは昨日のシドニー市場でドイツ政局不安(連立協議の決裂)の報を受けてユーロ売りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに押し戻されて終えています。1.1660-70に日足の下値抵抗があり、1.1650割れで終えない限りは売りも慎重に。買いは様子見か1.1660-70で押し目買い。損切りは1.1630で浅めに撤退です。売りは様子見です。1.1840-50に強い上値抵抗があります。

 ユーロ/円は前日足から大きく下寄りのスタートとなりましたが、前日のNY市場終値水準に戻して引けています。上値を切り下げる流れに変化が認められないので133.60に損切りを置き戻り売り方針で。買いは様子見です。

 ポンド/ドルは小幅続伸。下値を切り上げる流れを維持していますが、個々の足が強い上昇エネルギーを持ったものではないので1.33超えの上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは1.3210-20で買って損切りも浅めに。短期トレンドは1.3100割れで下値リスクが点灯、1.3050割れで弱気に変化します。

ポンド/円は前日の陰線の値幅を再び切り返して反発に転じていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められません。買いは様子見です。148.00-10近辺の下値抵抗にも注意して戻り売り方針継続とします。損切りは150.10で撤退です。

 豪ドル/円は小反発。84円台に中期的に見ても強い下値抵抗がありますが、日足、週足ともに不安定さが増しており、買いは様子見としています。売りも85円台半ば超えの戻り待ちです。短期トレンドは86円台半ばを回復しない限り下値リスクにより警戒が必要です。

 さて、11/23(祝)のマネースクウェア・ジャパン社主催の株価指数アカデミア「実践テクニカル講座」の講義(口座をお持ちの方が対象)や、25日にはJFX社主催のFXセミナーの収録を予定しており、これらの準備に勤しんでおります。株式相場は調整局面入り、為替相場もややドル安がの動きが強まっており、年末前にポジション整理の動きが強まっているようです。株価については調整下げに留まるなら今週中にも一旦底打ちしてもおかしくありませんが、21,800円も割り込むようなら調整がやや長引くかもしれません。ドル円は110~111円台に強い下値抵抗があります。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値の重い展開。短時間では小反発の可能性も。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陽線で切り返しましたが、上値を切り下げる流れには変化が認められません。一方で、個々の足が下げ余力の強いものではないので、ドル急落にも繋がり難く、小反発を繰り返しながら下値を模索する動きが継続すると見られます。112.90-00近辺までの戻りは難しくないと見られるので、ドル売りは突っ込まず113円超えの戻り待ちでいいでしょう。日足の上値抵抗は113.50-60にあります。短期トレンドは114.60-70超えに値を戻さない限り、変化しません。買いは様子見です。111円台から下値抵抗が厚くなります。

ユーロ/ドルは小陰線となり1.1800超えの抵抗をこなし切れていません。買いは1日様子見か1.1710-20の押し目待ちです。損切りは1.1640で撤退。売りは様子見です。

ユーロ/円は小陽線で続落を食い止めていますが、上昇余力の強いものではないので133円台の抵抗をこなしきれない可能性が高いと見られます。買いはゆっくり。損切は131.90か短期トレンドが変化する131.40で撤退です。売りは様子見としています。

ポンド/ドルは小陽線を繋げて上値トライの可能性に繋げています。個々の足は強い上昇余力を持ったものではありませんが、下値トライの動きの中で1.3060~1.3100の週足、日足の下値抵抗にしっかりと跳ね返されており、足元が固まった感があります。1.3050割れを見ない限り下値余地も拡がり難い状態です。買いは様子見か1.31割れに損切りを置くなら引き付けて軽く買い狙い。売りは様子見とします。時間足の下値抵抗が1.3190-00にできています。

ポンド/円は小幅続伸。148円台の下値抵抗を守っていますが150.50-60の抵抗をクリアするまでは短期トレンドの変化が認められません。買いは様子見か147.90に損切りを置くなら148円台での買い場探し。売りは150.60で撤退です。

豪ドル/円は下値リスクが高い状態に変わりありませんが、84~85円台に強い下値抵抗が散在しており、売りは86.20超えの戻り待ちとしています。買いは様子見です。下値抵抗は84.80-90、84.00-10にあります。

東京駅のステー本ホテル、新しくなってから一度も入ったことがなく、気になってはいたのですが、近くまで来た友人に誘われて2Fのカメリアで食事をすることに。バーカウンターでしたが、目の前にKITTEが見えて飲み物を傾けながら人々の行きかう様子が見えてなかなか楽しいです。この日は牛の赤身のステーキ250gと飲み物が2種選べるコースがあり、迷わずこれにしました。このコース、アミューズが3種、ステーキにはグリル野菜や大きめのジャガイモのグラタンがセットされていました。250gのお肉はかなりのボリュームですが、赤身なので美味しく頂けました。セット料金は¥5800。お肉の質やボリューム、味つけやセットの内容ともにお値段と比較するとお得感があります。飲み物はブラッディメアリーと、赤ワイン。食後にカクテルを1杯飲んでおしゃべりし、2時間半ほどゆっくりできました。お食事のできるバーという感じで、雰囲気もなかなか。郊外の友人との待ち合わせにも便利です。入口はちょっと入り難い感じがありますが、入ってみれば落ち着いた雰囲気で居心地の良いところでした。きどらない感じがいいですね。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13147496/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、短期トレンドに変化。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が113円台を維持できずに終えており、短期トレンドに変化が生じています。個々の足が下げ余力の強いものではないことや、強い下値抵抗が散在しているため、急落にも繋がり難いと見られますが、上下動を繰り返しながら下値を模索する展開が予想されることから、短期戦略をドルの戻り売り方針に転換しています。短期トレンドは114.50超えに日足の実体を戻さない限り、下値リスクにより警戒が必要です。ドル売りは113.40-50で戻り売り。ドル買いは様子見です。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形の足で終えており、高値圏から押し戻されています。このため、下値トライの動きが先行すると見られますが、前日の陽線が短期トレンドをニュートラルな状態に変化させていることから、押しは一旦買い場となる可能性が高くなっています。買いは1.1720-30の押し目待ち。損切りは1.1630で撤退です。売りは様子見です。

ユーロ/円は小反落。133.80-90の上値抵抗にぶつかっていますが、短期トレンドはニュートラルな状態にあり、132円割れで終えるか再び131.50割れを見ない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは132円割れで一旦撤退。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小幅続伸となりましたが、上値を切り下げる流れからは抜け切れていません。1.3260に損切りを置き、戻り売り放心継続です。

ポンド/円は反落。もみ合いの域を抜け切れていませんが、下値リスクがより高いので150.60に損切りを置き、戻り売り方針継続としています。

豪ドル/円も日足、週足廼形状が弱く、買いは様子見ですが85円台からは売りも慎重に。強い下値抵抗は84.80-90にあります。

今日のランチは久々にピーナッツ食堂でグリーンカレーを食べました。¥800です。これにカップスープ¥50を付けて¥850。今日のカレーはココナッツの甘みがやや強く、期待していた辛さがやや足りない感じでしたが、それでも久しぶりに食べるカレーは美味しかったです。タイ料理も久しぶりです。春雨の辛いサラダが食べたくなりました。夜に行ってみようかしら...。このお店、夜はタイ料理のメニューが豊富です。外見は冴えない感じですが中はアジアンテイストいっぱい。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13137879/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円は上値の重い展開続く。ユーロはやや強気に変化

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から外出の予定が入っているので、現状でのポイントをいくつかあげておきます。参考にして頂けたらと思います。

ドル/円は2手連続陰線引けとなり上値を切り下げています。下げ余力の強いものではなく、反発に転ずる可能性を残していますが、昨日の上値トライでも114.00-10の抵抗を上抜け切れずに押し戻されており、やや下値リスクが高くなっています。短期トレンドは112.50割れで変化します。ドル売りは様子見か113.60-70で軽く売って114.10で浅めに撤退するか、深い場合は114.70で撤退。ドル買いは様子見か112.40に損切りを置くなら引き付けて軽く買い狙いで。シカゴの円売りポジションが売り持ちに傾きすぎているので、近々に調整の動きが入ってもおかしくありません。

ユーロ/ドル、ユーロ/円はニュートラルな状態に戻していますが、強い上値抵抗が1.1820-30、134.20-40にあるので、急伸にも繋がり難いと見られます。買いは1日様子見としています。下値抵抗は1.1700-10、133.00-10にあります。

ポンド/ドル、ポンド/円は陽線引けとなりましたが、上値を切り下げる流れには変化が認められません。戻り売り方針継続としています。ポンド/ドルは1.30台の下値抵抗に再三跳ね返されており、1.3100以下の売りも慎重に。ポンド/ドルのショートは1.3260で撤退、ポンド/円のショートは150.60で撤退です。ポンド/円の下値抵抗は148.00-10、147.10-20にあります。

豪ドル/円は続落。86.00-10にある強い下値抵抗を下抜け始めており、日足、週足ともに弱い状態です。基本は戻り売りですが、強い下値抵抗ポイントにあるので売りは戻り待ち。84.80-90に強い抵抗があります。

日経225は22,100から22,200円が短期サポートとして働くと見ていますが、22,000円台を維持できずに終えた場合は21,500円前後の抵抗をトライする動きが強まり易くなります。ここまで下落した場合は調整下げがやや長引く可能性が生ずるので注意が必要となります。

先週の週末、友人たちとイタリアン焼肉のマンツォビーノさんでコース料理を試してみました。6時スタートと、やや早いせいか一番乗りです。今回はお試しのため、一番お安い¥4300円のコース。しかもちょっと我儘を聞いていただいて、苦手な内蔵系をメニューから外して頂けるか聞いてみたところ快諾。ギアラやトリッパ、内蔵系2種を外して頂いて、その代わりに赤身や霜降りの上等なお肉まで出して頂いて恐縮至極です。当日はオバサン達が話に興ずるのに配慮してか、ウェイトレスさんがテーブルにちょこちょこ来てくださってちょうど良い焼き加減にして下さったので、とっても美味しく頂けました。飲み物をフリーにして税サ込みで一人6500円ほど。〆のパスタも食べきれないほど満腹状態になりました。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13212320/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円小動き。ユーロは小じっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が値幅の小さい陰線引けとなり、上下の抵抗を抜け切れておらず、今日も小動きの展開です。上昇余力に欠ける動きですが、短期トレンドの変化が認められないのでドル売りも慎重に。ドル買いは113.30-40で軽く拾って112.80で浅めに損切りを入れるか、短期トレンドが変化する112.40で撤退、ドル売りは114.00-10の戻り待ち。損切りは114.70で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは小じっかり。先ほど発表されたドイツ第3四半期GDPが予想比でやや良かったことから若干上昇しています。短期トレンドの変化が認められないので戻り売り方針継続としています。短期トレンドは1.1820超えに日足の実体を戻さない限り、変化しません。やや強い下値抵抗が1.1600-0にあります。買いは様子見。売りは1.1690-00を売って1.1760で一旦撤退としています。

ユーロ/円は132.00-10の下値抵抗を守って反発余地を探る動きに繋げていますが、日足、週足ともに形状が安定しておらず、134.20超えで越週するか134.50-60を日足の実体ベースで上抜けて来るまでは下値リスクが軽減されません。ユーロ売りは133.60で一旦撤退としています。買いは様子見です。

ポンド/ドル反落。短期トレンドの変化が認められないので戻り売り方針継続です。売りは1.3160-70の戻り待ち、損切りは1.3260で撤退。買いは様子見です。

ポンド/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形ですが、トレンドが弱いので150.60に損切を置き、戻り売り方針継続です。買いは様子見です。

豪ドル/円は小幅続落。単体では下げ余力の強いものではありませんが、86.80-00の下値抵抗を下抜けており、86.00前後にある強い抵抗をトライする可能性が高くなっています。買いは様子見です。売りは86.80-90で戻り売り。損切りは87.30で一旦撤退です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示