HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 香港国際空港からの乗り継ぎ時間を楽しもう!~滞在5・8時間編~ (後編)
バックナンバー
楢橋里彩レポート「香港彩り情報」 ~香港国際空港からの乗り継ぎ時間を楽しもう!~滞在3時間編~
公開日:2018年03月23日

みなさん、こんにちは。楢橋里彩です。
1日に多くの人が利用する香港国際空港。ちょっとしたトランジットでの滞在時間も有効に使いたい人のために滞在時間ごとにプランをご紹介。前回の3時間滞在編に引き続き今回は5時間、8時間プランをご紹介します。

ディープな香港体験もプランに、というリクエストにお応えして、今回は大自然からローカルな街並みまで様々な香港の魅力をプランに。尚、滞在時間はイミグレーション手続きと荷物のピックアップ時間を省略しています。時間に余裕をもって行動しましょう。

※1香港ドル=14円計算

■目次

5時間コースその1 空港近くの「香港の自然」を贅沢に楽しむプラン
 空港バス乗り場から東涌(トンチョン)駅に
 大仏、パワースポット、精進料理、山頂の数々の観光スポット

5時間コースその2 香港の中心地「セントラル」界隈でインスタ映えの景色を堪能!
 空港からエアポートエクスプレスに乗って市街地に
 世界一長いエスカレーター「ヒルサイド・エスカレーター」
 セントラル界隈にあるウォールアートで記念撮影!
 文武廟(マンモーミュウ)でお寺を参拝
 香港駅内にある世界一安いミシュラン点心専門店「添運好」

8時間コースその1 レトロでディープな香港の街を歩く
 エアポートエクスプレスで九龍駅へ
 パワースポットとして人気の寺院「黄大仙(ウォンタイシン)」
 ディープなレトロなエリア「金魚街(ガムユーガイ)」へ
 街のど真ん中にある「雀鳥花園(バード・ガーデン)」
 香港のダイナミックな景色を見に尖沙咀(チムサーチョイ)へ
 広東料理「翠韻軒」でキャラクター点心を食べる

8時間コースその2 香港の中心街からローカルを堪能する
 エアポート・エクスプレスに乗って、香港駅まで
 香港をビクトリア・ピーク(山頂)から望む
 中環(セントラル)にある本格的飲茶「陸羽茶室」へ
 少し仮眠をとりないならカプセルホテル「SLEEEP」で一休み
 タクシーでスターフェリーピアまで移動
 北京ダックを半羽から食べられる「大都烤鴨 Empire City Roasted Duck」

5時間コースその1 空港近くの「香港の自然」を贅沢に楽しむプラン

香港といえば、飲茶にエステにブランドショップ、というイメージを持っている人が多いと思いますが、実は海と山が背中合わせになっている自然豊かな場所です。今回のプランには、ちょっと気晴らしに自然に触れたいけど、空港からあまり離れたくないという方にお勧め。

空港の近場にある「ケーブルカー」に乗って、山頂にある観光スポットに行くのはいかがでしょうか。パワースポットあり、精進料理あり、大仏も見られる空港からの近場観光プランです。

空港バス乗り場から東涌(トンチョン)駅に

MTR東涌線東涌(トンチョン)駅行きのバスS1に乗って15分~20分ほどで東涌駅に到着(乗車料金3.5香港ドル:約50円)。ケーブルカー「昂坪360」の乗り場は東涌駅B出口の目の前にあります。

観光用のケーブルカーはランタオ島の東涌と昂坪(ゴンピン)を結んでいるもので全長は5.7km、途中乗降駅はありません。運行時間は午前10時から(土日祝日は9時)。空港から離着陸する飛行機を眺めながら30分間楽しめますが、強風の場合は運行中止になるので公式サイトなどで確認を。

■大人210香港ドル(約3,000円)
■子供145香港ドル(約2,050円)

詳しくはこちらでご紹介しています。
ケーブルカーで行ける観光スポット特集

大仏、パワースポット、精進料理、山頂の数々の観光スポット

標高520メートルの昂坪(ゴンピン)高原には天壇大仏が鎮座。高さ26.4メートル(台座を含めると高さ34メートル)、重さが202トンある座仏です。このエリアには他にも1924年に建立された寶蓮寺で精進料理を食べられます。

また、パワースポットとして有名な「心経簡林 (Wisdom Path)」があり、見どころ盛り沢山のスポット。下山するときは、行きと同じくケーブルカーの利用、または寶蓮寺の近くにあるバス乗り場から「23番バス」で東涌駅へ行きましょう。(所要時間は30~40分)

施設名 天壇大仏・寶蓮寺
所在地 Po Lin Monastery, Ngong Ping, Lantau Island, Hong Kong
付近の地図はこちら
開放時間 天壇大仏:10:00~18:00
寶蓮寺:10:00~17:30
電話番号 +852-2985-5248(寶蓮寺)

ケーブルカーやバスではなく、タクシーでの移動で時短も。東涌駅から移動のタクシーはランタオ島エリアで走る青色のみなのでご注意を。所要時間は混み具合にもよりますが40分~50分、料金は200香港ドル前後(約2,700円)です。

香港の中心地「セントラル」界隈でインスタ映えの景色を堪能!

空港から香港の中心街まで出て、飲茶にカフェ、お寺の参拝、インスタ映えするスポットに行きたい!こんな『欲張りステイ』をしたい方はこちらのプランはいかがでしょうか。香港駅から徒歩30分圏内で楽しめる場所ばかりなのが嬉しいプラン。

空港からエアポートエクスプレスに乗って市街地に

空港から頻繁にでているエアポートエクスプレスに乗れば24分で市街地に。およそ10分間隔で運行しています。限られた時間のなかでの移動ならバスやタクシーよりエアポートエクスプレスがお勧め。チケットは空港到着ロビーや各駅にあるカスタマーサービスカウンター(客務中心)で購入できます。往復チケットを買うとお得です。

施設名 エアポートエクスプレス
移動区間・時間 香港国際空港~香港駅(24分)
料金 ■大人(12歳以上)
片道・同日往復:115香港ドル(約1,650円) 往復:205香港ドル(約2,900円)

■子供(3歳~11歳)
片道・同日往復:57.5香港ドル(約810円)
※3歳以下無料
運行時間 空港駅→香港駅:05:50~25:15
香港駅→空港駅:05:50~25:15
備考 公式サイト

世界一長いエスカレーター「ヒルサイド・エスカレーター」

香港駅から中環(セントラル)駅まで移動したら、向かうのは世界一長いエスカレーター『ヒルサイド・エスカレーター』。地上から山の中腹にある半山(ミッドレベル)までを結ぶおよそ800メートルあるエスカレーター。全23基で構成されています。

上り下りのエスカレーターがあるわけでなく、午前中は「下り」運転ですが、それ以外は「上り」になります。ちなみに映画『恋する惑星』などでも登場しているため、行ったことなくても見たことある人はいるかもしれませんね。今回は山の中腹にある繁華街として知られるSOHOエリアで降りて、荷李活道(ハリウッドロード)を散策です。

施設名 ヒルサイド・エスカレーター
経路 中環駅からヒルサイド・エスカレーターまでの経路はこちら

セントラル界隈にあるウォールアートで記念撮影!

今荷李活道(ハリウッドロード)沿いウォールアートがアツい!インスタグラムでアップしている人も多く『インスタ映え』スポットとしても話題に。香港政府観光局がプロモーションしている「オールド・タウン・セントラル(OTC/Old Town Central)」にある撮影スポットとして、上環(ションワン)、中環(セントラル)エリアは様々なアートが描かれています。

嘉咸街(グラハムストリート)と荷李活道(ハリウッドロード)が交差するところに描かれているのは、壁一面が青色に塗られたこちらの作品。インスタ映えする色合いが受けて連日大混雑です。

さらに上環方面に歩いていくと、卑利街(ピールストリート)には、女性の横顔のアート。

その先には、左手に「文武廟(マンモーミュウ)」というお寺があり、すぐ脇にある四方街(スクエアストリート)にあるアートギャラリー「加華藝廊」の壁には、大きなブルース・リーが描かれています。

この界隈は、さらにオシャレスポットになっており、小さなカフェやセレクトショップなどが多く点在。散策をしながらアート鑑賞ができるのはこのエリアならでは。

文武廟(マンモーミュウ)でお寺を参拝

ハリウッドロードにある寺院「文武廟(マンモーミュウ)」は、およそ150年の歴史をもつ香港で最も古いお寺として知られています。こぢんまりしたお寺ではありますが、巨大渦巻の線香が天井から吊るされており圧巻です。

施設名 文武廟
住所 128 Hollywood Road, Sheung Wan, Hong Kong
MTR上環駅から徒歩7分
付近の地図はこちら
開放時間 8:00~18:00
(※毎月1日と15日は7:00から)
料金 無料

香港駅内にある世界一安いミシュラン星点心専門店「添運好」

小腹がすいたら、高級ミシュランレストランのシェフが独立した店でリーズナブルな値段で楽しめる点心専門店「添運好」へ。空港に戻る前に立ち寄ってみましょう。香港駅内にあるチェックインカウンターから1フロア降りたところにあります。空港行きのエアポートエクスプレスにすぐに乗れる最高の立地にあるのでお勧め。昼間のランチ時は長蛇の列ができますので、少し時間をずらすといいでしょう。

詳しくは過去記事で紹介しています。
ショッピングモール特集第1弾 ~利便性抜群!「IFC Mall」~

施設名 添運好
住所 Shop 12A, Hong Kong Station, Podium Level1, IFC Mall, Central
付近の地図はこちら
開放時間 9:00~21:00
料金 無料
支払い方法 現金
言語 広東語・標準中国語・英語
電話番号 +852-2332-3078
備考 公式サイト

駅内でチェックインして、一路空港へ。香港は一方通行が多いため、すぐに辿り着くと思っても意外と遠回りになることも。また平日は特に道路が渋滞している場合が多いので、移動の際はバスか地下鉄、または香港島の庶民の足『トラム』を利用するのがおススメ。

8時間コース1 レトロでディープな香港の街を歩く

エアポートエクスプレスで九龍駅へ

時間を無駄にしないために、エアポート・エクスプレス(機場快線/AEL)を使って九龍駅に行きましょう。

施設名 エアポートエクスプレス
移動区間・時間 九龍駅~香港国際空港駅(22分)
料金 ■大人(12歳以上)
片道・同日往復:105香港ドル(約1,500円)
往復:185香港ドル(約2,600円)

■子供(3歳~11歳)
片道・同日往復:52.5香港ドル(約740円)
※3歳以下無料
運行時間 空港駅→香港駅:06:01~24:50
香港駅→空港駅:06:09~25:07
備考 公式サイト

パワースポットとしても不動の人気寺院「黄大仙(ウォンタイシン)」

香港に来たら、ちょっと足を延ばしてでも行きたい観光スポットの一つが「黄大仙(ウォンタイシン)」。パワースポットとしても観光客に人気のある場所で、年に300万人以上が訪れます。地下鉄で行くなら、MTR観塘線にある黄大仙(Wong Tai Sin)駅を下車、B2出口から目の前。

香港は風水や占いが日常生活に密着しているので、お寺に行くだけで『香港文化』を感じられます。ここでは参拝だけでなく『香港式おみくじ占い』をしてみるのも楽しい。占い師による本格的な占い鑑定もでき、旧正月など1年の節目の時期を外したらスムーズに鑑定ができます。日本語対応の人もいるので安心です。

詳しくはこちらで紹介しています。
2018年新年祈願&占い特集

取材場所 黄大仙(ウォンタイシン)
開放時間 7:00~17:30
入場料 無料
場所 Won Tai Sin, Lung Cheung Rd., Kowloon
MTR観塘線黄大仙(Wong Tai Sin)駅B2出口徒歩1分
付近の地図はこちら

ディープでレトロなエリア「金魚街(ガムユーガイ)」へ

黄大仙を後にしたらまたタクシーで移動! 続いては地下鉄MTR太子駅と旺角駅の中間にある通菜街、通称「金魚街」(カムユーガイ)へ。名前の通り、このエリアでは金魚や鯉、熱帯魚といった観賞用の魚を販売する専門店が軒を連ねています。しかもすべて袋詰めにされた魚たちがこんな風に売られています。

さすがに一時的な香港滞在で金魚を飼うことはできないものの、色とりどりの魚たちを見ているだけで癒されます。取材したのは平日午後でしたが、男性の買い物客が多く賑わっていました。金魚は風水として縁起良く、金運アップに欠かせないもの。また土地が狭く犬猫のようなペットを飼いにくい香港だからこそ、こうした人気があるのだそうです。

名称 金魚街 - Goldfish Market
場所 43-49 Bute Street, 175 Tung Choi St, Mong Kok, Hong Kong
付近の地図はこちら

街のど真ん中にある「雀鳥花園」(バード・ガーデン)

この金魚街から徒歩10分圏内、MTR太子駅に近い場所にあるのが「雀鳥花園」(バード・ガーデン)。ここでは鳥以外にも餌、鳥かごなどが売られています。飼っている鳥をここに持ってくる愛鳥家らが集う場所。見ているだけでも楽しいし、歩いているとインコを手に乗せてくれることも。金魚街、雀鳥花園ともに、香港のローカル色が濃い場所。香港のちょっとした生活文化を感じられる場所です。

取材場所 雀鳥花園
場所 Yuen Po Street Bird Garden, Prince Edward, Kowloon
金魚街から雀鳥花園までの経路はこちら
開放時間 7:00~20:00(年中無休)

香港のダイナミックな景色を見に尖沙咀(チムサーチョイ)へ

せっかく香港の街に出てきたなら、香港の壮大な景色は抑えておきたいもの。続いては「雀鳥花園」の近くにあるMTR太子(プリンスエドワード)駅から4つ目にある尖沙咀(チムサーチョイ)駅にて下車。地下で繋がっている尖東(チムトン)L出口から出ると近くに文化中心(カルチャーセンター)が見えます。

■地下鉄の乗り方はこちらでご紹介
「オクトパスカードを使って、香港をラクラク旅しよう!
「香港を自由に移動しよう!乗り物特集」前編

文化中心の近くには「尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)」があり、ここから対岸にある香港島の壮大な景色を楽しめます。景色を見渡せる展望エリアも広々。ちなみに午後8時にあるライトショー「シンフォニーオブライツ」はこの場所で見られます。昼と夜の異なる香港の美しい景色を楽しみましょう。

地名 尖沙咀東部海濱公園
場所 L'Avenue des Stars, Tsim Sha Tsui East
尖沙咀駅からの道のりはこちら
開放時間 7:00~20:00(年中無休)

広東料理「翠韻軒(Symphony of Jade)」でキャラクター点心を食べる

香港文化中心の隣にある「香港藝術館」のグランドフロアにある広東料理「翡韻軒」で飲茶タイム。2017年9月にオープンしたマキシムグループの新店舗。今香港で人気の"キャラクター飲茶"もここで食べられます。ランチはセットあり、夜はアラカルトが充実。

日本語メニューもあり、写真もついているので、言葉ができなくても指差しでOK。広々としている店内ですが、お食事のピーク時は昼も夜も混むので、予約をするのがおススメです。窓から見えるビクトリア湾を見ながら過ごす至福の飲茶タイムになることでしょう。

店名 翡韻軒
場所 1-2/F, Restaurant Block, Hong Kong Cultural Centre, 10 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui
付近の地図はこちら
営業時間 ■月~日
9:00~16:00/17:30~23:30

■祝日
9:00~16:00/17:30~23:30
支払い方法 Visa / MasterCard / American Express / 現金 / 銀聯
言語 広東語・標準中国語・英語
電話番号 +852-2722-0932

エアポートエクスプレスに乗って、香港国際空港へ。駅内でチェックインできるのは香港駅と九龍駅。少し余裕をもってチェックインしたら、その後は楽に移動できます。

8時間コース2 香港の中心街からローカルを堪能するゆったりプラン

エアポートエクスプレスに乗って、香港駅まで

電車の乗り方は上記を参考に。終点の香港駅に移動。

香港をビクトリア・ピーク(山頂)から望む

山頂(ビクトリアピーク:標高552メートル)から見渡す香港島・九龍半島の景色を見に行きましょう。移動手段として、

1)セントラルフェリーピアから出ている15番バス
2)山頂行きミニバス
3)山頂行きのケーブルカー
4)タクシー

以上4つの方法があります。時間に余裕があれば1と2がおススメですが、特に2は常に混んでいるので、一時的な滞在としてはややもったいない・・・ということで、ここは香港駅改札を出たら目の前にあるタクシー乗り場から行きましょう!道路の混み具合にもよりますが、タクシー乗車時間は15分~20分、料金は(場所にもよりますが)75香港ドル(約1,050円)ほど。山頂は一部工事をしていますが、カフェ・レストランが充実しています。

中環(セントラル)にある本格的飲茶「陸羽茶室」へ

山頂の景色を見たら、下山して老舗飲茶レストラン「陸羽茶室」に。創業1933年、西洋と東洋が融合されたコロニアル建築物が美しく、外観からもその時代の長さを感じられる数少ない貴重な歴史的建物のレストランです。値段は他の飲茶レストランに比べるとやや高めですが、それでもこの素晴らしい空間は行く価値あり。定番の点心からアラカルトで広東料理を楽しめます。

施設名 陸羽茶室
住所 G/F, 24 Stanley Street, Central
MTR中環駅より徒歩5分
駅から店までの経路はこちら
営業時間 7:00~22:00(年中無休)
支払い方法 Visa / MasterCard / JCB / 現金 / 銀聯
言語 広東語・標準中国語・英語

少し仮眠をとりたいなら...オシャレなカプセルホテル「SLEEEP」で一休み

日本のカプセルホテルのようなオシャレなホテル「SLEEEP」。2016年12月にオープンした香港初のカプセルホテルには、世界中から旅行者が訪れます。場所は、中環(セントラル)と上環(ションワン)の中間点にあるNOHO(ノーホー)と呼ばれるエリア。

黒を基調とした落ち着いた空間には、8つのベッド。決して広いスペースではありませんが、不思議とそう感じさせないのがこのデザインの素晴らしさです。コンシェルジュサービス、Wi-Fi、トイレ、床下暖房のはいったシャワールームが完備。休息は、1、2、4、8、12時間の利用(1時間149香港ドル/日本円2,100円~)から選べます。

詳しくはこちらを参考に。
オシャレなのにリーズナブル!一度は泊まってみたいホテル情報1

施設名 SLEEEP
住所 242 Queen's Road Central, Sheung Wan, Hong Kong
陸羽茶室から徒歩10分
上環駅から徒歩5分
チェックイン/チェックアウト 15:00/11:00
支払い方法 Visa / MasterCard / JCB / American Express / ダイナースクラブ / 現金 / 銀聯
言語 広東語・標準中国語・英語
電話番号 +852-9604-6049

タクシーでスターフェリーピアまで移動

仮眠をとったらスッキリ!このまま空港に戻ってもいいけど、もう少し時間がある。せっかくなので、海風にあたりながらスターフェリーに乗ってみましょう。1階と2階で料金が異なります。

詳しい乗り方はこちらでご紹介
「香港を自由に移動しよう!乗り物特集」後編

施設名 セントラル・ピア
料金 ■平日
1階2.2香港ドル(約30円)
2階2.7香港ドル(約38円)

■土日
1階3.1香港ドル(約44円)
2階3.7香港ドル(約52円)
経路 SLEEEPから約20分
備考 スターフェリー公式サイト(料金・タイムスケジュール)

北京ダックを半羽から食べられる「大都烤鴨Empire City Roasted Duck」

香港に来たら北京ダックも食べてみたい!でも、一羽は食べられない・・・というときにとっておきのレストランがこちら!尖沙咀駅から直結しているショッピングモール「K11」のなかに入っている北京ダック専門レストラン「大都烤鴨 Empire City Roasted Duck」。

ここでは、半羽をリーズナブルな値段で食べられます。ちょっと小腹がすいたとき、北京ダックだけ食べたいとき、そんな時にも気軽に行けるカジュアルレストラン。人気レストランなのでディナータイムは特に予約は必須です。

詳しくはこちらでご紹介しています。
「大満喫!5万円(航空運賃込み)だけで香港弾丸旅行」

施設名 大都烤鴨 - Empire City Roasted Duck
住所 Shop 221, Level 2, K11 Art Mall, 18 Hanoi Road, Tsim Sha Tsui
フェリー乗り場からの経路はこちら
営業時間 11:30~23:00
支払い方法 Visa / MasterCard / JCB / American Express / ダイナースクラブ / 現金 / 銀聯
言語 広東語・標準中国語・英語
電話番号 +852-2628-0662

尖沙咀から九龍駅はやや離れているので、タクシー移動がベター。
九龍駅でチェックインしたらあとは空港に一直線。カプセルホテルSLEEEPの目の前の階段を上がると、そこはオシャレなカフェ、セレクトショップ、老舗レストランが広がるGOUGH Streetに。ちょっとした香港のお土産も買えるオシャレストリートです。

時間が限られたなかでの"弾丸香港ステイプラン"。色々と組み合わせてオリジナルのプランを作ってもいいかもしれません。「香港彩り情報」では、これまでも様々な香港情報を公開しています。

トランジット滞在とはいえ、香港は狭いのですぐに山にも海にもいけるのが魅力的。限られた時間の中で思い切り香港滞在を満喫してくださいね。

「香港彩り情報」では、"香港のこんな情報を知りたい!"など、皆さんからのリクエストもお待ちしています。次回は香港に隣接している「中国・深圳のIT産業リポート」をお届けします。

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示