HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風 vol.71」 川崎雅志 前編
バックナンバー
楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風vol.71」
記事公開日:2016年4月9日

香港観光市場の移り変わりを振り返る

みなさま、こんにちは。楢橋里彩です。
赤と白の大きなパンダの絵が描かれている「パンダバス」。可愛らしい大きなマークは、香港に来た時に一度は目にしている人も多いはず。1978年に誕生した日系企業の定期観光バスです。香港の観光業界はここ数年、中国本土の経済動向や内部要因によって打撃を受けています。今回の世界を席巻ASIAN旋風は、パンダバスの運行、パッケージツアーなどの販売を行うパンダトラベル株式会社代表取締役の川崎雅志さんをお迎えして、お話を伺います。

<後半の記事はこちら>

 

日本人向け定期観光バスの先駆けに

楢橋
川崎さん、宜しくお願いします。今回は、香港では有名なあの「パンダバス」の取材ができるということで楽しみにしていました。
川崎
ありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいですね。実は弊社のバスツアーには、このパンダマークが可愛らしいからという理由で参加されている方が多いくらいなのですよ。
楢橋
でしょうね!わかります。街を走行している姿もかなり目立ちますし(笑)。
川崎
そこがポイントですね! 街を走っていて遠くからでもすぐわかる、なんか気になる存在、ということで問い合わせをいただくこともしばしばあるのですよ。
楢橋
そうなのですね!運営される「パンダトラベル株式会社」は1978年に設立されているということですが、随分昔からあるのですね。
川崎
今年で38年を迎えました。設立当時からこうした定期観光バスはあったのですが、日本人向けに作られたものではなかったのです。

現在は、香港を拠点にシンガポール、タイ、インドネシア、、ベトナムに直系支店、マレーシア、オーストラリアなど系列オフィス含め、12ヶ所に拠点があります。

香港支店に関してはようやく今年に入って観光客が戻ってきていると感じますが、ここ数年はかなり厳しかったですね。
川崎雅志
パンダトラベル

ホームページ
パンダバス

楢橋
どのように厳しかったのでしょうか?
川崎
ここ数年で一番大きな打撃を受けたのは2012年9月の尖閣諸島問題でした。それまでは香港に来られる方はとても多かったのですが、中国本土の反日感情が強まり始めたのを機に、香港も大きな影響を受け、観光客は激減しました。

その翌年は、円安の煽りを受け、海外渡航への足踏み状態が続き、前年の観光客比およそ20%減少の月も出たほど打撃を受けました。
楢橋
確かに日本人観光客は少なくなりましたね。一方で中国本土の観光客が押し寄せて、「爆買い」などが目立ち始めたのが2013年頃でしたね。
川崎
そうですね。それに伴い、ホテルの宿泊料金が大幅な値上げとなったので、以前に比べて泊まりにくくなるなど、しばらく日本からの観光客が遠のいていました。

さらに2014年は日本の消費税が5%から8%に上がったこともあり、旅行を控える人も増えました。その状況で9月にはセントラル占拠行動(民主化デモ)が始まりました。
楢橋
次から次へと厳しい状況が相次ぎ、観光客数が伸び悩んでいましたね。
川崎
このデモの特徴は反日感情などではなく、ましてや観光客に対してのものでもなかったのですが、当初催涙スプレーなどが放れた事もあり、敬遠されました。

そういう意味では、香港に対して良い印象を持たない方が増えた訳ですね。どの旅行会社もプロモーションをかけたりしていたのですが・・・。誰もがあそこまで長引くものと思わなかった訳です。この時ばかりは本当にきつかったですね。

特にクリスマス前後は香港の観光業界にとって書き入れ時。この大事な時期に観光客が来なくなるということは大打撃でした。
楢橋里彩
彩り亜細亜地図

オフィシャルブログ
「彩り亜細亜地図」

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント! アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示