若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

11年11ヶ月に見えてくる市場のサイン

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

2007年10月11日にNYダウはリーマンショック前の天井14,198ドルを付けている。

その1年半後の2009年3月6日に相場は6,469ドルでリーマンショックの大底を付けた。

54%の暴落であったが、その前の天井の日柄が2007年10月11日であったのは鮮明に記憶している。

筆者は黄金律の研究をしているが、その月足の研究では11年11カ月というのが大事な日柄と認識している。

この11年11カ月という日柄は黄金律で見れば、月足18度線上(一番強いトレンドライン)の161.8カ月(黄金律の最重要数字の一つ)から導かれる。

18度線上の短月(1カ月28日⇒1年=13カ月=364日。)161.8カ月は、これを水平展開すると95.5%の距離となり154.5カ月となる。この水平展開した短月154.5カ月を今度は、長月(1カ月30.4日⇒365日÷12)に直すと154.5÷13×12=142.6カ月となる。

我々が使っている暦でいえば、142.6カ月は11年(132カ月)に10.6カ月加えたものであるが一年364日の短月と、365日の長月では一年に1日ずつずれてくる。それが11年続くと11日ずれる。したがって11年と10.6カ月ほぼ11年11カ月となる。

この11年11カ月の天底のインターバルというのは非常に多い。

それでリーマン前の天井2007年10月11日からの11年11カ月目が2019年9月10-15日あたりにやってくるので、このタイミングは注目していた。

7月16日に天井27,398ドルを見ているので、戻り高値がこの9月前半にやってくるのではないかとみていたが、9月5日米中貿易戦争の緩和などといういい加減な材料で400ドルの急騰を示した。

これは典型的に上記の大事な日柄を狙ってきた2番天井であり、予想通りの動きといえよう。

場合によってはこのラリーはもう少し長続きするかもしれないが、事件で相場が動くのか、日柄が来ると事件らしきものが出てくるのか、それらしきニュースが大事な日柄に出てくるというのは、相場が自然界と同じルールで動いていることの証明であると筆者は考えている。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港特別セミナー開催!
川口投資道場
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示