若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

若林栄四著「世界経済の破断界~世界に吹き荒れる後退とデフレの真実~」プレゼント企画

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

みなさん、こんにちは。トレトレ編集部よりお知らせです。

トレトレブロガーでおなじみ、若林栄四さんの書籍出版を記念して、今回執筆された最新書籍「世界経済の破断界~世界に吹き荒れる後退とデフレの真実~」を10名のトレトレ会員にプレゼントいたします。

若林栄四著「世界経済の破断界~世界に吹き荒れる後退とデフレの真実~」プレゼント企画

<内容紹介>
2016年、世界は同時デフレに突入し、日本だけが回復する!
米国主導経済の停滞と世界経済の末路とは!
また一歩、断末魔に近づいた! ?美しくも残酷な予定調和に世界は収斂されていく!

米国経済が終焉を迎えた今、FRB(米国連邦準備制度理事会)がやろうとしていることはほぼ確実に間違った方向に米国を導くことになるだろう。これから米国経済は厳しい現実、デフレにさらされることが予測できる。
もちろん日本経済も影響を受けるが、すでに最悪の状態は脱しているので米国ほどの危機ではない。
一方で欧州はすでに金融政策で手詰まりになり、EUとしての限界にきている。
そして中国経済も世界デフレの波と米国経済の破綻を受けて停滞期に差し掛かるだろう。
つまり日本経済以外は全部沈没するのだ。

序章 FRB(米国連邦準備制度)主導のバカ騒ぎ
第1章 米国の変貌「SEA CHANGE」
第2章 FRBはどこで間違ったのか
第3章 QEバブル破裂後の米国経済
第4章 日本経済の行方
第5章 欧州はどうなるのか
第6章 ブラックボックス中国経済

<プレゼント応募方法>
・トレトレ会員に登録されている方は、プレゼント申し込みフォームより必要事項をご記入の上、お申し込みください。



※「応募企画」は『若林栄四著書「世界経済の破断界」プレゼント』を選択してください。

・まだトレトレ会員に登録されていない方は、こちらの専用フォームより会員登録を済ませたのち、上記のフォームよりプレゼントにお申し込みください。

<応募締切>
2015年10月28日(水)

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

成長しないマーケット戦略

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円相場は120円近辺で7週間膠着している。ジャネット・イェレンの金利上げ馬鹿騒ぎが少し下火になったら、今度は黒田バズーカ第3弾の期待でドルがしっかりしているのだという。この世界デフレの時代にいくら黒田さんが金融緩和をやってみても、日本だけが物価上昇2%というのはなかなか難しいだろう。

おまけに日本の株は来年いっぱい大幅に下落する形になっている。バブル天井から27年の日柄が来年12月であり、大幅な下落の底値を見るタイミングである。その前の大きな日柄は13年半前(162か月前)の2003年4-6月で、日本経済のどん底株価は日経225が7604円の安値を付けた時である。

そのような大きな日柄を迎える日本経済は、米国経済の崩れも相まって、なかなか2%の物価上げは難しいだろう。だから黒田さんが何かやっても効きそうにない。

ドル高、株高の時にやったから円安、株高を加速させることができたが、もうすでにドル安、株安のトレンドに入っている。トレンドが違うのに同じようにQEが効果を発揮すると、日銀官僚は本気で考えているらしい。さすが速水総裁の後輩たちである。バズーカは効いても1-2週間だろう、そのあとは急激な円高が進行しそうである。

それでなくても6月5日の高値125円86銭から19週目に入った。この相場は一方方向に抜けやすくなっている。バズーカの前に相場が崩れるリスクは毎日高まっている。当局お願いスタイルのマーケットの悪癖からそろそろ脱却すべき時だろう。

成長しろ!東京マーケット!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
3mBTCプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示