HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風 vol.79」 金春花 前編
バックナンバー
楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風vol.79」
公開日:2016年7月13日

身体に優しいスマホカバー【Palmo】誕生

みなさま、こんにちは。楢橋里彩です。
ケーキショップ「Mon Cher(モンシェール)」の代表的なケーキといえば「堂島ロール」。オープンして13年経つ今も変わらず大人気のこの商品は、ショップの前に長い行列ができることで知られています。ここまで人々を魅了させるケーキの人気の秘密は、何といってもフワフワのスポンジケーキのなかに、コクがあるのにあっさりしている生クリームがたっぷり入っていること。

いくらでも食べられてしまう、まさに「魅惑のケーキ」なのです。今回ご登場いただくのは株式会社Mon Cher ディレクターの金春花さんに日本生まれのケーキが海外展開していくまでを伺います。

 

生クリームたっぷり「一重巻」ロールケーキ

楢橋
金さん、今日は宜しくお願いします! 堂島ロールは昔から大ファンでよくいただいています。今回は香港SOGO銅鑼灣店内にある御社のカフェでお話を伺えるということで楽しみにしてきました。
嬉しいですね。ありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いします。
楢橋
堂島ロールと言えば、柔らかいスポンジのなかにたっぷりと生クリームが入った「一重巻」が特徴ですよね。なぜあのような形になっているのでしょうか?
2003年11月にオープンした当初は一重巻ではなく、実はごく普通の渦巻き状のロールケーキでした。あるホテルの中に出店していた時に、オープン記念として半額セールをしました。

そしたら毎日あふれるほどのお客様がお越しくださったんですね。そうするとケーキの製造が追いつかなくなりまして、昼過ぎには完売するような状況だったのです。

これだと全てのお客様に行き届かなくなるとパティシエに相談したところ、「今のスポンジ生地を半分にしてクリームをたっぷり入れたら、倍は作れる」と言われたんですよ。
金春花
Mon cher

ホームページ
Mon cher

楢橋
それが「堂島ロール」の誕生なのですね!
そうです。午前中のうちに完売して、残念がって帰られるお客様も多く見ていましたが、ロールケーキの形をどうするかなんて考える余裕はありませんでした。

ですが一重巻にしてもっと多くの人に食べて頂けるなら、という一心で、新たに変えることにしたのです。こうしたことで、生クリームの美味しさが引き立つ形になったので、結果良かったんですよ。
楢橋
まさに怪我の功名だったのですね!
あの時に一重巻にしていなければ今のMon Cherは間違いなくなかったでしょうね。あともう一つ、今お話をしましたクリームもとてもこだわっているのですよ。
楢橋
あのクリーム、大好きです。濃厚ですが、後味がさっぱりしているので、いくらでも頂けます!
そう言っていただけると、嬉しいですね。考案したのは双子の姉の美花なんですが、彼女が甘いものが苦手なんですね。

そんな彼女がケーキが苦手な人でも食べられるような甘さを控えめにしたものを作ろうというのがきっかけでした。そこで選んだのは北海道産の生乳で、複数の生乳をブレンドしています。

楢橋里彩
彩り亜細亜地図

オフィシャルブログ
「彩り亜細亜地図」

というと簡単そうに聞こえますが今の味にたどり着くまでは、試行錯誤の連続でした。複数の生乳をこまかく配合を変えていき、甘さやまろやかさ、あっさり感がどう変わるかをみていく作業はまるで理科の実験のようでした(笑)。「あ~、これだ!」とスタッフ全員が一致した時は疲労困憊の中、深夜0時を回っていましたが大きな歓声が上がったのを覚えています。
楢橋
スポンジ生地の柔らかさも絶妙ですよね。相当こだわられているのが分かります。
本当にそうなんですよ。レシピは創業時から変わらないのですが、その日の気温や湿度によって材料の調合を変えたり混ぜ方を変えています。
楢橋
そうなんですか。 混ぜ方にもコツがあるとか?

はい。混ぜ方一つで膨らみ方を変えることができるのです。やはり天気が変わると、通常の作り方だと生地の膨らみが変わったり風味が変わることが多いんですよね。ですので日々のルーティンをこなすというより、毎回"理想"に近づくように作るという感じです。

 

ピンチを乗り越え、双子の姉と起業

楢橋
御社を立ち上げるにあたっては、双子の美花さんとともに起業されているのですね。
そうです。姉が8年間勤めた小学校の教員を辞めて、しばらくヨーロッパに行っていたことがありました。その時に一番印象深かったのが、「スイーツを通して日々を豊かに暮らしているヨーロッパの人たちの生活」だったのだそうです。

スイーツが彩りを与えていることに強く感銘を受けたようで、その体験があり、御縁があって2013年11月に起業いたしました。私自身は当時は福岡で仕事をしていたので、起業してしばらくしてから今の仕事に携わりました。

2人とも幼少期から毎週日曜日には必ずスイーツを作っていたんですね。ですので姉のヨーロッパの話を聞きながら私も一緒にケーキショップで頑張りたい、ケーキを通して人々に幸せをお届けしたいと思うようになったのです。
楢橋
昔からよく頂いている堂島ロールですが、なんといってもお酒を飲んだあともスッキリさっぱり食べられるということで、私の周りでは、飲酒後に楽しむ人が多いんですよ。

それは嬉しいです! 実は私も同じなんですよ(笑)。ちなみに「堂島ロールは堂島生まれの北新地育ち」と言われるほど、北新地の繁華街で口コミで広がっていったのが最初なんです。当初北新地近くにあった弊社のカフェは、先ほど話したようにオープンセール時は人が溢れていたのですが、その後は早い勢いで下火になっていきました。

来月までもつかというほど売り上げも上がらず、すべてが空回りしており、厳しい状況になっていったのです。朝から晩まで働き詰めだったのですが、なかなか結果に結びつかない日々の中、焦りと不安ばかり募っていました。そんな頃、ありがたいことに、弊社のカフェをご利用してくださるお客様が、北新地エリアの繁華街で働かれている方たちをご紹介してくださるなどで、自然と口コミで広がっていきました。

また同時に夜の繁華街から注文を受けるようにもなり、夜中に自転車に乗ってお店にケーキを持って行く、ということもざらでした。寝る時間を惜しんで働きづめだったあの頃を、今振り返ってもよくやってきたなと思いますが、この場所でなければ今どうなっていたかわかりません。ある意味、堂島と北新地は、私を成長させてくれ、新たな人生の挑戦を与えてくれた大切な場所なのです。多くの皆さんのご支援は深く感謝しております。

 

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示