川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル円、クロス/円、クリスマス休暇を前に小動き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は直近の日足が陰線引けとなりましたが、下値を切り上げる流れを守っており、短期トレンドの変化は認められません。一方で118円台には中・長期的な上値抵抗が控えており、これにぶつかる可能性にも注意が必要でしょう。ドル買いは無理せず117.20-30で押し目買いとしています。急落した場合の下値余地を116.70-80近辺まで見て置く必要があります。損切りは116.40。これが付いた場合は下値余地が更に拡がり易くなります。売りは基本は様子見。上値抵抗を試すなら118.30-50の戻りで軽く売って119円超えで撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。上昇余力の強いものではないことや、トレンドの変化が認められないので1.0530に損切りを置いて1.0450-60超えで売り狙い。損切りが付いた場合でも1.06台に日足の実体を戻さない限り、下値リスクが軽減されません。買いは様子見です。

ユーロ/円は小幅続伸となりましたが、3手前の日足が短期トレンドに変化を生じさせており、122.80-90での戻り売り方針で。損切りを浅くするなら123.60、深い場合は強気転換の可能性が点灯する124.10で撤退です。日足の実体ベースで124円台回復を見ない限り日足は下値リスクがより高い状態にありますが、週足の形状は崩れておらず、119円割れの越週とならない限り、買い場探しを支持しています。買いは様子見。

ポンド/ドルは値幅の小さい足が連続しています。上値を切り下げていますが、下げ渋りの傾向を示しており、売りは1日様子見でいいでしょう。買いも様子見です。

ポンド/円は小反落。日足の形状はやや悪化した状態ですが、週足が調整下げの範囲内に留まっていることや145.00近辺の下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。売りは147.10で撤退。買いは様子見です。

豪ドル/円は反発に転じましたが、日足の形状が悪化しているので買いは様子見です。一方で週足は下値を切り上げる流れを維持しており84円割れで越週しない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。売り買いともに1日様子見か、引き付けて。買いの損切りは84円割れ、売りは87円超えで撤退です。下値抵抗は84.80-90に、上値抵抗は86.30-40にあります。

日本は3連休、海外もクリスマス休暇に入るため動きが鈍くなりそうですが、水星の逆行に入っており、思わぬ動きが出てくる可能性もありそう??天気も強風で荒れ模様ですね。そうそう昨日は出版社の方と前々から楽しみにしていた蠣殻町のすぎたさんでお寿司と美味しいお酒を頂きました。江戸前の極みを感じる美味しいお寿司でした。マグロの赤身、ヅケに仕立てていたのがメチャメチャ美味しかったです。では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、反落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は上値トライのスタートとなりましたが118円台の上値抵抗を攻めきれずに小反落に転じています。クロス/円の上値も重いので、やや下値リスクが高い状態ですが、トレンドの変化が認められないのでドル売りは様子見です。ドル買いの損切りは短期トレンドが変化する116.40。これが付いた場合は115.00-20の足元の強さを確認する動きへ。

ユーロ/ドルは小幅続落。トレンドが弱い状態に変わりないものの、下げ余力が強いものではないことや、1.0350-60の抵抗に跳ね返されているので小反発の可能性があります。売りは1日様子を見るか1.0440-50近辺までの戻りを見て置く必要がありそうです。損切りは1.0510で一旦撤退としていますが、短期トレンドは1.06台に実体を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。

ユーロ/円は陽線で続落を食い止めていますが、前日足が短期トレンドに変化を生じさせているので、買いは様子見です。売りは124.10に損切りを置いて戻り売り方針で。週足の下値抵抗が120~121円台にあるので突っ込み売りにも注意が必要です。但し、119円割れで越週した場合は一段の落リスクが点灯します。

ポンド/ドルは小幅続落。1.2300-10にやや強い抵抗が控えていますが、トレンドが弱いので戻り売り方針で。短期トレンドは1.2550超えに値を戻さない限り、変化しません。買いは様子見としています。

ポンド/円は陽線で続落を食い止めています。145.00-10の下値抵抗を実体ベースで守って終えていますが、短期トレンドは調整下げ局面に入っており、買いは様子を見るか144.80で浅めに撤退です。売りは1日様子見か引き付けて。147.10で撤退です。

豪ドル/円は小反発に転じましたが、日足の形状は悪化しています。一方で、週足が下値を切り上げる流れを守っているので、調整下げに留まる可能性も高い状態です。買いは様子見か85.20-30で押し目買い。損切りは84.50で撤退です。売りは86.40-50で戻り売り。損切りは87.10で一旦撤退です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、強きを維持。118円台の抵抗にも注意。クロス円、反落に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続陰線引けとなり、上値を切り下げていますが、116.50-60の抵抗胃は跳ね返されており、再度118円超えの上値抵抗をトライする流れに乗せています。一方で、下値を急角度で切り上げる流れからは外れ始めていることや、118.30-50に強い上値抵抗が控えており、これにぶつかる可能性にも注意が必要でしょう。今朝の戦略では117.00-10で買って損切りポイントを116.40としていますが、ここからの買いは様子見でいいでしょう。売りは様子見か引き付けて119.10で撤退です。

ユーロ/ドルは反落。下値リスクが高い状態にあり、1.0470-80の上値抵抗にもぶつかっています。1.0360-70にやや強い抵抗があるので1.03台の売りは様子見でいいでしょう。上値抵抗は1.0430-40にあります。短期トレンドは1.06台を回復しない限り、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。

ユーロ/円は陰線引けとなり、この陰線が短期トレンドに変化を生じさせています。調整下げの範囲内ですが、120円方向への一段の下落リスクが点灯中。買いは様子見。売りは122円台半ばで戻り売り。損切りは123.60で一旦撤退としていますが、短期トレンドは124円台に実体を戻さない限り、やや下値リスクが高い状態です。

ポンド/ドルは反落。日足、週足共に下値リスクが高い形となっており、1.24台での戻り売り方針で。上値抵抗は1.2450-60にあります。短期トレンドは1.2650超えに日足の実体を戻さない限り、下値リスクが軽減されません。買いは様子見です。

ポンド/円は陰線引けとなり、単体では下値リスクの高いものですが調整下げの範囲内に留まっており、143円割れの越週とならない限り、売りも慎重に。売りは146.10-20で戻り売り。損切りは147.10で一旦撤退です。買いは様子見とします。

豪ドル/円は2手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。調整局面入りとなりましたが、84円割れを見ない限り、押しは一旦買い場となりそう。突っ込み売りに注意が必要です。買いは1日様子見。売りは85.60-70超えで戻り売り。損切りは86.30で一旦撤退です。

さて、今日はマネースクウェアさんで収録があり、帰りにデパ地下でお弁当を買いました。このところ魚系が多かったせいか、肉系を探すことに。で、お手頃値段で見つけたのが、銀座「初音」の牛肉弁当。牛丼風に味を付けたお肉がご飯の上に乗ったもの。これに味が浸みたお豆腐が添えてあります。なかなか食べでがあって満足。¥750でした。遅めのランチを会社に持ち帰って食べようとしたら、何とミニかっぶに入ったポテトサラダがおまけに付いていました。なんだか得した気分。ステーキ弁当も美味しそうでした。こちらは¥1350だったかな。お肉が結構しっかり乗っていましたから、コスパとしては良い方かも知れません。松屋銀座の地下は夜は混んでいますがお昼は意外とゆったりなんですね。懐かしい崎陽軒の焼売弁当もありました。
https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB201/100001189968/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円、クロス/円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、直近の日足が陰線引けとなり上昇一服となりましたが、下値を切り上げる流れには変化が認められません。短期トレンドが強いので押し目買い方針継続としています。損切りは下値リスクが点灯する116.40で一旦撤退。売りは様子見です。118.30-50にやや強い上値抵抗があります。下値抵抗は117.00-10、116.50-60。

ユーロ/ドルは反発。陽線で切り返していますが、短期トレンドは下値リスクがより高く、戻り売り方針継続とします。損切りは1.0530で一旦撤退。1.06台を回復した場合はニュートラルな状態に戻しますが、1.0650超えに日足の実体を戻さない限り、下値リスクを残します。買いは様子見です。

ユーロ/円は寄せ線に近い形の足となりましたが、上下の抵抗を攻めきれずに寄せ線に近い形の足となっています。下値を切り上げる流れに変化が認められませんが122円割れを見た場合は、下値余地がもう一段拡がり易くなります。買いは122円割れで撤退。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小反発に転じていますが日足の形状が悪化しており、買いは湯済でいいでしょう。売りは1.2520-30で戻り売り。損切りはニュートラルな状態に戻す1.2610で一旦撤退。

ポンド/円は、小反発に転じましたが、上昇余力の強いものではありません。また、今日の値動きの中で146.50割れを見ており145円台の下値抵抗の厚さをトライする動きが強まると見られます。買いは様子見です。売りも1日様子を見るか146.70-80で軽く売って、147.50で浅めに一旦撤退です。

豪ドル/円は高値圏に陰線が出ており、単体では下値リスクの高いものです。日足は下値抵抗を守って下値を切り上げていますが、上昇トレンドを維持しているので売りは様子見です。やや強い上値抵抗が86.30-50に出来ています。下げ余力を残した形となっているので買いは様子見か81.10-20以下まで引き付けて、84.80で浅めに一旦撤退です。

漸くクロス/円の上値が重くなり始めているようですが、ドル円の短期トレンドが変化するまでは売りも慎重に。

さて、昨日は友人の車で茨城の那珂湊までお正月用の食材を買出しに。といっても松前漬けを作るための切り昆布やするめいか、数の子、その他の乾物類を買った程度。お買いもの後はいつもの森田水産の2Fにある回転寿司のコーナーへ直行です。2Fには和食のレストランもあって、海鮮丼や焼き魚などメニューもたくさんありますが、まだトライしたことはありません。カウンターに陣取り、マグロの3種盛(中トロ、大トロ、赤身)、ひかり3種(鯵、イワシ、サバ)、鰤、上マグロ、イクラなどをオーダー。仕上げは2貫分のしゃりの上に炙りあなごが乗った江戸前。これにカニ汁を付けて¥3080でした。朝8:30頃に出発して、高速も順調、現地には11時前に到着。12時過ぎには買い物や食事も済んで駐車場を出たのが12:30pm頃。一般道へ出た途端ビックリ。これから入る車の列が反対車線に延々と続いています。あの感じでは入場して駐車が完了するまで2-3時間かかる感じでした。早く行って大正解。おかげで帰路の途中、守屋や友部のSAで野菜や現地の特産物も買う余裕もあり、コーヒータイムも取ることが出来ました。車の流れも順調で東京へは3時頃到着。お天気も良くていいストレス解消になりました。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル全面高の展開に

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は強気の流れが継続中。長期的な上値抵抗ポイントにあるので118円台の買いは様子見としていますが、勢いがあるので値ごろ感からの売りは様子見です。押しが入った場合は117円台前半があってもおかしくないところです。ドル買いの損切りは116.40にしています。日足野上値抵抗は118.80-910に、下値抵抗は117.70-80、117.00-10にあります。

ユーロ/ドルは続落。直近の日足が揉み合いを下抜けて新たな下落トレンド入りの可能性が点灯中です。基本は戻り売りの流れ。買いは様子見です。1.0650超えに日足の実体を戻さない限り、下値リスクが高い状態です。

ユーロ/円は陰線引けとなり、上値トライに失敗した形です。日足はやや下値リスクが高い形ですが、トレンドの変化は認められません。122円割れに損切りを置いて押し目買い方針継続。

ポンド/ドルも重要ポイントを下抜け始めており、一段の下落リスクに要注意。上値抵抗は1.0480-90、1.0530-40にあります。
短期トレンドは1.06台に実体を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。

ポンド/円は上値トライに失敗した形で終えていますが、トレンドの崩れは認められません。日足の形状がやや弱いので買いは1日様子を見るか146円割れで撤退です。売りは様子見。

豪ドル/円は強気を維持していますが、直近の日足が上値トライに失敗して押し戻されており、買いは86円台半ばの押し目を待ってみても良さそう。損切りは86円割れ。売りは様子見です。

今日はこれから外出です。お昼を食べ損ないました。ランチ情報はまた来週。皆様良い週末をお過ごしください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
【新製品】Sinocare社製コロナウイルス検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
芳賀健介氏「千三十三日のグアム戦争」プレゼント企画
レナジャポン公式サイトリニューアル記念プレゼント企画
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示