HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 香港トランジット3時間 香港国際空港編
バックナンバー
香港トランジット3時間 香港国際空港編
公開日:2019年02月28日

みなさん、こんにちは。楢橋里彩です。

今回は、昨年ご紹介した「香港プチ滞在プラン」の第2弾として「香港トランジット3時間 香港国際空港編」をご紹介します。アジアのハブ空港として昨年は世界中から乗り入れる利用客7000万人余りに達しました。ビジネスで、観光で、そしてトランジットで利用される人も多く、香港には数時間だけの滞在の方もいることでしょう。あまり時間がないと、外に出たいけど、やっぱり空港から出られない...。こんな方に、わずかな時間でもしっかりと香港国際空港内で満喫するための「香港トランジット3時間プラン」とともに、香港の最新情報をお届けします。

1香港ドル:14円計算

日本国内から香港直行便が続々と就航


今年は『2019 日本香港観光年』ということもあり、日本各地の地方都市と香港の観光交流促進を深めながら航空路線の拡大を図っています。

香港エクスプレス、長崎~香港線 1月就航

2019年1月19日より週3便で長崎~香港線を就航した香港エクスプレス航空。特に九州エリアは今、香港から多くの観光客が訪れており人気エリアの一つ。長崎便の運航は火曜、木曜、土曜日の週3回になります。

香港エクスプレス公式サイト

LCCピーチ、6月より沖縄~香港線を復活

ANAホールディングス傘下のLCC(格安航空会社)ピーチ・アビエーションは運休していた香港-沖縄(那覇)線を6月28日から週7便で再運航することを発表しました。料金は最安値で片道520香港ドル(約7,300円)とのことです。ピーチはLCCのバニラ・エアとの統合を2019年度中に進めており、それに伴うバニラからの移管路線の一つとして就航再開なり、2年ぶりとなります。

沖縄は香港から地理的距離では一番近く、数時間で行ける場所ということもあり、観光だけでなく、ウェディングやウェディングフォトの撮影地としても人気があります。すでに香港航空やキャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空が就航しており激戦となりそうです。

ピーチ・アビエーション公式サイト

香港~宮古島(下地島)に7月就航、国際線初に

香港エクスプレスは今年7月19日、沖縄県の宮古群島の一つである下地島に就航、国際線では香港エクスプレスが初就航となります。ちなみに同社は、すでに16年6月に石垣島に直行便を就航しており、八重島群諸島は海外からの観光客で賑わうことになるでしょう。香港エクスプレスは特に日本路線には力をいれており、現在国内12か所の空港に就航しています。

北陸の玄関 小松空港に、4月より香港線が就航

キャセイパシフィック航空は4月3日より石川県・小松空港~香港線を就航します。これまで北陸エリアへのアクセスは、東京から北陸新幹線などを利用することが中心でしたが、航空路線の開設により、より北陸エリアへのアクセスが便利になります。現在発表されているのは夏ダイヤのみ(10月26日まで)。4月3日から毎週水曜・土曜の週2往復運航となります。

キャセイパシフィック航空公式サイト

3時間トランジットタイムを香港国際空港にて満喫しよう


短時間トランジットは、しっかり余裕をもった行動を

トランジットタイムが数時間しかない場合は、やっぱり空港の中で過ごすのがベストです。空港から出ないでそのまま乗り継ぐにしても、セキュリティチェックなどの時間もあるので余裕をもって移動しましょう。ちなみに一度香港に入境する場合は、到着ゲートから入境審査カウンターまでの時間(ゲートによるが15分~20分)、入境審査時間(混雑度合いによるがパスポートの場合は15分~1時間)、荷物の受け取り(15分~30分)などがあり、時間がかかることもあります。

また、再度香港を出るためのセキュリティチェック(20分~30分)、ゲートに到着するまでの移動時間(15分~30分)もありますので、忘れないようにしてください。詳しくは過去記事にて紹介しています。

空港内Wi-Fi事情

空港内にはWi-Fi、パソコンや携帯電話をチャージできる場所も完備されています。詳しくは過去記事をご覧ください。

第1・2ターミナルともレストラン、ショップが充実

余裕があれば一度入境して『第1・2ターミナル』をまわってみるのも楽しいかもしれません。ファストフード、レストラン、ギフトショップが並びます。過去記事で一部のお店を紹介しております。

「第2ターミナル」は1に比べると規模が小さく、主にLCCなどのチェックインカウンターがあります。またLevel3のフロアからは、空港リムジンバスや、中国本土を結ぶバスの発着やホテル直行のシャトルバスも出ています。移動前の旅行客が比較的多いため、レストランだけでなく、コンビニエンスストアやドラッグストア、ファストフードショップが多いのが特徴です。日系スーパー「AEON」の12香港ドル(約170円)ショップ「Living PLAZA」が入っていり、日本で買い忘れたものなど"ちょっとした買い足し"にも重宝しそうです。


スポット名 Living Plaza by AEON
所在地 Near Food Court, Departures Level(L6)
周辺の地図はこちら
営業時間 09:00~21:00
備考 公式サイト

飛行機博物館「航空探知館(アビエーションディスカバリーセンター)」で空港の歴史を振り返る


Level6フロアには、飛行機に関する博物館「航空探知館(アビエーションディスカバリーセンター)」(入場無料)が入っています。ここではキャセイパシフィック航空の歴史や、旧空港「香港啓徳(カイタック)空港」の歴史も紹介されており、見ごたえたっぷりです。模型やパネルを使って飛行機の仕組みから客室乗務員の制服の歴史まで見ることができます。フライトシミュレーター体験施設も併設しており、普段はなかなか見ることができないものも。ぜひ一度訪れてみたい場所です。

有料展望デッキから空港周辺を眺望


「航空探知館(アビエーションディスカバリーセンター)」の奥には展望デッキ「機場展望台(Skydeck)(有料)」があります。 ※メンテナンスは終了しており、現在は外にでることが可能です)

機場展望デッキは有料で、大人が15香港ドル(約220円)で、子供が7.5ドル(約110円)です。エントランスにスタッフがいない場合は、カウンターに行くとチケットを購入できます。エレベーターに乗って8階まで行きましょう。飛行機のゲートがやや離れているため肉眼で飛行機を見るのは難しいのですが、離発着が間近でみられます。

所在地 Near Food Court, Departures Level(L6)
周辺の地図はこちら
営業時間 月~金:11:00~22:00
土日祝:09:30~22:00

デッキからは隣接する開発プロジェクト「航天城(スカイシティ)亅の工事風景も

ここからは18年に開通したばかりの香港・マカオ・珠海を結ぶ「港珠澳大橋」を見ることができます。またデッキの目の前に広がるのは、香港国際空港に隣接する開発プロジェクト「航天城(スカイシティ)」の工事現場です。現段階では総面積377万平方フィートと、中環にある金融商業施設ifcモール5個分の広さの大型商業施設になる予定とのこと。総工費は200億香港ドル(約3,000億円)が費やされ、飲食店やオフィス、小売店のほか、ARやVRなど先端技術を取り入れた娯楽施設も併設されます。

契約期間は48年間にもおよぶ長期賃貸となる見込みで、竣工は2023年と、やや先ですが、その間段階的に開放される予定です。ちなみに同プロジェクトの1期はエアポートホテルなどを経営する富豪集団が落札しました。同地区周辺はランタオ島開発の要となり、「港珠澳大橋」の開通などによって今後の成長が見込まれています。

航天城公式サイト


空港から直結しているホテル富豪機場酒店(リーガルエアポートホテル)でリラックス

第1ターミナルに直結しているホテル「富豪機場酒店(リーガルエアポートホテル)」は、1998年に開業した5つ星ホテル。1200室ある巨大なホテルのなかには、レストラン、バー、カフェ、ラウンジ10店舗が入っています。空港から一番近いホテルなのでとっても便利。数時間のトランジットで、時間はないけど、ホテルでゆっくり過ごしたいという方にはおススメです。エントランスは南国をイメージした雰囲気で、開放感があり天井窓から日差しが注がれ、とても明るい空間が広がっています。取材した日は平日の昼間だったからか、わりと静かで、ラウンジで仕事をしているビジネスマン、ミーティングしている人など多く見かけました。

リーガルエアポートホテル公式サイト

ホテル内にはトランジットステイのための人気のSPAマッサージも

お食事なども楽しみたいけど、疲れた体を癒したい...そんな方はホテル3階にあるSPA「OM SPA」に行かれてみてはいかが。レモングラスやラベンダーの香りに包まれながらのSPA・マッサージは、女性だけでなく、男性の利用客も多いのだそう。人気メニューは「Swedish Massage(60分)」880香港ドル(約12,400円)、「首、背中、肩、腰のマッサージ(45分)」680香港ドル(約9,500円)など。

営業時間は午前8時~翌午前1時。朝早くから夜遅くまで営業しているため、数時間のトランジットで香港ステイの方にも人気なのだそうです。

※空港周辺には他に「香港マリオットスカイシティホテル」「ノボテルシティゲート」がありますが、空港から歩いて行けるのは「リーガルエアポートホテル」のみ。他のホテルに行く場合はシャトルバス、または電車、バス、タクシーなどの公共交通機関をご利用ください。


所在地 3/F 9 Cheong Tat Road, Hong Kong International Airport, Chek Lap Kok, Hong Kong
周辺の地図はこちら
電話番号 +852-2286-6266
営業時間 08:00~25:00(予約は0:00まで)
備考 香港マリオットスカイシティホテル 公式サイト
ノボテルシティゲート 公式サイト

日本は今年5月のゴールデンウィークが10連休ということもあり、これから旅行やレジャー計画を立てる方もきっと多いでしょう。今回ご紹介したように、香港行きのLCCの就航が増便しているため、より気軽に香港に来られるようになること間違いなし!

弾丸香港旅に加えて、国内地方都市、離島などへ行く旅もいいかもしれませんね。空港周辺の工事の様子は今回初めて目の当たりにしました。今後どのように変貌を遂げていくか楽しみでもあります。さて次回はリニューアルした中華レストラン、最新レストラン情報などをご紹介します。

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示