若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

米銃規制の実現性

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

米国では9月から新学期であるが、新しくカレッジに入学する学生達への親のプレゼントで人気のあるのは、防弾装置の付いたバックパックである。

体の前に持ってくれば防弾チョッキになるわけだ。

 

この野蛮な国では、憲法上の理由で銃規制は難しいとされている。

トランプも言っているように、精神に異常をきたしている奴ら、あるいは白人至上主義者などを規制しなければならないという意見が多くある。

しかし30秒で20人を死傷させることができる銃が野放しになっていることが、根本の原因であることは、今年に入って銃乱射による被害者が既に250人(死者)を超えていることからも明らかである。

日本にも精神に異常をきたしている人は多い。しかし滅多に大惨事にならないのは銃が持てないからである。

マッカーサー将軍が支配者として敗戦日本に乗り込んできたときに、日本人は4-5歳児の精神年齢であると侮辱したらしいが、今の米国の銃規制の問題を見ていると、米国人は2-3歳児の精神年齢といわざるを得ない。

意味なく命を失う人が、毎年何百人もいて、それに対して政府はろくに何もしないで精神異常のせいにするという、この異常な大国はまさに社会の腐敗、民主主義の堕落(誰が考えても妥当な銃規制に反対する共和党)がその極に達しているといえるだろう。

このような政党が議会の一部を制し、ホワイトハウスも支配しているわけで、筆者がかねがね申し上げている、大恐慌でもやって、根本からやり直さないといけないところまで来ている。

どうせ銃規制も何もしないでお茶を濁すに過ぎないだろう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
アメジスト香港オリジナル2020年版卓上カレンダープレゼント!
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示