HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 2019年香港春~初夏イベント&最新情報
バックナンバー
2019年香港春&初夏イベント&最新情報
公開日:2019年02月14日

みなさん、こんにちは。楢橋里彩です。

旧正月連休が終わり、新たな1年がようやく始まろうとしている香港。今年の旧正月連休は2月5~7日(中国本土は10日までですが、地域によっては2週間)と、例年より短い期間でしたが、連休前から多くの観光客が香港滞在を楽しんでいました。今回の香港彩り情報は旧正月を振り返りながら「最新の香港情報」とともに、春から初夏に開催されるイベントをご紹介します。

香港の最新ニュース

観測史上2番目に暖かい旧正月に

今年の旧正月はとても暖かく、初夏の陽気となりました。大晦日にあたる2月4日には正午に24.9度の気温を観測し、観測史上2番目に暖かかったことが分かりました。過去最も気温が高かった大みそかは1953年でした。毎年恒例の「花市(フラワーマーケット)」は、旧正月連休の1週間ほど前から開催されていますが、こうした気温の高さから旧正月が始まる前に花が開ききってしまったため、期間中早々と値下げされた商品も目立ちました。

銅鑼湾にあるビクトリア公園で18年にわたって出店している「興隆花場」は、旧正月を祝い、幸せをもたらす花として人気のある「水仙」の売れ行きが芳しくないと嘆いました。というのも、昨年は寒すぎて花が開かなかったのですが、今年は暑すぎてすでに花が開いてしまったためです。こうした値下げにともない会場には多くの来場者が訪れました。

<写真をクリックで拡大します>

旧正月連休期間、出入境者が例年の22%増

旧正月3が日は出入境者数が前年同期比22%増の300万人余りに上りました。このうち香港、珠海、マカオをつなぐ港珠澳大橋は40万人、高速鉄道西九龍駅は27万人で、ともに開通後で最高の利用者を記録しました。利用客が急激に増加した要因として、今月10日まで港珠澳大橋で行われた小型乗用車の通行料が無料になるサービスが挙げられます。通常の通行料は150元ですが、旧正月期間は小型車なら自家用車とタクシーともに無料となりました。

今年の旧正月連休は例年に比べ短いということもあり、人気のある海外旅行ツアーは、日本、韓国、タイといった近隣諸国への旅行のほか、高速鉄道と港珠澳大橋の開通によって福建省、潮州市、桂林市といった近隣地域への旅行でした。高速鉄道と港珠澳大橋の開通により例年より3〜4倍増えました。

新築住宅市場では優待サービスも

新築住宅市場では旧正月に合わせたさまざまな優待サービスが見られました。

會德豐地產が開発した將軍澳(チョンクワンオウ)CAPRI

何文田(ホーマンティン)ONE HOMANTIN

筲箕灣(シャウケイワン)ISLAND RESIDENCE

以上の物件では1%割引き販売を実施。このうち一部の指定物件ではさらに1%の割引きもあります。

また、恒基兆業地産が開発した粉嶺(ファンレン)高爾夫・御苑

西營盤(サイインプン)藝里坊1號

鰂魚涌(クォーリーベイ)君豪峰などでは、新春お年玉サービスとして3万8000〜21万8000香港ドルの現金還付を行いました。こうした背景には住宅市場に陰りがみられていることが挙げられます。

活豚の供給が旧正月連休後、再開に

昨年末から中国本土で蔓延していた「アフリカ豚コレラ」。日本でも豚コレラが発生しているため、今後一部の日本産の豚肉は輸入停止となる可能性がでています。香港近郊の珠海市や恵州市でも感染が確認されており、香港への豚肉の供給や価格にも影響が出ていました。

特に香港では飲茶などで食べられる「豚レバー」ということもあり、価格は値上がりしたり、メニューをしばらく停止するなど影響が出ていました。香港の豚肉業界では旧正月3が日は活豚の供給を停止し、食肉処理場の全面消毒を行っていましたが、食肉処理場は8日未明から運営を開始することを発表。8日、午前7時ごろから街市で新鮮な豚肉の供給が開始されます。

中華航空は労使交渉が決裂し、パイロットの組合がストライキ

中華航空は労使交渉が決裂したとして、8日午前6時からストライキを開始しました。ストライキ初日となる8日、9日両日で20便が欠航となり4000人が影響を受けました。

日本路線でも一部欠航が発生するなど、旧正月期間中のピーク時ということもあり、大きな影響か出ています。ストライキは台湾の桃園、松山、高雄の3か所の空港で行われています。パイロット組合は長時間フライトでの疲労状況の改善を訴えてますが、会社側はコスト上昇による競争力への影響を懸念し要求を拒否しました。中華航空の労使紛争はまだ解決のめどが立っていません(2月10日現在)。

労働側代表は、第一の要求である疲労フライトの改善は合意が難しいことを明らかにしました。中華航空では2016年にも客室乗務員のストライキを起こしており、経営陣が刷新されました。航空業界の競争激化による職員へのしわ寄せは大きく、ともすれば運航の安全にも影響を及ぼしかねません。

今年「粤港澳大湾区」大綱発表、不動産投資が増加

「粤港澳大湾区構想」は珠江デルタと呼ばれる広東省の9市に香港、マカオを加えた大珠江デルタを一つの経済圏とみなす相互発展計画。実現すれば中・大型国家規模の経済成長率(GDP)を有する一大経済圏の誕生となるため、今後の進展に期待が高まっています。

今年は「粤港澳大湾区構想」の計画大綱がいよいよ発表されるとみられており、広東省珠江デルタの不動産に投資する香港市民が増えています。このため中原地産は中国本土は地域によって不動産政策が異なる点に留意するよう呼びかけてます。

広州と深センの場合、家賃収入による投資回収率は1〜2%、融資金利が4〜5%であるため、家賃収入で住宅ローン金利を相殺することはできませんが。長期的には住宅価格が潜在的に上昇する可能性があります。

香港春のイベント情報

「2019日本香港観光年」、香港への渡航者には様々なキャンペーン特典も

今年は、『2019 日本香港観光年』です。日本各地の地方都市と香港の観光交流促進を深めながら航空路線の拡大を図っていきます。香港政府観光局では2019年1月から12月まで、地方都市での旅行会社・航空会社との共同キャンペーンやデジタルキャンペーンを行うなどして、さまざまな特典付きのツアーなどもご用意。

日本から香港への渡航者には、スターフェリー乗船券やトラムの乗車券、ショッピングモールでの割引クーポンがプレゼントされるなどキャンペーンも実施されます。詳しくは香港政府観光局公式サイトをご覧ください。

香港政府観光局公式サイト

お笑い芸人、オリエンタルラジオ・藤森慎吾さんが香港観光大使に

今年1月、観光大使にあたる星級香港迷(スターホンコンマイ)にお笑い芸人のオリエンタルラジオ・藤森慎吾さんが任命されました。藤森さんは中学時代の3年間を香港で過ごし、今でも年に1度は香港に訪れるのだそう。

「香港を一言でいうと、とにかく『パワフル』。思い悩むことや壁にぶつかっているような人にもオススメ」と、香港の魅力を発信していきたいと話されました。

これからの季節、香港の天候は?

旧正月が過ぎ、少しずつ春の訪れを感じさせる時期に入ります。旧正月期間は25度前後まであがり初夏の陽気でしたが、まだ気温の寒暖差はあります。2月、3月の香港は、日中は20度前後と比較的過ごしやすい気温ですが、突然気温が落ちることもある時期。油断はできない季節なので羽織ものなどの防寒対策は忘れないようにしてください。

3月を過ぎると本格的な春の到来です。日本のようなはっきりした四季がないので季節の移り変わりがわかりにくいですが、湿度が高くなりムシムシする時期が続くと「春」を感じさせ、雨天になることも多いのも、春の特徴です。

<4月~6月の祝日>
清明節:4月5日(金)
イースター:4月19日(金)~22日(月)
メーデー:5月1日(水)
佛誕翌日:5月13日(月)
端午節:6月7日(金)

絶賛チケット発売中!7人制ラグビー大会「香港セブンズ」

2019年4月5~7日に香港スタジアムで開催される7人制ラグビー大会「香港セブンズ(Hong Kong SEVENS)」。国際ラグビー評議会(IRB)が主催する7人制ラグビーの国際大会です。現在チケット販売中!世界中からラグビーファンが集い、香港スタジアムはお祭りのような盛り上がりになります。

香港セブンズ公式サイト

無形文化遺産の伝統祭り「長州島饅頭節」

2009年から香港の無形文化遺産となった伝統ある祭り「長州島饅頭節」は、毎年5月に神様への感謝の気持ちをこめて饅頭を奉納したことから饅頭祭りが始まったもの。開催期間中は他にも、獅子舞、パレード、太鼓演奏などが開催されます。

人気の「饅頭取り合戦」は夜遅く(午前零時から)から行われ、高さ18メートルの饅頭タワーに登って制限時間内にどれだけ多くの饅頭をとれるかを競い合います。

この祭りが開催される長州島は、中環(セントラル)のフェリーピアから高速船で約35分(普通船なら約1時間)のところにあります。中心街とは全く景色が異なる、穏やかでのんびりした漁村は香港の違う一面を見られるということで、観光客からも人気ある離島。2019年の「長州島饅頭節」の詳細はまだ発表されていないので分かり次第お伝えします。

開催期間:5月19日~23日
香港政府観光局公式サイト

初夏のアツい戦い!「香港ドラゴンレース」

香港の初夏のスポーツと言えば「龍舟(ドラゴンボート)」。中華圏の地域では古くから行われているボートレースは毎年6月に開催されます。1976年に初めて開催され以来毎年6月に行われている国際ボートレース大会には日本チームも毎年出場しています。レース会場となるハーバー周辺では様々なイベントも開催されます。詳細は分かり次第お伝えします。

開催期間:6月14日~16日
香港政府観光局公式サイト

香港の最新情報

ブルース・リー像などの観光スポット「星光大道(アベニュー・オブ'スターズ)」が、リニューアルオープン!

尖沙咀にある星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)が3年にわたる改装工事を終えて、リニューアルオープンされました。施設は、世界的に活躍するランドスケープデザイナー、ジェームス・コナー氏をはじめとする香港のデザイナーらで創られ、新たな観光スポットとして生まれ変わりました。

これまで地面にはめ込まれていた映画スターらの手型は欄干に移され、QRコードで映画のシーンを見ることができます。

また、スターの手型は10個増えて計117個となり、アニメキャラのマクダルも仲間入りしました。

ブルー・スリー、アニタ・ムイ、マクダルの銅像も設置され、一緒に記念撮影することができます。

<画像をクリックすると拡大します>

スポット名 星光大道 - アベニュー・オブ・スターズ
所在地 Waterfront Podium Garden, Tsim Sha Tsui, Kowloon
地下鉄MTR「尖東(East Tsim Sha Tsui)」改札口P1をバスターミナル方面に進み、エスカレーターから徒歩数分圏内
周辺の地図はこちら
備考 公式サイト

ケーブルカー「ピークトラム」、4月から一時運行休止に

香港の絶景をみられる「山頂(ビクトリア・ピーク)」まで行けるケーブルカー「ピーク・トラム/The Peak Tram」が、改装工事が行われるため、段階的に一時運行中止となる時期があります。

運行中止期間は以下の通り。
◆2019年4月下旬(イースター後)~2か月間(※予定)
◆2020年夏期5ヵ月(※予定)

尚、休止期間中は路線バスまたはミニバスの利用となりますのでご注意ください。ピークトラムの運転休止期間中も、変わらずピークタワーは通常営業します。

運行一時休止の詳細
ピークトラム公式サイト

香港の今年の旧正月は短かったと冒頭で書きましたが、中国本土は地域によっては2週間近くの大型連休。通常モードに戻ったはずでしたが、一歩外に出ると中国本土からの観光客が目立ち、街はまだお休みモードの雰囲気。こんなときに、改めて様々な国の人が混在していることを実感するものです。

さて、次回は「香港トランジット3時間特集」。トランジットタイム3時間だと中途半端。香港に降り立ってもどこにも行けない・・・。

以前にも時間別にトランジット特集記事をご紹介していますが、新たにリクエストにこたえて、「香港国際空港で過ごす3時間・第2弾」をお届けします!

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示