HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「マカオグランプリ2015観戦レポート」
バックナンバー
楢橋里彩レポート「香港彩り情報」 ~2015年 マカオ・グランプリ観戦レポート~
開催日:2015年11月19日~22日

みなさん、こんにちは。楢橋里彩です。
毎年11月に行われるマカオの一大モーターイベント「マカオグランプリ(GP)」。11月19~22日の4日間にわたり行われました。天候に恵まれ、日中の気温は連日28度まで上がったものの、決勝戦が行われた21日にはおよそ約27,000人、22日は約28,700人が観戦、期間中は8万人近くが熱戦に酔いしれました。世界初の「FIA(国際自動車連盟)GTワールドカップ」も加わった今回のマカオGP。その魅力に迫ります!

一般公道6.2キロを走りぬける世界屈指の難コース!

総勢200名のドライバー参加した今年のマカオGP。コースの特徴は公道であり、険しい山道を6.2キロ走ること。常設サーキットとは異なり、マカオの市街地に設営されるサーキットは一般公道のため、期間中の4日間は封鎖されます。選手たちはレース前に道路状態を確かめることはできないのです。

鈴鹿サーキットよりも長いコースですが、場合によっては道幅が7メートルしかないところもあり、クラッシュすると危険な場所もあります。1周を最速2分10秒で走り抜けるレースは、まさにスリリングで命がけです。

 

一般公道6.2キロを走りぬける世界屈指の難コース!

1954年から始まったマカオGPはオートバイ、WTTC世界ツーリングカー選手権)、F3(フォーミュラ3)の世界最高峰のレーサーたちが世界一を競い合うイベント。当時、ポルトガル植民地だったマカオでは、富裕層のためのいわゆる「草レース」から始まったものです。F3規格での国際レースが行われたのは1983年でした。

 

F1への登竜門! 歴史あるモーターイベント

現在は15周コースですが、当初は40周。最初の年に優勝したのはアイルトン・セナ。歴代優勝者にはミハエル・シューマッハ(1990年)、デビット・クルサード(1991年)、ラルフ・シューマッハ(1995年)、そして佐藤琢磨(2001年)らが名を連ねます。

 

F1への登竜門! 歴史あるモーターイベント

上位入賞しているドライバーがその後F1にステップアップ、世界的に大活躍する、まさにF1への登竜門。ちなみに1983年のF3が規格レースになって以来「YOKOHAMA TIRE(ヨコハマタイヤ)」がワンメイクサプライヤーを務めています。

 

ピット内で見る、ど迫力のレーシングカー!

ピットと呼ばれる、競技車両を整備するサーキット場の施設前のエリアは、前方に大型モニターが設置されている上に屋根がある、観客満員の人気エリアです。今年はピットからもレーシングカーを見ることができました。

 

ピット内で見る、ど迫力のレーシングカー!

間近でみるレース前の入念なエンジンチェックの様子や、クラッシュしたマシンを慌ただしくチェックしていく光景。観戦席からは感じられない何ともいえない緊張感がありました。

 

ピット内で見る、ど迫力のレーシングカー!

ピットではF3マカオグランプリに出場されたことがあり、1988、1999年の2年連続でF1チャンピオンにもなったフィンランド出身のミカ・ハッキネンさんにお会いすることができました!メルセデスAMGのブランドアンバサダーでもあるミカ・ハッキネンさん。マカオGP期間中、マカオ内のショッピングモール内でサイン会が行われるなど、今も根強い人気です。

イベントを彩るレースクィーンたち

イベントを彩るレースクィーンたち

 

イベントを彩るレースクィーンたち

レースクィーンたちが動くたびに多くのカメラマンが大移動!撮影ポジションの争奪戦が激しく撮影するのも一苦労でした。

F3決勝は「SJMセオドールレーシングバイプレマパワーチーム」のフェリックス・ローゼンクビスト選手が優勝!

今大会では28台が参戦したF3決勝戦。優勝したのは、ポールポジションからスタートしたフェリックス・ローゼンクビスト(SJMセオドールレーシングバイプレマパワーチーム)。予選レースでは2位だったのですが、1位だったアントニオ・ジョヴィナッツィ(カーリン)が予選レース開始直後の事故の原因を作ったため、20秒加算のペナルティが科せられ、繰り上がりました。

 

F3決勝は「SJMセオドールレーシングバイプレマパワーチーム」のフェリックス・ロゼンクビスト選手が優勝!

 

F3決勝は「SJMセオドールレーシングバイプレマパワーチーム」のフェリックス・ロゼンクビスト選手が優勝!

ローゼンクビスト選手はF3ヨーロッパシリーズで優勝しており、今回のマカオGPでは史上二人目となる2年連続の優勝でした。日本人ドライバーも大健闘。15位には山下健太選手(Tom's)、16位には関口雄飛選手(B-Max)、金丸悠選手(カーリン)が24位、高星明誠選手(B-Max)はクラッシュに巻き込まれ、修理したものの、マシンコンディションが悪く走行を断念しました。

いかがでしたでしょうか?動画を見た方はお分かりかと思いますが、とにかく音が大きいです!耳栓がないと耳がおかしくなるくらい、レーシングカーの音が大きいんです。

レースを初めてする人も、会場の雰囲気などを感じていくうちに、だんだんと面白くなってくるのがわかります。写真や動画ではわかりづらいと思いますので、来年のマカオグランプリは皆さんもぜひ観戦しにきてください!

香港のグルメやイベント情報は、私のブログ「彩り亜細亜地図」でもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
トレトレ会員募集
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
HSBC香港活用マニュアルセット
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示