HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 香港・マカオ・深圳スポーツイベント特集
バックナンバー
香港・マカオ・深圳スポーツイベント特集
公開日:2019年06月20日

みなさん、こんにちは。楢橋里彩です。
連日30度超えで、毎日暑い日続いている香港ですが、今回は一足早く秋から冬にかけて毎年開催される香港、マカオ、深センのスポーツイベント情報をご紹介します。

香港には、毎年開催されている「香港国際マラソンに」加え、5年前にスタートした自転車レース「香港サイクロソン」があります。世界中のプロからアマチュアまで、そしてご家族で楽しめるイベント。日本からも多くの方が参加されています。今回は香港近辺のマカオ、深センでも開催される国際マラソン大会についてもあわせてご紹介します。

自転車レース「第5回サンフンカイ・ プロパティーズ(新鴻基地産発展) 香港サイクロソン」

香港政府観光局が主催する自転車レース「第5回Sun Hung Kai Properties 香港サイクロソン」。大会当日は、道路が規制され、普段、都市部で自転車をこぐという光景は見ることができない香港では、貴重な機会。昨年は約5500名が参加、年々参加者が増えている香港の人気国際イベントの一つです。今年は10月13日(日)に開催されることが発表されています。

香港サイクロソンは世界からプロ選手が集まって競い合う「国際クリテリウムレース」と、一般者が参加できる「チャレンジライド」の2つあります。 一般参加可能なコースのひとつ「50kmライド」(例年午前5~8時)は、九龍半島の尖沙咀(チムサーチョイ)エリアをスタートし、世界一長い道路鉄道併用の吊り橋として有名な青馬大橋などの橋3か所やトンネルがコースとなっているので、走りながらも香港の自然を満喫しながら楽しめるコースとして人気です。

スタート時間が朝5時ということもあり、夜明け前からスタート、夜更けに走り出し朝日をみながら走ることができる、まさに"非日常空間のレース"なので、長距離ですが人気があります。「30kmライド」(午前8時~10時)は、九龍半島の中心部の尖沙咀東(チムサーチョイ・イースト)を出発し、ストーンカッターズ橋などを走行します。

他にも家族向けの「ファミリー・ファン・ライド」、子供向けの「キッズ&ユースライド」、さらに「CEOチャリティー&セレブリティライド」(1.2キロ)など、コースも充実しています。昨年は世界最高峰のプロチームが競う「ハンマーシリーズ」が開催され、話題をよびました。

今年のレースの詳細、ならびにエントリー時期は7~8月になる見込みです。(詳しくは、香港政府観光局の公式サイトをご覧ください)また、毎年国内の旅行会社H.I.S.でレース参加のパッケージツアーを組んでおり、こちらから直接エントリーすることも可能とのことです。

香港政府観光局公式サイト


© 2018 Hong Kong Cyclothon

「第24回スタンダードチャータード(渣打銀行) 香港国際マラソン」


香港マラソンは毎年2月に開催され、アジアで最も大きなマラソン大会の一つになっています。次回は2020年2月9日開催予定。毎年世界からおよそ80カ国、約70,000人以上参加者が集結する、アジア最大級のマラソンイベントです。

スタート地点は、九龍半島にある尖沙咀(チムサーチョイ)エリアのネイザンロード。ここから、高速道路、汀九橋、3キロに及ぶ海底トンネルなど、様々な景色を楽しみにながら走ります。一見平坦にみえるコースですが、坂が多くて決して走りやすいとは言い難いです。特に上り坂が20km続くポイントは、何度も参加しコースに慣れているランナーも毎回苦戦します。とはいえ坂を上り切って完走するとまた挑戦したくなる、走りがいがあるコースです。

▶フルマラソン 42.195キロ(6時間)
スタート:九龍半島・尖沙咀(サムサーチョイ)ネイザン通り(ミラ・ホテル前)  
ゴール:香港島・銅饠湾(コーズウェイベイ)・ビクトリア・パーク 

▶ハーフマラソン21.0975キロ(3時間)
スタート:九龍半島・尖沙咀(サムサ―チョイ)・ネイザン通り(ミラ・ホテル前)  
ゴール:香港島・銅饠湾(コーズウェイベイ)・ビクトリア・パーク 

▶10キロマラソン(2時間)
スタート:香港島・炮台山(フォートレスヒル)・アイランド・イースタン・コリドール  
ゴール:香港島・銅饠湾(コーズウェイベイ)・ビクトリア・パーク 

コース地図参照

下記の地図は、マラソンのコースをざっと表したものです。コースの詳細は、上記リンクより御覧ください。

尖沙咀からストーンカッターズ橋へ

ストーンカッターズ橋を渡り、トンネルを通り近青馬大橋へ。大橋を渡り、青朗公路の折り返し地点まで行く。

長青隧道と通り、青葵公路で西區海底隧道を通り香港島へ。

干諾道西天橋、軒尼詩道を経由し、ゴールの銅鑼湾・ビクトリアパークを目指す。

次回の詳細はまだ発表されていませんが、例年ですと9月にエントリー登録が開始されます。

香港の公式サイトから申し込みをしますが、こちらは抽選となります。一方、日本事務局のウェブサイトからは、料金がやや割高になりますが確実に参加できるとのことです。

尚、以下の旅行会社から毎年、香港国際マラソンツアーパッケージを販売しています。(予定)
★株式会社H.I.S
★クラブツーリズム株式会社
★ヴィクトリーツアー株式会社
★株式会社IACEトラベル

香港国際マラソン公式サイト(日本語)
香港政府観光局公式サイト

「第38回マカオ・ギャラクシーエンターテインメント国際マラソン」


毎年、12月の第1日曜日に開催されている「マカオ・ギャラクシーエンターテインメント国際マラソン」。
38回目を迎える今年は、12月1日(日)に開催されます。

コースは、以下の通り。
★フルマラソン (制限時間5時間)、20歳以上
★ハーフマラソン(2時間30分)、18歳以上
★ミニマラソン(1時間15分、距離は4.2キロ~5.5キロ間。次回は未定)、15歳以上

昨年は気温16度のなか、前回はフルマラソンおよそ1400人、ハーフマラソンおよそ3600人、ミニマラソンおよそ5000人が参加しました。尚、昨年のエントリー時期は9月中旬頃から1期、2期にわけて行われますが、遅くなると料金がやや割り増しになるので、参加される方はお早めに。参考までに前回の1期の参加料はフル&ハーフマラソン6,000円、ミニマラソン1000円。第2期(9月16日~10月15日)はフル&ハーフマラソン7000円、ミニマラソン1500円。

★毎5km時点で水・スポンジを提供 。終点では水、チョコレート、バナナなどを提供
★使用可能施設: トイレ、着替え室、シャワー施設及びロッカー提供

スタート・ゴール地点は「マカオ・スタジアム」。半島南部のマカオ中心部付近を走り、埋め立て地である沿岸の開発地区を走ります。聖ポール天主堂跡といった代表的な歴史的建造物などマカオ歴史市街地区を見ながら、全長2.2㎞の西灣大橋を渡って再びタイパ、コタイ地区へと戻るコースとなっています。コース最高地点は海抜35mあり、やや上り坂になりますが、香港のコースに比べたら比較的走りやすく、道もフラット。5キロ前後の距離を走る「ミニマラソン」は他の国際大会ではない短距離なので、マラソン初心者や初参加したいという方には同大会はおススメです。

ヨーロッパとアジアが融合した独特の雰囲気を感じることができるマカオは、どこを切り取ってもフォトジェニック。昨年、港珠澳大橋が開通し、ますます観光客が増えているなか、マカオ半島、タイパ島のあらゆる世界遺産の寺院などを楽しみながら走ることができるのもマカオ国際マラソンならではの魅力です。

マラソン後はこの時期に開催されている「マカオシティライトフェスティバル」に行ってみましょう。
2015年から始まったものでマカオの冬の代表的なイベントの一つ。毎年12月~1月まで開催されます。セドナ広場周辺や歴史的市街地などで、3Dプロジェクションマッピングやライトショーなどが行われ、街全体が幻想的な光に包まれます。

マラソンが終わった後に午後から市街地をゆっくり散策しながらライトショーを鑑賞し、ポルトガル料理を堪能するのもいいですね。「マカオシティライトフェスティバル」鑑賞は無料、今年度のイベント期間詳細は未定ですが、マカオ観光局公式サイトにて発表されます。

マカオ・ギャラクシーエンターテインメント国際マラソン公式サイト
マカオ観光局公式サイト

第6回中国田径協会、深セン市政府主催「深セン国際マラソン」

中国田径協会、深セン市政府が主催している深セン国際マラソンは、2013年に始まったばかりのフルマラソン・ハーフマラソンの国際大会。前回(2018年)は12月16日に開催、37カ国・地域から3万人が参加しました。

2015〜2018年にかけては4連続で中国田径協会の金牌賽事を受賞、さらに「2018深セン国際マラソン」では世界のマラソン50強で4位に入るなど、今世界的にも注目されつつあるマラソン大会です。フルマラソンは、15000人限定、ハーフマラソンは、15000人限定になります。

フルマラソンのスタート地点は福田区の深セン市民広場(午前8時)。コースは沿深南大道、沙河西路、望海路绕行,途经福田区、南山区、罗湖区を経て深セン市民広場(福田区)に戻ります。ハーフマラソンは深圳湾体育中心を周辺を走ります。

コース地図参照

★参加条件は、20歳以上、ハーフマラソンは16歳以上。
★選手は有効な身分証、パスポートを持って各項目の年齢に従って登録。深圳選手には特別枠があり、深圳市民が選手登録する際は深圳市居民身分証または深圳経済特区居住証を持って登録。
参加料金はフルマラソンは外国籍の場合は29米ドル(、ハーフマラソンは17米ドル。

今年の詳細はまだ発表されていませんが、例年ですとエントリー登録は8月末から開始・抽選となります。
公式サイト

今回はマラソン&サイクロソンを取り上げましたが、秋冬シーズンは他にも様々なスポーツ、アクティビティを楽しめる時期。海と山が背中合わせの香港には、ハイキングトレイルなども豊富にありますので、涼しい時期に入ると多くの人たちが週末に楽しんでいます。ハイキングトレイルに関しては、改めて取り上げます。

さて、6月に入ってから大きな問題としてあげられている「逃亡犯条例」改正の問題。200万人以上のデモの様子や催涙スプレーが放たれた光景は日本でも報道されました。

読者の皆さんから「香港は大丈夫なのか」という不安の声が多く寄せられていましたので現状をお伝えしますと、今回のデモに関してはすでに収束しており、一部占拠されていた金鐘(アドミラルティ)エリアの幹線道路はすでに回復しています。全て正常化しておりますのでご安心して香港にお越しください。

次回は、一度は泊まってみたい!日本人宿泊者にも人気の高い、「老舗ラグジュアリーホテル」の特集です。

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
川口投資道場
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示