蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

米国の救世主になるのかハリス副大統領候補

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

投票まで3ヶ月を切った米大統領選挙がいよいよ面白くなってきた。77歳という高齢で頼りないイメージがつきまとう民主党候補ジョー・バイデン前副大統領に彼がかすむほど存在感がある黒人女性副大統領候補が強い味方として登場したからだ。

kanise_20200826.jpg

その候補とはカリフォルニア州選出のカマラ・ハリス上院議員(55歳)。母親がインド出身で父親がジャマイカ出身という移民2世で、肌は褐色(米国では黒人扱い)。しかも女性という3重のマイノリティで、これまでならとても副大統領候補者に選ばれることは皆無だっただろう。ところがトランプ大統領の露骨な白人至上主義、女性差別、誰がみても無責任なコロナ対策のお陰で米国政治の常識が覆されてしまった。

19日、ウイスコンシン州ミルウォーキーから全米に生放送された民主党全国大会(コロナ禍のため無観衆)でハリス氏はさっそく「トランプ大統領のリーダーシップの欠如が命と生活を犠牲にした」「米国は嘆いている」と大統領を批判。敏腕検事から政界入りしただけあって彼女の舌鋒は鋭かった。

これに先立ってデラウェア州ウイルミントンの高校体育館で開かれたイベントでは、バイデン氏と共に黒いマスク姿で登壇したハリス氏はトランプ大統領は「泣き言だけ」の無能な指導者だとこき下ろした。

「アメリカはリーダーシップを切望している。それなのに今の大統領は自分を選んでくれた人たちよりも自分自身を大切にし・・・この国をボロボロにしてしまったんです」とも。

これを知った自己中のトランプ大統領が黙っているわけはない。さっそくお得意の人格攻撃で応酬。同議員を「ナスティ(性悪)」「酷い」「無礼」だと倍返し。それだけではない。移民2世のハリス議員は「米国人ではないかもしれないという意見がある」という根拠のない説まで持ち出した。オバマ前大統領を攻撃したと同じ陰謀論だ。米国は国籍について出生地主義を採用している。ハリス氏は疑いのないカリフォルニア生まれだから問題などない。だがこうした人種差別的陰謀論を鵜呑みにするトランプ支持者たちがたくさんいるのである。

米国では副大統領職は「人類がつくった最も不要な仕事」と初代副大統領のジョン・アダムズが嘲ったほど閑職だと思われてきた。歴史を振り返れば、実際に40年以上副大統領不在の期間があったほどだ。だが今回は違う。

なぜならバイデン氏が米史上最高齢の大統領に選ばれ任期中に死亡または執務不能な事態が起きた場合には、即座にハリス氏が引き継ぐことになるからだ。その瞬間に米国史上初の女性しかも初の有色人種の大統領が誕生する。まさに歴史的な出来事が起きるかもしれないのだ。そうならなくても次の大統領選の有力候補になることは間違いないだろう。

カマラという名前には「ヒンズー教の幸運と繁栄の女神ラクシュミ」という意味がある。インド人の母親が女性の地位向上に愛娘が寄与することを願ってつけたそうだ。そんな母の夢を娘が実現するかもしれない。

一方、コロナ禍、景気悪化、支持率低下で苦戦するトランプ大統領にはハリス氏以外にももうひとつ頭痛の種がある。彼の元腹心で大統領の罪を背負って有罪判決を受けた顧問弁護士マイケル・コーエン受刑者が両大統領候補初のテレビ討論会の前の9月8日に暴露本『DISLOYAL(背信)』を出版する予定だからだ。おそらくトランプ氏のこれまで行なった数々の違法行為が白日の下に晒されるだろう。ハリス氏はマイク・ペンス副大統領と10月7日にユタ州でガチンコのテレビ討論会に臨む。さてその結果はいかに。(終)

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示