HOME > 酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 > 酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」第134回
バックナンバー
酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」 第133回
  
公開日:2018年4月17日

国内外の銀行で為替ディーラーとして活躍され、その華麗な取引手腕から「貴公子」と称された酒匂隆雄さん。為替ディーラーの第一人者の顔とは別に、レーシング、海外旅行、ワイン・グルメに温泉旅行と、様々な趣味をお持ちで、人生を楽しく過ごすことに関しても一流人です。

このコンテンツでは、楽しい話題や日々の生活、たまには為替マーケットについて語っていただきます。

短気は損気

2月に引き続き先週金曜日から今週月曜日に掛けてマニラに行き、巨大娯楽施設のオカダマニラに滞在して市内観光、ゴルフ・バトル、そしてメインのカジノ三昧を楽しんで来た。

到着翌日の市内観光は、ガイドさんによると「こんなツアーは初めてです。」と言うくらい異色の物だったらしい。

訪れた場所をざっと振り返ってみると、

・ネルソンタワー(第二次世界大戦中、山下大将が到着した旧日本陸軍飛行場、)
・アメリカン・セメタリー(桜兵営跡)
・フィリピン空軍博物館(小野田少尉の私物の他、B29のエンジンや沢山の飛行機やミサイルなどが展示されている。)
・マニラ防衛隊司令部跡
・マニラ・ホテル(マッカーサー司令部)
・第十二陸軍病院跡

など、どう見ても旧日本帝国陸軍を意識したツアーであることは見え見えである。

何故この様な企画かと言うと、今回のマニラツアーを企画して筆者をお呼び頂いた、いわゆる『隊長さん』が相当の『戦争物好き』で、ツアーの前に『連合艦隊(映画)(1981年公開・東宝映画)を鑑賞しておく事。』との宿題が出ていたくらいである。

実は筆者も相当『戦争物』とか飛行機、ミサイルなどが好きで(多くの男の子は殆どそうではないのかなあ?)凄く興味深いツアーであった。

2日目は市内観光をする者、買い物をするために市場に行く者、オカダマニラに引き籠ってカジノを楽しむもの、そして炎天下でゴルフをする者に分かれて異なる自由行動を楽しんだ。

筆者は勿論炎天下ゴルフ。

きつかった。

外気温はおおよそ32~33度で、日本では「老人の方は外出を控えて下さい。」と言う猛暑である。カートを利用したので相当助かったが、やはり暑くて熱中症気味になり、冗談ではなくてちょっとした上り坂を上がると息切れがして眩暈がした。(これ、本当はやばいんですよね。)いわゆる脱水症を起こして熱中症になりかかっているのだ。

日本のポカリ・スウェットと同じ様なゲータレードと言う毒々しい色をしたスポーツドリンクを3本飲んで、事なきを得た。

ゴルフはわざわざ日本から自分のクラブを持って行ったのだがスコアはイマイチ。「俺は古希なんだからホワイトティー(※1)で回らせろ!」とごねて握り(各ホール毎に誰がベスト・スコアを出すかをベットする。)は相当勝ったが、スコアは気に入らなかった。

3人で回って各人に現地人のキャディーが付くのだが、皆日焼けをして真っ黒なのだが実に可愛い。

前回のマニラ紀行でも述べたが、フィリピンでは殆どの人がちゃんとした英語を喋り、コミュニケーションは全く問題無い。筆者には『Middle Forty(40台半ば)』のEvaと言う名前の5人の子持ちのおばさんがキャディーとして付いてくれたが、お互いに冗談ばっかり言ってずっと笑いっ放しであった。

Evaから習った現地のタガログの言葉。
・Lolo=お爺ちゃん。孫達の写真を見せたら、「Oh, you are Lolo.」と言われた。
・Matalino=スマートな人。(筆者がそうだとおだててくれた。)

炎天ゴルフを無事に終えてキャディーにチップをやるのだが、相場は500ペソ(約1千円)らしい。筆者はベットに相当勝ったので「よくやってくれたからボーナスだよ。」と言って皆に余計に500ペソ上げたら物凄く喜んでいた。

ちょっと余計にチップをあげて偉そうにする積りは全く無いし、こちとら年金生活者で別に金持ちでもないのだがよくしてくれた事に対し、多少の感謝の気持ちを示すのは悪い事でもあるまい。(しかもそれは他のプレーヤーからせしめたベットからの上がりなんだから・・・)

さて肝心のカジノであるが、やられた!初日は少し勝っていたのだが2日目から何時もの悪い癖が出てしまった。

2日目。
少し離れたテーブルでプレーしている日本人と思われる集団が煩くて仕方ない。「わおー!」とか「やったー!」とか兎に角傍若無人なのだ。目の前のディーラーに「あれ、何とかならないのか?」と言っても肩を狭めるだけ。まあ、ディーラーとしてはどうしようもないんでしょうな。

そのテーブルを睨み付けながら、ちょっとここでは書けない英語で「阿呆んだれ!」とか悪態を付いていたら集中出来なくてずるずる負け出した。

駄目だ。ちょい負けで2日目は終えた。


さて最後の夜の3日目。
冷静にプレーしていたら多少戻したのだが、また煩い奴が来た。今度はどう言う訳か日本人と中国人の集団の一人だ。此奴は大声を出すのではなく、どう言う訳かチップをテーブルにひっきりなしに叩き付けて『カチカチカチカチ』と音を立てている。

同じテーブルで一緒にプレーしていた筆者の友人達は平気らしいのだが、筆者はああ言う雑音が我慢出来ないのだ。

『カチカチカチカチ』
「うるせーぞ、馬鹿野郎!」
『カチカチカチカチ』

ディーラーに言っても仕方ないのでフロアの責任者を呼んで「あの○○○に止める様に言ってくれ。」と言ったら、「えーと、えーと。」と言うだけで埒が明かない。
(注:○○○は此処では書けない相当悪意を持った英語の表現である。)

仕方ない、此方は大人しくプレーを続ける。

『カチカチカチカチ』

全く集中出来ない。プレーを止めてそのテーブルに向ってある表現を行っていると全然集中出来ない。
(注:その表現も此処では書けません。)

1時間くらいは我慢しただろうか?

何時ものプッツン!

またフロアの責任者を呼んで「あの○○○が止めるか、俺が止めるかだ!」と最終通告をしたらどう言う訳かその○○○が居なくなって静かになった。

ところがもう駄目ですね、こうなると。

同じテーブルで楽しんでいた温厚なゴルフ仲間の一人は、筆者の剣幕にびっくり仰天して「お先に失礼します。」と帰ってしまうし、場が白けてしまった。そこでもうお開き。

結局少し負けてしまって、短気は損気だと言う事を再び痛感した。

勝負事をしている時は熱くなってはいけません!あくまでも冷静に、落ち着いてやらないと勝負事には勝てません。

為替を45年近くもやっているのにこの体たらくで恥ずかしい限りである。でも楽しいマニラ旅行、第二弾でありました。
(また7月に行こうと言う企画があるが、余りギャンブル好きではない筆者はもう充分で御座います。)

※1 ホワイト・ティー【White tee】
各ボールの出発する芝生の区域のこと。一般的にブルー(Blue)、ホワイト(White)、レッド(Red)に分けられている。
ブルーティー:グリーンから一番遠いプロ男子ゴルファー専用
レッドティー:グリーンに一番近い、女子ゴルファー専用
ホワイトティー:ブルーティーとレッドティーの間。



酒匂隆雄氏プロフィール

酒匂隆雄  さこう・たかお

酒匂・エフエックス・アドバイザリー 代表

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示