川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ビットコイン下げ止まる動きを見せたものの、上値を抑えられて推移

  • はてなブックマーク

❖❖昔の公衆電話❖❖

今の若い人たちは公衆電話を利用したことがほとんどないと思います。故に、使い方もわからず、受話器を取らずに、最初にお金を入れてから受話器を取る人が多いそうです。 時代は変わりましたよね。

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「堅調な展開に移行できるのか」

先週末のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯が変化日となり新しい動きが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、下げ止まる動きを見せたものの、上値を抑えられている。

次の注目日は3月17日前後である。

A点水準:約380万円
B点水準:約540万円
C点水準:約440万円
E点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントは堅調な展開に移行することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ACEラインに注目したい。堅調な展開に移行することが出来るのであれば、右肩上がりのACEラインが下値支持線となることが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は上値の重たい展開である。右肩下がりのBCDラインに沿って推移する可能性がある。また、右肩下がりのBEラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、400万円を割り込む可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も残っている。下値支持線ACEラインが存在している。また、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、540万円を超えていくことが求められるからだ。

ビットコインチャート

雲の下限が上値抵抗線になっているのが分かる。雲を越えていくことが出来るのか否かと同時に、雲のねじれの位置を通過することでどのような流れが出てくるのかがポイントになる。

「下げ止まることが出来るのか」

先週のレポートでは、BDラインに注目した。下げ止まるのであれば、BDラインが下値支持線となることが期待されたからだ。 実際には、BDラインに絡んだ動きが続いているが、先週末の終値はBDラインの上方を維持して取引を終えている。

次の注目日は3月18日前後である。

A点水準:約29万円
C点水準:約34万円
E点水準:約35万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
引き続きBDラインに注目したい。下げ止まるのであれば、まずはBDラインが下値支持線となり下げ止まることが出来るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も値を下げている。つまり、上値を見ると限り、右肩下がりに推移している。また、ペンタゴンのど真ん中の時間帯より陰線が続いているからだ。 この場合、28万円を割り込んでいくことが考えられる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性がある。下値支持線としてBDラインが存在している。また、右肩上がりのDEラインが下値支持線として控えているからだ。 この場合、40万円を超えていくことになろう。

イーサリアムチャート

雲の下限を割り込み、上値の重たい展開が続いている。雲の中に入ることが出来るのか否か、また、雲の上限を超えることが出来るのか否かもポイントになる。

「下げ止まったのか」

先週のレポートでは、C点に注目したい。C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きに出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、C点が位置する時間帯以降、CDラインを超えて値を上げてきた。

次の注目日は3月14日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約120円
C点水準:約90円
D点水準:約40円

リップルチャート

今週のポイントは下げ止まったのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのCEラインに沿った展開になっていくのが理想的だからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線として期待されたACEラインを割り込んでいるからだ。 この場合、80円を割り込んでいくことになろう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性がある。C点が位置する時間帯を通過した直後より上昇している。また、上値抵抗線CDラインを超えてきている。そして、D点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、100円を超えていくことが考えられる。

リップルチャート

雲のねじれの位置近辺より上昇に転じ、雲の上限を超えてきた。堅調な展開に移行する確率が高くなった。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ビットコイン、一時反発上昇したものの、再び値を下げる

  • はてなブックマーク

❖❖証明❖❖

先日、仕事の関係で抗体検査をすることになり、綿棒を使って・・・30分後
ちゃんと陰性でした!

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「下げ止まることが出来るのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。右肩上がりのACラインが下値支持線として下げ止まることが出来るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、ACラインを割り込むことなく反発したものの、先週末にかけて再び値を下げてきている。

次の注目日は3月12日前後である。

A点水準:約380万円
B点水準:約540万円
C点水準:約440万円

ビットコインチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が変化日となり新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。下値支持線として期待されたABラインから下放れている。右肩下がりのBCラインが上値抵抗線となっている。たとえ、BCラインを超えたとしてもBEラインおよびBFラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、400万円を割り込む可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。下値支持線としてACラインが控えているからだ。 この場合、BFラインを超えていくことが求められる。

ビットコインチャート

雲の上限が厚い壁になっている。取引時間中に雲を越えたものの、再び先週末には雲の下限を割り込んできた。上値は重たいのか。

「下げ止まることが出来るか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。下げ止まりから落ち着いた動きになるのであれば、ACラインが下値支持線となることが期待されたからだ。 実際には、週初こそACラインを割り込むことなく反発した。しかし、週末にかけて下落し、ACEラインに引き寄せられた。

次の注目日は3月11日前後である。

A点水準:約29万円
B点水準:約35万円
D点水準:約34万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。CEラインが下値支持線となり、下げ止まることが出来るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。C点が位置する時間帯より陰線が出現し、値を下げている。 上値を見ると、右肩下がりに推移しているからだ。 この場合、25万円を割り込んでいくことが考えられる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある、 下値支持線としてCEラインが存在している。また、D点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。この場合、40万円を窺がう動きになっていこう。

イーサリアムチャート

雲の中に入り底堅い動きを見せていたのだが、先週末に再び雲を割り込んでしまった。

「下値を試すのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。下げ止まるのであれば、右肩上がりのACラインが下値支持線となることが求められたからだ。

次の注目日は3月7日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約120円
C点水準:約90円
D点水準:約40円

リップルチャート

今週のポイントは下値を試す動きになっていくのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、週明けに新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線ACラインを割り込んできた。また、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、60円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、100円を超えていく動きが求められる。

リップルチャート

雲の中の推移している。すなわち、雲の上限が上値抵抗線、雲の下限が下値支持線となっているのが分かる。したがって、雲の上限を超えることが出来るのか、それとも雲の下限を割り込んでいくのかに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ウクライナ危機で急下落からの下げ止まりの様相に

  • はてなブックマーク

❖❖点滴❖❖

ゴルフのスイングが悪いせいか、頚椎を痛め、左肩から左手の先まで痺れが取れません。 整形外科に行くと、いきなり点滴が始まりました。が、うーん、痺れは続いています。

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「下げ止まったのか」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、C点が位置する時間帯にほぼ終値水準で安値を示現し、下げ止まる動きを見せている。

次の注目日は3月4日前後である。

A点水準:約540万円
B点水準:約480万円
C点水準:約380万円
E点水準:約440万円 

ビットコインチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来たのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。下げ止まるのであれば、右肩上がりのCEラインが下値支持線となることが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。A点が位置する時間帯より値を下げてきている。下値支持線として期待されたBDラインを割り込んでいる。 この場合、400万円を割り込んでいく可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性はある。右肩上がりのCDラインに沿って推移していく可能性がある。また、CEラインが下値支持線として控えている。そして、p点とのダブルボトムが形成していると考えられるからだ。 この場合、540万円を窺がう動きになっていこう。

ビットコインチャート

雲の下限に沿って推移していたのだが、先週末に雲の中に入ってきた。このまま、雲の中を維持することが出来るのか否かがポイントになる。

「下げ止まる動きを」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かに注目したからだ。 実際には、B点が位置する時間帯を通過した直後より値を下げ、ADラインに引き寄せられている。

次の注目日は3月3日前後である。

A点水準:約29万円
B点水準:約45万円
C点水準:約35万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。下値支持線として存在しているADラインを割り込むことなく推移することが出来るのであれば、下げ止まる動きにつながる可能性があるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。B点が位置する時間帯より下落に転じ、下値支持線と期待されたACラインを割り込んできている。そして、右肩下がりの上値抵抗線としてCDラインが存在しているからだ。 この場合、25万円を割り込んでいく可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性がある。下値支持線としてADラインが存在している。しかも終値水準としてもADラインを維持している。そして、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、40万円を窺がう可能性がある。

イーサリアムチャート

雲の中に価格が入ってきたことに加え、遅行スパンも26日前の価格の情報を維持している。故に、流れが変わってくる可能性がある。

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、ペンタゴンのど真ん中の時間帯にかけて押し目を形成したのだが、A点を通過すると同時に下げ止まりから上昇に転じている。

次の注目日は3月2日前後である。

A点水準:約100円
B点水準:約70円
C点水準:約120円
D点水準:約90円

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのBDラインが下値支持線になることが求められるからだ。逆に言えば、BDラインを割り込むと、上値の重たい展開に移行することになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。ど真ん中の時間帯より上昇に転じている。また、BDラインの上方を推移しているからだ。 この場合、100円を超えていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線としてCDラインが控えているからだ。 この場合、80円を割り込んでいくことになろう。

リップルチャート

雲の中を推移している。しかも、雲の上限を試すかのような値動きとなっている。ここからは雲の上限を超えることが出来るのか否かがポイントになる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ビットコイン上値の重たい展開、再び400万円を試す動きになってこよう

  • はてなブックマーク

❖❖ビックリ❖❖

週末に原稿を書くためにファミリーレストランに行ったのですが、そこでビックリ!パンケーキを頼んだら、パンケーキを持ってきたのがロボットでした!注文の品を受け取ったら、ボタンを押して返さないといけないのですが、操作方法を知らなかったせいで、5分ぐらい僕の席にいました(笑)。

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、DFラインに注目した。右肩上がりのDFラインが下値支持線になり堅調な展開が続くことが期待されたからだ。 しかし、実際にはD点が位置する時間帯より反発に転じたものの、先週末にかけてDFラインを割り込んでしまった。

次の注目日は3月4日前後である。

A点水準:約380万円
B点水準:約500万円
C点水準:約540万円
D点水準:約480万円 

ビットコインチャート

今週のポイントは週明けの流れに注目ということである。

<あくまでも個人的見解>
E点に注目したい。先週末にE点が位置する時間帯に到達した。したがって、E点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開になっている。下値支持線と期待されたDFラインを割り込んでしまっている。また、B点が位置する中心点の下方を通過したことで上値は限定的でCFラインを超えていく確率が低いと考えられるからだ。また、小さなダブルトップを形成していると考えることも出来るからだ。
この場合、400万円を試す動きになってこよう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。E点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩上がりのEFラインが下値支持線として存在しているからだ。
この場合、500万円を超えていくことが求められる。

ビットコインチャート

雲の上限を超えるのか、という上昇もあったのだが、雲の上限が上値抵抗線となっている。雲の上限を超えることができるのか否かに注目をしたい。

「上値は重たい」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。右肩上がりのACラインが下値支持線になることが期待されたからだ。 しかし、B点が位置する時間帯にかけて下落に転じ、先週末にはACラインを割り込んでしまった。

次の注目日は2月27日前後である。

A点水準:約29万円
B点水準:約45万円
C点水準:約35万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上値の重たい展開が鮮明化するのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開になっている。下値支持線と期待されたACラインを割り込んでしまった。右肩下がりの上値抵抗線CDラインが存在している。そして、中段でミニダブルトップに似たパターンを形成しているからだ。
この場合、30万円を割り込んでくることが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、ACラインに沿って推移していく可能性も残っているからだ。
この場合、38万円を超えていくことが求められる。

イーサリアムチャート

雲が上値抵抗線となっているのが分かる。したがって、雲に到達していることからも、雲を越えていくことができるのか否かがポイントになる。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、横這いの動きが続いている。

次の注目日は2月22日前後である。

A点水準:約90円
B点水準:約120円
C点水準:約100円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは週明けに新しい動きが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになる。直近の動きが横這いとなっているだけに注目したい。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。B点が位置する時間帯を通過した後も値を下げることなく推移している。また、DFラインが下値支持線として控えているからだ。
この場合、120円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。現在値が中心点であるC点の下方を推移していることから、次のペンタゴンが右上に描き足される確率が低くなっている。すなわち、上値は限定的と考えられるからだ。
この場合、80円を試す動きになっていこう。

リップルチャート

雲の上限に絡んだ動きを見せている。ここから雲の上限を越えていくことができるのか、それとも雲の下限を試しにいくのかに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ビットコイン反発上昇が続いているが、流れが変わる可能性も

  • はてなブックマーク

❖❖大好きな海鮮丼❖❖

これは僕が大好きな海鮮丼です。本店は東京駅八重洲口を出たところにあります。通常は1時間近く並ぶのですが、並ぶ価値のある海鮮丼です。食べ終わった後に、ご飯を少量追加しだし汁を入れ、更に右上にある鯛の漬け加えていただきます。1つで2度美味しいというモノです。これで、なんと1,100円! 

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「反発上昇はどこまで」

先週のレポートでは、CEラインに注目した。右肩上がりのCEラインが下値支持線となるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、CEラインを割り込むことなく底堅い動きを見せている。ただし、先週末にかけて値を下げている。

次の注目日は2月20日前後である。

A点水準:約380万円
B点水準:約500万円
C点水準:約440万円
D点水準:約540万円
E点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントは反発上昇どこまで続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
EFラインに注目したい。反発上昇が続くのであれば、右肩上がりのEFラインを割り込むことなく推移していくことが求められるからだ。逆に言えば、EFラインを割り込むと、弱気が広がり再び上値の重たい展開に移行することになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、右肩上がりのACEFラインが下値支持線として存在しているからだ。 この場合、540万円を超えていくことが求められる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。E点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのDEラインに沿って推移している。そして、上値抵抗線としてDFラインが存在しているからだ。 この場合、450万円を割り込んでいくことになろう。

ビットコインチャート

反発上昇に転じているビットコインだが、雲の下限が上値抵抗線となっている。雲を越えていくことが出来るのか否かに注目をしたい。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、D点に注目した。D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、D点を通過した後より下落に転じている。

次の注目日は2月18日前後である。

A点水準:約29万円
B点水準:約35万円
C点水準:約39万円
E点水準:約45万円 

イーサリアムチャート

今週のポイントは流れが変わったのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
DFラインに注目したい。堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのDFラインを割り込むことなく推移していくことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。一時的にはADライン水準を割り込んだものの、その後は右肩上がりの値を上げている。下値支持線としてDFラインが控えているからだ。 この場合、40万円を超えていくことが求められる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に戻る可能性も残っている。D点が位置する時間帯を通過した後より値を下げている。また、下値支持線DEラインを割り込んできたからだ。 この場合、30万円を試すことが考えられる。

イーサリアムチャート

反発に転じているものの、雲の下限が上値抵抗線となっている。また、遅行スパンも26日前のローソク足を超えることが出来ずに下落に転じている。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、BCラインに注目した。下げ止まりから堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのBCラインが下値支持線となることが期待されたからだ。 実際には、BCラインを割り込むことなく上昇し、上値抵抗線ACラインを超えてきた。 ただし、C点が位置する時間帯より値を下げてきた。

次の注目日は2月14日前後である。

A点水準:約120円
B点水準:約40円
C点水準:約90円
E点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは流れが変わってしまったのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。週明けにD点が位置する時間帯を通過する。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。B点が位置する時間帯より上昇に転じている。また、上値抵抗線ACEラインを超えてきているからだ。 この場合、120円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯より下落に転じている。また、下値支持線CDラインを割り込んできたからである。 この場合、80円を割り込んでいくことが考えられる。

リップルチャート

反発上昇が続き雲の上限まで値を上げた。しかし、その後は値を下げ、雲を割り込んでしまった。堅調な展開を維持するのであれば、雲の上限を越えていくことが望まれる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

トレトレ会員無料登録はこちら
第15回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
川口一晃のペンタゴンチャンネル
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
【FINTECH-asp】
500円相当ビットコインプレゼント
BXONE
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示