若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

コミー長官更迭の意味

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

トランプがなにをしても驚かなくなっていた米国民だが、まだ驚かすことが残っていた。

FBI のコミー長官の首を切ったのである。

その理由はほとんどない。ただトランプが、彼を嫌っていたことはどうも確からしい。

"ShowBoating"とトランプは言っているが、要するにマスコミーに対して自分と同じほどの影響力をもっている人間の存在が耐えられなかったのだろう。

まさに好き嫌いで簡単に首を切られないために、FBI長官は10年の長い任期で任命される。コミーはまだ4年目に入ったところである。

こんなところで好き嫌いで首を切られてはたまらないし、そんなバカなことは、大統領はしないというのが常識である。だから首を何故このタイミングで切ったかということで、メディアは当然ロシアゲートがだんだん包囲網を狭めてきたからだと解釈している。

トランプが2016年の選挙でロシアの暗黙の協力を得たのは常識だが、果たして、事前にキャンペインの首脳部とロシアが裏で合意があったのではないかというのがロシアゲートである。FBI の幹部が今週議会に対して、さらにこの件を調査するための予算措置をよろしくと頼んだと言われており、それにトランプが怒ってコミーの首を切ったとも言われている。衝動的なトランプ劇である。

まだ1月20日の大統領就任時に首切りをやるのなら納得できるが、なぜこのタイミングなのか。

一部のメディアは丁度1973年10月にニクソン大統領がウォーターゲートの特別検察官の首を切ったこと(土曜日の大虐殺といわれている)でさらに墓穴を掘り、最終的に弾劾必至となり、しょうがなく辞任に追い込まれた事件とアナログ(類似、酷似)していると言っている。

(Constitutional Crisis)-- 憲法の危機の再来である。

ウォーターゲートは1973年前半から調査が始まり、その時ちょうど米国の株価が天井を付け下がり始めるタイミングであった。

憲法の危機で相場は大幅に下落して1974年10月には約50%の下落を見るまで下がった。

トランプはロシアゲートとは何も関係がないかもしれないが、如何にも今FBI 長官の首をを切るのは怪しい、後ろ暗いところがあるからだろうとなっている。

これからの調査がさらに厳しくメディアに監視されることになりそうだ。

株式市場は23年ぶりの株式恐怖指数(VIX)の10割れで、ほとんどノーリスクという一般的な思い上がり(COMPLACENCE)の極致にある。まさにその足元を狙って政治危機が到来して1973-74年の株価暴落の再来となるか、黄金分割の大事な42-3年の日柄が丁度到来している。

歴史は繰り返すかどうか。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

< お知らせ > 6月17日(土)赤坂アークヒルズにて若林栄四さん、川合美智子さんが講師として参加するセミナーが開催されます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

トレードトレードスタッフからのお知らせです。

6月17日土曜日にトレトレのコンテンツでもおなじみの、若林栄四さん、川合美智子さんのお二人が講師として参加する為替セミナーが赤坂アークヒルズで開催されます。

海外投資で地政学 リスクから資産を守る
6月17日土曜 13:30~ 赤坂アークヒルズクラブ
 
セミナーは3部構成で行われ、若林さんと川合さんが参加するのは16:30~の3部目。マーケットから発信されるヒントを元に、1時間30分にわたり為替セミナーを行います。

また、今回のセミナーでは他の講師として東京外為市場の伝説外為ディーラーの酒匂隆雄さんや、ペンタゴンチャートでおなじみ、チャートの鉄人、川口一晃さんなど迎えた豪華なセミナーとなっています。

定員に限りがありますので興味のある方はお早めに申し込んでおきましょう。

為替セミナーのお申し込みはこちら

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

マーケットを左右する米国長期金利のトレンド

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

FRBが量的緩和(QE)で買い上げた連邦債と住宅担保証券(MBS)を少しずつ減額していくことを考えており、2017年後半からそれを実施したい意向であることを、FOMCの議事録で明らかにした。

リーマンショック以前FRBのバランスシートは8,000億ドル程度であったが、数次のQEで3兆7千億ドルほど債券を買い上げた。

短期金利は既に3度にわたって引き上げたが、長期金利に影響を与える、この債券持ち高を減少させることはまだやっていない。

現在でも満期が来た債券については同額買い上げている。それを満期到来時、再投資しないことにより膨らんだバランスシートを徐々に減少させようというわけだ。

FOMCの議事録でこれを見たマーケットの反応は区々である。

これは2013年にバーナンキが発表したQEのテーパリング(買い入れ額を徐々に減少する計画)に匹敵するか、それ以上のインパクトを市場に与えてもおかしくない。

テーパリング発表の2013年5月から9月までの4ヶ月間で長期金利は約1%上昇、10年物は3%を付けるほどの金利急騰ぶりであった(2012年7月は1.38%であった)。すなわち1年2ヶ月で1.6%の金利上昇となった。テーパリング・タントゥラム(癇癪)と呼ばれている。

今回はまだその影響がはっきりしないが、長期金利に与える影響は今のところほとんどない。2.33%の金利が一時的に2.38%辺りまで上昇したが、4月6日現在では2.34%とほぼ発表以前と同じ水準である。

これは何を意味するのか。本来なら急騰してもおかしくない長期金利がほぼ不変であり、12月15日に付けた2.639%の高値に比べると2度の短期金利上げと、FRB による債券不買のニュースを見ても金利が12月15日より0.3%も低いというのは不可解である。

あえて言えることは、金利はもう上がらない時間帯に入ったということしか考えられないだろう。

毎月の米国雇用統計で強い数字が出ても、FRBが金利を上げても、何をしても金利が上がらないというのは金利上げトレンドが終わったということでしか説明できないだろう。

少なくともここ数ヶ月はどうもその金利下げトレンドの中にいることは確かだろう。

そうこうしているうちに、ファンダメンタルズで金利下げを補強するニュースが出たりするものである。

今年のマーケットのすべてをコントロールする米国長期金利の動きに要注目である。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

主役は金利ではなく株価ではないか

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

いよいよ3月の米国利上げが、確定的になりつつある。

その利上げの予想に、当然のように米国株価も調整している。

昨年12月の利上げの時は、米国株価はほとんど調整なしで高値を追いかけ、さらに1月に入っては、もう一段の上昇となって今日に及んでいる。同じ利上げでもマーケットの対応は少し違うようだ。

そういえば、原油のマーケットも1月に高値56ドル台を付けたが、ここへきて50ドルを割り込むなど、やはりデフレ的な圧力が世界経済を押し下げようとする力は働いている。
OPECによる減産合意は世界的なデフレ圧力のもとで、原油価格を支える力を失いつつある。人為的な合意は所詮神意であるデフレには敵わないということだろう。

ひそかに注目している豪ドル・円相場も均衡点である86-87円のレンジから下抜けるように見える。米国金利がさらに上昇しようとしているにもかかわらず、デフレ圧力が強まっている証拠ではないかとみている。

そうなると米国金利が上昇確実だから、株価が調整するのは当たり前というのも疑わしくなってくる。主役は金利ではなく、株価なのではないか。
つまり株価が下落するタイミングに入ったところで、誰も疑わない株価調整の材料らしきものがFRBの金融政策ということではないのか。

その辺りがはっきりするのは、FOMCの決定が明らかになる3月15日以降だろう。

短期金利はFRBがコントロールできるが、長期金利はコントロールできない。

3月利上げの後、米国財務省証券10年物の利回りが、前回12月利上げの時の最高水準である2.639%を持続的に超えるかどうかがポイントになりそうだ。

昨年12月15日の金利ピーク、2.639%は、2008年12月のFOMCによるZIRP (ZERO INTEREST RATE POLICY ゼロ金利政策) 採用からの
ちょうど8年-96ヶ月(95.5ヶ月が黄金分割382÷4である)目に出ているので、この水準を超えられないとなると、すでに長期金利の戻り天井を12月に見たという見方が可能になる。

ここ1週間は要注目である。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

米国株

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

それにしても米国株は落ちない。

2月に入ったら相場が急落するのではないかと思っていたが、強気の人々を安心させるような材料が続出で、一向に待ち望んだ米国株の急落がやってこない。

昨年のBREXIT からの31週目を過ぎて、32週目に入った今週もまだ新高値を更新している。

普通の相場はまず31週までである。どうもBREXIT 安値からの日柄計算は間違っているようだ。

このトランプラリーが始まったのは11月4日である。もちろん加速したのはトランプ当選後の11月9日である。

そのトランプラリーの始まりの11月9日というのはどういう日柄か調べてみると、2015年5月19日のNYダウ高値18351ドルからの540日目であったことが分かる。

77週(77×7=539)で黄金分割の最重要数字の一つである540日である。(この計算は土、日も数える)
その18,351ドルの高値から2015年8月24日の安値15,370ドルまで2,981ドル、実に16.2%の相場急落であった。

5月19日から8月24日まで97日間の急落である。そこでトランプラリーが始まった11月4日からの97日目というのを探ると2月9日である。11月9日とすると2月14日である。

その底値を付けた2015年8月24日からの77週目―540日目は2月14日となる。

つまり突如として16%の急落を始めた相場の下落期間は97日(約14週)である。

となると突如として急騰を始めた相場も14週間で一つの節目を迎えるということはないだろうか。もちろんある。そう考えてみると14日以降相場が落ち始めるということも大いに考えられる。

14というのは黄金分割の重要日柄である。

勿論長いところの日柄は、ほとんどこの2月辺りからの相場の下落を示している。

ただBREXIT 安値からの31週目で戻りが終わり下げに入ると見ていたものが、まだ元気が良いので、短期の日柄の起点を間違えたのではないかとみて見直してみたわけである。

ただ2月末19,670ドルが目標なので既に500ドル以上も上回っており、果たして計算通り2月末19670ドルまで落ちてくれるかどうか、やや不安になっている。

まず一体何が材料になるのか。これはテクニカル分析が専門の筆者は考えないことにしている。

ただ今週から、金価格と財務省証券の価格が急騰の日柄に入ってくるので、金やトレジャリーといった安全資産が買われるような何かが起こるのか、

あるいは株価がただ急落を始めるから、金やトレジャリーが買われるのか。

一体何が起こるのだろう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示