川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、クロス/円、小反発。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は4手連続陰線引けとなりましたが、直近の足はタクリ足となり、下値トライに失敗しています。118円台の重要ポイントにぶつかって反落していることや、上値を切り下げる流れにも変化が認められませんが、114.00~113.60ゾーンの下値抵抗にも跳ね返されており、一旦調整下げが終了した可能性が点灯しています。114.50以下の売りも慎重に。買いは様子見か113.30に損切りを置くなら引き付けて軽く買い狙い。売りは116.10で撤退です。短期トレンドは116円台回復でニュートラルな状態に戻しますが、この場合でも117.00~117.50に強い上値抵抗が出来ており、これにぶつかる可能性に注意が必要です。

ユーロ/ドルは続伸となりましたが、上値トライに失敗しており、上値の重さが感じられます。再度1.0660-70超えの抵抗をトライする動きに繋げていますが、上昇余力が強いものではないので、反落にも注意が必要です。買いは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す、1.0440で撤退。売りは様子見です。1.0660-70、1.0760-70に上値抵抗が、下値抵抗は1.0500-10にあります。

ユーロ/円は小幅続落。下げ余力の強いものではないことや、日足の下値抵抗を守って引けていますが、日足、週足共に形状が弱いので、買いは様子見です。売りは122.40超えの戻り待ち。123.60で撤退です。

ポンド/ドルは反落。上ヒゲがやや長く、上値トライに失敗した形です。一方で、前日に下値トライに失敗しており、1.21台の抵抗を守りきれば、再度上値トライの可能性が高まります。若干下押す可能性があるので買いは1.2110-20で押し目買い。損切りを浅くするなら1.2090、深い場合は下値リスクが高くなる、1.2040で一旦撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は続落。日足の形状が弱いので買いは様子見としますが、138円台に強い下値抵抗があるので、売りも無理せず140円台の戻り待ちとしています。損切りは141.10で一旦撤退です。これが付いた場合は上値余地が若干拡がり易くなります。

豪ドル/円は小幅続伸。日足は下値抵抗を守って下値を切り上げていますが、週足がまだ安定していないので、買いは様子見か、85.60-70で軽く押し目買い。損切りは85円割れ。売りは様子見か86.60-70超えがあれば売り向かい。損切りは87.30で撤退です。

今日は投資日報社さんとの合同新年会。浅草寺さんに皆でお参りしてから宴会場へ向かう予定です。魚料理のお店ですが今日はお鍋がメイン。初めて伺うお店ですが結果は来週またご報告しますね。では皆さま良い週末をお過ごしください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が上下にヒゲが長く実体の小さい陰線引けとなり、上下の抵抗を抜け切れずに終えています。上値を切り下げる流れの中にあるので、下値リスクにより注意が必要ですが、下値を攻めきれずにタクリ足で終えていることや114円台に強い下値抵抗があることから114.50以下の売りも慎重に。ドル買いは114.00以下があれば買い狙い。損切りは113.30で撤退。売りは116円台の戻り待ちとしています。損切りは117.10で撤退です。

ユーロ/ドルは反発。下値抵抗にも跳ね返されており、上値トライの流れが期待できますが1.0620-30の抵抗を抜け切れていないのでこれにぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは1.0510-20の押し目待ち、売りは様子見か1.0630で浅めに撤退です。

ユーロ/円は小幅続落。下ヒゲがやや長く下値トライにも失敗していますが、日足、週足共に形状が悪化しており、戻り売り方針で。損切りは123.60で撤退。買いは様子見です。121円割れを見たら続落の可能性に要注意。

ポンド/ドルはタクリ足の陽線が出て実体を1.22台に戻しています。一旦底打ちした可能性が点灯しており、売りは様子見に転じます。1.25台を回復して越週するまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは1.2130-40の押し目待ち、損切りは1.2040で撤退です。

ポンド/円は小幅続落となりましたが、下げ渋りの傾向にあることや強い下値抵抗ゾーンにあるので売りは1日様子見です。或いは140.80-90で戻り売り。損切りは142.10で撤退です。

豪ドル/円は陽線引けとなりましたが86円台に強い上値抵抗があり、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは様子見か85円割れで浅めに一旦撤退。売りは1日様子見です。

トランプ次期大統領の記者会見で貿易不均衡について名指しを受けたことに強く反応しています。円高、株安傾向に入っているのでまだ急反発には繋がり難く。戻り売りの流れに入った感が強いものの、114円台前半からの売りは慎重に。

昨日は鏡開きでしたね。お餅はあまり得意でないので、一年を通して殆どお餅を食べずに終わることが多いのですが、お正月に仕込んて置いたお汁粉に鏡餅を入れてみました。今時の鏡餅は解体しても、ちゃんと小さくカットしたお餅が入っているので便利ですね。小豆も3日掛けて煮込んだので丁度いい具合に豆が軟らかになっていました。私はぜんざいよりも汁気が多くさっぱり甘いお汁粉の方が好きですね。久し振りに食べたお汁粉は甘くて、ほんのりしょっぱくて美味しかったです。来年も作ろうかなぁ。

さて、年明けの新年会は銀座1丁目にあるイタリアンバー「Lazy」に行きましたよ。年末年始と純和食系だったので、久し振りの洋食。年明けのお祝い?でお店からワインをフルボトルでプレゼントして頂きました。定番のゴルゴンゾーラチーズとフランスパンのグラタン、牛肉やアボカドお野菜がたっぷり入ったサラダ、鶏肉の山葵ソース炒め(これ結構イケます)、ボンゴレロッソを辛いソースにして頂きました。そして、タコとアボカドのピリ辛炒め、等々、結構な量を頂いたのですが一人5000円ほど。ワインがタダだったのが大きいかも。ご馳走様でした。

https://r.gnavi.co.jp/g890200/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、小動き。クロス/円は上値の重い展開

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなり、115.20-30の下値抵抗に跳ね返されていますが、前日に"カブセの陰線"が出ており、117円台の上値を押え込んだ形となっているので、反発に転じた場合でも117.00-20が強い上値抵抗として働く可能性があります。買いは115円台を買って114.90で撤退としています。売りは117.00-20の戻り待ちです。この場合の損切りポイントは117.60。

ユーロ/ドルは1.06台の抵抗をクリア出来ずに反落しており、日足は上ヒゲがやや長く下値リスクがやや高い形となっています。もう一段下押す可能性が高いので買いは1日様子見か1.0500-10以下の押し目待ち。損切りは1.0440か深い場合は1.0390で撤退。売りは様子見か、1.0590-00で軽く売って1.0630で浅めに撤退としています。

ユーロ/円は小幅続落。日足の形状が悪化していますが、下塩抵抗を守っているのでh利も慎重に。買いは様子見です。売りは122.70-80超えで戻り売り。損切りは124.10で撤退です。124円台に日足の実体を乗せた場合は一段の上昇へ。121円割れで終えた場合は、一段の下落に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは上値を切り下げる流れを変えておらず、戻り売り方針継続としています。売りは1.2230-40で戻り売り。1.3280で一旦撤退。買いは様子見です。

ポンド/円は小幅続落。日足の形状が弱いので買いは様子見。売りは142.60で撤退です。

豪ドル/円は下値を切り上げる流れを維持していますが、週足の形状が安定していないので、買いは様子見か83.80で撤退。売りは86.10で浅めに一旦撤退です。これが付いた場合でも86.30-50に強い上値抵抗があり、急伸にも繋がらないでしょう。

今日はトランプ次期大統領の記者会見が予定されており、マーケットはこれに関心を寄せています。会見は23時、東京時間の夜中の1時過ぎから詳細が出てくると見られます。特に内容のないものなら現在のドル高容認と受け取られるとの見方が多いようですが、さてどうなることか..。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値の重い展開。下値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は高値圏から陰線が出ており、この足が117.50-60の抵抗にぶつかっており、下値リスクが高い形となっていますが、115.20-30の下値抵抗を守っており、反発に転ずる可能性を残しています。但し、115円割れで終えた場合は114.60-70の抵抗を切り崩しつつ114円近辺まで下値余地が拡がる可能性が高くなります。買いは様子見か114.9で浅めに一旦撤退。売りは117円台の戻り待ちです。

ユーロ/ドルは反発。単体では上昇余力に欠けるものですが、11/9に付けた1.1300を直近高値として上値を切り下げて来た流れからは頭一つ上抜けており、再度1.16050-60超えの抵抗をトライする動きが強まる可能性が高いと見られます。中期トレンドが強いわけではないので、買いは1.0530-40の押し目待ちとします。短期トレンドは1.04台を割り込んで終えない限り、弱気転換しません。売りは様子見です。

ユーロ/円は反落。123.70-80の上値抵抗にぶつかっており、日足は下値リスクがやや高いものの、下値抵抗も守って揉み合いの域を抜け出していません。買いは様子見。売りは124.10で撤退です。

ポンド/ドルは続落。1.2200割れを見ており下値リスクが高い状態ですが、週足が1.1200-10の抵抗を守っていることや、下げ余力の強いものではないので、1.2050割れを見ない限り、売りも慎重に。売りは1.22台の戻り待ちとしています。短期トレンドは1.2360超えに日足の実体を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。

ポンド/円は大陰線で終え、日足は一段の下落リスクが点灯中です。買いは様子見です。売りは142円台の戻り待ち。損切りは142.60で撤退です。138.50~140.00ゾーンに週足ベースで見た強い下値抵抗があります。

豪ドル/円は小反落。下値を切り上げる流れに変化が認められませんが、週足がやや不安定な形状となっているので、買いも慎重に。買いは84.50割れで一旦撤退。売りは様子見です。86.30-40に強い上値抵抗があります。

3連休となった最終日の昨日、遅ればせながら評判の高い「君の名は」を観て来ました。コレド室町で観ましたが、朝一番の9:40からの回にもかかわらず、お席は8割強埋まっていた感じです。リピーター率も高い映画なのでなかなか空かないのかもしれませんね。テンポが良くて思わず引き込まれてしまいます。最後がちょっと物足りないかなとも思いますが、でも画像も綺麗でなかなかよく出来ていると思います。私はあの情景と音楽が本当によく合っている聴き心地のとてもいい映画だと思いました。観て聴いて美しい映画です。RadWinpsの歌、詩も曲もいいですね。彼らのファンになりました。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、安値圏から反発。クロス/円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が短期トレンドに変化を生じさせており、調整局面入りした状態です。一方で、中期トレンドが強い状態にあることから、反発を繰り返しながら上値を切り下げる流れとなる可能性が高いと見られ、飛びつき買い、突っ込み売りに注意が必要でしょう。短期トレンドが変化しているので、買いは基本は様子見ですが週足の下値抵抗が114.00±10銭にあることから、これ以下はあれば一旦買い場と見ます。売りは116円台半ば超えの戻り待ちです。短期トレンドは117.50超えで越週出来ればニュートラルな状態に戻しますが、118.50超えに日足の実体を乗せて来るか119円超えの越週とならない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。日足の上値抵抗は116.50-60、117.00-10に、下値抵抗は115.10-20、114.00、113.60-70にあります。

ユーロ/ドルは1.06台を回復して短期トレンドに変化が生じています。一方で、中期トレンドが弱い状態に変わりないので、1.0850超えで越週しない限り、下値リスクにも注意が必要です。また、1.0400割れを再び見た場合は下値リスクが高くなります。売りは様子見。買いは1.05台前半までの押し目待ち。損切りを浅くするなら1.0470で一旦撤退です。

ユーロ/円は反落。日足は下値リスクが高いものの揉み合いから抜け出していないので、売りも引き付けて。124.10で撤退です。買いは様子見です。121円割れで終えた場合は一段の下落リスクに要注意。

ポンド/ドルは1.24台を回復したことにより、1/3の1.2200で一旦底打ちした可能性が生じています。週足、月足共に弱い状態に変わりなく、戻り余地を試した後の反落により警戒が必要でしょう。短期トレンドが変化して間もないので売りは様子見です。買いは1.23台前半の押し目待ち。損切りは1.2250か、トレンドが変化する1.2200割れに置く必要があります。

ポンド/円は反落。下値リスクがやや高いので買いは様子見です。122.50-60にやや強い下値抵抗があります。売りは144円台の戻り待ち。145.10で撤退としています。

豪ドル/円は日足の形状が弱いので買いは様子見です。83.80-00に強い下値抵抗があります。売りは85.30-40超えの戻り待ち。損切りは85.80で一旦撤退です。

今日は22:30に米雇用統計が発表されます。結果が良ければドル円も117円台接近場面があってもおかしくないので、この辺りまでの戻りも念頭に置く必要がありそう。予想値は失業率が4.7%、非農業部門就業者数が+17.5万人となっています。

さて、今日のランチは久し振りに浜町の「イル・バンボリーノ」へ。4人でピザ、パスタ、リゾットをシェアしました。最初にサラダとミニカップスープ、今日はカボチャの温かいスープでした。ピザはマルゲリータ、リゾットは生トマトベースのクリーム風味にマスカルポーネのような柔らかいチーズが乗ったものでした。これを混ぜて頂きました。生トマトの酸味が優しくなって美味しかったです。パスタは生キャベツとベーコンのペペロンチーノ風と、牛肉のボロネーズソースの2種類。どれも変化があってとても美味しかったです。相変わらず手抜きのないお料理で¥1000はお値打ちです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13093246/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
【新製品】Sinocare社製コロナウイルス検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
芳賀健介氏「千三十三日のグアム戦争」プレゼント企画
レナジャポン公式サイトリニューアル記念プレゼント企画
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示