HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「スタジオシティ マカオ特集」
バックナンバー
楢橋里彩レポート「マカオスタジオシティ特集」
記事公開日:2016年3月30日

みなさん、こんにちは。楢橋里彩です。
今回の香港彩り情報はマカオ・コタイ地区に昨年10月27日にオープンしたばかりの統合型(IR)施設「スタジオ・シティ・マカオ」を特集!マカオ経済のカジノ依存が問題視される中、ファミリー層を新たに取り込もうと、非カジノ要素を多く取り入れた新しい商業施設です。今回は、「世界を席巻ASIAN旋風」でインタビューしたマカオ新聞編集長の勝部悠人さんの案内で行ってきました!

<マカオ新聞編集長の勝部さんとのインタビュー記事もあわせてご覧ください>

ターボジェットでマカオへGO!!

香港からマカオに行く場合は、香港国際空港、香港島の上環(ションワン)または、九龍半島の尖沙咀(チムサーチョイ)にあるフェリーターミナルから噴射飛航(ターボジェット)に乗ります。

 

今回は上環にある港澳客輪埠頭(香港マカオフェリーターミナル)からマカオに出発!香港駅から歩道橋で繋がっているので雨天でも傘要らず。

 

マカオには、マカオとタイパの2ヶ所にフェリータミーナルがあるので、場所を間違えないよう行先の確認をしましょう。香港からマカオまでの所要時間はおよそ1時間。運行時間は基本は24時間です。ちなみにマカオ行きのフェリーターミナルまでは7時から23時59分までは15分おきに運行され、タイパ行きは30分おきです。それ以外の時間帯は本数が減ります。

 

座席はエコノミークラスとスーパークラスの2つ。チケットは窓口、自販機、オンラインで購入のEチケットがあります。

 

平日と週末でも料金は変わる上に、7:00~17:00のデイタイムと、17:30~06:30のナイトタイムで料金が変わります。

 

今回は午前8時台のフェリー(エコノミークラス)に乗ったので行きは164香港ドル(約2,500円)、帰りは18時台だったので189香港ドル(約2,800円)でした。特に週末マカオに行かれる場合は混雑が予想されるので、往復チケットを先に購入することをお勧めします。(またはマカオに着いたときに購入しておく)

新しい娯楽施設「スタジオシティ マカオ」

コタイ地区に2015年10月27日にオープンした、大型統合型(IR)施設「スタジオ・シティ・マカオ」。総工費は日本円で3,500億円以上かけて作られました。これまでのカジノ商業施設と一線を画すのは「非カジノ要素」を取り入れていること。カジノテーブル認可数を250台と通常より少なめにし、「ファミリー層」を取り込もうというもの。従来あるはずのVIPルームを設置しないほどの徹底ぶりです。

 

10月27日のオープニングセレモニ―には、「スタジオ・シティ」が舞台になったマーティン・スコセッシ監督の短編映画「ザ・オーディション」が上映され、さらに同作品に出演したレオナルド・ディカプリオ、ロバート・デ・ニーロといったスーパースターたちに加え、世界の歌姫マライア・キャリーも駆けつけるなど、華々しく開幕しました。

気分はまるでニューヨーカー

入り口を入るとそこは、もうハリウッド映画のワンシーンの世界。

 

NYCの地下鉄があったり、NYCとかかれたマンホールや派手なネオン看板などがあちこちに見られ、ここがマカオというのも忘れてしまうほど。

 

ファッションの最先端をいくブランドショップがあふれる空間は、ウィンドーショッピングして見ているだけでもワクワクです!

世界初の8の字型観覧車「The Golden Reel」

スタジオ・シティ23階(地上約130m)に設置されている8の字型観覧車「The Golden Reel」。こんな場所に、しかも数字をかたどった観覧車は見たことがありません!17個設置されているゴンドラには10人収容が可能。中央部分はクロスしないよう、ゆっくりと8の字を15分かけて回ります。

 

ダイナミックなつくりに圧巻。日中も素晴らしい景色が見られますが、やっぱりお勧めはナイトタイム。マカオの夜景を一望できます。新たな人気スポットになること間違いなし!料金は大人100香港ドル(約1,500円)。子ども80香港ドル(約1,200円)。

浜崎あゆみさんも堪能した日本食レストランもある?!

施設内には、レストランも充実。ミシュランガイドで一つ星を獲得している台湾点心専門店「鼎泰豊」や「碧迎居」といった広東料理や中国北部料理レストランから、西洋料理、日本食、フードコートなど20店近く入っています。

 

日本料理レストラン「HIDE YAMAMOTO」は、多目的施設「スタジオシティ・イベントセンター(SCEC)」で2月に開催された、マドンナさんのワールドツアー「レベル・ハート・ツアー」を観に来た浜崎あゆみさんが立ち寄ったレストランとして話題になりました。

 

オーナーの山本秀正シェフは、米国大統領の就任パーティや公式晩餐会でヘッドシェフとして腕を振るってきた実力者です。シンガポールのマリーナベイサンズに本店を構え、東京、ジャカルタ、インドネシア、マカオなど20近い店舗があります。ちなみに香港には未上陸のレストラン。2010年グローバルシェフアワードを受賞した、山本シェフのオーセンティックな味を贅沢に堪能するためにマカオへ来る価値は十分にあります。

子供から大人まで楽しめる施設が満載!

ワーナー・ブラザーズとDCコミックのコラボレーションによる最新技術を駆使した「4Dフライトシミュレーション」。迫力満点のアトラクションに思わず息を飲むはず!これまでになかった新感覚のバットマンの世界にどっぷり浸かってみてはいかがですか?

 

イベント名 バットマン 4Dフライト・シミュレーション
料金 大人150香港ドル(約2,250円)
子ども120香港ドル(1,800円)
身長・体重制限あり 身長:125cm~195cmまで
体重:136kgまで

世界的イリュージョニストとして有名なフランツ・ハラレー氏プロデュースのマジックアトラクション「魔幻間(ハウス・オブ・マジック)」も、ここでは楽しめます。3部構成になっており、最後までスリル満点のイリュージョン!

 

イベント名 魔幻間 HOUSE OF MAGIC
公演回数 月~金: 1日3回(17時、19時、21時)
土・日: 1日4回(15時、17時、19時、21時)
料金 大人: 450香港ドル(約6,750円)
子ども(12歳以下): 360香港ドル(約5,400円)

子供たちが大喜び!「Warner Bros. Fun Zone ワーナー・ブラザーズ ファン・ゾ―ン」では可愛らしいキャラクターに囲まれたエンターテイメントワールド!

 

イベント名 Warner Bros. Fun Zone ワーナー・ブラザーズ・ファンゾーン
開放時間 10:00~21:00
料金 大人1人・子ども1人: 2時間 200香港ドル(約3,000円)
追加料金: 1時間100香港ドル(約1,500円)
大人追加: 1人 75香港ドル(約1,200円)

スタジオシティ・マカオに併設する、「スタジオシティ・セレブタワー」と「スタータワー」からなる「スタジオシティーホテル」。1,600室ある客室はWi-Fiも充実、部屋も62平米(スタータワー)で広々!ホテル内にはスパ、プール、ジム、美容サロンなども揃い、ホテルの中だけでも1日ゆっくり過ごせます。

 

幅広い世代が楽しめる「スタジオシティ・マカオ」。日本とマカオ間の直行便も増えている中、新たなマカオの魅力のとりこになること間違いなしです!マカオの各フェリーピア、マカオ国際空港からスタジオ・シティ・マカオまでのアクセスは、タクシーまたは無料のシャトルバスが運行しています。

 

今回、スタジオシティ マカオのオリジナルグッズを買ってきました!マグカップに温かい飲み物を入れると絵柄が変わるマグカップ、スタジオシティの名物「The Golden Reel」のイラスト入りのTシャツ・トートバッグです。こちらのマグカップ・Tシャツ・トートバッグの3点を抽選でトレトレ会員3名様にプレゼントいたします!

 

※こちらのキャンペーンは終了いたしました。

<注意事項>
※トレトレ会員にご登録されていない方は、まずは登録フォームより会員登録をお願いいたします。
※当選の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

応募締切:4月13日(水)
当選発表:応募締め切り後、厳正なる抽選の上、プレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

いかがでしたでしょうか?取材したのは平日日中でしたが、それにも関わらず家族連れが目立っていました。勝部さんのインタビュー後に向かったので尚のこと感じたことが、カジノが入っているわりには目立ってはおらず、むしろ家族が楽しめる雰囲気を意識して作られていることでした。

ちなみに8の字型の観覧車は、オープン当時は昼過ぎには長蛇の列ができていたそうですが、今は平日なら比較的どの時間帯もスムーズに乗ることができます。次回は夜に行ってみたいと思いました!

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
トレトレ会員募集
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
HSBC香港活用マニュアルセット
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示