川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、クロス/円、上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
今日はこれから、加古川まで行ってきます。ご参考までに今日のDaily Commentの一部を掲載して置きますので参考になさってください。 2017年3月3日 8時40分現在 ドル/円相場:114.41-43 ドル/円は2手連続陽線引けとなりました。短期トレンドはドルやや強気の状態にありますが、直近の日足が上昇余力に欠けるものであることや114.60-70に強い上値抵抗があること、113円台の足元の弱さを残していることから上値トライに失敗する可能性も高く、114円台の買いは様子見とします。 今日のドル買いは113.50以下の押し目待ち。下値余地を113.00近辺まで見て置く必要があります。損切りは112.40で一旦撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見か114.60-70で軽く試し売り。損切りは115.20で一旦撤退です。 日足の上値抵抗は114.60-70、115.10-20に、下値抵抗は113.50、113.00-10、112.50-60にあります。 ユーロ/ドルは小幅続落。個々の足が下げ余力が強いものではないので急落にも繋がっていませんが、日足の形状が悪化しており、一段の下落リスクに注意が必要です。買いは様子見とします。1.0500-10の抵抗を日足の実体ベースで守って引けていることから、このレベルの売りは様子見とし、1.0560-70での戻り売り狙いで。損切りは1.0610で一旦撤退です。これが付いた場合でも1.07台を回復しない限り短期トレンドは変化しません。下値抵抗は1.0450-60にあります。 ユーロ/円は前日足から上寄りした位置に値幅の小さい足が出ています。日足は下値を切り上げていますが、上昇余力に欠けるものあることや、120.40-50の上値抵抗にもぶつかっており、反落に注意が必要です。但し、120.50超えで終えた場合は、120.13に位置する21日移動平均線を実体ベースで上抜けることにより、下値リスクが若干後退して反発余地を探る動きが強まり易くなります。この場合でも123.50超えで越週しない限り、下値リスクを残します。買いは様子見です。売りは120円台で売り向かい。損切りは上値トライの可能性が点灯する120.60で浅めに一旦撤退です。119.50割れで終えた場合は再び下値リスクがやや高くなります。 ポンド/ドルは値幅の小さい足で終えており、単体では方向性に欠けるものですが、短期トレンドが弱いので買いは様子見とします。1.2170~1.2200ゾーンに週足ベースで見た強い下値抵抗が控えており、このレベルでの売りも慎重に。売りは1日様子を見るか1.2310-20で戻り売り。損切りは1.2390で一旦撤退です。 ポンド/円は小反発。短期トレンドは下値リスクがより高い状態ですが、値動きの収縮が見られるので一方向へ動き出す可能性にも注意が必要でしょう。買いは様子見とします。売りは140.40-50で売り狙い。損切りは141.10で浅めに一旦撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。 スイス/円は値幅の小さい足で終えており、週初から下値を切り上げていますが、週足は上値を切り下げる流れの中にあり、113.50割れで越週しない限り、下値リスクに警戒が必要です。買いは様子見です。売りは113.00-10で戻り売り。損切りは113.60で一旦撤退です。 豪ドル/円はカブセの陰線引けとなり、単体では下値リスクの高いものです。一昨日の陽線が"ダマシ"となった可能性が点灯していますが、現状は下値を切り上げる流れを維持しており、短期トレンドの変化が認められません。売りは様子見とします。買いは様子を見るか86.20-30まで引き付けて。損切りは85.80で撤退です。 【ドル/円、中長期戦略】 2月足は十文字の寄せ線に終わり上下の抵抗を攻めきれずに終えていますが、114.58に位置する31ヶ月移動平均線を上抜けきれずに押し戻されており、下値リスクがやや高い状態にあることを示しています。一方で月足の下値抵抗ポイントであった112.50±30銭の下値抵抗にも跳ね返されたことから、112.00~111.50ゾーンでのドル売りも慎重に臨む必要があります。3月足の上値抵抗は114.50~115.00、117.50~117.80に、下値抵抗は109.00~109.50、104.60~105.00にあります。一方直近の週足は、上ヒゲがやや長い陰線引けとなり、2週連続して上値トライに失敗した形となりました。現状は週足の下値抵抗を守っており、小反発の可能性を残していますが、114.50超えで越週しない限り、下値リスクを残します。今週の週足ベースで見た強い上値抵抗は113.60-70、114.60-70に、下値抵抗は111.80-00、110.00-10にあります。114.50超えか、111.80割れで越週した方向へ動き易くなっています。
第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
トレトレ会員無料登録はこちら
第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
若林栄四「市場からのメッセージ 2021/12」を特別価格にてご招待
台湾の今』を知る情報誌「な~るほど・ザ・台湾」2021年10月号 プレゼントキャンペーン
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示