HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風 vol.73」 清水省吾 前編
バックナンバー
楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風vol73
記事公開日:2016年5月11日

進化し続ける、創業82年の老舗企業

みなさま、こんにちは。楢橋里彩です。
今でこそ当たり前のように飲まれている「缶コーヒー」。商品の誕生は1969年、UCCが開発に成功し、世界のコーヒー業界に大きな革命をもたらしました。今回はUCC COFFEE SHOP CO.,(HK) LTD.のゼネラルマネージャー、清水省吾さんに缶コーヒーの誕生秘話から多様化する今のコーヒー市場のトレンドについて伺いました。

<後半の記事はこちら>

 

世界初の「缶コーヒー」を発明

楢橋
UCCといえば缶コーヒー。本日は世界初の缶コーヒーの誕生秘話から香港での事業について色々とお話を聞かせてください! 宜しくお願いいたします。
清水
こちらこそ、宜しくお願いします。
楢橋
今年で創業82年を迎えておりますが、日本のコーヒーの歴史は古くはないんですよね。
清水
はい。日本でのコーヒーは、1866年に初めてコーヒーなどの輸入関税が決まり、1900年代頭にようやく飲まれ始めたものなのです。

弊社創業者の上島忠雄は、もともと神戸出身であり、当時は神戸の港周辺には外来品などが多く輸入されてきたなかで、コーヒー豆の卸しを始めたと聞いています。

創業してからカフェや工場での製造など幅広く展開するようになり、その形は今も引き継がれています。
楢橋
缶コーヒーはその過程で生まれたのですね。
清水省吾
UCC COFFEE SHOP

ホームページ
UCC COFFEE SHOP

清水
1969年に誕生しました。当時は駅構内で販売されていた瓶入りコーヒーを飲むのが主流でしたが、飲み終わった瓶は返却しなければならず、車内に持ち込むことができませんでした。

上島は、よく慌てて飲み終える人の姿を目にし、「缶コーヒー」を作ればゆっくり飲むことができると発案したわけですね。
楢橋
そうなんですね。今でこそ当たり前のように飲まれている缶コーヒーですが、とても画期的な発案だったのですね。
清水
研究開発には相当な年月がかかったと聞いています。何といっても「世界初の商品開発」ということもあり、前例がないなかでの挑戦だったため、問題点が多く浮き彫りになり、かなり難航したときいています。

例えば、開発当初からコーヒーとミルクを一緒にいれた缶コーヒーを作ろうとしていたのですが、缶のなかでコーヒーとミルクが分離して混ざらない、缶のなかの鉄イオンが液体の中に染み入ってしまいコーヒーが変色してしまうなど、品質上の問題がたびたび起こりました。
楢橋
なるほど。苦戦を強いられたわけですね。
清水
そのたびに研究してきた社員が挫折しそうになっていたのを見た上島は「一度決めたことは最後までやり抜くぞ」と叱咤激励し、信念を通したと聞いています。揺るぎない思いがコーヒーの歴史を大きく変えたのですね。
楢橋里彩
彩り亜細亜地図

オフィシャルブログ
「彩り亜細亜地図」

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示